【実体験】ユーカーパックに申込んでも査定を拒否される事もあり得る

今回お話しするのは、査定バカの親族がユーカーパックに申し込みをした時の実体験です。

結論からお話ししてしまうと、ユーカーパックに申し込みをしたところ、査定を受ける前に拒否されてしまいました。どのような経緯で拒否されてしまったのかを時系列でお話ししたいと思います。

親族の車は、査定相場の計算方法!親族のラフェスタがいくらで売れるのか計算してみました。のラフェスタで計算で出て来た買取相場は3万円でした。

申込後に受けた電話での会話

ユーカーパックに査定を依頼しました。

ユーカーパックの申込み

依頼後に出て来た概算額は0円~46000円。

すぐにユーカーパックの担当者(女性)から電話がかかって来て、

  1. 車の状態(凹み・傷・内装汚れ)
  2. 車検証の情報(初年度登録・排気量・車体番号・型式・原動機の型式・所有者・車検満了日)
  3. 他社からの査定額

大きく分けて、この3点を質問されました。

1と2は、現状をそのままお伝えして、3の他社からの査定額に関しては、知り合いの中古車販売店社長からは5万円で買い取るよと言われていたものの、買取相場では3万円と計算されたので、「他社からは3万円の査定額が出ている」と回答しました。

これを答えた後に査定日時を決めるのかな?と思っていたのですが、ユーカーパックからは「分かりました。また、お電話します。」とのこと。「あれ?」とは思ったのですが、電話を一旦切りました。

2回目の電話で遠回しに査定拒否

数時間後に再度ユーカーパックから電話がかかって来ました。先ほど受けた担当の方ではなく男性の方です。

「今回のお客様の車ですが、多くの買取店に掛け合ってみたところ、3万円を超える査定額は出ませんでした。」といきなり伝えられました^^;

ユーカーパックでは、査定後にネット上でオークションを行い、そこで高値を出した業者が落札するというものですが、電話で済まされてしまったのです。

まぁ、「多くの買取店に掛け合って」もいないでしょう。

この電話を受けて、あぁこれは査定拒否だなと感じたので、システムを知らないフリをして「そうですか。分かりました。」と電話を切りました。

ユーカーパックが査定拒否をした理由

今回ユーカーパックが査定を拒否したのも分からなくもありません。

なぜなら、赤字になる可能性が極めて高かったからですね。

ユーカーパックは、一般的な買取店とは違いユーザーと業者の仲介役として中古車オークションのプラットフォームを提供している存在になります。

査定をするのもユーカーパックだけではなく提携しているガソリンスタンドが主ですので、査定をすることでユーカーパック側に費用が発生します。

そんな状況の中で、買取相場通りの他社からの査定額が既に出ている車輌が査定依頼されたとすると、それ以上の提示額が出なければ流札することとなるのは目に見えていますよね。

ユーカーパックの利益の一部は、落札した業者からの手数料だと思われるので、落札されなければ意味がないとなると、そういった車輌は最初から依頼が来ない方が良いということになるんです。

また、今回のラフェスタの場合は、元々の相場自体も3万円前後と安いこともあり、落札されたとしても大した稼ぎにはならないとなると尚更断りたくなる状況だったと言えるでしょう。

ユーカーパックに査定拒否されないようにするには

他社からの査定額を言わない。

これに尽きると思います。査定バカとしても、拒否された後にこれは失敗したなと反省しました。親族の車という事もあり油断していました。

拒否された後に「ネット上のオークションに出せるんじゃないんですか?」と突っ込もうとも考えたのですが、ユーカーパック側が迷惑だと思っているのに、無理やり出させるのも気が引けたので、それを発言するのは止めておきました。

ユーカーパックからの「他社からの査定額はいくらでしたか?」もしくは「他社で査定を受けていますか?」という質問に対しては「受けていません。」と答えるのが良いのだと思います。

ただ、他社からの査定額が相場よりも低い場合は伝えても何の問題もないので、答えてしまっても大丈夫です。まぁ、他社からの査定額が相場通りなのかどうかが多くの人は分からないのだと思うので、分からない場合は「初めての査定です。」と答えておくのが無難かも知れませんね。

ユーカーパックも確実に利益にならないと判断した車輌に関しては、このように容赦なく切り捨てているという事が、今回の体験で分かりました。

他社からの査定額は最低落札価格で使おう

他社の査定額は最低落札価格に使えば良いと思います。

ユーカーパックにはオークションに出品する前に最低落札価格という業者オークションで言う売切価格を設定しますので、その価格設定に他社の査定額を使うのが良いのかなと思いますね。

最低落札価格とは、ユーカーパックと出品者で決める価格のことで、この額を超えた場合は売買契約が自動で成立することとなる価格です。低く設定し過ぎると高い提示額は期待出来ないですし、高く設定し過ぎても上手いこと入札が入らずに流札してしまうというように、調度良い価格を設定するのは中々難しいんです。ユーカーパックの担当者にアドバイスを貰いながら設定するので、安心と思う方もいるかも知れませんが、ユーカーパックとしては落札されるように誘導して来るはずですから、完全に信用してしまうのもどうかなとも思っていまします。

最低落札価格に付いてもっと知りたいという方は、ユーカーパックで車を高く売る方法にて売切価格の重要性など詳しくお話ししていますので、読んでみて下さいね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

メールで査定額を受け取ることが出来るオンライン査定なら最強買取.jp一択でしょう。

査定依頼時には写真5枚とメールアドレス、名前のみです。最強買取.jpで受け取った査定額を基に買取店を競合させる方法も良いですね。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ