車を高く売りたい人必見!いつ、どのように、どこへ売却すれば良いのかを徹底解説

「車が一番高く売れる時期やタイミングってあるのかな?」

「車を売却したいけど、なるべく高く売りたいんだよな・・・でも、相場も分からない。」

「そもそも車ってどこに売ればお得なの?」

 

車を買い替えたい、手放したいと思っていても、いつ、どのように、どこへ売れば高く売ることが出来るのかって意外と分からないものです。

はたまた、車業界の事を知らない人が自分の車の価値なんて分かるわけないですし、知識がないまま、業者の言いなりになって車を売ってしまうと100%の確率で大損をしてしまうと断言出来ます。

 

というのも、この記事を書いている査定バカは、元々は中古車屋の社員として働き、中古車を日々売り買いしていました。そして、中古車屋を辞めた後も自分自身で何度も車を売却(プリウス売却体験談査定バカのフィットを一括査定で売ってみました。)しており、車業界の裏知識から売却の経験まで豊富に持っているので、断言出来ているわけです。

一括査定

そう。

だから車を高く売りたいなら、最低限の知識を持って査定に挑まないとダメなんです。

知識なく丸腰の状態で査定を受けるという事は、業者側から見るとカモがネギを背負って来ているのと同じ状態になります。

 

そうならない為に、査定バカが持つ知識をこの記事に凝縮してみましたので、最後まで読み進めるだけで、あなたの車を

  • いつ売るべきなのか
  • どのように売るべきなのか
  • どこへ売るべきなのか

が明確になるでしょう。

 

でも、このような記事を書くと「車を高く売るには高度なテクニックが必要だったり、多くの専門的な知識が必要だったり、普通に考えて素人には無理でしょ。」と思ってしまう方もいると思います。

確かに(査定バカの記事も含めて)多くのサイトで書かれている記事で、初めて車を売るという人の再現性が高いものというのは少ないと言えるでしょう。

しかし、この記事では誰でも簡単に再現出来てしまう方法だけ、すなわち簡単な知識と交渉術だけを使って車を高く売る方法を実現できるようにお話ししていますので、誰でも再現することが可能です。

そして、いつ、どのように、どこへ売れば車を高く売ることが出来るのかが分かるようになっています。

 

ちなみに、この記事を全て読むことで車を高く売るための知識を全て手に入れることが出来ますが、凝縮したとは言え伝えたい事がたくさんあったので文章自体が2万字を超えてしまった為、一度読んだだけではノウハウ全てを習得出来ていないと思いますので、ブックマーク等に保存してもらい、いつもで読み返せるようにしておいていただけると幸いです。

それでは行きましょう!

 

あなたの車をいつ売るべきなのか

あなたが車を売るに際して、今売らなければならない理由が明確なのであれば時期やタイミングは関係なく、売らなければならない時に売れば良いと思いますが、いつ売っても良いという状態なのであれば、以下にお話しする時期やタイミングに合わせて売ることで買取額を最大値に近くすることが出来るでしょう。

 

車が最も高く売れる時期は2月です。

新車が年間で最も多く売れる時期は、日本自動車販売協会連合会によると3月が378,898台とダントツで、次に9月となっています。

2018年 新車販売台数
1月 215,058
2月 259,780
3月 378,898
4月 193,585
5月 202,031
6月 252,477
7月 245,068
8月 200,355
9月 265,059
10月 227,172
11月 240,819
12月 215,152

 

そして、中古車登録台数は、同じく3月が479,675台と飛び抜けて多いのが分かりますね。また、10月が次に多くなっています。

2018年 中古車登録台数
1月 255,188
2月 309,730
3月 479,675
4月 307,958
5月 314,710
6月 315,450
7月 314,144
8月 299,557
9月 285,006
10月 337,156
11月 316,915
12月 301,993

 

このデータから分かることは、車が最も多く売れる時期が3月、すなわち仕入れである車の買取り需要が最も高くなるのが2月であるという事です。

なお、査定バカの今までの経験から言うと2月が最も査定額が高くなりますが、1月も同じく高くなる傾向ですので、売る時期を自由に決められる状態なのであれば、1月~2月にかけて売るというのが最も賢い選択となるでしょう。

もっと詳しく知りたいという方は、年間を通して車が1番高く売れるのは2月!あなたの車が高額売却できる時期。から読んでみて下さいね。

 

3月も早い時期なら需要ありだが自動車税に注意

では、3月はというと2月に引き続き査定額は高くなる傾向にありますので、2月に売ることが出来なくても諦める必要はありません。

あくまでも2月は最も高く売れる可能性のある月であるというだけです。

3月は、企業の決算期と重なる為に駆け込みの購入需要があるので、3月の早い時期であればまだまだ良い査定額が提示される可能性は高いでしょう。

 

ただ、注意しなければならないのは、4月1日は自動車税の課税タイミングであるということ。

その為に3月下旬になると販売の方は落ち着いて来るのにも関わらず、売りたいという方が多くなるので全体的に査定額は下落傾向になって来るでしょう。

 

自動車税の駆け込み買取りでの注意点は、4月1日までに業者側が名義変更をしてくれるかどうかというところです。

正直、3月末はこの駆け込みで陸運局も激混みですので、業者としても4月で良いなら4月以降に名義変更したいと思うんですよね。

ですから、3月中に売却したとしても必ず名義変更を3月末までにしてもらえるとは限らない為、以下の事を事前に確認が必要になるでしょう。

  • 3月末日までに名義変更を終わらせてもらえるのか。
  • 名義変更が4月1日以降になってしまう場合は自動車税の負担は業者側になるのか。
  • 自動車税を立て替え払いした場合の返還方法。

これらを明確にしておくことが重要です。

 

1月~2月の次は9月、または月末が狙い目

先ほど、決算期の話しが少し出て来ましたが、9月は半期となるのでそういった需要、10月の中古車登録台数が多いことからも、9月も査定額が高くなる時期と言えます。また、転勤などの辞令が出る時期でもあるので動きはあると言えるでしょう。

ですので、1月~3月の時期を逃した場合は、中古車市場の動きがある9月を狙うというのも良い選択ですね。

また、売却時期を大きくずらすことは出来ないという方は、業者や営業マンの成績締め切りである月末を狙うというのも1つの手となります。

後1台売れればノルマ達成になる、という営業マンに運良く当たることが出来れば思いもよらない査定額が出る可能性も秘めていますよ。

 

ここまで、高く売る時期やタイミングを解説して来ましたが、車は機械ものになるので時間が経てば経つほど相場は下がって行くという定説がありますので、3月を超えてしまったから来年の2月を待とうとしていると、それ以上に相場が下がり実質的に損をすることもあります。

ただ、11月に売るのであれば1月~2月まで待った方が良いなど、今(売りたいと思った時)がいつなのかによって売る時期を決めるという柔軟さが必要ですね。

もし、そういった細かい時期が分からなければ査定バカのお問合せや記事下部のコメントからご連絡をいただければ、ご相談に乗ることも可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。

 

季節ごとに活躍する車種はシーズン前がベスト

冬の雪が降る季節には、四駆のSUVやクロカンの需要が増しますので、本格的に雪が降りだす前の10月から11月、遅くても12月頃までであれば、四駆の車は査定額が高くなります。

このようにシーズンに人気が出る車種の場合は、その前に売りに出すのが良いでしょう。

 

前述した時期やタイミングにも当てはまりますが、基本的に中古車の売却で最も高く売れるのは需要がピークとなる前です。

中古車販売店も需要のピークとなる少し前に仕入れて、ピークと共に売ってしまいたいと考えています。

その販売店が仕入れる先がオートオークションになるので、そこに出品する買取店等に売る消費者は先を見越して事前に行動すべきだという事ですね。

 

年式と走行距離には注意しておこう

10年10万キロというのは、日本人にとって大きな壁となっています。

と言うのも、中古車を購入する側の立場になって考えてみると、安めの中古車を探している人でも検索時に10年10万キロ以内を設定する人が多く、需要が極端に低くなることで、査定額もグッと下がってしまうという事実があるんです。

実際には、10年経とうが10万キロ走っていようが日本車は走り続けるのですが、未だに多くの人が避けようとするラインでもあるということ。

ですので、売ろうと考えた時に10年10万キロ以内なのであれば、すぐに売りに出すべきでしょう。

 

では、10年10万キロ以上いっている車の場合は、二束三文になってしまうのかと言うと、そんな事もなく正当な評価をしてもらう事が出来れば十分な価値があります。

特に海外需要のある車種であれば、古くても驚くほど高値が付く場合があります。

ちなみに、トヨタ車は輸出対象となる可能性は高いので要チェックですね。

 

車検が切れる直前に売るのがベスト

売ろうと考えている車の車検の時期も念のために確認しておきましょう。

フロントガラスのルームミラー裏側辺りにシールが貼られているはずです。

車検の時期

車検を通したばかりという場合は、車検で出した費用と同じくらいの価値は査定額に上乗せされることがないので、もっとも損をすることになります。

対して、最も得をするのは車検が切れる直前に売るということです。

ですので、車の売却や購入は計画的に行うのが最も損をなくし得を多くすることが出来るということになります。

 

ただ、車検がまだあるから勿体ないと乗り続けて1月~3月を逃してしまうのは勿体ないので、柔軟な対応を取ることが望ましく一般的に高く売れる時期は逃さない方が良いでしょう。

たまたま、そういった繁忙期に車検が切れるのであれば、ベストですがそこは今更いじれないので・・・購入する時から計画的にこの時期を狙うのも手ですね。

 

モデルチェンジ後は相場が下がる

軽微な仕様変更であるマイナーモデルチェンジであれば相場に大きな影響はありませんが、新型車となるフルモデルチェンジの時は中古車市場の相場が一気に下がり大きな影響を及ぼします。

これは新型車の発表からジワジワと下落し、販売と同時に相場が一気に下がるといった感じです。

フルモデルチェンジが行われることにより、旧型車の需要が極端に低くなることが要因で、事前に多くの車が売りに出されることとなり供給の方が多くなるので相場が下がることになります。

また、稀にある車名変更も中古車の相場下落につながります。

 

こういった事からも、これから車を売ろうと考えているのであればフルモデルチェンジの情報には敏感になっていた方が良いでしょう。

しかし、モデルチェンジの時期というのは明確に決まっていません。

基本的にはメーカーからの発表しかないので、そういった情報を早く掴むしかないんですね。

モデルチェンジの情報は、こちらのニューモデル新車情報カレンダーが役立ちますよ^^

 

 

ここまでは、あなたの車を高く売ることが出来る時期やタイミングに付いてお話しして来ましたが、ここからは売る時に最低限持っていた方が良い知識を少しお話ししたいと思います。

 

プラス査定となる装備や付属品

査定では、基本的に車種とグレード、それに色や年式、走行距離で大方の査定額は算出されます。

それにマイナス要因を見つけてマイナスして行くというのが査定の流れになるのですが、中にはプラス査定になるものも存在います。

それが、安全装備や(ガラス)サンルーフ、電動スライドドア、本革シートなど後から付けることが出来ないメーカーオプションです。

これらは新車の注文時にしか取りつけることが出来ないので、価値が高いと判断されることとなる為にプラス査定となるでしょう。

なお、シートカバーや純正ナビなどのディーラーオプションも評価されますが大きなプラス査定とまでは行きません。

 

ですので、車をアピールする時には、「綺麗に乗っていた。」や「社外スピーカーだ。」など後から何とでも出来るものではなく、安全装備や電動ドアなど後から追加できない機能を優先的にアピールする方が良いでしょう。

 

マイナス査定となる装備

これとは逆にお金をかけたにも関わらずマイナス査定となってしまう装備もありますので注意して下さい。

それが、コテコテのエアロや派手なホイールなど過度なドレスアップです。

こういった過度な装備は万人受けせずオートオークションでは不人気ですので、当然ながら査定額も低くなってしまいます。

また、スタッドレスタイヤなども敬遠されてしまいます。

 

ただし、純正のエアロやホイール、夏タイヤなどを保管しているのであれば、その純正品も一緒に引き渡すことを伝えることでマイナス査定とはなりませんので、必ず伝えるようにしましょう。

 

傷や凹みはそのままで売却

売ろうとしている車に傷や凹みがあるとマイナス査定になる事は当然ですが、だからといって売却前に修理してしまうとマイナス査定以上の出費になるので、直さずにそのまま売却した方が良いでしょう。

修復歴ありなしの違い

というのも、消費者が修理に出す際には出した先がディーラーなら、ディーラーの利益と修理工場の利益が上乗せされるので、その分多く払うことになるが、買い取った業者が自社工場で修理すれば材料費だけで済むため、小さな傷や凹みならそこまで大きなマイナス査定とはなりません。

実際には、買取店等も傷はそのままの状態でオートオークションへ出品することがほとんどで、傷や凹みを修理するのは最終的に中古車販売店となることが多いでしょう。

 

事故車と修復歴車では査定額に大きな違いが出る

あなたは事故車と修復歴車の違いって分かるでしょうか?

恐らく分からないですよね。

簡単に言ってしまうと事故を起こした事がある車を事故車、その事故で車の骨格にまで傷や凹み曲がりなどが生じた、もしくはその修理跡がある車の事を修復歴車と言います。

厳密にはもっと規定は細かいのですが、車を売るというだけでそこまで学ばなくても大丈夫です^^

 

重要なのは、あなたの車が修復歴車なのかどうかを知るということです。

  • 新車で購入して事故を起こした事がないのであれば修復歴車ではありません。
  • 新車で購入して事故を起こした事があるのであれば、修理をしてもらった業者に確認すれば修復歴車かどうか教えてくれます。
  • 中古で修復歴無しの車を購入して事故を起こした事がないのであれば修復歴車ではないはずです。
  • 中古で修復歴無しの車を購入して事故を起こした事があるのであれば、修理をしてもらった業者に確認すれば修復歴車かどうか教えてくれます。
  • 中古で修復歴車を購入したのであれば修復歴車です。

これらのどれかに当てはまるはずですので、査定を受ける前に確認してみて下さいね。

というのも、査定の場では事故車と修復歴車の線引きがされずに営業されることが多いので、自分自身であなたの車が修復歴車なのか違うのかを明確にしておく必要があるのです。

 

どういう事かと言うと、営業マンはあなたの車を1円でも安く買い取りたいわけですので、事故の跡を見つけると「この車は事故車ですね。」と言って査定額を下げてこようとしますが、あなたの反応次第で査定額を下げるかどうかを判断するんです。

この時に「そうなんです。一度事故を起こしたことがあります。」と言ってしまうと間違いなくそれを理由に査定額を下げて来るでしょう。

「事故を起こした事はありますが、修復歴車ではありません。」と返事をすることで、営業マンは「この人は事故車と修復歴車の違いが分かっているな」と判断しますのでこれを理由に査定額を下げて来ることはないはずです。

 

ちなみに、営業マンは修復歴車かどうか微妙な時に、敢えて事故車と修復歴車の線引きをせずに「この車は事故車ですね。」と言って来ます。

「この車は修復歴車ですね。」と言って来る時は、確実に修復歴車であるという確信がある時だけです。

敢えて「事故車」と言う言葉を使う事で、修復歴有り無しどちらに転んでも良いように、また、あなたの知識力を試しているということ。

 

ですので、あなたが査定において知っておくべきことは、あなたの車が修復歴車有りなのか無しなのかという事だけです。

この機会に修復歴車に付いて詳しく知りたいという方は、事故車や修復歴有り無しの判断基準をご覧下さい。

 

 

ここまでで、あなたの車を売るべき時期やタイミング、売る時に持っているべき知識を学べたと思いますので、ここからはどのように売る事で高く売ることが出来るのかをお話ししていきたいと思います。

 

あなたの車をどのように売るべきなのか

どんなに良い時期に良いタイミングで車を売ったとしても、高額査定を出すことが出来る確率はかなり低いと思って下さい。

なぜなら、高額査定を出す為には、他にも条件が必要だからです。

業者側の立場になって考えてみれば分かると思います。

 

例えば、車が最も高く売れる1月~2月にあなたの元へ何の知識も持たないお客さんが車を売りに来たらどうでしょうか?

売りに来た理由が「高く売れる時期と聞いたから、車検前だから」たったそれだけの理由なら、あなたは安く買い取る為にどう料理してやるかしか頭にないはずです。

なぜなら、この時期は業者にとっても安く買い取ることが出来れば大きな利益を出せる絶好のボーナス期間だからですね。

お客さんが高く売れる時期というのは、オートオークションの相場が上がっている時期となるので、買い取る側も普段と同じような安い価格で買取ることが出来れば、利益をその分上乗せする事が出来るという事になります。

方向性は違えど、考えることは皆同じという事です。

 

そんな状況の中であなたはどのように車を売れば高い査定額を出すことが出来るのでしょうか?

 

たった2つの簡単な交渉術と知識で買取相場の最大値を出させる方法

1円でも安く買おうとして来る買取りのプロから買取相場の最大値を絞り出すには戦略が必要不可欠ですが、営業をしたこともない素人がプロと戦っていきなり勝てるわけがないですよね。

そこで手軽に出来るのに効果は抜群の知識の入れ方と交渉術をお教えします。

  1. 即決の意思があるという事を伝える
  2. あなたの車の買取相場を知る

実はたったこれだけなんです。

 

即決の意思があるという事を伝える

営業マンは日々車の査定をしていますので、お客さんを見れば冷やかし(相場を知りたいだけ)なのか売る気があるのかは分かります。

そして、冷やかしのお客さんにはなるべく時間を使いたくないと考えていますので、売る気がないお客さんに対しては、査定額はかなり低く提示する事になるのです。

 

そりゃすですよね。

売る気がない人に高額査定何て出す必要性がないですし、交渉をされること自体が時間の無駄になります。

さっさと低査定額を出して、これ以上は無理と伝えて帰りたいのです。

 

逆に売る気があると判断した人に対しては、いくらでも時間を使いますし営業マン自身も高額査定を出し易いでしょう。

ですので、売る気があるという意思を見せることはもちろんですが、納得の行く査定額が出れば今この場で決めることも可能だというくらいの意思を明確に伝えることで高額査定は出易くなります。

注意点としては、「納得の行く査定額が出れば」という前提付きだという事ですね。

基本的に即決してしまうと大損している事が多いので、1社づつの査定の場合は即決は避けるべきでしょう。

ですので、即決の意思があるフリをするという事ですね^^;

 

あなたの車の買取相場を知る

あなたは今、この記事を読みながらあなたが売ろうとしている車の買取相場を分かっていますか?

恐らく分からないですよね。

でも、査定に出すと営業マンから「希望額はいくらですか?」と聞かれることが多いです。

この回答を間違ってしまうと査定額が極端に低くなることもあるので注意しましょう。

 

例えば、買取相場が100万円の車なのに、あなたが「希望額は50万円です。」と答えてしまうと、営業マンに「この人は相場観がない人だ」と認識されてしまい、その50万円を基準に査定額が提示されることとなります。

恐らく「50万円ですか、良い線行ってますね~。ただ、そこまでは厳しいかも知れません。」など、50万円以下で提示されることが多いですね。

 

次に「希望額は120万円です。」と答えた場合も相場観がないと判断されることになります。

買取相場が分からないのであれば、「希望額は特になく、御社が出せる最大値を出して下さい。」と言うのが最も良いでしょう。

これだとあなたが相場観がある人なのかどうかが分からない為に、それなりの査定額を出すしかなくなります。

 

しかし、あなた自身がその車の買取相場を知らないという事は、業者から出された査定額が高いのか安いのかすら判断出来ないですよね。

出来ることとすれば出された査定額を他社へ伝えて、それ以上の額を出してもらうくらいしか出来ません。

すなわち手探り状態ということ。

これだと、大概はどこの業者に行っても安く買い取られてしまいます。

なぜなら、1社目が60万円という査定額を提示したとすると、2社目に「他では60万円だった」と伝えると、「では、62万円でどうですか?」と言われるのがオチで、3社目に「他では62万円だった」と伝えても「良い線行ってますね。今すぐ即決してもらえるなら63万円出しますよ。」こんな感じで買取相場とはかけ離れた価格で合戦が繰り広げられることになってしまうんです。

そう、業者はあなたが相場観がないと判断した時点で無駄に価格を吊り上げることはしないんです。

 

ですので、車を高く売りたいのであれば、買取相場を知り買取相場通り「希望額は100万円です。」と答えること。

でも、どうすれば買取相場を知ることが出来るのか?

それをお伝えしますね。

 

あなたの車の買取相場を調べる方法

あなたの車の買取相場を調べる方法はいくつかありますが、精度は高いが計算が必要な方法と簡単にある程度の相場を知る方法の2通りの方法をお伝えしようと思います。

 

販売車から逆算して買取相場を調べる方法

実際に今販売されている車の車輌価格から販売店の利益と経費、そして買取店の利益と経費を差し引くことで買取相場を調べる方法になります。

この方法は精度が高い分、計算が面倒です。と言ってもこの作業をするだけで査定額に数十万円の差が出るならやる価値は充分にあるでしょう。

 

まずは、あなたの車と同じ条件に近い車をgoo-netから探して下さい。

例えば、査定バカが今乗っている車であるフリードハイブリッドで試してみましょう。

souba-chousa-04

 

 

車輌価格が128万円です。

ここから販売店の利益と経費である10数%~20%を差し引きます。

ただ、販売店によって利益率はまちまちで平均的な水準は16%ほど、高いところだと30%程度も取っているところもあります。

 

車輌価格128万円×0.84(販売店利益率16%)=オートオークション落札額107万円(千円以下は切り捨ててます。)

この計算で出た107万円がオートオークションの予想落札額です。

 

これに買取店等の利益と経費を差し引けば買取相場が分かりますね。

買取店等の利益率は10%ほどです。

 

オートオークション落札額107万円×0.9(買取店等利益率10%)=買取相場96万円

この計算で出た96万円が買取相場となります。

 

注意点としてオートオークションの予想落札額が70万円以下の車輌の場合は、買取店等の利益率は10%ではなく、買取店は最低でも7万円くらいは利益を残しますので、7万円として計算するようにしましょう。

 

オートオークション落札情報から買取相場を調べる方法

オークション代行をしている業者のサイトにはオートオークションの落札情報をアップしたものが掲載されています。

このサイトから、あなたの車の条件に似た落札情報を検索して落札額を予想しましょう。

検索する際には、メーカー、車種、年式、走行距離だけ入力すれば問題ありません。

 

検索結果には、過去のオートオークションで落札された車の情報がズラッと出て来ますので最も条件に近いものを選択しましょう。

souba-chousa-07

検索結果で出て来た中の最大値である108万円で計算してみます。

オークション落札額108万円×0.9(買取店利益率10%)=買取相場97万円

 

この計算で出た97万円が買取相場だと予測することが出来ますね。

ただ、オートオークションの落札額には幅がありますので、どの価格を選択すれば良いのか分からない、不安だという方は簡単に買取相場を見ることが出来る個人情報はメールアドレスだけでOKなグーネット買取で調査してみる事をお勧めします。

 

この様に買取相場を見ることが出来ますよ。

souba-chousa-09

 

ここでの注意点は、グーネット買取は相場よりもちょっと低めの価格が表示されることが多いので、買取相場の最低ラインという認識で使うようにしましょう。

ですので、査定バカが乗っているフリードハイブリッドの買取相場は90万円~97万円だという事がわかります。

これと同じようにあなたの車でも計算をすれば買取相場の概算が出て来ます。

 

 

消費者が安く買い叩かれてしまう原因の多くが買取相場を知らない事で起きていますので、これであなたは、安く買い叩かれてしまう可能性はほぼないと言えるでしょう。

希望額等を買取相場通りの数値で伝えることにより、買取店としても下手な査定額を出すことが出来なくなりますし、即決の意思があるフリをすることで、営業マンも本気で査定額を出す確率が高くなるので、高く売ることが出来る可能性は極めて高くなります。

しかし、どこに売るのかで大きく結果が違って来ますし、ある状況を作り出すことで大きく査定額が伸ばすことが出来るんです。

 

あなたの車をどこに売るべきなのか

車を売ると一言で言っても売却方法はたくさんありますね。

先ほども言ったように、どこに売るのかで査定額は大きく変わって来ますので、あなたの車をどこに売るべきなのかを詳しく見て行きましょう。

まずは、車の売却方法はどういったものがあるのかを把握する必要があります。

 

車の売却方法は主に5つあるが基本的には1つに絞られる

車の売却方法は主に以下の5つがあります。

  1. 委託販売
  2. オークション代行
  3. 個人売買
  4. 下取り
  5. 買取り

 

結論から言いますと1~4はお勧めしません。

基本的には5の買取りでOKです。

 

では、なぜ1~4はダメなのかを説明して行きますね。

委託販売は、あなたの車を販売店に展示料を払って展示してもらい売れたら販売手数料を支払うというものですが、適正な価格設定が出来ていなければいつまで経っても売れず、展示料だけが嵩むことになりますので、適正な値付けが出来ない素人には不向きと言えるでしょう。例え委託先の販売店がアドバイスをくれると言っても商売ですからギリギリ売れるか売れないかくらいの際どい価格設定にして展示料をなるべく多く搾取しようと企む業者も存在しますので注意が必要です。

オークション代行は、その名の通りオートオークションに代行で出品してくれるサービスですが、こちらもオークションに出しても落札されずに流れてしまえば出品料がかかりますし、いくらで落札されるかは出してみないと分からないので、確定したお金が欲しい人には不向きでしょう。

個人売買は、最も高く売ることが出来る反面でトラブルが最も多い売り方でもあり、名義変更をしてくれない、代金の支払いがされない、修復歴やメーター戻しなどの隠ぺいなど危険が潜んでいますので、車を売るのに慣れた人以外は避けるべきです。

下取りは、ディーラーで新車等を購入した際に今乗っている車を一緒に売ることを指しますが、基本的にディーラーは新車を売ることがメインの仕事であり下取りをすることは付加サービス的な側面があるので、査定額は買取相場とはかけ離れている場合が多いというのが正直なところです。納車と同時に引渡しが出来るなどメリットがある反面で査定額は低いので高く売るということが目的なのであれば使うべきではないでしょう。

 

買取りは、車を仕入れることをメインとしているので、交渉次第では高額な査定額を絞り出すことが可能です。

ただし、買取店に査定をお願いすれば高額査定になるのかと言うと絶対にそんなことはありません。

1社だけに査定させて買取相場通りの査定額を出す買取店は存在しないと断言出来ます。

それは、今までお伝えした、いつ(時期やタイミング)、どのように(即決の意思と買取相場を知る)が完璧でもです。

 

なぜなら、買取店はオートオークションの落札額から、あなたから購入した時の買取額を差し引いた額が利益となるので、1円でも安く買い取りたいというのが本音であり、競合他社がいない場合はわざわざ高額査定を出す必要性がないからです。

ですので、1社にしか査定に出さないお客さんには、どんなに良い時期でも良いタイミングでも、即決の意思があっても買取相場を知っていても買取相場に近い査定額なんて出すわけがありません。

 

営業マンの「オークション相場が基準なので、他に行っても査定額は同じか低いくらいですよ。」「調度この車種が欲しいというお客様がいるので、今すぐの契約なら先ほどの提示額よりも3万円高く買い取れます。」「うちは輸出ルートを持っているので・・・」など営業トークには騙されないようにしましょう。

これらのトークは全てあなたが他社に行かないようにする為の罠でしかないのです。

逆に言えば他社に行かれることを恐れているとも取れますよね。

 

買取店に査定を依頼するのであれば、1社だけではなく、最低でも3社程度、可能なら5社程度には査定を依頼すべきですが、1度の入力で複数の買取店へ査定依頼をすることが出来る一括査定サイトを利用するのが便利でしょう。

次に、車を売った後に起こり得るトラブル、そして、一括査定サイトで起こり得るトラブルを確認しておきましょう。

 

車の売却後に想定されるトラブル

車の売却後に想定されるトラブルを事前に知ることで、トラブルに巻き込まれる確率は格段に下がりますので、主に起こり得る3つのトラブルを覚えておいて下さい。

  1. 契約後の減額
  2. キャンセル料の請求
  3. 代金の支払い遅延

 

契約後の減額には応じる必要はなし

買取店の中には、契約して車の引渡し後に「修復歴が見つかった。」などを理由に買取額を減額してこようとする業者が存在します。

しかし、プロが査定をして契約をしており、見落としは業者側のミスという事になりますので、一方的な減額には応じる必要はないでしょう。

なお、買取店との契約書に再査定で瑕疵が見つかった場合は減額する的な条項が書いてあっても、消費者契約法第十条には「消費者の利益を一方的に害するものは無効とする」という条文がありますので、基本的には法律であなたは守られています。

 

キャンセル料の請求には実害のみ応じるべき

契約後であっても事情によりキャンセルせざるを得ない場合はあると思います。

そういった場合に想定されるのがキャンセル料の請求です。

基本的には契約を締結しているのであれば、キャンセルをする上でキャンセル料を支払うというのは当然のことながら、消費者契約法第九条に「当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるものは無効とする」という条文がありますので、実害以上の請求には応じる必要はないと考えるべきでしょう。

ですので、車の引渡し前や引渡してからすぐなど、実害がないと思われる時期のキャンセル料の請求に対しては、実害の証明をしてもらうようにして納得出来るようであれば支払えば良いと思います。

 

代金の支払い遅延は早めの対応

最近ではあまり聞きませんが、車の引渡し後数日経っても代金の入金がないという事も想定されます。

約束の期日までに振り込みがない場合は、ただちに買取店へ連絡を取り事情を聞きましょう。

それでも振り込まれない場合は、以下の相談窓口へ早急に相談することが賢明です。

 

JPUC

車の売却後に起きたトラブルで相談したいなら、日本自動車購入協会JPUCが良いでしょう。

こちらでは、相談に乗ってくれると同時に解決へ向けた具体的な行動などを教えてくれますので、自分自身での解決は難しいと思った時点で連絡をしてみて下さいね。

 

なお、売却後ではなく査定時のトラブルとして、居座りや強制的な契約など強引な営業をして来るという事が考えられますが、居座りや強引な営業に対しては、「御社に売る気はないので5分以内にここから帰って下さい。帰らない場合は警察へ連絡します。」と伝えればほとんどの業者が帰ると思います。もし、それでも帰らない場合は、速やかに警察へ連絡するようにしましょう。

また、強制的に契約を締結させられた、クーリングオフが出来るからと嘘をつかれて契約させられた場合などは、国民生活センターへ相談してみて下さい。(車は高額な商品になるので、契約には細心の注意を払うことが当然と考えられる為にクーリングオフ制度は対象外です。)

 

一括査定サイトの注意点とトラブル

複数の買取店へ査定を依頼するのであれば一括査定サイトが便利だとお伝えしましたが、便利な反面で注意点がいくつかありますので、使う前にどんな注意点やトラブルがあるのかを把握しておきましょう。

主な注意点とトラブルは以下の2つです。

  1. 電話勧誘
  2. 談合による買い叩き

 

電話勧誘

一括査定サイトに査定依頼をするのと同時に実際にあることが以下の3つ。

  • 電話が鳴り出す
  • 電話が鳴り止まない
  • 査定後も営業電話がかかってくる

これは至極当然のことで、買取店としては査定を申し込んで来た相手に対して連絡しているだけですね。

買取店が電話を鳴らす理由としては、出張査定の日程を決める為やあなたの車の詳細情報を聞く為、そしてあなたが車を本当に売る気があるのかを確かめる為になります。

ですので、電話に出て買取店の質問に答えて査定の日時を決めれば良いだけです。

ちなみに、この電話で売る気がないと判断された場合は、何かしらの理由を付けて査定にすら来てくれない事もありますので、電話の時点で即決の意思があるフリをすべきでしょう。

 

そして、電話が鳴り止まない原因は、あなたが途中で電話に出るのを止めてしまうからです。

実はユーザーは無料で使える一括査定サイトですが、買取店は申し込んで来た人の情報を得る為に2000円~3000円程度の手数料をサイト側へ支払っています。

お金を払っている買取店としては、何としてもお客さんと連絡を取りたいので、電話に出ないとなると何度も連絡を取ろうと電話を鳴らします。

これが鳴り止まない電話の正体です。

ですので、途中で電話に出るのを止めるのではなく、面倒でも電話に1本1本出て査定日程を決めるか、お断りするかをしなければならないということ。

もしくは、一括査定サイトに対して査定依頼の中止を申請すること。

そうすることで、電話が鳴り止まないという事はなくなるでしょう。

 

査定後の営業電話も同じで、面倒でも電話に1本1本出て「既に売却済みです。」とお断りすることで、買取店としても電話をする目的がなくなる為、二度と連絡が来ることはありません。

 

一括査定サイトに申し込むと電話がうざいと良く言われますが、買取店にこちら側から電話をするのか、買取店側から電話をしてくれるのかの違いだけですので、そんなにうざがる必要はないですし、確りと対応をすれば何の問題もなく査定まで進めるでしょう。

むしろこの電話でやる気のない買取店のふるい落としが出来るので、無駄な時間を使う必要が無くなる為、ユーザーにとってもプラスとなるはずです。

 

一括査定サイトに申込む前に以下の3点を確認しておきましょう。

  1. 時間に余裕があり電話を1時間ほど受けられる状態である。
  2. 車の詳細やあなたの状況を説明できる状態である。
  3. 査定が可能な日程や時間が明確である。

 

なお、どうしても電話を受けたくないという方は、以下の方法で買取店とのやり取りをメールのみで行うことが出来るようになります。

 

買取店とのやり取りをメールのみで行う方法

一括査定サイトに申込んだ後にかかってくる電話がどうしても嫌という方は、カーセンサーから依頼を出しましょう。

方法はとても簡単で個人情報を入力する画面で「任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」をクリックします。
車一括査定をメールでやり取りする方法

 

そして、連絡希望時間帯のところへ「登録のない電話は着信されません。連絡はメールにてお願い致します。」と記載しましょう。

車一括査定をメールでやり取りする方法

 

 

査定申し込み先では、ガリバーとビッグモーターはチェックを外します。こちらの2社は依頼が来ると同時に電話を自動でかけるシステムを導入しているので、チェックが入っていると必ず電話がかかって来てしまいます。

車一括査定をメールでやり取りする方法

 

これだけでも、ほぼ電話はかかって来ないのですが、たまに希望欄を見ていない買取店から電話がかかって来てしまうこともある為、更に完璧に電話をなくしたい場合は、あなたの携帯電話の機能を使って鳴らないようにしてしまいましょう。

査定バカはiPhoneなので、iPhoneのやり方になってしまいますが、

設定→おやすみモード→オン→常に知らせないにチェック→着信を許可をすべての連絡先

こうのような設定にすることで、電話帳にある電話番号からかかって来た時のみ着信するようになります。

車一括査定をメールでやり取りする方法

 

着信はされませんが、後々にSMSでどこから着信があったのかは送られてくるので必要であれば折り返しの電話をすれば良いだけですね。

 

談合による買い叩き

一括査定サイトでの注意点やトラブルで電話のお話しをさせてもらいましたが、実際には問題にならないということが理解出来たかと思います。

そんな事よりも注意すべきなのは談合です。

これは一括査定サイトだけの問題ではなく買取り業界全体で注意すべき事になるので、一括査定サイトを使わないという方も注意をするようにしましょう。

 

買取店の営業マンは、日々複数台の査定をこなしています。

それはどこの買取店の営業マンも同じで、中には複数の買取店を一気に呼んで査定をしてもらうお客さんもいますし、営業マンが遅れてしまい他の買取店と同じタイミングで査定を行うことはざらです。

買取店はある程度営業地域を決めて活動していますので、何度も他社の同じ営業マン同士が顔を合わせることは普通にあります。

何度も顔を合わせているうちに情報共有という理由で、名刺交換や連絡先交換、最近ではLINE交換なども普通にされていることでしょう。

そして、仲良くなった他社の営業マン同士は、度々査定現場で顔を合わせて仲良くなり、更に違う買取店の営業マンとも仲良くなって行くでしょう。

 

ここまでは普通に起こり得る事ですよね?

もし、この3社だけが呼ばれた査定現場では、どのような事が行われているか想像してみて下さい。

もしかすると、買取相場が100万円の車なのに、LINEで「このお客さんは売り急いでて即決するらしいから、今回は50万円で譲ってくれない?次回はどっちかに回すからさ!」的な会話が繰り広げられているかも知れませんよね。

 

これは査定バカが作り出した話しですが、あり得ない話ではないという事は理解出来ると思います。

なぜなら、現在の買取業界では競争が激化し、高値買取合戦になってしまっているという現実もあるからです。

買取業界では、サービスを強化したりして顧客満足度を上げる事よりも、価格で選ばれるという面が大きい為、正当に他社と戦っていれば当然ながら薄利となってしまいます。

そんな中に知り合いだけの査定現場があれば、正当に戦い1回の買取りで数万円を取るよりも、譲り合い1回の買取りで数十万円利益を出した方が効率が良いですよね。

 

なお、昔の話しですが買取店の営業マン同士がお客さんの見えない陰で「じゃんけん」をしている姿が、マンションの防犯カメラに映っているのが見つかり問題になった事があるんです。

こういった事からも買取店同士の談合は100%ないという確証はないので、対策は取っていた方が良いですね。

 

談合の対策としては、2つあります。

  1. あなたの車の買取相場を知る。
  2. なるべく多くの買取店に査定を依頼する。

あなたの車の買取相場を知るというのが最も重要で、買取相場を知っていれば買取店全てから実際の買取相場からかけ離れた査定額を提示された場合、おかしいぞと気が付く事が出来ますね。

ちなみに、談合でなくても買取店同士で買取相場からかなり低い額で敢えて争うこともあります。

例えば、100万円が買取相場の車に対して、口を揃えて「流石に60万円以上は厳しいですね。」「これくらいが限界ですよ。」「買取店〇〇さんが60万円も出す何て、かなり頑張ってますね~」「60万円って、オークション相場ギリギリじゃないですか、利益出ないですよ!」など、その場の雰囲気で買取店同士が力を合わせて嘘をつくことは日常的にありますので、買取相場を知るというのは最大の防御策なんです。

 

そこで重要になるのが、なるべく多くの買取店に査定を依頼するという方法になります。

なぜなら、上記のような場面で60万円くらいが限界だと複数の買取店が言っている中でも、たまに「うちは85万円までなら出しますよ。」という相場に近い価格をその場の空気に関係なく提示して来る業者も存在するからですね。

こういった正当な方法でしか商売をしない買取店は一定数存在していますので、多くの買取店に査定依頼を出すというのは大切になります。

ただ、あまりにも多くの買取店へ依頼し過ぎても自分が大変になってしまいますので、買取店を絞り込みながら、上手く査定を依頼することが大切です。

 

ちなみに、買取店を同時に呼ばなければ談合されないのでは?と思ってしまいそうですが、先ほども言ったように買取店はある程度の地域を決めて営業をしているので、査定に被る買取店というのはほぼ決まってしまっています。

ですので、買取店の営業マンはある程度どの買取店が競合となるのかを把握出来てしまうんですね。

そうなって来ると事前に連絡を取り合って、「何丁目の〇〇さん査定行く?」など確認しあうことも出来てしまいます。

 

では、同時に買取店を呼んで査定をしている時に確りと監視するという方法はどうでしょうか?

これも通信網が発達した現在では無駄ですね。

会社に連絡をしているフリをして、すぐ隣にいる営業マンにLINEを送っていたりするかも知れません。

疑い出すときりがないですが、前述した2つの対策を確りとしていれば問題ないでしょう。

 

複数の買取店へ上手に査定依頼を出す方法

先ほど、買取店を絞り込みながら、上手く査定を依頼することが大切だとお伝えしましたが、具体的な方法をお話ししたいと思います。

その方法が、一括査定サイトのズバット車買取比較から2社、先ほどのカーセンサーから2社、合計4社の買取店を呼び、あなたの車を強化買取りしている店舗を絞り込めるグーネット買取で1社または2社程度呼ぶという方法です。

 

ズバット車買取比較は、一括査定サイトの草分け的な存在で査定額を高く出す業者が多く参加しており、査定バカも一押ししているサイトで、カーセンサーは先ほどもお話ししたようにメールのみでやり取りを行うことも可能ですし、中小の中古車販売店など多くの企業が参加している一括査定サイトの中では最大規模のサイトとなります。

ズバット車買取比較

 

グーネット買取は一括査定サイトとは違い、あなたの車を強化買取りしている買取店を絞り込むことが可能なサイトで、あなたが良いと思ったお店に査定依頼を1社づつ出すことが可能ですので、無駄がありません。

グーネット買取

今は、一括査定サイトでも査定依頼先を指定できるので、それぞれのサイトから2社程度に依頼すれば普段は顔を合わせない買取店が集まる可能性も高まるのでお勧めです。

 

そして、【プリウス売却体験談】車を売るなら大手の買取店が良い?それとも名の知れない買取店が良い?でもお話ししているように、正直な話し大手の買取店よりも中小の買取店の方が査定額は高いです。

理由は、「高価買取」「高く買います!」と宣伝している買取店ほど安く買取る事実でも書いていますが、大手の場合は広告宣伝費を異様に使っているからで、経費が少ない中小の買取店の方が査定額が高くなるのは当たり前でしょう。

ですので、査定を依頼する時には、聞いたことがある名前の買取店はなるべく避けて、聞いたことがない買取店を選択するようにすると良いですよ。

 

買取相場を知りたいだけで買取店を呼ぶのは・・・

取り敢えずは各社の査定額が聞きたい、それからじっくりと考えて売りたいという方は、買取店をバラバラに呼んで査定してもらえば良いと思いますが、実際にこれをやってみると3社目あたりで「もう、良いかな・・・。」と思ってくると思います。

なぜなら、あなたは査定額が聞きたいだけで呼んでいますが、買取店の営業マンは買う気満々で来るので、査定後から査定額を出すまでに長い時だと2時間くらいかかるんです。

査定時間は30分くらいですので、合わせて2時間半・・・短くても1時間半くらいはみておいた方が良いでしょう。

3社に同じことをするとなると、何時間かかるのやら・・果たして査定額を聞きたいだけで、そこまで時間を使う価値はあるのか微妙なところですね。

 

じゃあ、時間を短くさせようと実際には相場が知りたいだけで売る気がないという事を伝えると、買取店も本気の査定額は出して来ませんので査定額を聞く意味がなくなってしまいます。

本気の査定額を出させようと即決出来るフリをすれば長々と営業をされるので時間がかかるし、他社と競合させないと本当の意味での査定額が出てこない・・・

そんな状況に陥るので、ただ単に相場が知りたいということで買取店を呼んでしまうのは、何とも難しいと思います。

時間があるなら良いんですけどね。

 

 全ての買取店を同時に呼ぶ方法が最も査定額が上がりやすい

あなたが、もし、車を本気で売る気があり即決をしても良いという状態でしたら、買取店はバラバラに呼ぶのではなく複数店を同時に呼んでしまい短期決戦をしてしまった方が査定額は確実に上がりやすいのでお勧めです。

なぜなら、買取店が本当の意味での本気の査定額を出すのは、以下4つの条件が揃った時だけだからです。

  1. あなたが即決できる状態である。
  2. あなたが買取相場を把握している状態である。
  3. 買取店同士が競合している状態である。
  4. その場で査定額が勝てれば買い取れる状態である。

1~3は今までお話しして来た通りですが、4の「その場で査定額が勝てれば買い取れる状態である。」というのは、あなたが同時刻に呼んだ買取店に対して、「この場で最高額を出した買取店に売ります。」と約束をした状態ということですね。

勝てば買い取れるという状態というのは、逆に言うと負ければ買い取れないという事を意味するので、惜しみなくその買取店が出せる最大の査定額を出して来るでしょう。

 

最も査定額が上がりやすい方法が、競りです。

あなたが決めたスタート額からスタートしてもらい、数千円単位で競り上がってもらい、最終的に最高値を出した買取店と売買契約を締結するというものです。

要は業者専用のオートオークションと同じ方法で競り合ってもらい落札してもらうという方法になります。

 

注意しなければならないのは、先ほどもお伝えしたように、あなたが必ず売るという約束をしなければいけないという事です。

ですので、買取店同士を競合させて、買取相場を確りと把握している完璧な状態でないとダメだということ。

 

ここまでくれば後は、あなたがスタート額(これ以下では売りたくない額)を決めれば良いだけです。

例えば、買取相場が100万円だと分かっているのであれば、95万円スタートなどで良いと思います。

 

恐らく複数の買取店を集めて、それぞれ査定が終わると買取店側から何かしらの提案があると思います。

「1社づつ交渉の時間をもらえませんか?」

「名刺の裏に査定額を書くので一斉に出して一番高いところに売ってもらえませんか?」

中には「うちが一番高く買い取るので他社さんは帰しちゃって下さい。」と強気な買取店もいるでしょう。

 

しかし、「競りで決めましょう。」と言って来る買取店はほぼいないはずです。

なぜなら、この方法が一番高くなってしまうと買取店も分かっているので、なるべく避けたいからですね。

査定バカもフィットを売却した時に競りを行いましたが、その時には買取店からは「競りではなく名刺の裏に査定額を書いて一斉に出す入札方式の方が高くなりますよ。」と言われましたが、わざわざ買取店側から高くなる方を勧めるわけないですよね^^;

神奈川中古車買取センターの査定

この言葉も営業トークであり、要は競りはやりたくなかったということ。

 

競りで最終的に決めたいなら、こう買取店側に伝えて下さい。

「私はこの中にいる買取店さんに今日この場でこの車を売ります。ただ、1社づつ交渉をするのも時間がかかってしまうので、95万円以上出せる買取店さんだけに残ってもらい、競りで最終的に高値を出した買取店さんと契約したいと思います。」

これで後は残った買取店の中で競りを行ってもらい競り合ってもらうだけです。

 

恐らく、競りは数十秒から1分ほどで終わると思いますので、良く金額を聞いておきましょう。

それぞれの買取店は会社にいる上司と電話片手に指示をされながら金額を上げて行くと思います。

こういった状況を見ることも、あまりないと思いますので楽しんでみて下さいね。

 

注意点としては、競りが終わった後に「やっぱり売らない。」などと言ってしまうとトラブルになるので、確実に売ると決めてこれ以下では売らないという金額を明確に決める事です。

それには何度も言っていますが、あなたの車の買取相場を把握することが重要です。

 

この記事の振り返り

いかがだったでしょうか?

査定バカが持つ知識で、車を高く売りたい人がいつ、どのように、どこへ売却すれば良いのかを徹底的に解説してみました。

最後に重要な項目だけ振り返ってみましょう。

  • 車を高く売りたいなら1月~2月
  • 3月なら早めの行動
  • 次に狙うべきなのは9月か月末
  • 季節で需要が変動する車種はシーズン前
  • 年式10年走行10万キロや車検、モデルチェンジは時期が来る前に売る
  • メーカーオプションは優先的にアピール
  • 改造箇所の純正品があることを伝える
  • 傷は修理せずそのまま売る
  • 修復歴の有り無しは事前に把握
  • 即決の意思があるフリをする
  • あなたの車の買取相場を知る
  • 3社~5社には査定依頼を出す
  • 買取店の談合や口裏合わせには注意する
  • 本気の査定額を引き出すには売ると決める
  • 最高額を絞り出すには競り

 

この1記事を読み終えることで、車を高く売るための知識は充分付いたと思いますので、ぜひ実際にあなたの愛車を売る時には試してみましょう。

ただ、つい力が入り過ぎてしまい、全部で2万字を超えてしまった為、一度読んだだけでは全てのノウハウを習得出来ていないと思いますので、ブックマーク等に保存してもらい定期的に確認してみて下さいね。

 

査定バカでは、下部のコメントやお問合せからご相談なども受け付けています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

あなたの愛車が1円でも高く売れるように応援しております!

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ