車を売却する時の必要書類と再発行手続き

車を売る時には、いくつかの必要書類があります。 事前に用意しておくことで売買をスムーズに運ぶことが出来ますので、事前にどんな書類が必要となるのか把握しておきましょう。

なお、必ず必要となる書類とそうでない書類がありますので、その辺にも触れて、更に必要書類を紛失してしまっている場合の再発行手続きの具体的な方法をお話ししたいと思います。

 

この記事を読むことで

  • 車の売却時には何を用意すればいいのか。
  • それぞれの書類は基本的にどこにあるのか。
  • なくしてしまった書類はどうすればいいのか。

という事がすべて解決します。

 

普通自動車の必要書類

普通自動車と軽自動車では、必要となる書類が若干違うので、まずは普通自動車の必要書類から見て行きましょう。 そして、その書類は基本的にどこにあるのか別に整理しています。 また、赤字は必ず必要なものとなります。

 

車のグローブボックスの中

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)
  • リサイクル預託金証明書
  • 自動車税納税証明書(領収書)

 

自宅の中

  • 実印

 

役所で取得

  • 印鑑登録証明書(発行から3か月以内)
  • 住民票(車検証と印鑑証明の住所が違い、尚且つ転居が1回以内の場合)
  • 戸籍の附票か住民票の除票(転居が2回以上の場合)

 

業者が用意

  • 委任状
  • 譲渡証明書

続いて、それぞれの必要書類を紛失した場合の再発行手続きの具体的な方法を見て行きましょう。

 

自動車検査証(車検証)

自動車検査証は車検証と言われているものですね。

車の売却時に必要な書類

多くの場合は、車内のグローブボックス(助手席の前にある小物入れ)にあることが多いので確認してみましょう。

もし、見当たらない場合は、シートの下と後ろのポケット、他収納ケースなどを確認してみて下さい。

それでも見つからない場合は、購入したディーラーの渡し忘れという可能性もあるので念の為に問合せしてみても良いかも知れません。

 

 

車検証は車の売却時には必ず必要になりますので、紛失した場合は、陸運局で再発行するようにしましょう。

ナンバープレートに書かれている地域名+陸運局でネット検索すれば、行くべき陸運局が分かると思いますよ。

ちなみに、陸運局は平日のみの営業なので、忙しい方はディーラーや販売店等に代行を依頼するのもありですが、手数料として数千円かかります。

 

陸運局に出向いたら、

  • 理由書
  • 手数料納付書
  • 申請書(100円)
  • 300円分の印紙

を陸運局で手に入れて記載後に提出しましょう。

手続きには、申請者の身分証明書も必要となります。

 

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)

自賠責保険は、車輌にかける保険で強制加入となっています。

車の売却時に必要な書類

 

こちらの自賠責保険証明書も車内のグローブボックス等にある可能性が高いですね。

売却時には、自賠責保険証明書も必ず必要になりますので、紛失している場合は再発行手続きをしましょう。

保険会社に連絡を取り、自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書をもらい、必要事項を記入して押印、保険契約の身分証明書のコピーを同封して郵送すれば手続きは完了です。

後は、保険会社から自賠責保険証明書が送られて来るのを待ちましょう。1週間程度で手元に届くはずです。

 

 

どの保険会社に加入していたのか不明な場合は、車を購入または車検を通した業者に連絡を取り、どこの保険会社で加入しているのか確認しましょう。

それでも分からない場合は、

  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上火災保険
  • 東京海上日動火災保険
  • 富士火災海上保険
  • 日新火災海上保険

のどれかなはずですので、可能性のある保険会社から順番に電話してみるしかないですね^^;

 

リサイクル預託金証明書

リサイクル預託金証明書とは、リサイクル券とも言われており、最終的に車を処分解体する時に必要となる料金を事前に預け入れているという証明になります。

この書類も車検証や自賠責保険と同じところに入っている可能性が高いので確認してみて下さい。

 

 

ただ、こちらの書類は、預託さえ出来ていれば特段必要とはなりませんので、紛失していた場合でも、わざわざ自分で再発行手続きをする必要もありません。

念の為に再発行の方法をお伝えしておきますね。 こちらの自動車サイクルシステムから発行印刷が可能です。

 

自動車税納税証明書(領収書)

自動車税納税証明書は、4月1日の所有者または使用者に請求される自動車税を納付しているという事を証明する書類になります。

車の売却時に必要な書類

 

こちらも車内のグローブボックスにある確率が高いものの、何年も乗っていると毎年支払いがあるものなので、領収書を捨ててしまっていたり、わざわざグローブボックスに入れていないという事もありますね。

 

 

ちなみに、自動車税で重要なのは、この書類ではなく納税しているかどうか、という事で、未納の場合は車の売却が出来ないので注意して下さい。

業者によっては納税が確認できれば大丈夫なので、再発行は不要とされる場合も多いです。

自動車税納税証明書の再発行手続きは、陸運局に併設されている自動車税管理事務所か県税事務所に出向く必要がありますが、手数料等はかからないので無料で再発行可能です。

その際に

  • 車検証
  • 印鑑

が必要となります。

 

ただ、前述したように買取り業者によっては不要となることがあるので、「紛失したが、納税はしているので、県税事務所に確認してくれ。」と言えば恐らく大丈夫でしょう。

 

実印と印鑑登録証明書

実印はとても大切なものになるので、家の中に確りと保管してありますよね。

車の売却時に必要な書類

印鑑登録証明書は、その実印が本物ですよと証明するものになるので、市区町村の役所に行き印鑑カードを提出して発行してもらいましょう。

車の売却時に必要な書類

実印がないよ、という方は普通自動車を購入する時には必ず必要となるものなので、持っているはずです。

ただ、管理は市区町村毎になる為、引っ越しで等で住民票を移している場合は、ない場合がありますね。

そういった時は、市区町村に実印にしたい印鑑を持って行き、再度登録してから印鑑登録証明書を発行してもらいましょう。

車の売却時に必要な書類

 

ちなみに、この印鑑登録証明書と車検証の住所が違う場合は、1回だけの転居の場合は住民票が必要となり、2回以上の転居の場合は戸籍の附票か住民票の除票が必要となるので注意しましょう。

 

委任状と譲渡証明書

委任状は、名義変更等の手続きを業者に代行してもらう時に必要となるので、委任状に実印を押して渡すことになります。

委任状自体は、買い取る業者が用意してくれるはずですので、渡されるのを待ちましょう。

車の売却時に必要な書類

譲渡証明書は、あなたが車を譲渡しますよという証明になる書類ですので、実印を押して渡すことになります。

こちらの譲渡証明書の書類も買い取る業者が用意してくれます。

車の売却時に必要な書類

 

基本的には、どの書類でも再発行をすることが可能ですので、紛失をしたとしても焦る必要はありません。

ただ、再発行までには日数が必要となる場合が多いので、事前の準備を心がける必要がありますね。

 

軽自動車を売却する時の必要書類

軽自動車を売る時に必要となる書類は、普通自動車と若干異なります。

軽自動車の必要書類は以下のようになります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル預託金証明書
  • 軽自動車税納税証明書
  • 認印
  • 委任状

自動車検査証と自賠責保険証明書、リサイクル預託金証明書、自動車税納税証明書は、普通自動車と同じく車内のグローブボックスにある可能性が高いので確認してみて下さいね。

車検証の紛失時は、軽自動車検査協会へ出向き再発行してもらいますが、手続き自体は普通自動車と同じです。

その他の書類の再発行手続きは普通自動車と同じになります。

ちなみに、軽自動車の場合は譲渡証明書が不要となるので、実印ではなく認印で大丈夫です。

 

自動車ローンで購入しており所有者があなた以外の時の必要書類

車を購入する時にマイカーローンや信販ローンを組んでいた場合は、所有者があなたではなくディーラーやローン会社となっている場合があります。

当然のことながら、その車は所有者欄に書かれている名義人のものになりますので、ディーラーやローン会社だった場合は、勝手に車を売ることは出来ません。

ですので、所有権解除という手続きが必要になって来るのですが、買取店等に車を売る場合はほとんどの場合、代行して手続きをしてくれるので、渡された書類に印鑑をおして返すだけで完了するケースがほとんどです。

 

基本的に必要となる書類は

  • 所有権留保解除承諾書等(ローンが払い済み証明書)
  • 所有権留保解除依頼書
  • 印鑑証明書
  • 自動車検査証(車検証)の写し
  • 自動車税納税証明書の写し
  • 住民票等(車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合)
  • 委任状

 

所有権留保解除承諾書や依頼書は、業者が用意してくれるはずです。

印鑑証明は、前述した車の売却時に必要となる書類と被っているので、業者から「印鑑証明書は2通用意して下さい。」など指示があると思います。

車検証や納税証明書は、写しなので業者が勝手に作業してくれますね。

委任状も実印を押印するだけです。

 

このように基本的には、買取業者にお任せすれば大丈夫ですので、特に難しく考える必要はありません。

ちなみに、ローンが残っている車でも売れるのかな?という方は、こちらのローン残債がある車の売却方法の具体的なパターンをご確認ください。

 

あなたの車を買い取る業者は、車の引渡しがあったとしても、必要書類が揃わない限り代金の入金はしてくれませんので、車の引渡しに間に合うように書類を事前に用意しておくようにしましょう。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ