人気の低いラティオは買取額も期待薄

日産のファミリ―カ―サニー(セダン)の後継モデルは、ティーダ・ラティオ。

それが、ハッチバックの兄弟車ティーダのモデル廃止にともなって車名変更となりラティオに車名変更されました。

 

こんにちは~

査定バカです^^

 

あまり、名前を変えてばかりいると名前を憶えてもらえないかも・・と、ちょっと、心配してしまいます。

いきなりラティオって聞かれても、英語かフランス語で聞かれた時のように間があいてしまうのは、ラティオの車名が浸透していないからでしょう。

トヨタ・カローラのように車名変更しないで頑なにサニーの名前を貫いてもよかったのかもしれませんね。

 

初代(2004~2012年)

かなり長い期間を小変更とマイナーチェンジのみで乗り切ったのは設計がしっかりしていたからでしょう。

ボディーデザインは、兄弟車と同じデザインを踏襲し当時の日産車共通のフロントマスクをしています。

 

全幅・全高は兄弟車のティーダと同じです。

ハッチバック車のティーダにトランク部分を足したボディーラインは、オーソドックスなセダンそのもの。

 

室内は、コンパクトサイズのボディーサイズから想像できないくらいの広い空間を誇ります。

特に後席の広さは特筆もので、1クラスも2クラスも上のフーガとほぼ同じほどです。

 

駆動方式は、FFと4WDがあり、4WDは後輪をモーターでアシストするe-4WD。

発進から時速30kmまでは、モーターが補助する簡易的な4WDとなっています。

簡易的な4WDといえども、圧雪路面や凍結路面では2WDのFFでも発進ではかなり苦労を強いられますが、e-4WDなら楽々冬道発進が可能ですね。

 

グレードは、15S・15M・18Gがあり4WDは15SとMに設定されていました。

ミッションは、4速ATとCVT。

 

ティーダ・ラティオの教習車もあったので、懐かしく思い出される方もいらっしゃるでしょうね。

2008年にマイナーチェンジされて、走りの1800cc(18G)には、走りの6速MTが搭載されました。

かつて、サニーセダンにあった走りの1800ccのGT-SやGT-TRの流れがまだ生きていたのには涙が出るほど嬉しいです。

 

2代目(2012年~)

ボディーデザインは、小さなティアナ風に改められました。

ボディーサイズは、5ナンバーサイズの1695mmを頑なに守っているのはある意味立派といえます。

今や、このサイズにこだわっているのはトヨタのカローラくらいでしょうか。

ライバルだったファミリアやシビックは欧州制覇のため3ナンバーサイズの1695mm以上になっています。

 

搭載エンジンは、一新されて1200cc直3・DOHCエンジンと1500cc直4DOHCエンジンになりました。

走りの1800ccは、このたびのモデルチェンジで、とうとう廃止されました。

駆動方式は、FFのみ。

ミッションはCVT。

グレードは、S・X・Gの3種類です。

 

もちろん、最近はやりの省エネに必要なアイドリングストップなどの機能が搭載されていますが、なんとも魅力不足なモデルになってしまいました。

今は、昔のころのようなセダンスタイルであれば売れまくっていた時代ではありません。

会社で使われる営業車などの用途が多いのかもしれませんが、もう少しなんとかならないものかと思ってしまいます。

ここは、技術の日産に期待したいところですね。

 

ラティオの人気と査定

初期型の高年式車は、もうかなり安い査定になっています。

マイナーチェンジ後の比較的年式の新しい車両であれば何とかまともな査定になるでしょうか。

査定は直近5年もので約12~100万円。

 

人気は、特別仕様車のアクシスや18Gです。

現行モデルの2代目はあまり人気がありませんので、査定はあまり期待しないほうがよいかも知れません。

売却を考えているのであれば、早めの行動が求められる車種だということは言うまでもないですね。

 

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7600社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活を房総ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ