車一括査定の注意点とトラブル

車を売るなら一括査定サイトをまず想像する方が多いと思いますが、一括査定と聞くとトラブルについても同時に不安になると思います。そこで、車の一括査定サイトに申し込む前と申し込んだ後に起こりえるトラブルを事前に把握して回避出来るように、実際に車一括査定を何度も利用している査定バカが注意点をまとめてみました。

まずは、車の一括査定サイトに申し込む前に注意すべき点をお話ししていきましょう。

 

車一括査定サイトはどれを使うべきか

車の一括査定サイトは多くありますので、どのサイトを使えばいいのか分からないという方が多いと思いますが、ここではありふれたランキング形式ではなく、あなたの状況に応じた形で、どのサイトを選ぶべきかをご紹介したいと思います。

 

とにかく高く売りたい方

とにかく手間をかけたとしても高く売りたいと思われる方はズバット車買取比較がお勧めです。

ズバット車買取比較

こちらの一括査定サイトは、中小企業から大手企業まで参加し幅広い層の買取店が参加しているのでオールマイティーに買取をしてもらえます。なお、広告費を多く使っている大手企業の買取店よりも名の知れ渡っていない中小企業の買取店の方が結果的には高い査定額を出すことが多いので、大手企業しか参加していない一括査定サイトよりも良い数値が出てくるでしょう。

こちらは、実際に査定バカが一括査定を使って複数の買取店を呼び大手と中小どちらが高く買い取るのかを試した時の体験談です。【プリウス売却体験談】車を売るなら大手の買取店が良い?それとも名の知れない買取店が良い?やはり、結果的には中小の買取店の方が断然優位でしたね^^

 

電話ではなくメールでのやり取りをしたい方

なるべく電話を受けたくない、メールでのやりとりを希望する場合はカーセンサーをお勧めします。

カーセンサー

カーセンサーを申し込む際に任意項目から「メール連絡を希望」などと記載しておけば、ある程度の電話営業を避けることができます。なお、申し込み時に業者を選ぶことができますので、なるべく名前を聞いたことがない中小企業を選ぶことで更に営業電話を減らすことができますし、査定額も高くなりやすいでしょう。また、カーセンサーは一括査定サイトの中で最も参加企業数が多いので選択肢が多くなる事も特徴です。

電話ではなく絶対にメールでのやり取りをしたい!という方は、こちらの車の一括査定をメールのみで行う方法。力技ですが100%メールにする事も可能!で詳細をお話ししていますので参考にしてみて下さいね。

 

電話も査定も1社だけにお願いしたい方

電話を1本だけにしたい、査定も1社だけにしたいと言う方は、ユーカーパックがお勧めです。

ユーカーパック

こちらは、自宅か提携しているガソリンスタンドで査定を1社だけにしてもらうことで、ユーカーパックのオークションシステムにあなたの車の情報が載ることになり、7700社の買取店がその情報を見て買いたいと思った複数の業者が査定金額を入札して来ますので、その中で最も高い金額を入札した買取店へ売却すると言う流れになります。要は業者専用のオークションと同じ形式を取っているサイトだという事です。

もちろん納得の行く査定額が出なかった場合は無理に売る必要もありません。ただ、事前に設定する最低落札価格を超えた場合は自動的に売却の流れになりますので、注意が必要でしょう。詳しくはこちらのユーカーパックとは、B to Cの中古車オークションです。デメリットを把握しよう!でお話ししていますので、参考にしてみて下さい。

 

とにかく安心できるところに売りたい方

車の買取りと言うとトラブルが多いという印象を持っている方もいると思いますので、とにかく安心して売却をすることが出来る買取店へ車を売りたいという方は、JADRIに加盟している買取店しか参加が出来ない、かんたん車査定ガイドがお勧めです。

かんたん車査定ガイド

この一括査定サイトの参加企業は、再査定(二重査定)は禁止されており更に直ぐのキャンセルなら無償で受ける事になっているので、とにかくトラブルに巻き込まれたくない!という方に向いていると言えるでしょう。

JADRIって何じゃい、と言う方はこちらのトラブルなく安全安心して車の売却をするならJADRIまたはJPUCの加盟店を選ぼうを読めば全て理解出来ますよ^^簡単に説明するとトラブルを起こさない買取店だけが加盟出来る組織です。

 

あなたの愛車の車種を強化買取している業者を絞って査定したい方

多くの業者とやり取りするのは嫌だけど高くは売りたい、そしてじっくりと考えて安心した状態で売りたいという方にお勧めなのがグーネット買取です。

グーネット買取

車種を入力することで、その車種を強化買取している業者を絞り込むことが出来て、更にそこから業者を選択して査定してもらう事が可能になります。また、同時に買取相場もその場で分かるので、ただ単に相場を知りたいという方も良さそうですね。このサイトの良いところは、個人情報がメールアドレスだけで良いので、無駄な電話を受ける必要もないところでしょう。

 

このように、あなたの希望や状況によって使う車の一括査定サイト(またはその類似サイト)を決めることでストレスなく車を売却することができるでしょう。あなたに合った一括査定サイトを選んでみて下さいね。

 

一括査定サイトを使う前に知っておくべき注意点

続いて、一括査定サイトに申込みをする前に確認しておくべき事や、申し込み後に注意すべき点をお話しして行きますが、これらを理解しておけばトラブルに巻き込まれてしまうという可能性も低くなると思いますので、確りと把握しておくようにしましょう。

 

3社から5社程度には査定をしてもらうこと

上記の一括査定サイトでズバット買取比較やカーセンサー、かんたん車査定ガイドに申し込みをする場合には、複数の買取店へ査定に来てもらうことになりますが、最低でも3社から5社程度には来てもらうようにしましょう。

一括査定

これは何故かと言うと、1社のみに査定をしてもらった場合(競合無し)と複数の買取店に査定をしてもらった場合(競合有り)では大きく査定額に差が出るからです。 まぁ、一括査定で1社だけ査定に来てもらうと言うケースも少ないと思いますが、1社だけにお願いした場合だと買取店同士の競合が生まれないため査定額は必然的に低くなってしまいます。複数の買取店に査定をしてもらうことで自然と競合させることができると言うのが、一括査定サイトの強みでもあったりしますので、その特徴を最大限に利用しない手はないでしょう。

 

あなたの車の相場を調べておくこと

買取店に査定へ来てもらう前に、あなたの車の相場を把握しておくことは低い買取額で買い取られることを防ぐことにもつながります。 あなたの車の買取額の最大値の調べ方はこちらのあなたの車の相場を調べる方法に詳しく書いてありますのでご参考にしてください。こちらでは買取相場だけではなく買取額の最大値を知る方法を具体的にお話ししています。

souba-chousa-09

よく買取店の営業マンから「希望額はありますか?」などと質問があった場合は、具体的な金額は伝えない方が良いと言われることがありますが、あなたが車の買取額の最大値を把握しておけば、この質問にも答えてしまって構いません。むしろ最大値を答えることで営業マンにあなたが相場を把握している人だと認識させることができますので下手な営業トークなどで買い叩きなどを防ぐ効果があるでしょう。

なお、車の買取相場を知ることは、交渉の場において最大の武器となりますので、事前にあなたの車の買取相場を調べる事は必須とも言えます。

 

実車査定に来てもらう日程を空けておくこと

一括査定に申し込みをすると買取店から連絡があり、あなたの個人情報や車の情報を聞かれますが、実際に車の査定をする日程も聞かれることになります。この日程が決まらない限り次には進めませんので、事前に査定に来てもらう日程を空けておき、その日にまとめて査定に来てもらうようにしましょう。

なお、1社づつバラバラに呼んでしまうと、1社あたりの査定時間は短くても30分、長い場合だと1時間ほどかかりますので、5社来てもらうとなると最大で5時間取られることになります。買取店は査定をして査定金額を出して帰るだけでは仕事にならないので、査定後にあなたに対して買取の営業が始まります。そういった時間を含めると5社で考えると10時間ほど取られると考えた方が良いでしょう。

 

これを見てもわかるように複数の業者をバラバラに呼ぶとかなりの時間がかかってしまい現実的ではありません。ですので、車の一括査定サイトを使って買取店を呼ぶ場合はすべての業者に同じ日時に来てもらうというのが最も効率が良く、更に目の前に競合他社がいればライバル心も増すことでしょう。

ただ、このように同じ日時に買取店を呼ぼうとすると、「うちは他社と同時に査定をする事は致しません。」などと参加しない買取店も出てきます。この同じ日時に複数の買取店を呼んで査定を一斉にしてもらう方法は買取店にとってはとても不利になるので、このように参加しない買取店も出てくるのです。不利になるとは査定額が必然的に高くなってしまうシチュエーションだと言うことです。あなたにとっては有利になると言う事ですので、気にせず進んで行いましょう。

 

買取店から電話があることを理解しておくこと

一括査定を申し込むと買取店からあなたとのアポを取るために電話がかかって来ます。通常、一括査定では複数の買取店へ査定依頼が行くために申し込んだ瞬間から一気に電話がかかってきますが、ほとんどの場合その数が多く申し込んだ後、数十分から1時間ほどは買取店の対応に追われる事になるため、電話対応をする時間に余裕があるときに申し込むようにしましょう。

電話に出ることができない仕事中などに申し込んでしまうと携帯電話の着信が大変なことになってしまうので注意して下さい。

なお、このように複数の買取店から電話があることを理解せずに申し込んでしまいトラブルとなってしまうケースも多くあるようです。 通常の車一括査定サイトの場合には、数多くの電話がありますが、これを避ける方法は、前述したカーセンサーやユーカーパックしかありません。

ただ、買取店からの電話は、あなたが車を売りたいと思い一括査定に申込んだ事でかかってくるわけですから、ある程度は致し方ない部分ではありますよね。こういった事からも申し込み時に査定依頼を出す業者を選択できる画面があるはずですので、そちらで業者を絞り込むなどして電話がかかって来る数をコントロールすることも必要でしょう。 なお、前述したように、業者を絞り込む際には、なるべく大手ではなく査定額の水準が高い中小の買取店へ積極的に依頼を出す方が良いですね。

 

即決しないこと

買取店が査定に来て査定額を出した後には、売却することを迫られるのが通常です。営業マンは買取りのプロであり、車の持ち主に売ろうという気持ちにさせるプロでもあります。あなたが即決する意思がないにもかかわらず気がつくと契約書に印鑑を押していた何てこともあり得ない話しではないのです。

営業マンは、「ここまで高く買えるのは今日限りです。」「この車をちょうど欲しがっているお客さんがいるので今なら相場よりも高く買えます。」などと、この買取額は今だけということを強調して来てますが、これは全て即決させるための営業トークですし、「これが限界です。」と言う言葉も信じてはいけません。その限界である査定額を他の買取店に言えば一瞬で数万円プラスしてくれるはずですよ^_^;

 

このように、買取店の営業マンはあらゆる手を使いあなたを査定後に落としにかかって来ます。実際に1社目で売却契約をしてしまう方が多いという統計もあるようですので、一括査定に申し込みをした瞬間に電話が鳴り出すのも頷けますね。1番最初にアポを取れれば買い取る事が出来る確率がかなり高くなるんですから。あたなは、このような買取店の養分にならないように最後まで気を抜かず強い意志を持ち交渉に挑むようにしましょう。

ただ、これは1社づつバラバラに呼んで査定をしてもらった時の話しですので、複数の買取店を同時に呼んで競い合ってもらった時は、あなたの納得のいく金額が提示されているのであれば即決しても良いと思いますよ^^

ちなみに、彼らは査定をすることが本来の仕事ではなく、買い取ることが仕事です。ですから、ただ単に車の相場を知りたいだけ、何となくなど車を売る意思がないにもかかわらず一括査定に申し込みをしてしまうのはお勧めしません。相場を知りたいだけなのであればネット上の情報だけで導き出すことも出来ますので、あなたの車の相場を調べる方法を読んで計算してみて下さいね。

 

車の引き渡し時期を明確にしておくこと

買取店にとっては、車の引き渡し時期は買取額と同じように重要です。車の相場は日々動いており、長く持っていればいるだけリスクは高くなります。ですから、買取店としては査定をしてすぐに車の引き渡しを受けて、すぐにオートオークションへ出品してしまうのが最もリスクを低く抑える事が出来るのです。

こういった事情からも車の引き渡し時期は、査定額に大きな影響を与えることになりますので、あなたが査定を受ける前にいつまでに車を引き渡すことが出来るのかを明確にしておくことは重要です。逆に言うと、この引き渡し時期を交渉の武器として使うことも出来ますね。

 

例えば、実際には即時引き渡し出来る状態でも営業マンには15日後に引き渡しという事にして交渉を進めておいて、査定額を最大にまで引き上げ終わった段階で即時引き渡しの提案で更に査定額をアップさせる作戦です。素人がどんなに交渉を頑張っても買取額の最大値まで引き上げさせるのは容易なことではありません。必ずと言って良いほど営業マンは最低でも10万円ほど余裕を持たせているはずです。その最後の僅かな価格アップを狙えるのが、こういった手法になります。

ちなみに、車を高く売る具体的な方法に付いては、車を高く売りたい人必見!いつ、どのように、どこへ売却すれば良いのかを徹底解説で詳しくお話しをしていますので、目を通しておくときっと役に立つと思いますよ。

 

最低限「車検証」がないと査定してもらえない

買取店は違法な買取を防ぐために、あなたがその車の持ち主であると言う証明が必要になりますので、あなたの身分証明書やその車の車検証がないと査定はしてもらう事はできません。通常であればグローブボックスに車検証があるはずですので、査定の前にあるかどうかだけ確認しておきましょう。

 

買取拒否や査定額がゼロの時は廃車専門店や下取りへ

あなたの車の状態が悪く買取店から「この車は買取するとはできない」とか「査定額は付きませんので無料で引き取ります」などと言われてしまった場合は、買取店で売却するのを諦めることも必要です。

前述したように営業マンは口達者ですので、他社では廃車にするのにお金がかかるなど刷り込まれるかも知れませんが、価値のない車は存在しません。動かない車でもボロボロの車でも必ず価値は付きます。それは車としての価値だけではなく部品やパーツとしての価値、鉄くずとしての価値、値段交渉としての価値などです。   これから車を新しく購入するのであれば新しい車の購入額の交渉として下取りに出して、値引きの一部として充当してもらうことで価値を見いだすことも出来ます。

もし、新しく車を購入する予定がない場合でも部品やパーツ、鉄くずとしての価値として廃車専門店で買取りをしてもらうことが出来ますので、間違っても買取店に無料で引き取ってもらうなどはやめておきましょう。

なお、廃車にするにしても一社だけの査定だと不安という方は、こちらの廃車買取.comで複数の廃車専門店に査定してもらい出て来た金額を基に、上記の廃車専門店に査定依頼をすれば間違いないですね。

ちなみに、こちらのサイトは一括査定と同じ仕組みですが、連絡が来るのは1社だけですので電話に追われることはありません。

 

売却契約前には契約書の確認をすること

車の売却は、査定が終わり納得の行く買取額が決まったらお終いではありません。買取額を決める交渉よりも重要なことが契約書の内容確認です。どの買取店も細かい字でびっしりと書かれていることが多いので、見るだけで嫌になってしまうかも知れませんが、これから査定バカが上げる項目に付いては最低限確認するようにして下さい。

  • 査定が終わり交渉をして納得のいった額が契約書の金額にきちんと記載されているかを目で見て確認しましょう。
  • キャンセルをする事が出来るのか、出来る場合はキャンセル料がいつ(どの段階)からかかるのかと額を確認しておいて下さい。車の買取りではキャンセルに関するトラブルが多いので慎重な対応が求められます。
  • 二次査定(再査定)はされるのか、瑕疵が見つかった場合の対応など、具体的には減額があった場合に事前連絡があるのか、その時点で無償キャンセル可能かなどを確認しておきましょう。
  • 車の引き渡し後にどのようにお金の支払いがあるのか、いつ支払われるのかも確認しておいた方が良いですね。

査定交渉が終わり買取額が決定すると気を抜いてしまい契約書を見ずに捺印してしまう方も多いと思いますが、契約締結は査定交渉よりも重要だと言うことを認識しましょう。折角長い交渉が終わり高い買取額を獲得したのに最後に手を抜いた事で不利な契約を結んでしまい後々にトラブルに巻き込まれてしまう何て事はよくある事です。

もう一度言っておきますが契約書の内容確認は最重要項目です。

 

一括査定サイトを使う事で起こり得るトラブル

次に一括査定サイトを使う事で起こり得るトラブルのお話しに入りたいと思いますが、主に起こるトラブルは4つです。

  1. 一括査定サイトを申し込んだ後に大量の電話
  2. 強引な居座りや契約締結
  3. キャンセル料の請求
  4. 契約後に減額請求

これら全てのトラブルに対処法は存在しますので安心して下さい。

 

一括査定サイトを使うと申し込みをした直後に大量の電話が鳴る

先ほども注意点の方でお話ししましたが、一括査定サイトで査定依頼を出すとすぐに買取店からの電話が鳴り出します。この大量の電話を巡りトラブルに発展してしまうケースもあるようです。

買取店としては、一括査定サイトを通して査定の依頼が来たので登録された電話番号に電話をかけてアポを取ろうとしているだけなのですが、使っているユーザーからすると複数の買取店から同じように電話がかかって来ますし、1社と通話している間にも電話が鳴るので電話を切った後に着信履歴を見ると凄い事になっていることもあるので、しつこいと思ってしまうことがあります。

そして、あまりのしつこさに電話に出なくなってしまう・・そうなると買取店としても状況が分からないので、定期的に電話をして出てくれるまで電話をかけ続けるわけです。 そうなると、あまりのしつこさにユーザーは消費生活センターにトラブルとして相談するわけですね。

 

こういった事が起こらないようにする為には、

  • 一括査定サイトから査定を依頼したら選択した買取店から電話がかかって来るということを認識すること。
  • 依頼した全ての買取店と連絡が付き査定日時を決めるまでは電話に出ること。

この2つの事を守りさえすれば電話は、自然とかかってこなくなります。アポが取れて目的を達成したのに電話をかける意味がないですからね^^;

 

後、あり得るのは、査定後に一度お断りした後に「どうですか~?他でいくらで査定額出ましたか~?」など営業の電話は来ることがあるでしょう。 これに対しても既に売却しているのであれば、「既に売却してしまったので、すいません。」とお伝えすれば良いだけですね。まだ検討中なのであれば「他では50万円まで出ているんですが、希望額は80万円なので検討中です。御社も80万円以上で買取れるなら再度ご連絡下さい。」など自分の意見を伝えれば良いでしょう。

なお、中には一括査定サイトはサイト上で査定額が見れると勘違いしている方がいるようですが、サイト上で見れるのは買取概算額だけです。あくまでも機械的な概算額ですので、実際の査定額の参考にするのはお勧めしません。

あくまでも一括査定サイトは、実際に査定に来てもらい車を見てもらってから査定額が提示されるという事を覚えておきましょう。

 

強引な居座りや契約締結

買取店の営業マンが自宅や自宅近くまで来て車の査定をするというのが良くあるパターンですが、そして、査定が終わり査定額の提示があった後には営業をされることとなるでしょう。

値段が折り合わず、お断りすると多くの買取店は帰って行きますが、中には居座り状態で売ると言うまで動かないという方も少数いるようです。こういった強引な居座り行為は迷惑でしかないので、「すぐにお帰り下さい。」と伝えてみて下さい。それでも居座す場合は、「すぐに立ち去らないと警察を呼びます。」など伝えれば大抵の営業マンはすごすごと帰って行くと思います。

ただ、中にはそれでも居座ろうとする営業マンがいるかも知れませんね。そういった場合は本当に警察に連絡をして事情を説明し警察官に来てもらうのが一番良いでしょう。

 

強引な契約を迫られて締結をさせられてしまったという場合は、すぐに国民生活センター (188)へ連絡して事情を説明して下さい。基本的にはキャンセルをするという事になると思いますが、そういった業者は高額なキャンセル料を請求して来ることがあると思いますので、次の項で見て行きましょう。

ちなみに、車の売買ではクーリングオフは適用外になります。

 

キャンセル時に高額なキャンセル料の請求をされる

何かしらの理由で契約をしたにもかかわらずキャンセルをするという事はあるかと思います。

その際に、高額なキャンセル料を請求して来る業者もいますが、基本的にはそれに応じる必要性はないでしょう。

消費者契約法第九条には「当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるものは無効とする」という条文がありますので、キャンセルにより業者側が被った実際の被害が限度、しかも平均的な被害額を超えるものは無効となるのです。

 

ですので、契約書に高額なキャンセル料規定があったとしても無効と判断されることとなると推測出来ますので、基本的にはキャンセル料は実害のみで良いという事になりますね。実害についても文書で証明してもらい、一般的に平均値以上であれば超えている部分は支払う必要はないと判断できるでしょう。

 

ということは、契約はしたが車を引渡してない状態であれば実害はないと判断出来るので、キャンセル料を取ること自体が間違っているという解釈も出来ますね。また、車を引渡したが当日などすぐのキャンセルであれば無条件でキャンセルが出来るとも解釈出来るでしょう。

ちなみに、裁判になれば業者も負けると理解しているので、ある程度ごねればキャンセル料は払わずに済むことは多いですよ。ただ、無暗にキャンセルすることやキャンセルするかも知れないという状態で契約をするのは止めておいた方が良いでしょう。

 

契約後に瑕疵が見つかったと言われ減額請求される

査定が終わり納得の行く買取額だったので契約締結したものの、車を引渡した後に連絡があり、「ボンネットを開けてみたら事故の跡が見つかったので、減額になる。」など減額請求をされることがあります。

これには車買取で契約後に減額を請求された時の対処法で詳しくお話しをしていますが、簡単に言うとほとんどの場合は、減額請求に応じる必要はないと言えるでしょう。

 

査定時にプロである買取店のスタッフが来て目視しているわけですので、見落としは買取店側のミスと判断出来ますし、減額時に使われる瑕疵担保責任に付いても隠れた瑕疵について売主が責任を負うというものですので、良く確認すれば発見できた事故の跡や傷凹みなどは、減額の対象にはならないと判断出来ると思います。

なお、契約書に「車を持ち帰り再査定で新たな傷が見つかった場合は査定額を変更できる」的な条文が入っていたとしても、消費者契約法第十条の「消費者の利益を一方的に害するものは無効とする」という条文があるので、そういった一方的に消費者が損をする条文は無効となると言えるでしょう。

 

ですので、査定現場で目視だけでは発見する事が出来なかった傷や凹み、修復跡や長時間かけないと症状が出ない不具合などを除いて、減額に応じる必要はないと判断出来ると思います。

ただ、気をつけたいのは、あなたが知っているのに告知しなかったものが後から見つかった場合は減額に応じるか契約解除になっても仕方がないと言えるでしょう。また、解除において実害があればその負担も強いられる事になると覚悟しておく必要がありますね。

 

 

ここでお話しした注意点やトラブルは、一括査定だけではなく、買取り全般にも共通した内容が多いので、一括査定サイトを使わずに買取店へ査定を依頼する際にも役立つ内容となっております。

ここに上げた注意点を意識するだけで多くのトラブルを事前に回避する事が出来ますし、スムーズにことを運ぶことが出来るでしょう。また、安く買い叩かれることも防ぐことが出来ますので、査定額アップにも繋がると思います。

是非、査定を依頼する前に用意出来ることはして万全の状態で査定に挑むようにしましょう。

 

その他もっと具体的なトラブルや解決法に関しては、車一括査定のデメリット・トラブルとそれらの解決策にてお話ししています。

なお、この記事に合わせて車一括査定を申込む前に知るべきことという記事を読むことで、更に一括査定をより安全に有利に利用することが出来るようになりますので、ご一読下さいね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ