【結論】ユーカーパック・カープライス・セルカを比較!どれを使えば良い?

2016年頃から流行って来た車の売り方であるB to C中古車オークション(個人が車を出品し買取店が落札するオークション)ですが、現在では有名なサイトが3つほどあります。それがユーカーパックとカープライスとセルカです。これらを比較したサイトは多くあるようですので、この記事ではどれを使うべきなのか?という事に注目してお話しをしたいと思います。

 

ユーカーパックとカープライスとセルカの比較表

どのサイトを見ても長々と違いを1つ1つ丁寧に説明しているようですが、パッと一目で違いが分かるように比較表を作ってみました^^

項目 ユーカーパック カープライス セルカ
参加企業数 7700社 1000社 6000社
電話連絡 1社 1社 1社
査定可能場所数 747店 3000店 116店
運営会社 UcarPAC(株) カープライス(株) SellCa(株)
株主・親会社 単独 三井物産・ロシア企業 単独
オークション時間 2日 5分(30秒延長機能) -(締切3分を切ると最高値更新で3分延長)
手数料 無料 成約時に1万円(税抜) 成約時に1万円(キャンペーンで無料)
査定後キャンセル 不可(タイミングにより可能) 不可 可能
成約後キャンセル違約金 10万円 2万円 10万円
査定する人 無資格者 査定士 不明
車引渡し後の入金 3営業日以内 7営業日以内 不明

ユーカーパックとカープライスとセルカ。何が違うのか?基本的には1社に査定を依頼して複数の買取店等から査定額が提示されるという仕組みは同じですので、細かいところが違うだけでやることは、どのサイトを使っても同じになります。

ただ、やはりオークションの場合は、競り合う者が多ければ多いほど入札額は高くなっていくというのが当たり前なので、この中で最も高額入札が入る可能性があるのは参加企業が一番多い(2018年12月現在で7,700社の)ユーカーパックと言えるでしょう。

ユーカーパックに依頼してみる

参加企業は、カープライスが1,000社なのに対してセルカが6,000社、ユーカーパックは7,700社と大きな違いがあります。前述した様にこの違いは大きく参加企業が多ければ多いほど、あなたの車を欲しいと思ってくれる企業数が増える確率は確実に上がりますので、どのサイトを選べば良いのか迷ってしまった場合はユーカーパックを選ぶべきです。

 

査定可能な場所も重要

これらのサイトに共通して言えることなのですが、必ず実車査定をしてもらう必要がありますので、近くに査定可能な提携店がなければサイト側からお断りされることになります。そういった点で最も提携店が多いのがカープライスで全国3,000店となっており心強いですね。それに対してセルカは116店とかなり少ないので対応エリアはかなり限られて来るでしょう。ユーカーパックはと言うと747店とカープライスよりは少ないですが、ある程度の地方都市でもカバーされていることが分かります。ユーカーパックでは実際にお近くの提携店を事前に確認することが出来ますよ^^

査定バカが住んでいる房総半島の田舎でも30分ほどで行ける距離に1店舗査定提携店がありました。

ユーカーパック

 

 

カープライスでも調べてみましたが、査定バカの自宅からは1時間ほど離れないとないようですね。

カープライス

 

セルカでは申込みをしないと見れないようでした^^;

事前に調べられるのはユーカーパックとカープライスだけでしたが、これら2つのどちらかに申込みをしようと思うのであれば事前に自宅近くにあるかどうかを確認しておくことも大切かも知れませんね。

 

落札額(査定額)を左右するオークション時間

あなたの車を出品後にオークションが開催されますが、オークションが行われる時間に差が大きくあるようです。ユーカーパックは2日かけてオークションが行われて、カープライスは5分間だけとなりますが、残りの時間が僅かになった時に最高額が提示された場合は30秒間延長となります。セルカに関してはオークション時間は不明なのですが残り3分を切ってからの最高額が更新されると3分間延長されるようです。

オークション時間は長い方が良いのか短い方が良いのかの判断は、どちらも正解とは言い難いところではありますが、ユーザー側の目線で見ると長い方が業者側の提示額の上がり方も緩やかではありそうではあるものの、多くの業者の目に入るという面では有利なのではないかとは思います。

ここは利用するあなたの考え方次第でしょう。査定バカ的には大切な愛車が数分で競りが終わってしまうのは悲しいと思いますし、多くの業者目に入るという点で、やはりユーカーパックが良いかな~と思ってしまいますね。

 

成約手数料は無い方が良いよね

一括査定は基本的に無料という認識が強いと思いますが、B to C中古車オークションの場合は手数料がかかるサイトとかからないサイトがあります。ユーカーパックは完全無料で買取店側が利用料を負担するという形になっています。カープライスとセルカは一律で成約時に1万円(税抜)がかかるようですが、セルカに関しては今のところ無料キャンペーンをしていて無料となっているようです。

ここも考え方によるとは思いますが、落札額から1万円引かれるか引かれないかと単純に考えてしまうと引かれない方が良いかな~とは思ってしまいますね。ただ、買取店側が手数料を払う事になるので入札額(査定額)からそれを差し引いて考えているのであれば、どっちも同じという見方も出来そうです^^;

 

入金は早い方が良い

オークションで売買が成立して車を引き渡した後に代金を受領することになりますが、ユーカーパックが3営業日後なのに対して、カープライスは7営業日後とかなりゆったりとした対応となっています。

新しい車の費用に充てる方がほとんどだと思うので、入金は早い方が良いに決まっていますね^^;セルカに関しては不明です。

 

 キャンセルという概念が基本的にないので注意

ユーカーパックとカープライスに関してはキャンセルという概念は基本的にありません。具体的に言うと一度申し込みをして査定を受けた時点で「やっぱり止めた」ということが出来ないのです。ただ、査定を受ける前であれば恐らく大丈夫だと思います。なぜ、査定を受けた時点からキャンセルが出来ないのかと言うと、査定をする提携店へ報酬が発生するからだと思われます。もし、査定後のキャンセルを認めてしまうとユーカーパックとカープライス側の負担になってしまいますからね。

ですので、基本的にキャンセルはできませんと記載されています。しかし、査定前であれば恐らくキャンセルは受けてくれると思われます。 というのも、ユーカーパックでは査定日の変更やキャンセルは直接査定提携店へ連絡するように記載がありますので^^;なお、セルカに関しては出品前であれば査定後でもキャンセル出来るようですね。

2018年12月14日追記:ユーカーパックに関して利用規約等を確認したところ、ある程度の期間やタイミングによってはキャンセルすることが可能だという事が分かりました。別記事にてまとめたのでユーカーパックにキャンセルという概念はない。が解消出来ないトラブルもない!という記事をご確認下さい。

 

また、全てのサイトで共通しているのが、出品後は一切キャンセルが出来ないということ。どのサイトも出品前に売切価格(売却希望額)を決めますが、オークションの結果、その売切価格を超えれば強制的に契約成立となります。この契約を解除したい場合は違約金を支払えば可能となりますが、その違約金はユーカーパックとセルカで10万円、カープライスで2万円となります。

では、オークションの結果、売切価格を超えなければユーカーパックとカープライスは、売却承認さえしなければ契約不成立となり出品取り下げとなります。セルカに関しては放置してしまうと承認されたことになってしまうので、必ず不承認するようにしましょう。そうすることでキャンセルと同じ扱いになるということですね。

 

現状ではユーカーパックがお勧め

ここまで読み進めていただければ理解できると思いますが、ユーカーパックとカープライスとセルカを比較して総合的に見るとユーカーパックが優れていることが明白ですね。キャンセルだけで言えばカープライスは違約金が2万円、セルカは査定後でもキャンセルが可能となっていますが、そもそも申し込む時点でキャンセルが出来ないという認識を持って依頼すれば良いだけですし、最悪ケースは売切価格を高く設定してしまいオークションを不成立にさせてしまえば良いだけという事も理解できたと思います。ただ、売切価格はユーカーパックの担当者と電話で決めるのであまりにも高過ぎる価格を設定しようとすると怪しまれるので注意して下さい^^;

 

目的は車を高く売ること

B to C中古車オークションに申し込む目的は、あなたの車を少しでも高く売りたいからですよね。ですので、冒頭でもお話ししたように一番参加企業数が多いユーカーパックが最も高額査定が出る確率は高い訳ですから、選択するのであればユーカーパック一択でしょう。

他にも、手数料やオークション時間の長さ、入金までの速さなどユーカーパックを利用する理由はいくつかありますが、重要なのは高額査定が出るのか出ないのかですよね^^

 

ちなみに、ユーカーパックも、ただ単に査定を受けて言いなりの売切価格を設定してしまうと、思うように高額査定が出ないという事もあり得ますので、ユーカーパックで高額査定を出す方法を、ユーカーパックで車を高く売る方法もしくは ユーカーパックとは、B to Cの中古車オークションです。デメリットを把握しよう!の記事の最後にお話ししていますので、良ければ合わせて読んでみて下さいね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活を房総ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ