高級車や輸入車の買取りは100万円以上の利益が出るのは当たり前⁉

先日、友人の買取店店長と話した時に「いや~先月はG350dで潤ったよ。1発で100万円以上だからね。」という会話が出て来ました。G350dとはメルセデスベンツのGクラスの事です。

一般的に1回の仕事で100万円の利益が出る何てあまり考えられませんよね。でも、実際にそれくらい、いやそれ以上の利益が出る事があるのが中古車の買取りなんです。

こういう話しって良く聞くのか?と言うと、査定バカは年に数回は買取店店長や中古車屋社長から似たような話しは聞くので大量の買取りをしている業者であれば、良くあることだと認識する事が出来るでしょう。

買取店の利益は消費者の損

つまり、多くの買取店がたまに1台の買取りで、100万円以上の利益を上げているという事は、買取店に売却する消費者が100万円以上の損をしている事になりますね。

こういった事を知ると「これって、詐欺なんじゃないの?」と言われる方がいますが、買取店としてはお客さんに査定額を提示して、納得してもらった上で買取りをしているので詐欺でも何でもないですよ。しかも、もし買取りではなくディーラーへ下取りに出した場合は更に低い買取額になりますからね・・・。

無知な消費者が失敗しているだけのこと。当の本人は100万円以上損をしている事にすら気が付いていないことが多いというのが現実です。今回のケースでは750万円での買取りだったようで、お客さんは750万円が手に入り大変喜んでいたそうです。

あなたが同じような状況にならない為には知識を付けること!

例としてG350dを上げましたが、一般的な大衆車でも数十万円から輸出特需がある車輌の場合は100万円以上、高級車や輸入車の場合は100万円どころか200万円、それ以上の損をしている事があるんです。

これらは全て消費者が無知であるが故に起きていること。

ですので、あなたが同じような目に合わない為には、知識を付けることです。それでは、同じような状況にならない為に知っておくべきことをお話しして行きますね。

実は買取店もビビッている

買取りにおいて金額が高くなればなるほど、査定額の振れ幅は大きくなって行きます。

どういう事かと言うと、例えば30万円くらいが相場の車輌であれば、どこの買取店へ査定を出しても10万円~25万円以内で査定額が出て来るでしょう。これはどこの買取店でもオートオークションの落札相場を基に査定額を算出しているからですね。30万円程度の車輌の場合の落札相場は、27万円~33万円くらいの間に収まると思います。

しかし、これが高級車となると振れ幅がとんでもなく大きくなって来るんです。下記画像は、オークサポートというオークション代行業者の提供しているオートオークション落札相場です。冒頭で出て来たメルセデスベンツのG350dの平成30年式だけに絞り込んだもので、一番高い価格帯と低い価格帯だけを抽出させたものになりますが、高いものだと1000万円くらい、安いものだと800万円くらいのものがあるのが分かると思います。

高級車の落札相場

すなわち、価格が1000万円くらいの車輌になると、オークション落札相場も800万円~1000万円と振れ幅が200万円もあるという事です。

こうなって来ると、買取店側もいくらで買い取れば良いのか苦慮してしまいますよね。査定額を850万円で提示したとして買い取れても下限が800万円なので、赤字になる可能性もあるということ。実際には、そんな危険を冒してまで買い取ろうとはしないので、750万円など無難なところで提示するわけです。

750万円で買取り、いざオートオークションに出品してみると850万円で売れたというのが、査定バカの知り合いの買取店店長のケースだったという事になりますね。これがもし、1000万円で落札されていれば250万円の利益が出るわけです。

しかし、一般的な買取店の場合はリスク回避をするので、もしかしたら1000万円で落札されるかも、と思っていても800万円以上で買い取ることはないでしょう。

ひとつの見落としが命取りになる

高級車や輸入車の場合は、修理費用が高くなる傾向がありますよね。これも買取店を弱気にさせる要因となっています。もし、査定において修理すべき箇所を1つでも見落としてしまうと赤字に転落してしまう可能性があるという事です。

一昔前までは「見落としがあったので、再査定の結果減額になります。」と言うようなプロ失格の事をしていた業者も多く存在していましたが、今ではJADRIの加盟店は再査定を禁止されていますし、裁判などになった場合は中々勝てなくなって来ている為、簡単には減額を出来なくなって来ています。

そういった背景もあり、もし見落としがあった場合でも利益が確保出来る査定額を提示するわけです。

ここまでで、なぜ買取店が高級車や輸入車の買取りで、高額査定を出すことが出来ないのか理解出来たと思います。

それでは、高級車や輸入車をどう売れば良いのかを具体的にお話しして行きますね。

高級車や輸入車の正しい売却方法

高級車や輸入車など価格の高い車輌を売却する時に選ぶ買取店は、以下の事を念頭に入れて選択すべきです。

  • リスクを取れる業者
  • 高級車や輸入車に精通している業者

リスクを取れる業者

正直、高級車や輸入車のような高価な車輌を高く売るには、ビビッている業者にいくら査定してもらっても査定額は上がって行きません。リスクを許容できる業者同士を競わせて初めて査定額は上がって行きます。

リスクを取れる業者とは、中小の買取店ですね。大手の買取店は基本的にどの車輌であってもそこそこの査定額しか出て来ません。【プリウス売却体験談】車を売るなら大手の買取店が良い?それとも名の知れない買取店が良い?でもお話ししていますが、大手の買取店は査定額に限界があります。いや、どこの買取店でも限界はあるんですが、大手の場合は限界額が低い傾向なんですよね。

ですので、高価な車輌を売る時は安心できる大手となりがちですが、聞いたことがないような小さな業者の方が査定額は高くなる可能性は高いでしょう。

高級車や輸入車に精通している業者

簡単に言うと高級車専門店や輸入車専門店に売ろうという事です。ただし、どこの専門店でも良いのかというと違います。

高級車は高級車専門店に輸入車は輸入車専門店に査定に出した方が、この車輌はどこが壊れやすいとか、この車輌ならいくらまで最大で行けるなど、肌感覚で査定をしてもらえるので、限界まで査定額を上げられる可能性があります。

しかし、専門店で精通しているのであれば、どこでも良いのかというと、そんなことはありません。専門店でも販売だけに力を入れており、基本的にうちの車を買ってくれたお客さんに対して下取りをしているという業者、買取りもするがお店に持って来てくれたら査定しますよという業者、このような専門店の場合は、何社に査定してもらっても他社を競合させたとしても高値の査定額は出て来ないでしょう。

専門店で、尚且つ買取りに力を入れており、他社と競合した場合は限界まで査定額を上げる事が出来る、という業者に査定をしてもらうべきです。

買取りに力を入れている専門店の探し方

そんな専門店をどうやって探すんだ?という意見もあると思いますので、最後に高級車専門店や輸入車専門店で買取りに力を入れている業者の探し方をお伝えして終わりたいと思います。

意外と簡単な探し方なので拍子抜けしてしまうかも知れませんが、かなり精度の高い探し方ですので実践してみて下さいね。

グーネット買取で特定車種の強化買取店を絞り込む

グーネットって知っていますよね?中古車の検索サイトですね。このグーネットが買取店の検索も運営しているんです。

それがグーネット買取というサイトなんですが、これがかなり優れものになります。雑誌から始まり今ではネットでも大手ポータルサイトとなっていますが、昔から多くの中小企業が参加していて、多くの高級車専門店や輸入車専門店も入っています。

そして、グーネット買取に参加している中には、ある特定の車種だけが欲しいという業者もいるんです。試しにメルセデスベンツのGクラスで検索してみました。

買取強化店

グーネット買取から地域と特定車種を選択して検索するだけで、絞り込みが出来ますので、その中から聞いたことがないような中小企業で【〇〇〇強化中】と記載のある業者の詳細を開いて専門店かどうかを確認しましょう。

買取強化店

上記画像の店舗は、高級車専門と書いてありますね。

グーネット買取に掲載されている業者は、競合が起こると分かった上で掲載していますので、買取りに力を入れている業者と考えて間違いありません。

カーセンサーで専門店を絞り込む

グーネットと同じ昔から中古車の検索サイトを運営しているカーセンサーでも、同じように専門店を絞り込むことが可能です。

カーセンサーの一括査定サイトから車種と地域の郵便番号を入力して【申し込みをスタート】を押すと以下のような画面に行くので右側の【査定申し込み先】を見てみましょう。こちらもメルセデスベンツのGクラスでの結果です。

大手買取店以外の中小企業は、ほぼ高級車や輸入車専門店がズラっと並んでいます。中には整備を専門とした業者も入っていますが、ちょっと調べれば専門店かどうかはすぐに分かるはずです。

ちなみに、カーセンサーは一括査定サイトの中でもダントツの業者参加数ですので、カーセンサーの一括査定に参加している事で、買取りに力を入れているという事は明白ですね。

なお、一括査定に申し込みすると電話が・・・と心配な方は、車の一括査定をメールのみで行う方法。力技ですが電話なし100%メールにする事も可能!で、電話ではなくメールでやり取りする方法をお話ししていますので使ってみて下さい。

ちなみに、カーセンサーの査定申し込み先一覧に入っているトップランクは、最強買取.jpという買取り専門のサイトも展開しています。こちらでは、車輌を見せなくても写真と車検証の画像を送るだけで、仮査定をすることが出来るので買取相場を知るのにも使えますよ^^詳しくは、メールアドレスと名前のみで車の査定額を知る方法でお話ししていますので、ご興味があれば読んでみて下さいね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ