あえて修復歴車を購入するという考え方

車を買う時や売る時に注目されるのが「修復歴車であるかどうか」ですね。

今回は、車を買う時に焦点を当てて、修復歴車を見て行きたいと思いますが、あなたは修復歴車を購入しようか迷っていますか?もし、迷っているのであれば、修復歴車とは具体的にどういったものなのか、そして、どういった修復歴車なら購入しても良いのかを理解してからでないととても危険です。

 

この記事を読むことで、

  • 修復歴車とはどういった車輌なのか?
  • 修復歴車を購入しても良いのか?
  • 購入しても良い修復歴車はどのような車輌なのか?

が、具体的に理解出来るようになります^^

 

修復歴車の最大のメリットは価格

修復歴車もしくは修復歴ありの車は、敬遠されるというのが現状です。

なぜ、敬遠されるのか?

それは、大きな事故を起こして車輌が傷んでいるというイメージが付いて回るからでしょう。そして、実際に車輌として問題がある状態で出回っている修復歴車も一部存在しているという事実もあります。

 

敬遠されるとどうなるのか?

中古車市場で修復歴車は買い手が少ない為に、当然の事ならが価格が落ちることとなります。

ですので、ユーザーが修復歴車を売ろうとすると安く買い取られ、オークションでも安く落札され、中古車販売店でも安く売りに出される事になるのです。

 

この「修復歴車は安く買う事が出来る」これが修復歴車の最大のメリットでもありますね。

しかし、安く購入したとしても売る時には、その逆で安い買取額しかつかないので、最も良い方法は、修復歴車を安く購入して乗り潰すという方法になります。

 

修復歴車の定義を理解することで世の中の誤解が理解出来る

何度か修復歴車の定義に付いては、査定バカのサイトでもお話ししています。

 

修復歴車=事故車ではないという事を理解することはとても重要です。

事故を起こしている車でも修復歴車ではない事は、良くあることですし、修復歴車であっても事故と呼べるレベルの傷ではない事もあるのです。

 

小難しくなってしまいますが、修復歴車は、車の骨格部分であるフレームを交換したり修復したりした車の事を言うので、車をぶつけたから修復歴車とは限らないという事になります。

では、それなりに大きな事故じゃないと修復歴車とはならないのか?と言うとそういう事でもないんです。

 

あくまでも日本自動車査定協会等が定めたフレームの交換修復をした車だけが修復歴車となります。

ですので、修理方法で修復歴車(修復歴あり)となるかどうかが決まる。でお話ししているように、ちょっとした傷でも修復歴車となり得ますし、大きな傷に見えても修復歴車とならない事もあるのです。

 

例えば、ドアを思いっ切りぶつけて、ドア交換したとしても修復歴車とはなりません。

修復歴ありなしの違い

 

 

しかし、フロントバンパーをガツッとぶつけたものの大した傷ではないにも関わらず、バンパーのすぐ裏にあるフレームが曲がってしまうと修復歴車となり得るのです。

修復歴ありなしの違い

 

 

これで修復歴車の定義は、事故の大小・傷の大小ではないという事を理解出来ましたね。

多くの方がここを理解出来ていないが為に、修復歴車の車輌価格は低いという事も同時に覚えておきましょう。

 

修復歴車の価格が安くなる理由は2つある

修復歴車の価格が安くなる要因は主に2つあるのですが、分かりますか?

  1. 走行に何かしらの影響が出ると懸念される(物理的な瑕疵)
  2. 心理的な瑕疵がある

実際に事故の際、車輌へ負担が大きくかかっているので、修復して見た目には問題がなくても100%元の状態に戻せるかと言うと絶対にそんなことは無理ですよね。ですから、今は大丈夫でも将来的に走行に何かしらの影響が出ると懸念されている(もしくは車輌によっては影響が出る)から、価格が安くなっています。

そして、心理的な瑕疵があるというのが最も大きな価格下落の要因でしょう。

 

心理的な瑕疵は、不動産で言えば「自殺があった物件」「殺人があった物件」などいわくつきの物件は、賃貸でも売買でも安くなりますよね。車の場合は「事故を起こした車」といういわくつきになるので、安くしないと売れないという訳です。

 

購入しても良いと判断できる修復歴車の見分け方

修復歴車は、物理的な瑕疵と心理的な瑕疵により価格が下げられてしまっていますが、ここには事故の大小・傷の大小は加味されていないことがほとんどです。

要は、大きな事故をおこしていようが、小さな事故だろうが、ユーザーからしてみると関係がないということ。

修復歴車は嫌だという固定概念が先行してしまっているので、必ず安くなるのです。

 

しかし、修復歴車だとしても程度の良い車というのは存在します。

そこで修復歴車の定義がきちんと理解出来ていれば、程度の良い車を選別することが可能となるので、程度の良い車を安く手に入れる事が出来てしまうという事ですね。

 

では、どういった修復歴車なら購入しても良いと判断出来るのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、事故の程度が小さく、傷が小さい修復歴車ですね。

 

中古車販売店に行くと修復歴ありなしは、明示されているので分かると思いますが、その程度が分からないというのが実情です。そこで、販売店に「査定表はありますか?」と尋ねましょう。ほとんどの中古車はオートオークションを通して仕入れているはずですので、ほぼあると思います。ここで出さない見せてくれない業者は、あまり信用出来ないと考えて良いので違う販売店へ行きましょう。

ちなみに、直接仕入れた下取りや買取りの場合は、こういった査定表はありませんので、整備記録簿を見せてもらうようにして下さい。

 

以下の画像が査定表になりますが、右上の評価点がRまたはRAになっていれば修復歴車です。RAは軽度な修復歴車と評価出来ますので、基本的にはRAを狙うのが良いでしょう。

査定表

 

そして、車輌の絵に色々とチェックが付いていると思いますが、×と書かれていれば、その箇所を交換していることを意味します。大きな事故を起こした車なら、バンパーやフェンダー、ドアなど色々なところへ×が並んでいるはずです。

 

狙い目としては、リアバンパーだけが交換または修復されており、その他は綺麗な車輌ですね。

逆にフロントやサイドからの事故は、なるべく避けた方が良いでしょう。

フロントの場合は、エンジンルームなど車の心臓部があるので、奥まで衝撃が伝わっていれば怖いですよね。また、サイドは車全体のバランスが崩れている可能性が高い為にお勧めはしません。

 

フロントの事故車全てがダメなのかと言うと、そんなこともなくコアサポート程度の交換修復であれば、かなり軽い事故だと想定出来るので、購入を検討しても良いかと思います。ただ、現状ではコアサポート程度であれば修復歴車と判断しないオートオークション会場も多いので、全ての車が安くなっているとは限りません。

 

なお、査定表を見ただけでは素人には分からない部分が多いので、必ず販売店に査定表を見ながら事故の程度を尋ねましょう。または、グーネットなどの中古車検索サイトでお問合せしてみて下さい。

「修復した個所と事故はどの程度ですか?」など聞けば問題ありません。

「リアに軽くぶつけており修復歴がありますね。」など簡単な返答が来た場合は、「具体的にどのフレームですか?」と尋ね直すようにしましょう。

そして、その修復箇所が以下のどれに当てはまるのかを確認します。

 

修復ランクA

  • フロントクロスメンバー
  • フロントフロア
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ルーフパネル単体交換
  • トランクフロア
  • リアフロア
  • リアクロスメンバー
  • リアサイドメンバー

修復ランクB

  • フロントサイドメンバー
  • ピラー交換
  • ルーフ
  • リアサイドメンバー交換

修復ランクC

  • フレーム
  • フロア
  • フロアサイドメンバー
  • ダッシュパネル

 

ランクAなのであれば軽い修復歴車となりますが、ランクBランクCであれば避けた方が良いと判断出来ます。

ランクAの中でも

  • フロントクロスメンバー
  • リアクロスメンバー
  • インサイドパネル(先端)
  • リアサイドメンメンバー(後端)
  • トランクフロア

であれば、軽度と判断することが出来るでしょう。

この様に、ある程度の修復歴の軽度を確認しながら、購入しても良いレベルなのかどうかを判断して行くのが良いですね。

 

こんな修復歴車は購入してはいけない

購入しても良い修復歴車の見分け方を説明しましたが、絶対に購入してはいけない修復歴車も念の為にご紹介しておきます。

 

初年度登録から3年未満なのに車検がない修復歴車です。

どう危険なのかと言うと、保険会社が全損となった車を引き上げて、登録を抹消してから起こし屋という全損車を修復する業者に依頼して、市場へ放出した車の可能性があるからです。

年式が新しく部分的にかなり綺麗な状態だが、一部が大きく破損してしまい全損となっているので、修復されてしまうと見た目上にはとても良い車に見えてしまいますが、かなりのダメージを1度受けている為に素人は手を出すべきではありません。

また、軽度な事故でも足回りを修復した車輌は、走行に支障が出た際にかなり危険なので止めておいた方が良いでしょう。

 

全て理解して調査すれば怖くない修復歴車の購入

修復歴車を理解して、確りと修復の程度を調べれば安価に良い車を手に入れることが出来るので、車を購入する際には、修復歴車を購入するという選択肢も入れても良いかも知れません。

なお、こういった軽度な修復歴車を購入する人の中には、意外と中古車業界人も結構います。あえて狙って購入しているという事ですね。

こういった知識を持つことでお得に車を手に入れてみましょう^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ