下取りと買取りの違い。車の売り方が具体的にどう違うのかを徹底解説!

車の売り方は大きく分けると2つありますが、それが下取りと買取りです。
この2つの売り方は、車を売ってお金に換えるという意味では同じ性質を持っているのですが、中身は全くの別物になります。

下取りと買取りが具体的にどう違うのかを解説して行きますので、これから車を売ろうと思っているが、どの売り方が良いのか分からないという方の参考になると思います。

 

下取りは手間いらずというメリットがあるが、査定額が低いというデメリットがある

下取りの最大の特徴が、車の購入と同時に車を売るということです。
購入と売却が同じ業者になりますので、窓口が1本になることで購入と売却に関する必要書類もまとめて渡すことが可能ですし、納車のタイミングに合わせて売却する車の引き渡しも出来てしまうので、売却(引き渡し)時期などを気にする必要はありません。
また、新車の場合はディーラーとのやり取りだけになるので、安心材料にもなりますね。

ただし、下取りの場合は販売店1社だけの査定になるので競合が基本的には存在しません。
また、ディーラー独自の下取り相場がある為に買取りよりも査定額が低くなってしまうという大きなデメリットがあります。
その代わりに購入する車の請求額から下取額を差し引いてくれるので、手元の現金が少なくて済むというメリットもありますね。

手間を取るのかお金を取るのかは、人それぞれ考え方が違って来るとは思いますが、全て1度きりの事ですので少しくらい手間がかかったとしても高く売れる買取りの方が良いのかなと査定バカは思ってしまいますね。

じゃあ、全ての車の売却を下取りにした方が良いのかというと、そんなこともありません。
時と場合により下取りに出し方が良い場合があるのは事実です。
どういった場合なのかと言うと、買取店で査定額が付かない車を売る場合です。
詳しくは、買取専門店で査定額が0円の場合、下取に出すとどうなるのでしょう?という記事で詳細をお話ししていますので、ご参考にしてみて下さい。

 

買取りは査定額が高いのが最大のメリットだが、手間がかかるというデメリットがある

下取りとは逆に買取りでは、買取店同士が競合するので必然的に価格が吊り上がり査定額が下取りよりも高くなる傾向にあります。
また、買取店同士を敢えて競合させることで交渉を優位に進めることが出来るのもユーザーからすれば強みでしょう。

ただし、下取りは窓口が1つなのに対して、買取りの場合は複数の買取店へ査定を出すことが前提になるので、それぞれ店舗ごとに電話対応や実車査定が必要になります。
これらの営業電話がトラブルの原因となっていることは確かですね。
参考記事として、車一括査定のデメリット・トラブルとそれらの解決策車一括査定の注意点などがありますので、興味がある方は確認してみて下さい。

無事に高く売ることが出来たとしても、車を購入した販売店と車を売却した買取店は違う会社になるので、車の納車時期に関係なく買取店は早く車を引き渡して欲しいと言って来るのが通常です。
こればっかりは交渉次第になるのですが、この引き渡しタイミングを納車のタイミングに合わせるというのも手間となるでしょう。

最大のデメリットが車を買取店に売却する契約を交わしたとしても、車の引き渡しをしない限り代金は支払われないということ。
恐らく多くの方が、車を購入して納車されるタイミングで売る車を買取店に引き渡したいと思うはずですので、販売店への支払いをまず済まさなくてはなりません。
という事は、事前に購入資金が必要になり、後々に売却した車の代金が返って来るという順序になります。

お金に余裕のある方であれば良いですが、余裕がないという方は少し厳しい状況になりますね。
そういった場合は、代車を販売店(買取店)から借りるなどの方法もありますが、これは購入契約(売却契約)前に交渉が必要となりますので、それなりの手間となるでしょう。

 

下取りが想定よりも高い場合の注意点

中には「下取りは安いと言われているけど、俺の時は買取相場と同じくらいだったけどな~」という方がいらっしゃいます。
実はそういった場合は、注意が必要です。
全てがこれからお話しする内容に合致するとは限りませんが、大抵このパターンだと思っても良いかと^^;

それは、通常下取りがない状態で値引きできる分を下取りに乗っけてしまい、「下取額を他社で売るよりも高くしておきました」的な事を言いお客さんを逃がさないようにする手法が取られる事があるんですよね。
前述した内容だと分かり難いかと思いますので、例え話をひとつ。

例えば、下取り車なしで購入交渉をして行き、元々300万円だったものを、30万円の値引きしてもらい270万円にしてもらいました。
その後に下取りをして欲しい車があると言い、古い車だったので10万円の下取額が付きました。
総支払い額は、260万円です。

一方、下取り車ありで購入交渉をして行き、元々300万円だったものを、下取額20万円、値引き10万円してもらい270万円にしてもらいました。
営業マンは「下取額を他社で売るよりも高くしておきました」と言っています。
総支払い額は、270万円です。

そう。
下取額が相場よりも高い場合は、本来値引きに回せる金額を下取額に回しているだけで、結果的には下取りなしの場合と同じになってしまう事って良くあることなんです。
こういった手法を封じるには、下取り車は散々値引き交渉をして納得が行ってから後出しじゃんけんのように出すということ。
値引きと下取り査定額は別物で考える必要があるのですが、先に下取り車ありで交渉を始めてしまうと営業マンに別々にと言っても、営業マンは上手にあなたを丸め込みますからご注意を!

下取額が想定よりも高い場合は、内訳を見ると実はこんなカラクリがあった何てことは普通にありますから注意して下さいね。

 

下取りと買取りはどれくらいの価格差があるの?

リアルなお話しとして、下取りと買取りではどれくらいの価格差があるのかって知っていますか?
以下の画像は、査定バカが実際にプリウスを売った時の下取査定額と買取査定額(売却額)の画像です。

下取り査定額は、95万円。

日産の下取り額

 

 

買取り査定額は、129万円

最終買取額

なんと、その差は34万円!

ディーラーの方はふざけて、この下取り査定額を出して来た訳ではありません。
実際にノートを購入する時に交渉の一部として下取りの査定をしてもらったので、あくまでも本気です^^;

これを見てしまうと下取りは、手間いらずで楽だけど、たったこれだけの手間で34万円の損得があるのであれば買取りに出した方がお得だと気が付きますよね。

プリウスを売った時の体験談は、こちらの【プリウス売却体験談】車を売るなら大手の買取店が良い?それとも名の知れない買取店が良い?で詳しくお話ししています。

 

買取りは必ず競合させなければ効果は半減する

ただし、買取店に査定を依頼をする場合は、1社だけだと下取りと大きな差は生まれません。
買取店が高い査定額を出して来るのは、他社というライバルがいるから負けじと高値を出さなければ、あなたの車を買い取ることが出来ないからです。
下取りではなく買取りだから高値が出ると1社2社だけに査定依頼をしても高額査定は出ませんので注意して下さい。

買取りであったとしても必ず競合させること。
これが重要です。

ちなみに、複数の買取店へ一度に査定依頼を出せるサービスがあり、それを一括査定と言います。
1つの一括査定サイトにあなたの車の情報とあなたの情報を入力することで、自動的に複数の買取店へ査定依頼が行くシステムで楽に依頼を申し込むことが出来ます。
ですが、前述したように複数社から一気に連絡が来るのでトラブルの基となっているのも確かです。

そういった大変な思いをしたくないという方は、ユーカーパックという新しい一括査定のシステムがお勧めになります。
こちらは、一括査定でも1社からしか連絡は来ないですし、査定も1社のみ、その情報をユーカーパック内のシステムで共有して現時点(2018年12月)で7,700社の買取店や販売店がオークション形式で買取額を提示して来るというシステムです。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活を房総ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ