ユーカーパックとは、B to Cの中古車オークションです。デメリットを把握しよう!

最近では車を売る時に使われる方法が多様化して来ました。どんな方法があるのかと言うと以下のように複数存在しています。

  • 下取り
  • 買取り
  • 委託販売
  • 業者間オークション出品代行
  • 個人売買
  • ネットオークション
  • 一括査定
  • B to Cの中古車オークション(おまとめ査定)

車産業が始まり、ディーラーによる下取りが長年続きましたが、業者間オークションが開催されるようになり、ディーラー以外の販売店が買取りを始めました。そこから一気に車の売却方法は多様化して行き現在に至ります。最も新しい売却方法で注目されているのが、一番下に記載したB to Cの中古車オークション(おまとめ査定)です。

B to Cの中古車オークションやおまとめ査定は査定バカが勝手に付けた名称ですが、主な流れは、企業が主体となり個人の車情報をその企業内の中古車オークションへ出品し、買取店や販売店が競り落とすという仕組みのものです。いわゆるB to C(企業と個人の取引)の形を仲介するプラットフォームということですね。このプラットフォームを提供しているのがユーカーパックだという事になります。

そこで、この記事では今最も注目されているB to Cの中古車オークション(おまとめ査定)で最も有名な1社、ユーカーパックに付いてお話しをしてみたいと思います。

ユーカーパック

 

B to Cの中古車オークションのユーカーパックって何?

冒頭で軽く説明しましたが、そもそもB to Cの中古車オークション(おまとめ査定)って何?という方もいると思いますので、簡単に説明して行きますね。ちなみに、ここでも色んな名称を書いているように正式な名称は今のところありません。ここ数年の新しいサービスなので、これから固まって行くのでしょう。

そして、このサービスはどんなものなのかを、すっごい簡単に説明してしまうと一括査定の進化版です^^

 

一括査定って、一括査定サイトに1回依頼を出すと複数の買取店に情報が行き、多くの買取店から連絡が来るという査定依頼を簡略化したものになります。例えば、1回の査定依頼(1回の入力)だけで10社に査定依頼を出せるというイメージですね。ただ、便利な反面で一気に多くの買取店へ情報が渡ってしまうので個人情報の面で懸念点が残りますし、複数の買取店から一斉に電話がかかって来ることになるので、対応が大変になってしまう、そして、買取店もお仕事で査定をしているので査定後に営業の電話がしつこくかかって来てしまうというデメリットもあるんです。

それらのデメリットを解消させたのが、このB to Cの中古車オークションになります。

 

ユーカーパックのシステム(流れ)

B to Cの中古車オークションの流れとしては、ユーカーパックのサイト内で査定の依頼を出します。ここまでは一括査定サイトと同じですね。

依頼を出すと1社(ユーカーパック)から連絡が入り、近くの中古車販売店や整備工場、ガソリンスタンドなどで行う査定の日程を決めることになります。一括査定サイトとの大きな違いは1社からしか連絡が来ないということ。そして、ユーカーパックも買取店ではなくプラットフォームを提供している企業なので、査定はユーカーパックと提携している中古車販売店や整備工場、ガソリンスタンドまたは自宅で行うという流れになります。

 

査定が終わると、そこで得た情報はユーカーパックのB to C中古車オークションサイトへ共有されオークションが始まります。ユーカーパックのオークションに参加している7700社あまり(2019年1月現在)の企業が欲しいと思えば査定額を提示して来ることになるのです。ここで共有される情報は車の詳細情報のみで個人情報は共有されることがないので、営業の連絡が来ることは絶対にありません。あくまでも個人情報の管理はユーカーパックでのみ行われます。

 

多くの買取店や販売店から提示された買取額で納得の行く金額が出たのであれば承認して売却という流れになります。なお、査定終了後、オークション出品前にユーカーパックから連絡があり、出品するにあたり売切価格というものを決めることになります。この売切価格はオークションでそれ以上の金額が出たら必ず売却するという意思を明示することになる金額です。ですので、ユーカーパックに出品するにあたり売却する意思がないとダメだという事ですね。もちろん、この売切価格より下回った場合はあなたが承認しない限り売却にはなりません。

 

この様に1社からの連絡、1回の査定で複数の買取店から査定金額の提示があるのがB to C中古車オークション(ユーカーパック)の特徴になります。複数の買取店からの電話を受けるのは煩わしい、1社1社営業されるのは嫌だ、直接交渉をするのは苦手という方に合っていると言えるでしょう。

 

ユーカーパックと一括査定の違い

ユーカーパックは、査定を行い最終的には複数の買取店から買取額が提示されるので一括査定と同じとも捉えることも出来ますが、違うとも言えるのでどんなところが違うのかを具体的に表にしてみました。

項目 一括査定 ユーカーパック
査定依頼 1分~5分 30秒~3分
電話連絡 複数の買取店都度 ユーカーパック1社のみ
実車査定 複数の買取店都度 提携店1回のみ
交渉 複数の買取店都度 基本的になし
査定価格提示 複数の買取店都度 サイトで閲覧
車輌引渡し 買取店引渡し 代行業者引渡し
再査定・確認 再査定(減額) 車輌確認
代金受領 買取店から振込み ユーカーパックから振込み

大きく違うところは電話連絡で、一括査定サイトの場合は買取店が各々に都度連絡して対応する必要があるのに対して、ユーカーパックはユーカーパックからかかって来る電話に対応するのみです。査定バカが以前に書いた記事で車一括査定のデメリット・トラブルとそれらの解決策車の一括査定のことはtwitterを見るとリアルが見えますね。でお話ししているように買取店からのしつこい電話はユーザーに取っては煩わしい存在なのは明確なことですね。

これが無いというのはユーザーに取って大きなプラス要因なのは確かでしょう。

実車査定に関しても、一括査定の場合は買取店毎に行う必要があり、1社あたり1時間としても5社で5時間取られることになってしまいますが、ユーカーパックの場合は査定に1時間半くらいはかかりますが1度きりですので、許容範囲内ですね。まぁ、複数の買取店を一気に呼んでしまい一斉に査定をしてもらうという方法もありますけどね^^;

交渉は、一括査定の場合は必須になりますので、それなりの知識がある方が有利になるのは当然でしょう。しかし、ユーカーパックの場合は交渉は基本的にはありません。基本的にはというのは、あなたが希望する売却価格に達しなかった場合にユーカーパックを通して、一番高い査定額を出した買取店と交渉をすることになります。稀にこういったケースがあるので基本的にはとしています。

査定価格の提示は一括査定の場合は、当然ながら買取店毎に直接提示されることとなり、その上で交渉をして行くという流れですね。ユーカーパックは、サイト内のマイページから閲覧が出来るようになっており、そこから好きな買取店を選択するという感じになります。

車輌の引渡しは、一括査定が買取店に直接、ユーカーパックは代行業者に引渡しという流れが基本のようです。

再査定や車輌の確認は、ユーカーパックが確認だけなのに対して、一括査定の買取店の多くが再査定という形を取っており、隠れた瑕疵などが見つかった場合は減額となることもありますが、あなた自身が全て(事故歴等)を申告していれば問題ないでしょう。

代金受領は、一括査定が買取店から直接なのに対して、ユーカーパックは買取店ではなくユーカーパックから振り込まれることになりますので、車を引き渡したのにお金が振り込まれないというトラブルはありません。まぁ、最近では買取店もまともになって来ているのでお金が振り込まれないというトラブルも少なくはなって来ているはずです^^;

 

最終的に複数の買取店から査定額が提示されるという点では、一括査定と同じ扱いになるのですが、その過程は大きく違うという事が理解出来ますね。一括査定のあらゆるデメリットを解消しているのがユーカーパックだという事が分かると思います。

 

ユーカーパックの6つのデメリット

ここまでユーカーパックのメリットばかりをお話ししてしまいましたが、デメリットは無いのかと言うと6つほど存在します。

 

実車査定に時間がかかる

ユーカーパックは、買取りをする買取店が直接車を見て査定をする訳ではなく、査定専門の提携をしている業者が代行して行っている為に、チェック項目が多く一括査定で呼んだ買取店よりも長く時間がかかる事が多いです。ただ、一括査定の場合は査定後に買取店による営業が始まりますし、複数の買取店に査定をしてもらうと考えると更に多くの時間がかかるのは目に見えているでしょう。

また、細かく見て貰えることで悪い面だけでなく、良い面もチェックされるはずですので、一概に時間がかかるから悪いとも言えませんね。

 

査定から売却まで時間がかかる

タイトル通りでして、一括査定の場合は早ければ当日に買取店に来てもらい査定をしてもらって契約、あなたの準備が整っていれば車の引渡しまで当日中にしてしまうことが出来てしまうのですが、ユーカーパックの場合は最低でも10日間くらいはみておいた方が良いでしょう。色んな業者が間に入る為にこれは致し方ないことですね。ただ、今後の改善を期待したいところではあります。

 

キャンセルという概念がない

一括査定の場合は査定が終わった後でもやっぱり売らないと考えが変わったとしてもキャンセルすることは容易ですが、ユーカーパックの場合はそもそもキャンセルという概念がありません。申込みをして査定を受けた後からは基本的にはキャンセルは出来ず、売切価格に達しなかった場合には流すことが出来ますが、売切価格に達した場合は売却契約が成立してしまいます。これには恐らく査定をする提携店に報酬を支払っているので、査定を受けた後にキャンセルされてしまうとユーカーパックが全額負担することになるからでしょう。

売切価格を高く設定することは可能ですが、ユーカーパックの担当者と話し合って決める設定価格になるので、あまりにも相場から離れすぎた価格を設定しようとするとトラブルになりかねませんので注意が必要です。ですので、ユーカーパックに申し込む際には売却する意思を固めてから依頼するようにしましょう。ちなみに、売買契約成立後の契約破棄には10万円が違約金として取られてしまいます^^;(恐らくこのキャンセルという概念がないというのがユーカーパック最大のデメリットでしょう。)

2018年12月14日追記:ユーカーパックの利用規約等を全て確認したところ、ある程度の段階やタイミングでは実質キャンセルが出来ることが分かりました。詳しくは、ユーカーパックにキャンセルという概念はない。が解消出来ないトラブルもない!で解説していますので、参考にしてみて下さい。

 

大手の買取店の参加は少ない

大手の買取店とは、ガリバーやアップル、ビッグモーターなどですが、こういった大手の買取店は今のところユーカーパックには参加していません。しかし、査定バカが今まで実際に査定してもらった中では、大手の買取店が一番大きな査定額を出して来たことは一度もありません^^;基本的に柔軟な中小の買取店の方が高い金額をサクッと出してくれる印象ですので、そこまで気にしなくても良いと思いますし、気になるようであればユーカーパックに出す前に一括査定をして大手の買取店にも査定してもらうというのもありでしょう。

しかし、大手買取店がユーカーパックに参加しない理由は、落札相場が高くて買えないので参加する意味がないからです^^;デメリットの欄に大手の買取店の参加は少ないと入れさせてもらいましたが、ユーカーパックでは高額査定が出るという証拠にもなるので、ある意味メリットだったりもするんですよね。

 

交渉が出来ない

ユーカーパックは、交渉をしなくて良いという事がメリットではあるのですが、逆を返せば交渉が出来ないという事がデメリットにもなり得るはずですので、上げさせていただきました。交渉はある意味駆け引きであるので、交渉の末に買取店が想定していた査定額を上回る事はあり得ます。それはライバル店に負けたくないという感情や後一押しすれば売って貰えるという執念も入って来るので当然ですね。

そういった感情がユーカーパックには一切入らないので、後一押しという査定額の伸びが期待出来るかどうかは、その車が絶対に欲しいという買取店が何社いるのかによって左右されてしまうでしょう。

 

一括査定よりも売却価格が低くなることもある

ですので、一括査定なら買取店と顔を合わせて交渉することになる為に買取店のスタッフも少なからず感情が入って来ますが、ユーカーパックの場合は感情は入って来ない為に、一括査定の方が売却価格が高くなることもあるという事です。また、複数の買取店を同時に呼び競わせることで思わぬ高額査定が出る可能性があるのも確かです。

では、ユーカーパックは高額査定を出すことは出来ないのかと言うと、そういう訳でもありません。

 

ユーカーパックで高額査定を出す方法

先ほど、ユーカーパックは一括査定よりも売却価格が低くなる可能性もあるということをお話ししましたが、可能性のお話しをするとその逆もあり得ますよね。交渉が上手な人と苦手な人がいる訳ですから、当然に一括査定で安く買い取られてしまっている人も多くいる訳です。ですが、ユーカーパックはあなたからの交渉が出来ない分、買取店からの交渉も出来ないので安く買い叩かれることもないとも言えるでしょう。

じゃあ、ユーカーパックでは高額査定を出すことが出来ないのか?と言うとそんなこともありません。

 

出品されるあなたの車には、あなた自身からのコメントを入れることも出来ますので、そこでアピールすることも可能です。

また、査定後にオークションへ出品するにあたりユーカーパックの担当者と売切価格(売却希望価格)を決める事になるのですが、 この売切価格を絶妙な価格に設定することで高額査定が出るようにすることは可能です。売切価格とは、前述していますが、この価格を越えた場合は売却しますとお約束する金額になります。

 

業者間のオートオークションでもこの売切価格というのは存在しており、2つのパターンがあります。

  1. 競りが始まって、価格の上がり方を見計らって自分のタイミングで「売り切り」のボタンを押す方法。
  2. 事前に売切価格を決めておき、その価格を超えたら自動で売り切りになるパターン。

基本は業者の場合、1を優先的に行います。なぜなら、競りが始まり大きく価格が伸びた場合は引っ張るだけ引っ張って「売り切り」をすることで更に価格が伸びますし、逆にあまり価格が伸びない場合でも売ってしまいたい車であれば早めに「売り切り」ボタンを押すことが出来ますからね。2の場合は事前に売切価格を決めないとダメなので大きく伸びているのに直ぐに「売り切り」になってしまうと、伸びる可能性があるのに、その伸びを止めてしまう可能性があるんです。

だから、業者間の場合はどうしても、その場に自分がいれない場合に2の方法で事前に売切価格を決めるといった感じの使われ方をします。しかし、相場が良く理解出来ている業者の場合は、この売切価格をギリギリのラインで設定しておき、その場にいるかのようにタイミングよく「売り切り」となり大きく価格を伸ばすことも出来るのです。

 

ですから、ユーカーパックの場合でも相場を良く理解して売切価格を絶妙な金額に設定することが出来れば、タイミング良く売り切り表示されて買取店を競い合わせることが出来るということです。ちなみに、ユーカーパックでの売切価格は業者間のオートオークションと同じように競り落とす側からは見えないようになっており、売切価格を超えた時点でフラッグが上がる仕組みです。

では、どのようにあなたの車の買取相場を知るのかと言うと、あなたの車の相場を調べる方法で買取相場が明確に分かる方法をお話ししていますので参考にしてみて下さい。また、上級者向きではありますが、車の査定で即決せずに査定額を引き出す方法にて買取業者から売らずに最高額を聞き出す方法をお話ししています。この上級者向きな方法は、簡単に言うと一括査定で査定を依頼して買取店同士を競合させて高額査定が出たところでお断りし、査定額だけを手に入れるということです。

これらの方法であなたの車の買取額最大値を知り、その金額から1~5万円ほど差し引いた額を売切価格としてみて下さい。なぜ少しマイナスするのかと言うと、買取業者からすると想定よりも安過ぎる価格で売り切りになれば安く買える可能性があるから、これ以上は入札を控えようとなり、逆にいくら高値を指しても売り切りにならない場合は売る気がない客だと判断されて、それ以上の入札はして来なくなります。

そこで重要なのが安過ぎもしないし、高過ぎもしないという絶妙なラインです。買取店が買取額の限界だと感じるちょっと手前で売り切りになれば自然と買取店同士で競い合い買取額最大値よりも上回る可能性が出て来ます。ただ、ユーカーパックはオークションが流れて(不成立になって)もユーザー側には費用負担がないので一か八か買取額最大値丁度での売切価格設定にしてみても良いかも知れませんね。

まぁ、売切価格に達しなかったとしても、ユーカーパックを通して最高査定額を出した業者と交渉をしてくれるので、そこでお互いに折り合えば売却することも可能なので、買取額最大値を売切価格に設定してしまっても良いかも知れませんね^^

改めて、ユーカーパックで車を高く売る方法を記事にしてみましたので、より具体的に詳細に知りたいという方は、こちらの記事も読んでみて下さいね。

 

ユーカーパックをお勧め出来る人、お勧め出来ない人

ここまで読んでいただければユーカーパックのメリットデメリットが理解できたと思いますが、当然ながら全ての人にユーカーパックが向いているとは言えません。査定バカが考えるユーカーパックをお勧め出来る人とお勧め出来ない人の違いをお話しして終わりたいと思います。

 

ユーカーパックをお勧め出来る人

  • 交渉が苦手な人
  • あまり手間をかけずに高く売りたい人
  • 多くの電話を受けたりしたくない人
  • ある程度売却までに時間がある人

 

ユーカーパックをお勧め出来ない人

  • 交渉を直接したい人
  • 多くの電話を受けたりするのが苦にならない人
  • 即座に売りたい人

 

前述したようにユーカーパックは一括査定のデメリットを解消したものになりますので、ユーカーパックにお勧め出来ない人に当てはまる方は一括査定サイトが合っているとも言えます。複数の買取店の営業電話を受けたり、交渉をしたりすることが苦にならない方は一括査定で高額査定を狙った方が確実でしょう。

ただ、ユーカーパックでも前述したユーカーパックで高額査定を出す方法を実践すれば高額査定が出てくる可能性もありますのでお試ししてみて下さいね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ