事故車は売却先を間違えると大損する

事故車と一言でいっても車輌の状態は様々でしょう。

  • 動くのか動かないのか
  • 凹んだ状態なのか修理した状態なのか
  • 軽度の傷なのか重度の傷なのか
  • 修復歴車に該当するのかしないのか

事故車の中でも安くなる価値が低くなってしまう代表格なものが修復歴車でしょう。修復歴車とは、ある一定の決められた骨格部分に傷が付いたことがある車輌のことを言います。 何をもって修復歴車となるのか詳しく知りたい方は、こちらの事故車や修復歴有り無しの判断基準を読んでいただければ理解出来るはずです。 一旦修復歴車となってしまった場合は、その車輌はずっと修復歴車として取り扱われることとなり、多くの人が敬遠してしまう為に価値が低くなってしまうんです。

事故車と言うと安くなる価値が低いと思われがちですが、一概にそうとも言えないんです。なぜなら、事故車と一括りにしても中には軽い事故車だったり、修理されており無事故車と何ら変わらない状態として売られている車輌も多くあるからですね。

もし、あなたが事故車を所有しており売却しようと考えているのであれば、まずはあなたの車輌の事故の程度を理解することが最優先でしょう。なぜなら、事故の程度によって売却先が変わるからです。実は事故車の売却で最も難しいのはどこに売るのか?というなんです。売却先を間違えると実際の価値より遥かに低い額で買取されてしまう事も普通にありますので、事故車の場合はどこに売却するのかは最重要になります。

事故の程度により売却先を変える

極端に言うと以下の行為はNGです。

  • 軽い事故なのに、事故車買取専門店に売る。
  • まだ動き需要があるのに、廃車専門店に売る。
  • 不動車なのに、一般的な買取店に売る。

これらをしてしまうと、分野が違うところへ売っている事になるので、本来の価値よりも低く査定されてしまい大損してしまう可能性が高いです。

軽い事故で傷をおった事故車の場合は、事故車買取専門店に売るよりも一般的な買取店に売った方が本来の価値で評価してもらえる可能性が高いでしょう。なぜなら、事故車買取専門店はあくまでも事故車として査定しますが、一般的な買取店の場合は事故車だけど修復歴車ではないので、修理をすれば無事故車と同じか少し低いくらいの価値で転売することが可能だと考えてくれるからです。

同じように動く状態で市場での需要が見込まれる事故車の場合も廃車専門店で売るのではなく、事故車買取専門店か一般的な買取店へ売る方が本来の価値で評価してもらえるでしょう。廃車専門店は廃車をすることを前提に査定をするので、鉄くずとしての価値を測る排気量や重量で一律金額が決まっていることが多いからですね。ですので、廃車専門店ではなく事故車買取専門店か一般的な買取店の方が事故車としての扱いにはなりますが、本来の価値は出やすいでしょう。

逆に全く動かすことが出来ないような不動車で廃車にしかすることが出来ないような事故車の場合は、一般的な買取店へ売った場合は0円や逆に処分費用を請求される可能性も出て来ます。ですから不動車の場合は、廃車専門店へ売った方が鉄くずとしての価値で査定してくれるので、本来の価値で評価してもらえるでしょう。

廃車なのか事故車なのか自分で決めつけてはいけない

明らかに動かすことが出来ない廃車という場合を除いて、基本的にまずは一般的な買取店へ査定を出すことをお勧めします。

「この車は廃車だな。」「事故車だから大した価値はないだろう。」と思い込んでいきなり廃車専門店や事故車買取専門店へ売ってしまう方がいますが、これはお勧めしません。なぜなら、あなたが事故車だと思っていても、実は傷を修復してしまえば無事故車とほぼ同じ価値が出る車輌もありますし、あなたが廃車だと思っていても、実は海外で大きな需要があり高値で売買されていることもあるからです。詳しく知りたい方は、無料引取り0円買取りでも、実は数十万円の価値があるかも知れないって知ってますか?を読んでみて下さいね。

ですので、事故車の査定は一般的な買取店へ出して、買取額が極端に低い、買取不可という場合に、事故車買取専門店へ出し、価値がないと判断された場合は、廃車専門店という流れが良いでしょう。

一般的な買取店や事故車買取専門店を飛ばしてしまうと本来の価値で評価してもらえない可能性があるので、自分の判断で廃車や事故車と判断しないで、プロの目で見てもらい判断してもらうようにするのが良いですね。

事故車は足元を見られやすいので注意

事故車は事故を起こしていない普通の車輌に比べて、足元を見られやすいので注意しましょう。というのも売り主であるユーザーも事故車であるということで引け目を感じていると買取る側も理解しているので、そういったところをつかれるんですね。

また、事故車は価値が低いという認識を持ったユーザーが多いので、買取店としても安く買い叩きやすいんです。

こういった事故車の安値買い叩きを防止するには、無事故車と同じように複数の買取店へ査定依頼を出すことが効果的になります。

事故車に対応した一括査定サイト

ただ、買取店によっては事故車を買い取らないとしているところもあるので、事故車を正当に評価してくれる一般的な買取店を探すのは大変です。そこで役立つのが事故車に対応した一括査定サイトです。

最もお勧めなのがカーセンサーになります。カーセンサーでは事故歴を選択する欄があるので査定に来た買取店が事故車だとは知らなかったという事がなく、事故車を買取り出来る買取店のみに査定してもらうことが可能です。

事故車の一括査定

ちなみに、こちらが事故歴なしとして場合に選択出来る業者で8社から選択することが出来ます。

そして、事故歴ありにすると選択できる業者が6社に減りました。2社は事故歴がある車輌は買取不可だったという事が分かりますね。

このように事前に事故車を買い取らない業者をはじくことが出来るので、無駄な対応や時間を削減することが出来るのは良いですよね。

>>カーセンサーで事故車の査定を依頼してみる

なお、ズバット車買取比較でも事故車を査定してもらうことは可能ですが、事故歴を記載する欄がないので、電話連絡が来た時に事故車であることを伝える必要があり手間はかかりますが、カーセンサーと合わせて多くの買取店に査定をしてもらいたいという方は併用しても良いかも知れません。

事故車買取専門店も一括査定

前述した一括査定で一般的な買取店に査定してもらったが、買取額が極端に低くかったり、買取出来ないと言われてしまった場合は、事故車買取専門店に査定をしてもらうようにしましょう。

事故車を専門的に扱う買取店を集めた一括査定のカービュー事故車査定がお勧めです。(中には一般的な買取店も参加していますが、事故車も扱える業者のようです。)

基本的に、買取られた事故車は修理して再販されたり、パーツとして海外へ輸出されたりするので、そういった技術やルートを持った事故車買取専門店が集まっています。

廃車専門店は還付されるべきものが返金されるかが重要

廃車の場合は、基本的に鉄くずの価値として査定されるので、どこへ売却しても大きな価格差が出ることはありませんが、自動車税やリサイクル預託金、自賠責保険料が確りと還付される業者を選ぶべきでしょう。還付されることなんてあるの?と言う方は、こちらの車の買取額には本来返金されるべきものが3つ含まれているで確認してみて下さいね。

廃車専門店は、こちらの廃車ひきとり110番がお勧めです。廃車ひきとり110番では、前述した還付されるべきものは還付されますし、99%以上は1000円以上の査定が付いていますので、最悪の場合でも廃車手数料や引取り料などすべて無料となりマイナスにはなりません。

なお、還付金のシミュレーターもあるので、廃車にする車輌でいくら戻って来るのか確認してみるのも良いですね。

自動車税と自動車重量税・自賠責保険料の還付

廃車かな、事故車だから価値がないかな、と思っても自分では判断しないで、まずは一般的な買取店へ査定を出してみて様子をみるようにしましょう。もし、買取店では思ったような査定額が出なかった場合は、事故車買取専門店に査定してもらい、そこでも厳しいようでしたら、鉄くずやパーツ取りとしての価値しかないということですので、廃車専門店へ売却するようにしてみて下さいね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ