車の査定額が0円~1万円以下の時それ以上に支払いが発生しているのを知っていますか?

ディーラーの下取りや買取店での買取りにおいて、あなたの車が1万円程度より下回った場合は、実はあなたに支払いが発生している可能性があるというお話しをしたいと思います。

ん?1万円もらっているんだよね?と思ってしまうでしょう。

確かに単純に考えれば、その通りで1万円程度の受け取りはあるのですが、実際にはあなたが支払っている方が多い可能性がるんです。

頭の中がぐちゃぐちゃになってしまっていると思うので、一旦まとめます。

 

査定額が0円~1万円程度の場合でも、実質あなたの負担額は数万円にものぼっていることもある。

これがどう言う事なのかを説明して行きますね。

 

査定額が0円~1万円程度では本来戻って来る額以下

ディーラーの下取りや買取店の買取りで出て来た査定額が0円~1万円程度である場合は、本来であればあなたに返金されるべき額より下回ってしまうんです。

どういう事かと言うと、車の買取額には本来返金されるべきものが3つ含まれているでお話ししているように、

  • 自動車税
  • 自動車重量税(廃車時)
  • リサイクル預託金(廃車時以外)
  • 自賠責保険料

は、本来であれば、あなたに還付または返戻されるべきお金(以下、還付額)であるという事なんです。

 

しかし、多くのディーラーや買取店、販売店では買取額(下取額)にこれらの還付金や返戻金は含まれるものとして考えているのですが、廃車にするような車の時は多くの場合、査定額が還付額よりも下回るケースの方が多いのです。

本来であればこれらの戻って来る還付額よりも査定額が上回っているというのが当然になりますよね。

何故なら、自分で廃車手続きを済ませた場合は、還付額は確実にあなたの手元に戻って来るお金だからです。

しかし、業者としては、これらの還付額を懐に入れたいと思っているので、当然ながら査定額の方が低くなるということになります。

 

ちょっと具体的に見てみましょう。

例えば、15年落ちの車検が9か月残っているグロリアを12月にディーラーの下取りで0円で売却して廃車となる場合で見てみると

 

自動車税の還付されるべき金額:14,649円

(自動車税年額58,600円÷12か月(月割)×残月3か月(1月~3月まで)=14,649円)

自動車税額一覧

総排気量 12年以内の車輌 13年以降の車輌
1リットル以下 29,500円 33,900円
1リットル超~1.5リットル以下 34,500円 39,600円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円 45,400円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円 51,700円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円 58,600円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円 66,700円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円 76,400円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円 87,900円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円 101,200円
6リットル超 111,000円 127,600円

 

自動車重量税の還付されるべき金額:9,225円

(自動車重量税額24,600円÷24か月(月割)×車検残月9か月=9,225円)

自動車重量税額一覧

重量 3年車検 2年車検
0.5トン以下 12,300円 8,200円
0.5トン超~1トン以下 24,600円 16,400円
1トン超~1.5トン以下 36,900円 24,600円
1.5トン超~2トン以下 49,200円 32,800円
2トン超~2.5トン以下 61,500円 41,000円
2.5トン超~3トン以下 73,800円 49,200円

 

自賠責保険料の返戻金:8,620円

自賠責返戻金一覧

残保険期間 普通自動車 軽自動車
23か月 22,240円 20,840円
22か月 21,270円 19,920円
21か月 20,290円 19,010円
20か月 19,310円 18,090円
19か月 18,330円 17,180円
18か月 17,360円 16,260円
17か月 16,380円 15,350円
16か月 15,400円 14,430円
15か月 14,420円 13,520円
14か月 13,450円 12,600円
13か月 12,470円 11,690円
12か月 11,490円 10,770円
11か月 10,530円 9,870円
10か月 9,580円 8,980円
9か月 8,620円 8,080円
8か月 7,660円 7,180円
7か月 6,700円 6,280円
6か月 5,750円 5,390円
5か月 4,790円 4,490円
4か月 3,830円 3,590円
3か月 2,870円 2,690円
2か月 1,920円 1,800円
1か月 960円 900円

 

自動車税が14,649円

自動車重量税が9,225円

自賠責保険料の返戻金:8,620円

合計で32,494円

 

本来であればあなたが受け取れる還付額は、32,494円だったわけですが、ディーラーの下取りで0円で引き渡しているので、32,494円をディーラーへ支払ったのと同じになりますよね。

そして、ディーラーはあなたが受け取らなかった32,494円を利益として受け取ることが出来るのです。

更に鉄くずとして、リビルドパーツ取り車として解体屋に数万円で引き渡して、更にお金を稼いでいます。

 

しかし、多くの方がこう思っているんです。

  • 「廃車にするのに、0円でディーラーに引き取ってもらえたから助かった~」
  •  「0円だと思ってたのに1万円で買い取ってもらえたよ。ラッキー」

中にはこんなケースもありますね。

  • 「廃車料として8,000円取られてしまったけど、廃車にするんだから仕方ないか。」
  • 「わざわざ、廃車にする車を1万円で引き取ってもらえて助かったよ。」

 

実際には、消費者が受け取る以上の支払いをしてしまっているということも知らずに、多くの人が感謝していたり喜んでいたりするのです。

もしくは、廃車料や引取料として数千円から1万円程度を支払い、更に消費者が知らないところでお金を支払っているのに、多くの人が助かった、仕方ないと思っているんですね。

要は、数万円も損をしているのに、みんな喜んでしまっている。

これは、知らないが故に出来ることですね^^;

 

査定額が1万円以下の車を高く売る方法

まずは、ディーラーで下取りの査定額が0円や1万円など言われてしまった場合は、買取店に査定を依頼するようにしましょう。

ディーラーの査定額の計算方法は、独自の算出法になることが多いので、中古車としてまだ十分に価値があるにも関わらず、0円とするケースも多く見られます。

そういった車輌の場合は、査定してもらう会社を買取店に変えるだけで、数十万円の価値(査定額)が出ることは良くありますよ。

 

そして、買取店でも査定額が0円や1万円以下の場合は、海外で人気の車種一覧を確認して該当しているようであれば輸出業者に査定を依頼してみるのが良いでしょう。

輸出対象外の車輌の場合は、廃車しか道は残っていないので鉄くずとして買い取ってくれる廃車専門店に査定を依頼するしかありません。

しかし、中には前述した自動車税・自動車重量税・自賠責保険料の還付金をあなたに還元する業者もいるので、そういった業者に査定をしてもらえば、査定額プラス還付額を受け取ることが出来るので、先ほどのグロリアの場合であれば査定額プラス3.2万円が手元に入るという計算になりますね。

 

査定バカは、自動車税・自動車重量税・自賠責保険料の還付金をあなたが受け取ることが出来る、こちらの廃車専門店をお勧めします。

ちなみに、廃車専門店全てが自動車税・自動車重量税・自賠責保険料を戻してくれるわけではないので、業者選びは確りとするようにしましょう。

 

上記の廃車専門店のサイトでは、概算でしかありませんが、還付額の簡易計算シミュレーターもありますので気になる方はシミュレートしてみて下さいね。

「あなたの還付金を今すぐチェック!」というところをクリックして

自動車税と自動車重量税・自賠責保険料の還付

 

メーカーと車名、車検の期限を選択すれば、大よその還付額が計算されます。

還付額の概算シミュレーター

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

メールで査定額を受け取ることが出来るオンライン査定なら最強買取.jp一択でしょう。

査定依頼時には写真5枚とメールアドレス、名前のみです。最強買取.jpで受け取った査定額を基に買取店を競合させる方法も良いですね。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ