「車種別状況」の記事一覧

後続モデルがあるので早めの売却が吉のパレット

小学生の時に、絵を描きに行く遠足がありました。 気持ちよく晴れた青い空の下、パレットに絵の具を出して鉛筆で下書きしたところにどんな色を塗っていこうか絵筆を握りながらワクワクしたものでした。 貴方にもそんなキラキラした記憶・・・

限定モデルや2代目以前のクラシックのローレルは期待できる

セドリック・グロリアなどと同じように人名が車名になっているようですが実は人名ではありません。 ローレル=月桂樹のことです。 月桂樹は、オリンピックでメダルを獲得した選手に被せられるものですね。 ローレルのグレードには、ズ・・・

絶版のセルボは早めの処分が賢明

イタリア語でセルボ=牡鹿なのですが、正確に発音すると「チェルボ」なのだとか。 スズキはあえて日本語風読み方でセルボとして車名にしたのでしょう。 英語の発音も難しいですが、イタリア語はもっと難しいですね。   こ・・・

エントリーカーであるヴィッツはターゲットを女性から男性へ

マイ・フェイヴァリット№1女優の宮沢りえさん。 彼女が出演するドラマや映画はよくチェックしています。 今年出演した映画『紙の月』で最優秀主演女優賞(日本アカデミー賞)を受賞されました。 パチパチ~。 思わず拍手してしまい・・・

FJクルーザーは高推移で安定した状態が続くと予想される

トヨタ・FJクルーザーのFJっていったい何? ジャニーズの人気グループ「嵐」の松本潤はMJ、キングオブポップのMJはマイケルジャクソン。 MJじゃなくてFJでしたね。   こんにちは~ 古いダジャレが好きな査定・・・

セダン不人気の影響によりセフィーロは二束三文

サングラスとちりちりパーマのミュージシャンと言えば井上陽水さん。 陽水さんのものまね「皆さん、お元気ですか~。」は、初代セフィーロのCMでした。 インパクト絶大のCMでしたね。   ちょうど、昭和から平成に時代・・・

マニア渇望の86の人気は安定

「ハチロク」と聞いて、録音関係?と思った方はかなりの録音マニアでしょう。 昔、ソニーのデンスケを担いで野山に野鳥の声や川のせせらぎを取りに行ったことがあるはずです。 え?違う? これは、失礼いたしました。   ・・・

絶版車となったムラーノの人気は穏やかに下降

ムラーノと聞くとなんだか人の名前のような、、そう「村野さん」でしょうか。 まるで人名のように聞こえてしまいますが、車名の由来はイタリアの地名。 有名なヴェネチアングラスの産地から取られました。   こんにちは~・・・

人気の低いラティオは買取額も期待薄

日産のファミリ―カ―サニー(セダン)の後継モデルは、ティーダ・ラティオ。 それが、ハッチバックの兄弟車ティーダのモデル廃止にともなって車名変更となりラティオに車名変更されました。   こんにちは~ 査定バカです・・・

需要の高い軽自動車のデイズは高額査定が望める

「日産のすべてを、軽に。」 このキャッチコピーから、日産の並々ならぬ決意が感じられます。 CMには、人気絶好調の嵐が起用されました。   軽自動車でも日産らしい高品質な作りをアピール! 日産がデイズに込めた思い・・・

モデルライフが長いマーチは市場でも息が長い

「マッチ」のマーチが加速する! 今はジャニーズの大御所となった近藤雅彦さんがCMキャラクターを務めた初代マーチ。 車名は、日産・サニーに続いて公募され、なんと565万通から選ばれた「マーチ」に決まりました。  ・・・

セドリック・グロリアの後継車種として誕生したフーガ

皆さん、イメチェンしたいときはどうしますか。 女性なら髪型? 男性なら、思い切って車を買い替えましょうか?^^ それが、メーカーモデルなら車名変更が一番手っ取り早かもしれません。   こんにちは~ いつもイメチ・・・

日産を代表するファミリーカーのティーダ

「となりの車が小さく見えま~す。」のCMは、日産を代表するファミリーカーのサニーでした。 昭和生まれの方には、マイカーであったかも知れませんね。 日産とトヨタのファミリーカ―合戦は、100cc刻みで争っていました。 &n・・・

市場価値が安定しているティアナは売り急がず自分のペースで

トヨタ・マークXのライバルは、日産・ティアナでしょうか。 マークXが、FR駆動で走りを重視したスポーツセダンなのに対して、ティアナはグッと落ち着いた大人のセダンで売っています。   こんにちは~ 日産はトヨタの・・・

生産が終了しているミニカの人気は高くない

皆さんは、キャンプをするときに1人で何役もやってしまいますか? それとも、役割分担をしっかりとしてキャンプをしますか?   こんにちは~ 1人で何でもやってしまう査定バカです^^   自動車メーカーで・・・

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活を房総ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ