「車種別状況」の記事一覧(2 / 10ページ)

セドリック・グロリアの後継車種として誕生したフーガ

皆さん、イメチェンしたいときはどうしますか。 女性なら髪型? 男性なら、思い切って車を買い替えましょうか?^^ それが、メーカーモデルなら車名変更が一番手っ取り早かもしれません。   こんにちは~ いつもイメチ・・・

日産を代表するファミリーカーのティーダ

「となりの車が小さく見えま~す。」のCMは、日産を代表するファミリーカーのサニーでした。 昭和生まれの方には、マイカーであったかも知れませんね。 日産とトヨタのファミリーカ―合戦は、100cc刻みで争っていました。 &n・・・

市場価値が安定しているティアナは売り急がず自分のペースで

トヨタ・マークXのライバルは、日産・ティアナでしょうか。 マークXが、FR駆動で走りを重視したスポーツセダンなのに対して、ティアナはグッと落ち着いた大人のセダンで売っています。   こんにちは~ 日産はトヨタの・・・

生産が終了しているミニカの人気は高くない

皆さんは、キャンプをするときに1人で何役もやってしまいますか? それとも、役割分担をしっかりとしてキャンプをしますか?   こんにちは~ 1人で何でもやってしまう査定バカです^^   自動車メーカーで・・・

長い目で見ても査定額に期待が持てるスペイド

小さい頃に良く兄弟でトランプのババ抜きをしていましたが、いつも負けていたことを今でも思い出します。 現在では、不動産の仕事をしているのでトランプと言えば、ドナルドトランプ。   こんにちは~ 今ではババ抜きは誰・・・

モデル末期のパッソの人気は緩やかに下降

街中で自分の乗ってる車と全く同じモデルで同じグレード、そしてボディーカラーまで一緒の車が近くを走行しているのはどうですか? 人と同じ車で被るのはいや。 もっと、イヤなのは、ボディーカラーが被っているのは我慢できません。 ・・・

軽自動車人気で下支えがあるekスポーツ

査定バカの叔母さんがず~っと昔に乗っていたのが、三菱ミニカ。 ボディーカラーはホワイトで、丸めの愛らしいフロントマスクをよく覚えています。 小学生だったころ、助手席に良く乗せてもらいました。   三菱の軽自動車・・・

プチバンであるポルテは長い目で見ても査定に期待できる

左右非対称で使いやすいモノって何でしょう? 世の中のだいたいのモノは、左右対称になっています。 何故かというと、左右のバランスが取れている、重量バランスが良いなど、大方はそんなことで左右対称になっています。  ・・・

OEM供給が盛んなエブリィ

いっぱいの人と荷物が積める、とってもお得な車はなんでしょうか? ズバリ、それは軽ワゴン。 スズキだったらエブリィですね。   こんにちは~ 軽自動車の積載能力はあなどれないと思っている査定バカです^^ &nbs・・・

由緒正しい名のコルトだが人気は低迷

コルトと言えば、コルトパイソンやガバメントをすぐ連想しちゃいますね。 え!? 拳銃じゃなくて車? なら三菱のコルトかな。   こんにちは~ ガンマニアでもあったりする査定バカです^^ ちょっとですけどね。 &n・・・

軽セダンの人気を取り戻すきっかけとなった新型アルト

「アルト47万円」って知っていますか? 1980年代に衝撃的なプライスを実に大胆に、ズバリ車価格をCMにしてしまいました。 さすが、軽ナンバーワンを目指すスズキ。   こんにちは~ 軽自動車はさらに伸びていくと・・・

絶大な人気を誇るメルセデスベンツCLSクラス

セダンで使い勝手の良いのは、2ドアよりも4ドアでしょう。 しかし、流麗で流れるようなフォルムを身にまとった2ドアクーペには実用的な面ばかりではなく、まさに華麗でゴージャスな趣があるものです。 出来る事なら、4ドアセダンで・・・

現行モデルのラフェスタはOEM供給ということもあり人気に陰り

日産のミニバン言えば、「パパママリバティ」のフレーズで有名なリバティでしょう。 その前のモデルと言えば、プレーリーです。 プレーリーは、日産初の家族のための車として開発されたので、4ナンバーの商用バンモデルは当初からあり・・・

BMWが誇るフラッグシップセダン・7シリーズ

好きな数字は何ですか~?と聴かれればウルトラ7と答えてしまう査定バカは、間違いなく昭和の時代に幼少期を過ごした昭和の子供なのは間違いありません。   こんにちは~ ヒーローをこよなく愛した査定バカです^^ &n・・・

人気・需要共に落ち着いているBMW3シリーズ

3番と聞くと頼まれなくとも、すぐに「3番サード長嶋」と言ってしまう査定バカ。 あまり野球好きと言うわけではないのですが、少年時代に巨人の長嶋がTVで活躍していたので、たぶん頭にインプットされているのでしょうか。 &nbs・・・

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

コメントありがとうございます



ページのトップへ