カーセンサーの一括査定の体験談

2019年9月26日更新。

記事を見なおしていたら、こちらの記事の内容がかなり古いままになっていたので、最新の情報へ更新致しました。

今回、査定バカが『カーセンサー』の一括査定を体験して、徹底検証したいと思います!

カーセンサーの体験談

カーセンサーはテレビやCM、雑誌などでも知名度抜群のリクルートが運営している一括査定サイトですが、リクルートと言えば厳しい業者審査(業者の不正防止)で知られていますので期待したいところです。

カーセンサーと聞くと中古車販売を思い浮かべてしまう方が多いかも知れませんが、中古車の買取査定も対応しているんですね。

多くの買取業者さんが参入しており、全国展開している有名な買取店はもちろん地元の小さな買取業者さんまで幅広く査定をしてもらえるという事で、どの様な査定結果がでるのか楽しみです!


まず始めにトップ画面で、メーカー・車名・車のタイプ・事故歴・郵便番号を入力して査定スタート!

カーセンサーの体験談

トップ画面で入力した郵便番号や車輌情報を基に買取店が表示されます。

今回は8社がリストアップされていますが、エリアや車種によってはもっと少なかったり多いところでは最大で30社からの見積もりが可能なようですが、違うエリアや車種で調べてみても30社も業者が出て来たことはありません^^;まぁ、30社も査定依頼してしまうと混乱してしまいパニック状態になってしまうことは目に見えているので、そんなに多くの買取店に査定依頼する方は滅多にいないかと。

以前にカービューで一括査定の体験をした時には、6社に依頼を出してえらいことになってしまったので、ここでは3社に限定して査定を依頼したいと思います。


次は車の情報を入力するのですが、全ての項目が「OK」と緑色になっている事を確認しましょう。

カーセンサーの体験談

入力項目は年式・グレード・ドア数・ハンドル・燃料・ミッション・駆動方式・排気量・色・走行距離・車検時期・車の状態ですが、年式とグレードを入力すれば、ドア数やハンドル、燃料、ミッション、駆動方式、排気量は自動的に入力されますので、違っている場合だけ修正すると言った感じです。

任意項目は売却希望時期・型式・装備・アピールポイントがありますね。

装備品は査定額に差が出るポイントでもあるので、アピールできるところはしっかりアピールしておきましょう!


次は個人情報の入力。

カーセンサーの体験談

ここでは氏名(フリガナ)・住所・電話番号・メールアドレスが入力必須項目になっているようです。

今回は基本的な連絡のやりとりをメールで行いたいので、任意項目にある連絡可能時間帯の欄に『連絡はメール希望』と入力し登録してみたいと思います。


入力した内容を確認して送信!

カーセンサーの体験談

最後は依頼完了の画面を確認して登録終了となります。

ある程度の車両情報は事前に調べていましたのでスムーズに入力できましたが、年式やグレード、車検時期など少し曖昧な方は事前に車検証などを用意した方がよりスムーズに登録できると思いますのでご用意を^^

調べ方が分からないという方は、査定依頼の申込み時に必要なグレード・走行距離・年式・車検時期の調べ方を読んでいただければどこを見れば良いのかが分かりますよ。


画面下の部分に『カーセンサー会員登録』とありますが、もし後からもう少し見積もりをお願いしたいと思った際など、ここで会員登録をしておけば車の情報などの入力を再度行わないで簡単に査定依頼が出せるようですので、登録しておきましょう!

他にも閲覧履歴など色んな情報がチェックできたり、口コミ投稿の確認や閲覧などもできるので、より便利にカーセンサーを利用したい方は無料会員登録をしても良いかもしれませんね。


また、メールも届いていると思いますので確認しておきましょう。

登録完了後に届いたメールです。

査定を依頼した業者の確認はこちらのメールで確認できます。


以前は、メール内に買取相場の記載があったが、現在はなくなった

ここからはカーセンサーで査定登録完了後に届いた査定会社からのメールをご紹介していきますが、最初にご紹介するメールは2013年頃のメールです。その後に2019年頃のメールをお見せしますね。

まず最初に返信がきたのは『カーチス』でした。

カーチスの実車査定に関しては、カーチスに査定をしてもらいました!の記事を見て下さいね^^


登録完了から返信までの時間は約1時間。

カーチスのホームページを見ると『6年連続顧客満足度全国ナンバーワン』と目立つようにあるのですが、返信のスピードが早いのは満足度と関係があるのかもしれませんね^^

気になる買取相場は25万円~130万円前後でした!

メールの内容もまずは一番気になる買取相場がしっかりわかる様になっています。

ただ、値幅が広過ぎる・・・

無料出張査定もフリーダイヤルかワンクリックで簡単に申込みができるようなので、より具体的な価格を知りたい場合は出張査定をお願いしても良いかもしれませんね。


次にメールが届いたのが『ラビット』です。

最初のカーチスから遅れること30分。

ただ、届いたメールを見てがっかり・・・。


残念なことに年式や走行距離から算出して基本的に買取価格がつけられないとの内容。

値段がつかない事は仕方がないと思うのですが、メールの文章が非常に淡白な感じだったので少し残念ですね。


最後にメールが届いたのは『カーセブン』です。

カーセブンの実車査定に関しては、カーセブンに査定をしてもらいました!の記事を見て下さいね^^


登録した時間が営業時間外だったこともあるので、届いたのは翌日でした。

やはり、まず気になるのは買取相場価格。

結果は20万円~120万円前後でした!

ここも値幅が広い。


メールの内容としては、仕入買取強化月間ということがまず目について第一印象は高く買取してくれる雰囲気をすごく感じました!

ただ、こちらとしてはまず買取相場を知りたかったので、車についての質問よりも買取相場が具体的に分かるような感じだったらもっと良かったですね。


今回は3社に絞ってメールで査定をして頂きましたが、買取概算価格には最大で10万円の差がありました。

まだ、実車査定をしていませんのであくまで概算ではありますが、すごく参考になった結果です。

ここまで差がでると実際の査定額が気になってきますよね。

実車査定では更に差が開きそうな気も・・・


と、ここまでは2013年頃の様子です。

2019年頃はどうなったのかと言うと、買取店からのメールに買取相場の記載は基本的になくなっています。

カーセンサーの体験談

単純に査定が出来る日時を教えて下さいという内容ですね。


こちらは、エアープランツさんからのメールです。

カーセンサーの体験談

エアープランツさんは、査定日時などを聞きたいとかではなく、担当者自身のお客さんが購入を検討している車なので欲しい、連絡を下さいという趣旨のメールでした。

当然ながら、こちらも査定額や買取相場の記載はありません。


この様に、メールだけで査定の概算額を見るという事は出来なくなりましたが、今では一括査定を申し込んだ後に概算額が自動で表示されたりしますし、そもそもの査定相場を調べることが出来るサイトもありますので、そういったサービスを使うのも手ではありますね。

参考記事:個人情報無しであなたの車の査定相場を簡単に知ることが出来るサイト6つ

ただし、これらはあくまでも概算の相場を知る為のものですので、明確にその車輌の相場を知りたいという事であれば自分で計算するしかありません。その方法は、あなたの車の買取相場を調べる方法で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。


カーセンサー一括査定の総合評価

カーセンサーの一括査定で他サイトとの大きな違いは圧倒的な買取業者の登録数であり、最大で30社に見積もりをお願いできるところだと思います。

ただ、先ほどもお話ししたように、実際に20社・30社と見積もりをお願いする事はあまり現実的ではないかもしれませんね。

相当大変な目に合いそう・・・(笑)

査定バカは、カービューの一括査定で6社に依頼を出した際に、次の日は朝から携帯が1日鳴りっぱなしという体験をしていますので^^汗


カーセンサーはメールでの対応が可能

今回、登録する際『連絡可能時間帯』の欄に『メールでの連絡を希望』と入力した結果、依頼した3社からの電話は一切なかったです!

これは良いポイントですね。

電話が苦手な方は試してみてはいかがでしょうか^^

全ての提携業者が同じ対応をしてくれるかは未知数ですが、ひとつの方法として使ってみてもいいですね。 2019年9月26日追記:現在では電話のシステムが高度化され査定依頼が入ると自動で電話をかけるシステムをビッグモーターやガリバーでは取り入れていますので、単純にメールだけでなるべく対応してもらいたいという方は、業者選択画面で大手はチェックを外すようにしましょう。


査定バカはカーセンサーで一括査定をしてみて「おっ、さすがリクルートと思えました(笑)」

もしかしたら、厳しいリクルートが運営しているカーセンサーの場合は、希望が書いてあることは必ず守らなければならないルールなのかも知れません^^(分かりませんが・・・推測です)

ちなみに、車の一括査定をメールのみで行う方法。力技ですが100%メールにする事も可能!でもお話ししているように、前述した方法にプラスしてカーセンサーを使ってメールのみで買取店とやり取りする方法がありますので、確認してみて下さいね。

誰もが一度は聞いた事がある有名な買取業者から、地元の小さな買取業者まで幅広く見積もりがお願いできるので、その地域の本当の相場が分かる可能性は極めて高いと思います。

>> カーセンサーで査定を依頼してみる


カーセンサーの一括査定を申し込んでから対応までをお話ししましたが、一括査定って何だか不安、怖いというイメージがあるという方は、車一括査定を申込む前に知るべきことを読むことで不安を払拭することが出来ると思いますよ。

この記事では一括査定でありがちなトラブル事例やその解決策なども詳しく書いていますので、これから一括査定を申し込もうと思っているという方には是非読んでいただきたい記事です^^

また、もっと詳しくカーセンサーの一括査定を知りたいという方は、弱点も確りとお伝えさせていただいているカーセンサー.net簡単ネット査定の特徴とデメリットをご覧下さい。


カーセンサーがお勧めの人

ここまでカーセンサーの一括査定の体験に基づいてお話しして来ましたが、具体的にどんな人がカーセンサーを使うべきなのかまとめてみます。

  • より高額査定が出るように中小規模の買取店にも査定をお願いしたい人
  • リクルートという大手の安心が欲しい人
  • 買取店とのやり取りをメールでしたい人
  • 事故車をなるべく高く売りたい人

より高額査定が出るように中小規模の買取店にも査定をお願いしたい人

多くの方が大手の買取店の方が高額査定が出易いと思っていますが、査定バカの経験上では中小規模の買取店の方が高額査定が出易いと感じています。

これに付いては、【プリウス売却体験談】車を売るなら大手の買取店が良い?それとも名の知れない買取店が良い?でも体験したことをお話ししていますので、気になる方は確認してみて下さい。

カーセンサーは買取店だけではなく中古車販売店など多くの自動車関係業者が参加している一括査定になるので、大手から中小まで幅広い業者へ査定依頼を出すことが可能です。また、参加企業数が1000社以上と一括査定サイトの中では圧倒的な数を誇っていますので、高額査定を出す業者にあたる可能性は他の一括査定サイトよりも高いという事が言えますね。


リクルートという大手の安心が欲しい人

カーセンサーはリクルートが運営しているという事もあり、安心感はあると言えるでしょう。

ただ、あくまでもカーセンサーは個人情報を加盟している買取店等に一括送信しているだけという見方も出来ますので、完全に安心とは言い切れませんので、これに関してはリクルート=安全だと考えない方が良いと思います。


買取店とのやり取りをメールでしたい人

カーセンサーの体験からも分かるように、「メール連絡希望」と記載するだけで業者からの連絡がメールのみとなりました。

電話でのやり取りを極力避けたいという方にはカーセンサーは間違いなくお勧めでしょう。


事故車をなるべく高く売りたい人

カーセンサーの一括査定で業者選択出来る画面があるのですが、そちらで業者の横にある「詳細」をクリックすると、その業者の詳細を確認する事ができ、「事故車OK」というマークが入っていれば事故車の買取りに対応していると分かります。

逆に詳細を確認して「事故車OK」のマークがなければ事故車の買取りは不可になるので業者選択のチェックを外せば事故車の買取りが可能な買取店のみに査定を依頼することが出来ますよ。

ちなみに、申込み画面で「事故歴」の選択がありますが、こちらを「あり」にすれば事故車の買取りが可能な買取店のみが業者選択画面に出て来ます。

一括査定サイトの中には事故車の区別が出来なかったりする事も多いので、こういったサービスは事故車を売却する側から見るとありがたいですね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ