ローン残債がある車の売却方法の具体的なパターン

車を売る時に注意すべき点は、売却する予定の車にローンが残っているかどうかです。

ローンが残っていない場合は、特に気にする必要はありませんが、ローンの支払いがまだ続いている車の場合は注意すべき点がいくつかあります。

 

ローン残債を抱えた車の売却で重要視すべき点は以下の3つです。

  1. 車検証に記載された所有者は誰になっているのか。
  2. ローン残債はいくらなのか。
  3. 車の売却額はいくらなのか。

これらの確認事項で色んなパターンがあると思いますので、以下に考えられるパターン毎にどのような点に注意すれば良いのかを確認して行きましょう。

 

車検証に記載された所有者は誰になっているのか

車検証には所有者という欄があり、そこに記載されている名前が誰なのかによって大きく対応が違って来ます。

車検証の丁度真ん中あたりに「所有者の氏名又は名称」と記載された箇所があると思いますので、そちらの名前を確認しましょう。

車検証の所有者

 

アップするとここですね。

車検証の所有者

 

ここに記載された所有者が自分になっている場合は、ローン残債のことを気にせずに車を売却してしまって問題ありません。

ただし、ローンが残っているのに所有者が自分になっている場合は、銀行等のマイカーローンだと思われるので、ローン返済中は売却を禁止するという契約になっている場合もあるので、ローンを組んでいる金融機関に売却しても大丈夫かどうかを確認した方が良いでしょう。

 

所有者がクレジット会社やディーラーとなっている場合には、恐らく使用者があなたになっていると思いますが、あくまでもその車の所有権はクレジット会社やディーラーにあり、あなたは利用する権利を持っているだけという事になります。

当然、勝手に売却をすることは出来ませんので、所有権をあなたに移してから売却しなければならないという事になるのですが、クレジット会社やディーラーもあなたにお金を貸す代わりに、この車を担保としているので、所有権を解除するにはローン残債を全て返済する必要が生じるのです。

 

では、ローンの残金を全て返済するにはどうすれば良いのかを見て行きましょう。

 

ローン残債はいくらなのか確認する

残りのローンを返済するにしても、まずはローン残債はいくらなのかを確認する必要がありますね。

残りの支払い回数と毎月の返済額が分かっていれば、

  • 残りの支払い回数×毎月の返済額=ローン残債

この様な式で計算をする事が出来ますね。

 

分からない場合は、金銭消費貸借契約書(ローン契約書)やローン返済予定表などを確認すればすぐに分かりますよ。

ローン残債の確認

 

例えば、この記事を書いている今日は(2019年)平成31年1月なので、赤枠のところを見れば残債額が分かりますね。

39万円ほどローン残債があるということ。

ローン残債の確認

 

次に重要なのが、あなたの車の売却額が、このローン残債より高いのか安いのかという事です。

 

車の売却額がローン残債よりも高いのか安いのかで対応が大きく変わる

次に確認すべきなのは、あなたの車がいくらで売れるのかということ。

車の売却額は下取りや買取りなどで査定を受ければ、おおよそいくらくらいで売ることが出来るのかは把握出来ると思いますので、確認してみましょう。

 

査定バカが新しい車を購入する上で今乗っている車を売却したと仮定した場合で見て行きますね。

査定バカのマイカーローン残債は現在39万円です。

新しく購入する車は100万円だとします。

 

車の売却額がローン残債よりも高いパターン

査定バカの車を買取店に査定してもらい70万円で売れました。

買取店からは、売却額70万円-ローン残債39万円=31万円が振込みされます。

ローン残債よりも高いので、単純に買取店に言われた必要書類を揃えて買取店に渡せば売却完了です。

 

車の売却額がローン残債よりも高い場合は差し引いて代金を受取れば良いだけですので、とても単純ですが、売却額がローン残債よりも安い場合は、いくつかのパターンが存在します。

 

車の売却額がローン残債よりも安くローン返済に足りない分を現金で支払うパターン

査定バカの車を買取店に査定してもらい20万円で売れました。

ローン残債よりも売却額の方が安いので、売却額20万円-ローン残債39万円=-19万円

19万円のマイナスとなってしまいましたので、買取店に19万円支払い、買取店に言われた必要書類を揃えて買取店に渡せば売却完了です。

 

車の売却額がローン残債よりも安くローン返済に足りない分、新たにローンを組むパターン

査定バカの車を買取店に査定してもらい20万円で売れました。

ローン残債よりも売却額の方が安いので、売却額20万円-ローン残債39万円=-19万円

19万円のマイナスとなってしまいましたので、買取店に19万円支払わなければなりませんが、手元に現金がないので買取店で19万円分のローンを組みました。

もしくは、新しく購入する車の100万円とローン残債19万円をプラスした119万円を販売店のローンまたは銀行等でローンを組むことも場合によっては可能です。

 

車を売却してもローンが残る場合は販売店または買取店に相談

ローン残債がある車でも売却をすることは、可能だと言う事が理解出来たと思いますが、古い車の売却額がローン残債よりも低い場合、具体的にどうすれば良いのか、どんな方法で新たにローンを組めば良いのかが、不安という方もいると思います。

基本的には、プロであるディーラー等の販売店または買取店等に相談をすれば、すぐに解決方法を提案してくれるはずです。

 

前述したような買取店でローンを組むという事も可能で、買取店独自にローンプランを用意している事が多く、ローン残債額のみのローンを組むことも可能です。

ただ、この方法だと新しく購入する車のローンと、残債ローンが別々になるので月々の支払額は多くなりますので、お勧めの方法としてはディーラーが用意するローンかご自身で銀行等に行きマイカーローンを組むという方法が良いでしょう。

ただし、新車ディーラーの場合は金利の安いローンプランを用意してくれている事もありますが、中古車販売店などでは信販系の金利の高いローンプランしかない場合も多いので注意が必要です。

 

ちなみに、査定バカの場合は金利は変動型で2.35%となっています。

マイカーローンの金利

 

査定バカが組んでいる銀行のマイカーローンの金利も決して低いわけではないですが、高い信販系だと十数パーセントなどもあり得るので、ローンを組む際には、審査を通すというところだけでなく金利も気にするようにしましょう。

 

なお、新しく購入する車にローン残債を上乗せしたローンを組む場合は審査も厳しくなりますので、販売店からもらう見積書は高めの見積りを出してもらっておき審査してもらった方が良いですね。

というのも、審査が難航した場合では、申請したローン額が減額された状態で審査が通るという事もあるからです。

もし、減額されたローン額でも最初から高めに見積りを出しておけば、実際に組みたいローン額よりも上回ってる事が多いので、予定が狂うことなく進めることが出来ますよ。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ