【プリウス売却体験談】車を売るなら大手の買取店が良い?それとも名の知れない買取店が良い?

皆さんは、車を売る時に大手の買取店の方が良いのか、中小の名の知れない買取店の方が良いのか、迷ったことはありませんか?

大手ならTVでCMもやっているし、高額査定しますって断言しているし、高く買い取ってくれると感じている方は多いのではないでしょうか。しかし、実際はどうなのか?この答えって売ってみないと分からないというのが正直なところですよね。

そこで、査定バカが大手対中小の買取店どちらが高く買い取ってくれるのかを、実際に車を売って調査してみました。

 

流れはこんな感じです。

一括査定で査定依頼⇒大手も中小の買取店も一斉に来てもらい実車査定⇒一番高い買取額を提示して来たところへ売る

たったこれだけです。

 

この調査は、査定バカの親族がプリウスからノートに乗りかえると言うので、査定バカがお手伝いをした時についでにしたものになります。親族も車の知識は全くなかったので査定バカに丸投げして楽しながら高く売ることが出来ましたし、下取りと買取りの査定額の差がこんなにあるのかと驚いていました。ちなみに、親族の希望としては乗り換えに手出しは10万円以内に抑えたいということでした。これに近づけるように査定バカが交渉を頑張る訳です^^;

 

この記事を読むことで、以下のことが理解出来ます。

  • なぜ中小の買取店の方が高く売れるのか。
  • 下取りよりも買取りの方が良いのか。

 

結論は中小の買取店の方が高く売れる

前置きは良いから早く結論を知りたいという方も多いと思いますので、結論から言いますと名の知れない中小の買取店の方が高く売れます^^

これは実際に査定バカが売ってみた結果ですので、間違いありません。でも一回だけならまぐれもあるんじゃないの?と思われる方の為に、更に中小の買取店の方が高く売れるという証拠を追加してお伝え致しますので、読み進めていただければと思います。

 

ここから先は、査定バカが丸々1日親族にくっついて行動し、ノートを購入、そしてプリウスを売却までしたドキュメンタリーです。1日!?とびっくりされた方もいるかと思いますが、関西方面への出張でしたので、査定バカの都合上1日で全て終わらせました。(実際には一括査定サイトへの申込みは前日にしております。)

 

査定バカがお勧めする一括査定のズバット車買取比較へ申込み

査定バカが利用した一括査定は、ズバット車買取比較です。このサイトは、買取店こそカーセンサーなどに比べると多くはないものの大手と中小がバランス良く参加しており、自然と強い競合が起こる為に最終的な査定額が高額になりやすいので、今回も使わせていただきました。

 

申し込み画面も分かりやすく初めての方でも簡単に依頼出来てしまいますよ^^

ズバット車買取比較

 

 

情報入力が終わると、査定を依頼出来る買取業者の一覧が表示されますので、この中から選びます。今回は5社表示されていますが、ガリバーとユーポス、ビッグモーターはいわゆる大手と言われる買取店ですね。そして、シーボーイとジャックが中小の買取店となります。丁度、大手と中小の買取店がバランス良く揃っているので、このまま査定を依頼しました。

ズバット車買取比較

 

 

例の如く、この5社から鬼の様な電話がかかって来ましたが、明日の15時にアポを取りました。この時の査定バカの会話は、明日の午前中に新しい車を買いに行くこと、そして午後に車を売ることを伝えて、明日の15時に来れる買取店の中から売ると伝えたところ、全社「行きます。」と二つ返事でした。そりゃ、そうですよね。行けば買い取れる可能性が極めて高いのですから当然来るでしょう。一括査定の場合は、基本的に相手の予定に合わすのではなく、こちらの予定に合わせてもらうことが大切です^^

 

 

ノートの購入と下取査定額

一括査定を使いサクッと買取店のアポは取れたので、目的のノートを買いに行きました。

ある程度ネットで目星を付けていたので、現車確認という形での訪問です。あれこれ店員さんに進められて以下の車で見積りを取ってもらうことにしました。同時にプリウスを下取りに出した場合の査定もしてもらいます。

 

結果、ノートの乗り出し価格は140万円ちょいで、下取額は驚異の95万円!安っ^^;

日産の下取り額

 

 

下取りに関しては、あまりにも安いので丁重にお断りして、購入車輌も値引き交渉をして136万円ちょいちょいでご契約^^

日産の下取り額

サクッと1時間ほどでノートの購入が完了しました。

ノートを購入した時のことは、中古車を値引き交渉して安く買うことは出来る?日産ノート購入の体験談で詳しくお話ししていますので、購入に関してもご興味がある方は読んでみて下さい。

 

急いで家に戻って次はプリウスの買取査定です。

 

一括査定を使った買取りは複数社を一気に呼ぶのが鉄則

前述したように15時に全社お約束していましたので、査定は全社同時にしてもらうというのがこちらの作戦です。こうすることで無駄な交渉は省けて一気に価格を吊り上げる事が出来ますからね。

しかし、ビッグモーターだけ敢えて早く来たようで、先に査定をしました^^;

一括査定

 

 

ある程度、車を見終わると価格の交渉に入るのかと思いきや、「一番高く買うのでうちに売って貰えませんか?」と言って来ました。「査定額はいくらなんですか?」と聞くと何かと話しをはぐらかして明確な数字は言ってくれません^^;恐らくここで価格を明確に言ってしまうと次に来る買取店にその価格を言われて、他の買取店がその金額に1万円くらい上乗せしてお客を奪われてしまうと感じているのでしょう。

ただ、こちらとしても「査定額が分からないのに売ってくれと言われても困る」と言うと、「110万円前後は行けるが、その上になってくるとご相談です。」とのこと。取りあえず、15時に4社の買取店が来るので返事はその後にしか出せないとお断りしました。

この時点で下取額95万円に対して買取額110万円と買取りが下取りよりも15万円も高いということが分かりますね^^;買取り>下取りという定説は崩れませんでした。

 

約束の15時になると続々と買取店が集まりました。それぞれに名刺を渡されて軽く挨拶をして査定に入ります。

一括査定

 

各々、車を確認した後は査定額を確認しているのか会社へ連絡を取り出し始めました。

一括査定

 

買取店から希望額は?と聞かれましたが特に明確には伝えませんでした。その他にもここにいる買取店以外の店で査定をしてもらったか尋ねられたので、少し前にビッグモーターさんが来られて査定した事を伝えると、いくらだったか聞いて来たので、(実際には110万円だが)115万円前後と言われたと伝えました^^

そうすると中小の買取店であるシーボーイさんが「えっ!?そんなに安いんですか?このプリウスは事故でも起こしています?」と言って来られたので、「いいえ、事故はありません。」とお伝えしましたが、恐らくこれも営業トークの一種なのでしょう。うちならもっと高く買い取れると認識させたいのだと思います。

 

複数の買取店を一気に集めた場合の最終的な査定額の決め方

買取店を1社1社呼んで査定をしてもらっているのであれば、先ほどのビッグモーターの時のように査定額の提示を求めれば良いのですが、複数の買取店を一気に呼んだ場合はお互いにけん制し合い中々具体的な査定額が出て来ません。こういった場合の最終的な査定額の決め方は主に3つあります。

  1. 入札
  2. 競り
  3. 1社づつ交渉

入札は、名刺の裏に買取額を記載してもらい一斉に出してもらう方法です。競りは、その場でオークションを開きスタート額から競り上げてもらうという方法になります。この2つの方法に共通するのが、絶対に売ることになるということ。基本的に最高額を出した買取店に売却してもらうという約束をした上で行いますので、査定額が出た後にやっぱり止めたとは出来ないということですね。

3つ目の1社づつ交渉は、あくまでも交渉なので絶対に決めなければならないという訳ではありませんが、1社づつお話しをして皆さん落としにかかってくるので大変です^^;

 

今回、査定バカが選んだ方法は、3つ目の1社づつ交渉して行くという方法でした。なぜ、この方法にしたのかと言うとシーボーイさんが「1社づつ時間をいただいて交渉させて貰えませんか?」と言われたからです。今考えると相当自信があったのでしょう。

 

結局、最後まで交渉に残ったのは中小2社、大手1社

そして、1社づつ交渉に入る前に、査定バカから「希望額は120万円です。それ以上出せないという買取店の方とは交渉しません。」とお伝えしました。実は査定バカはある程度の買取額の最大値を事前に計算して知っていたので、ここで買取店を絞り込もうと思ったのです。計算方法は、 あなたの車の相場を調べる方法を読んでいただければ分かりますよ。

そして、ここでガリバーが脱落。という事で、現在残っている大手と中小の買取店は、

大手の買取店:ユーポス

中小の買取店:シーボーイ・ジャック

大手が1社、中小が2社となりました。最初の査定依頼時には大手が3社いたにも関わらず、120万円以上という壁を設けたことで1社となりました。まぁ、ビッグモーターの場合は買取額が110万円前後ということだったので120万円以上は厳しいでしょう^^;

 

中小の買取店が強いという結論

ここから1社づつ交渉に入るのですが、ジャック⇒ユーポス⇒シーボーイという順番で交渉に入ることになりました。

ジャックとユーポスからは、新たな具体的数字は出ず「120万円以上は出すので、何とか他の買取店を帰してくれないか」という交渉・・・対して、シーボーイからは「査定バカさんの最低希望額が120万円ということなので、シーボーイからは125万円を最低ラインにして交渉しますので、他の買取店をお断りして下さい。」という交渉でした。ここでやっと具体的な数字が出たので「では、シーボーイさんと交渉するので、他の買取店はお断りします。ただ、納得の行く価格が出なかった場合は契約はしません。」と断言して、シーボーイさん以外の買取店にはお帰りになってもらいました。

ここで分かるのが、ジャックとユーポスはなるべく安く買い取りたいという気持ちがにじみ出ていたということです。対してシーボーイは、なるべく安くというよりも必ず買い取りたいという気持ちの方が強いと感じました。そして、自分の判断で査定額を5万円ポンッと上げてしまうのも中小らしい柔軟さだと思いました。

 

結局、シーボーイとその後交渉して、129万円で話しがつきました。ちなみに、下取額95万円で買取額129万円ですので、34万円もの差が出ました。もし、下取りで何も考えずに売却してしまうと34万円も損をしていたという事実が怖いですね^^;親族も手出しが7万円ちょっとでしたので満足いただけたようですが、下取り査定額との差にかなり驚いていたのが印象的でした。

最終買取額

 

大手は知名度もあるし店舗数も多いので数はこなせるが、柔軟性がないというのが厳しいですね。ある一定ラインを超えてしまうと買取りすることが出来なくなるので、ある意味情弱者や交渉下手な人をターゲットとしているのが大手の買取店と言えるでしょう。

 

また、冒頭で更に中小の買取店の方が高く売れるという証拠を追加してお伝え致しますと言いましたが、今までに査定バカでは買取店へこの記事で書いたプリウス以外にもフィットを売却した経験がありますが、その時も大手と中小の買取店が競合しました。結果は神奈川中古車買取センターという中小の買取店が余裕を持って勝つということになりました。その時の様子は、査定バカのフィットを一括査定で売ってみました。でお話ししています。

大手の買取店の特徴としては、査定時はとても自信満々な感じで高く買い取りますよという対応をするのですが、いざ交渉が進んで来るとダメですとなってしまうんですよね。ちなみに、フィットの時の査定結果は以下のようになっています。

  • 神奈川中古車買取センター、66,000円
  • ソッキン王、65,000円
  • ジーアフター、28,375円
  • ガリバー、20,000円
  • カーチス、不明(後から電話で1万から2万が限界とのこと)
  • ビッグモーター、0円
  • ユーポス、不明(後から電話で66,000円は無理とのこと)
  • DATA、不明

大手であるガリバー・カーチス・ビッグモーター・ユーポスは揃って0円~2万円となっていますが、最終的な買取額は神奈川中古車買取センターの66,000円です。フィットとプリウス、これらの売却結果が意味するものって分かりますよね^^;大手の買取店は高額査定を出すことが出来ない。そういう事なんですよね。

 

今ではオークション形式の一括査定であるユーカーパックが人気

一括査定は一括査定でもオークション形式で自ら交渉の必要がないユーカーパックが今人気を博しています。ユーカーパックは、1社に査定を受けるだけで最大7,700社から査定額の提示が受けられる革新的な一括査定となっています。しかも、このユーカーパックには大手の買取店はあまり参加しておらず、ほとんど中小の買取店や販売店が参加しているので人気車種になれば競り合いが激しくなり高額査定が出る可能性も低くはありません。

具体的に高額査定を出す方法は、ユーカーパックで車を高く売る方法で詳しくお話ししていますので、ご参考にしてみて下さい。

一括査定サイトに申し込むとかかってくる鬼の様な電話が嫌だという方は試してみても良いかも知れませんね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

メールで査定額を受け取ることが出来るオンライン査定なら最強買取.jp一択でしょう。

査定依頼時には写真5枚とメールアドレス、名前のみです。最強買取.jpで受け取った査定額を基に買取店を競合させる方法も良いですね。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ