「車種別状況」の記事一覧

常に一定の需要があるキャリイ

年に数回は、軽トッラクを使う仕事があり借りてくることがあります。 小さな車体なのに驚くほどの積載量で顎がはずれそうになったことも度々ありました。 小回りが利いて、汚れても全然気にしなくていい「ズバリ仕事車」ですね。 &n・・・

安定した相場のエスクード

温故知新とは、古きを訊ねて新しきを知る。 振り返ればそこに君がいる。 みたいな、ちょっとセンチメンタルな気分になりませんか。 実は、休日に何もすることなくぼんやりと物思いにふけっていた時に思い浮かんできた言葉です。 &n・・・

ピリリと苦みが効いた刺激的な一台カプチーノ

皆さん、お目覚めの一杯はなんですか? 紅茶ですか?それともあつい緑茶ですか? 査定バカの起き抜けの一杯はコーヒーと決まっております。 特に休日の時間にゆとりがある朝は生クリームたっぷりのカプチーノを嗜んでいます。 &nb・・・

人気上々のジェイドは安定

ジェイドって、なに? ネットでググってみると、宝石の翡翠(ヒスイ)。 パワーストーンのひとつとか。 または、太平洋戦争中に帝国海軍が使用していた暗号機の名前とか?? でも、普通にジェイドで検索すると「ジェイド:ホンダ」で・・・

大きな人気はないものの安定のスペーシア

せまい日本そんなに急いでどこへ行く? なんてCMが昔あったような。 せまい日本に狭い住宅。 ついでに車も軽自動車で超狭い!?のは今や昔話です。   こんにちは~ 出来ることなら少し田舎に行って大きな家に住みたい・・・

後続モデルがあるので早めの売却が吉のパレット

小学生の時に、絵を描きに行く遠足がありました。 気持ちよく晴れた青い空の下、パレットに絵の具を出して鉛筆で下書きしたところにどんな色を塗っていこうか絵筆を握りながらワクワクしたものでした。 貴方にもそんなキラキラした記憶・・・

限定モデルや2代目以前のクラシックのローレルは期待できる

セドリック・グロリアなどと同じように人名が車名になっているようですが実は人名ではありません。 ローレル=月桂樹のことです。 月桂樹は、オリンピックでメダルを獲得した選手に被せられるものですね。 ローレルのグレードには、ズ・・・

絶版のセルボは早めの処分が賢明

イタリア語でセルボ=牡鹿なのですが、正確に発音すると「チェルボ」なのだとか。 スズキはあえて日本語風読み方でセルボとして車名にしたのでしょう。 英語の発音も難しいですが、イタリア語はもっと難しいですね。   こ・・・

エントリーカーであるヴィッツはターゲットを女性から男性へ

マイ・フェイヴァリット№1女優の宮沢りえさん。 彼女が出演するドラマや映画はよくチェックしています。 今年出演した映画『紙の月』で最優秀主演女優賞(日本アカデミー賞)を受賞されました。 パチパチ~。 思わず拍手してしまい・・・

FJクルーザーは高推移で安定した状態が続くと予想される

トヨタ・FJクルーザーのFJっていったい何? ジャニーズの人気グループ「嵐」の松本潤はMJ、キングオブポップのMJはマイケルジャクソン。 MJじゃなくてFJでしたね。   こんにちは~ 古いダジャレが好きな査定・・・

セダン不人気の影響によりセフィーロは二束三文

サングラスとちりちりパーマのミュージシャンと言えば井上陽水さん。 陽水さんのものまね「皆さん、お元気ですか~。」は、初代セフィーロのCMでした。 インパクト絶大のCMでしたね。   ちょうど、昭和から平成に時代・・・

マニア渇望の86の人気は安定

「ハチロク」と聞いて、録音関係?と思った方はかなりの録音マニアでしょう。 昔、ソニーのデンスケを担いで野山に野鳥の声や川のせせらぎを取りに行ったことがあるはずです。 え?違う? これは、失礼いたしました。   ・・・

絶版車となったムラーノの人気は穏やかに下降

ムラーノと聞くとなんだか人の名前のような、、そう「村野さん」でしょうか。 まるで人名のように聞こえてしまいますが、車名の由来はイタリアの地名。 有名なヴェネチアングラスの産地から取られました。   こんにちは~・・・

人気の低いラティオは買取額も期待薄

日産のファミリ―カ―サニー(セダン)の後継モデルは、ティーダ・ラティオ。 それが、ハッチバックの兄弟車ティーダのモデル廃止にともなって車名変更となりラティオに車名変更されました。   こんにちは~ 査定バカです・・・

需要の高い軽自動車のデイズは高額査定が望める

「日産のすべてを、軽に。」 このキャッチコピーから、日産の並々ならぬ決意が感じられます。 CMには、人気絶好調の嵐が起用されました。   軽自動車でも日産らしい高品質な作りをアピール! 日産がデイズに込めた思い・・・

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ