コンパクトカー(フリードHV)の車検代はいくら?最低限の費用と内訳を公開

以前に書いた、車検のタイミングで車の買い替えをするべきかどうかの判断基準で車検を通すか買い替えるべきか悩んでいるとお話ししましたが、結果的には記事にもあるように費用が安く上がる車検をおとなしく通すこととなりました。

今回はその車検を通した時にかかった費用の内訳について解説したいと思います。

なお、車検はお友達の整備工場へ最低限の整備でお願いして、後はお任せ状態で投げました。


車検費用の内訳3分類

車検の費用は大きく分けて3つに分類されます。

  1. 法定費用
  2. 基本費用
  3. 部品費用

法定費用はどの車輌でも必ずかかって来るもので、車輌により一律で決まっていおり、基本費用は車検をお願いするお店(ディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなど)によって変動しますが、ほぼ必ず必要になってきます。

部品費用に関しては、車輌の状態により不要必要が変わって来て、何の部品が必要かなどによって大きく費用は変わって来ますので、車検費用の差はここで多く発生すると言えるでしょう。


法定費用

先ほどもお伝えしたように法定費用はどの車にもかかって来ますが、車輌の種別や重さによって費用が変わります。



自賠責保険

自賠責保険は、軽自動車と普通自動車で分かれており、車検期間2年で考えると普通車の自賠責保険料は25,830円という事が分かりますね。

自賠責保険とは、いわゆる強制保険のことで車に乗るなら絶対に加入していないとダメと決められている保険の事です。これは被害者の救済を目的としたものになるので、対人にのみ適用される為、対物や搭乗者などに保障を求めるのであれば任意保険と言われる一般的な自動車保険への加入が必要になります。


重量税

重量税は車両重量によって費用が異なり、車検期間2年で見ると

  • ~0.5トンで5,000円
  • 0.5トン~1トンで10,000円
  • 1トン~1.5トンで15,000円
  • 1.5トン~2トンで20,000円
  • 2トン~2.5トンで25,000円
  • 2.5トン~3トンで30,000円

となっており、査定バカの車輌の場合は15,000円でした。

ちなみに、軽自動車の場合は一律で5,000円となっています。


印紙代(検査手数料)

印紙代とは検査手数料の事で支払う時に印紙で払う為に印紙代と表記されていることもあります。

印紙代(検査手数料)は、軽自動車・5ナンバー・3ナンバーで分かれており、

  • 軽自動車が1,400円
  • 5ナンバー車が1,700円
  • 3ナンバー車が1,800円

となっています。ちなみに、ユーザー車検の場合は軽自動車1,700円で普通車1,800円となるようです。

査定バカのフリードハイブリッドは5ナンバーなので1,700円でした。


フリードハイブリッドでかかった法定費用は

  • 自賠責保険料:25,830円
  • 重量税:15,000円
  • 印紙代:1,700円

で、合計42,530円です。これらの費用は車輌により固定で決まっており、車検を通すのであれば必ずかかって来ます。


基本費用

基本費用とは点検や検査、代行の手数料で、車検を業者に代行してもらうのであれば、基本的にこれら全ての費用が必ずかかって来ます。

しかし、ユーザー車検(自分自身で車検を通すこと)の場合は、これらの費用は不要となることもあります。こともあるというのは、基本的に2年定期点検は車検後でも大丈夫ですし、自分でチェック出来るのであれば自分で行ってしまう事も可能です。

また、テスターを使った事前検査も必ずしも必要な訳ではありません。これは事前にテストしておくことで陸運支局で車検に落ちることがほぼなくなるので、行っているんですね。ですので、自分で通すのであればテストせずに受けて、車検に落ちた場合だけ陸運支局の周りにあるテスター業者に依頼して落ちた原因のところだけを調整してもらうという方法もありでしょう。ただ、大きな問題がある場合は対応できないこともあるので注意が必要です。


2年定期点検

こちらの定期点検は法定点検と言われ義務とされていますが、事業用車両でない限り罰則はありません。

基本的に車検と同時に行われることが通例とされている為、車検前に必要と思われていますが、単純に車検を通すということとは関係ありません。車検は定められた保安基準に適合しているかどうかを確認するもので、法定点検は故障はないか異常はないかを確認する為のものになります。

ですので、車検には関係がないものの車検と同時期に義務付けられた点検である為、同時に行う事が通例となっている訳です。


この2年定期点検の費用は、

  • 軽自動車で15,000円程度
  • 1500ccクラスで21,000円程度
  • 2500ccクラスで27,000円程度

となっていますが、ディーラーや整備工場、カー用品店などお店によってまちまちで、安いところでは一律で1万円ちょっとと設定しているところもあります。

定期点検はどこで受けても結果は同じですので、費用を抑えたいのであれば安いところに出すというのが鉄則と言えるでしょう。


テスター検査料

車検に適合している車輌なのかどうかを事前に確認する作業がテスターを使った事前適合検査になります。

費用は4,000円~5,000円くらいが相場になっているようですが、こちらもディーラーや整備工場、カー用品店で費用が異なっており、安いところでは先ほどの定期点検費用に含まれているということもありますので、少しでも費用を抑えたい方は定期点検費用にテスター検査料が含まれているお店を選びましょう。


検査代行料

車検を受ける代行費用で事務手数料として表記されることもあります。

ディーラーは1万円くらいが相場で、整備工場やカー用品店では数千円ですが、こちらも同じく定期点検費用に含まれているところもあるので、費用を抑えたいのであればそういったお店を選びましょう。


フリードハイブリッドにかかった基本費用は、

2年定期点検費用:21,000円

テスター検査料:5,000円

検査代行料:2,000円

で、合計28,000円(税別)でした。これらの費用は費用の安いお店を探せば1万円ちょっとまで抑えることは可能です。なお、ユーザー車検の場合、自分自身で点検など出来るのであればこれらの費用はかかりません。


部品費用

部品費用は、車輌の状態により大きく変わって来ますので、必ずしもかかって来る費用ではありませんが、多くの場合何かしらの交換が見積もりに入っているはずです。

お店によっては交換不要の部品も見積もりに入って来る場合がありますので、内容を良く確認して交換が本当に必要なのか妥当なのかどうかなどを見極める必要があります。

例えば、エアコンフィルター交換などがある場合、エアコンの送風口から嫌な臭いがするなど不快に感じているのであれば交換しても良いと思いますが、そうでないのであれば交換しなくても良いですよね。

良く分からない場合は、業者に対して内容を1つづつ確認するようにして判断しましょう。


なお、車検後の2年以内に売却を考えているのであれば必要最低限の整備にしておく事も大切です。無駄に確りと整備してしまっても査定額がその分上がるわけではないので、売るという前提であれば出費はなるべく小さい方が良いでしょう。

また、車検前で売却を考えているのであれば、車検は通さずに売るというのが鉄則です。これは車検でかかる費用と売却時の査定額に車検期間の長さでプラスされる額は、絶対的に車検費用の方が大きいからですね。詳しくはもうすぐ車検の期限が来るのですが通してから査定した方がいいですか?で確認してみて下さい。

ちなみに、査定バカの見積もりに入っているショートパーツとは、ネジやボルト、ナット、ピン、作業に必要になったグリースや洗浄剤、ウエスなどのことです。


フリードハイブリッドでかかった部品費用は、12,910円(税別)でした。


フリードハイブリッドの車検費用

コンパクトカーであるフリードハイブリッドの車検を通すのにかかった費用は、

  • 法定費用:42,530円
  • 基本費用:28,000円(税別)
  • 部品費用:12,910円(税別)

合わせて83,440円(別途消費税3,272円)これに値引きが入って、86,000円でした。

査定バカは、お友達の整備工場にお願いしたのですが、どうせお金を使うのであれば知り合いの中で回したいという思いもありましたし、駐車場に置いてある車を勝手に持って行ってもらい、終わったら元に戻してもらえるという手軽さもありました。

しかし、車検にかかる費用を更に抑えたいと思うのであれば、基本費用や部品費用のところを改善する余地はありますね。


これら費用と手軽さ両方を求めるのであればGoo車検がお勧めです。グー車検はグーのオペレーターが間に入ってくれて、見積もりから自宅での引取り引き渡しまでサポートしてもらえるので、時間がないという方にも良い選択肢となるでしょう。

車検費用だけでなく車検後もガソリン代などの値引きや付加サービスを求めるのであれば楽天車検が良いですね。

そして、とにかく安心を求めるのであればホリデー車検が良いと思います。ホリデー車検は点検時に整備士とお客さんの両者立会いで検査してくれるので、なぜこの部分の交換が必要なのかなど説明を受けながら進めることが出来て、納得の行く無駄のない車検を受けることが出来ます。


車検を受ける上では、前述したように

  1. 必ずかかって来る費用(法定費用)
  2. 依頼する業者により額が変わって来る費用(基本費用)
  3. 自らの判断で決められる費用(部品費用)

の3つがありますが、後者2つの費用は依頼する業者により大きく額が変わって来ますし、3つ目の部品費用に関しては業者の誠実性により大きく左右されます。

こういったことから、車検を依頼する業者選びで車検の費用は大きく変わって来ると断言出来ますし、何を求めるかで選び方は変わって来るでしょう。

上記の例で言えば、

と言う事ですね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ