高人気のマークXは今後の新モデルに注意

マークXのCMに出演されているタレントですぐに思い出されるのが、部長役で出演されている佐藤浩市さん。

ドハマりの役で、とっても好感が持てますね。

 

こんにちは~

あんな中年男性になりたいと願う査定バカです^^

 

マークXのCMと言えば佐藤浩市さんでしたが、主にCM担当していたのは初代マークXです。

9代目マークⅡがモデルチェンジされ10代目になるのを記念して10代目=ローマ数字でX表記するのでマークⅡからマークXとなりました。

80~90年代のハイソカーやセダンブームで売りまくったマークⅡ三兄弟の生き残りがマークXということですね。

 

トヨタ・セダン軍団の副将を担うのがマークX。

トヨタの位置づけとしてマークXは、走りのスポーツセダンを任されていますので、ライバルは、日産・スカイラインやBMW・3シリーズ・アウディA4などでしょうか。

 

初代(2004~2009年)

ボディースタイルは、4ドアセダン。

特徴的な6灯式ヘッドライトはセンセーショナルな話題を生みました。

国産車にはない面影は、イタリアはアルファロメオ風とでも言うべきでしょうか。

リヤマフラーは、バンパーと一体化されたディフューザー構造。

残念ながら初代のみでなくなりましたが、クラウンなどの上級車に受け継がれました。

 

搭載エンジンは、ストレート6からよりコンパクトなV6エンジンに変更。

ライバルの日産・スカイラインやティアナなどもV6搭載なので当たり前と言えば当たり前のことです。

3000ccと2500ccのV6DOHCエンジンは、ガソリン直噴エンジンのD-4。

ターボ搭載車の設定やマニュアルミッションの設定はなくATのみの設定で走りのグレードは復活しませんでした。残念。

リヤシートは、分割可倒式となり長尺モノが容易に積めるようになり使い勝手が向上したのも初代マークXからです。

 

2代目(2009年~)

SAMURAI Xのキャッチコピーの現行モデル。

前期モデルは、6灯式ヘッドライトでしたがモデルチェンジを機にハイ・ローを片側1灯で賄えるヘッドライトに変更されました。

クラウンよりもワンランク下に見られがちなマークXですが、ボディーサイズはほぼ同じで全幅は全く同じの1795mmに拡大されました。

 

搭載エンジンは、前モデルと同じの2500ccと3000ccV6DOHC。

このモデルから、トヨタのスポーツセダンと明言するだけあって走りの6速MTが復活しました。

ATも5速から6速に進化することに。

 

グレードは、プレミア・スポーツ・スタンダード(2500ccのみ。4WDのラインアップあり・)。

スポーツグレードベースのG’sは、ショックやダンパーなどGAZOOレーシングの熱い走りが感じられる一台となっています。

 

安全装備は充実が図られて、VSC(横滑り防止装置)・TRC(空転防止装置)・7個ものエアバックが搭載されました。

昨年は、最近のトヨタが一押しするイエローカラーの限定車イエローレーベルが台数限定で発売されたのも話題になりましたね。

特別仕様車では、走りのスーパーチャージャー搭載車+Mスーパーチャージャーの存在は見逃せません。

TOM’S製スーパーチャージャー搭載で最高出力は実に360PS/50.5kg・m。

圧倒的にな走行性能に目を見張ることでしょう。

 

マークXの人気と査定

トヨタのセダン軍団の副将たるマークX。

その人気は安定してゆるぎないものです。

最近はやりのアイドリングストップなどは搭載されていませんが、マークⅡで培った日本の正統派セダンの答えはやはりマークXしかありません。

 

査定は、直近5年もので約80~300万円。

人気が高いのは、やはりスポーツグレードのG’sです。

 

2代目が2009年に発売されてから数年経過していますので、そろそろモデルチェンジなどに注意が必要になってくる時期です。

こういった車種の場合は新モデルが発表されると同時に価格の下落が始まりますので、売り時を考えている方は、少し急ぎ目の売却で予定を組んだ方が良いかも知れませんね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ