エントリーカーであるヴィッツはターゲットを女性から男性へ

マイ・フェイヴァリット№1女優の宮沢りえさん。

彼女が出演するドラマや映画はよくチェックしています。

今年出演した映画『紙の月』で最優秀主演女優賞(日本アカデミー賞)を受賞されました。

パチパチ~。

思わず拍手してしまいます。

 

こんにちは~

好きな女性にはついつい弱くなってしまう査定バカです^^

 

そんな、りえちゃんがCMしていたのはサンタフェじゃなくて、2代目ヴィッツでした。

現行モデルの3代目ヴィッツのCMは、国際的に有名なダンサーの菅原小春さんが光るスニーカーで華麗なダンスを見せてくれます。

トヨタのエントリーカーのヴィッツ。

さらには、モータースポーツのエントリーカーにもなり、ナンバー付車両でレースに参加できるネッツカップヴィッツレースやTRDヴィッツチャレンジ(ラリー)は、ヴィッツのみのワンメークレースで、手軽にモータースポーツに参加できる登竜門になっています。

 

ということで、今回はヴィッツに付いて。

 

初代(1999~2005年)

パブリカからスターレットと続くトヨタのエントリーカーとして1999年に発売。

当初は、1000ccのリッタカーのみでしたが1300ccや1500ccとエンジンバリエーションは増えていきました。

2001年6月には、アイドリングストップ装置を備えた1.0Bエコ・パッケージが登場しています。

 

ミッションはなぜか5速MTのみ?

なぜATでないのかとっても不思議ですが、改めてトヨタの省エネ意識の高さが伺えますね。

2003年には、TRDが開発・販売したターボエンジン搭載のRSターボ(1500cc 150PS/20kg・m)が限定発売。

RSターボは、まさにリトルダイナマイト!の豪快なモデルでした。

 

2代目(2005~2010年)

ボディーデザインは、初代のデザインをリファインしたものです。

ボディーサイズは、一回り大きくなり全幅は5ナンバーサイズいっぱいっぱいの1695mmに到達しました。

搭載エンジンは、1000ccと1300ccそして1500ccの3種類。

 

スマートエントリー&スマートスタートが搭載されました。

スマートエントリーは、スマートキーを持っていればスイッチでドアの開閉が出来て、エンジンスタートもスイッチを押すだけでエンジンスタートストップが可能になる便利グッズです。

初代に続きエコでありながら便利さも追及されています。

 

3代目(2010年~)

初代・2代目と女性受けする丸みを帯びたデザインから男性受けする角形デザインに変更されました。

ヘッドライトも角形異形ランプの釣り目風になり、リヤテールランプも角形に変更。

 

ボディーサイズは、さらに拡大されましたが、それでも全幅5ナンバーをキープしています。

メーターは、初代・2代目とセンターメーターが採用されていましたが3代目はなぜか普通の運転席側です。

 

フロントドアガラスは、UVを99%カットするスーパーUVカットガラスが採用されて日焼け防止になっています。

フロントワイパーは、2本から1のシングル仕様になりました。

これは、ラクティスと同じですね。

 

アイドリングストップ装置(スマートストップ)も搭載されて、燃費は26.5km/L(JC08モード)とクラストップレベルの高燃費!

アイドリングストップ装置がなくても燃費は24km/L(JC08モード)と好調で、こちらは車両価格が6万円ほどやすくなります。

 

搭載エンジンは、1000cc・1300cc・1500ccと2代目と同じです。

値段で選ぶなら1000ccが一番お得で、普段使いから長距離ドライブまでなら1300ccが余裕があり良いでしょう。

さらなる、走りを追求される方ならば1500ccのRSで決まりですね。

 

ヴィッツの人気と査定

トヨタのエントリーカーでありコンパクトカーのヴィッツ。

噂では、2016年にはニューモデルが発売されそうなので、売却予定の方は早めの査定がお得になるでしょう。

直近5年ものの査定は約23~150万円と少し幅があります。

 

人気は、やはり走りのRSでしょうか。

限定車のGRMNターボは、約210万円もの高値査定になっているようです。

コンパクトカー人気の1位ヴィッツの人気は安定していますが、やはりニューモデルが発売となると査定が下がってしまうのは致し方ないことですね。

売却を考えている方は、早めの行動が吉とでそうです。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7600社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活を房総ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ