市場価値が安定しているティアナは売り急がず自分のペースで

トヨタ・マークXのライバルは、日産・ティアナでしょうか。

マークXが、FR駆動で走りを重視したスポーツセダンなのに対して、ティアナはグッと落ち着いた大人のセダンで売っています。

 

こんにちは~

日産はトヨタのことをライバルと思ってはいるが、トヨタは日産のことをライバルと思っていないと思っている査定バカです^^

 

2003年に、それまでのローレルとセフィーロを整理統合して誕生したのがティアナ。

ローレルはスカイラインと兄弟車であり、スカイラインと共通の足回りに同じエンジンで、知る人ぞ知るスポーツセダンでした。

当然、ローレルの駆動方式はFR。

 

セフィーロは、初代こそローレルと兄弟車でFR駆動でしたが2代目・3代目はFF駆動に変更されました。

セフィーロは、FF駆動の使い勝手のよい実用セダンに方向転換したようですね。

ローレルとセフィーロの後継モデルとして誕生したティアナは、FF駆動なので基本的なコンセプトは、セフィーロを受け継いだ実用的セダンと言えるのではないでしょうか。

 

唐突にティアナのことを語り始めてしまいましたが、今回は日産の高級実用セダンのティアナに付いてお話しをして行きたいと思います。

 

初代(2003~2008年)

ティアナの開発テーマは、「車にモダンリビングの考え方~シフト・インテリア」です。

インパネやコンソールなどへふんだんに木目調があしらわれて、室内インテリアに日本のテイスト「和」をもちいた落ち着いた内装となっています。

助手席には、このクラスでは珍しいパワーオットマンがグレードによって搭載されました。

実用的なセダンとしながらもセフィーロよりも高級に仕上げられています。

 

ボディーデザインは、割合すっきりしたもので長く使ってもあきのこないもでしょう。

その反面とても印象が薄いと思われるかも知れません。

 

搭載エンジンは、2000ccと2500ccの直4DOHC・2300ccと3500ccのV6DOHCの4種類です。

3500ccは、フェアレディ―Zと同じエンジンが幾分パワーを抑えて搭載されています。

 

駆動方式はFFと4WD。

ミッションは、4速ATとエクストロニックCVT-M6(6速マニュアルモード付)。

3500ccZのエンジンやエクストロニックCVT-M6から、外観からは想像できないくらい良く走るグレードもあるのは驚きです。

日産のセダン初となるインテリジェントキーが採用されたのもティアナでした。

 

2代目(2008~2014年)

ボディーデザインは、先代モデルを踏襲しながらもフロントグリルやヘッドライト・リアランプはより強調されたものに変更。

ボディーサイズは、全長で50mm、全幅で30mmとちょっと大きめに。

 

内装は、先代同様の高級イメージでコンソールの木目パネルなどは2代目でも使われています。

助手席のパワーオットマンはもちろん健在です。

 

搭載エンジンは、排気量アップされて2300ccから2500ccへ。

廉価版の2000ccは廃止されて、新たに2500ccの直4とV6それに3500ccV6となりました。

新しくなった2500ccV6エンジンは、レギュラーガソリン仕様なのでとても経済的です。

初代にはなかったサンルーフのオプションも用意されました。

プチ進化といったところでしょうか。

 

3代目(2014年~)

初代・2代目と続いた大人しいデザインから現代風のメリハリの利いたデザインに変更されました。

内装は、3代目にも木目調パネルが使われ高級感を出しています。

インテリアは、3代目が一番スポーティな印象でしょう。

 

助手席パワーオットマンは3代目にも継承されました。

後席シートは使いやすい6対4に分割可倒式が採用。

 

ボディーサイズは、全長・全幅がそれぞれ30mm拡大されて全幅はとうとう1800mmオーバーの1830mmと大きくなりました。

搭載エンジンは、一新され2000ccと2500ccの直4DOHCへとダウンサイジングされたのです。

駆動方式は、FFのみ。

はたして、4WDの登場はあるのでしょうか?

搭載エンジンも駆動方式もセダン人気が衰退している中、整理されてしまったように感じるのはとても残念です。

 

ティアナの市場価値は安定

2014年モデルチェンジされたので中古車市場の中心は2代目となるでしょう。

お手頃価格になったティアナは、高級セダン好きには人気が高いようで、幅広い層から支持を得ています。

 

査定は、直近5年ものなので2代目になり、査定は約50~200万円です。

人気は、4WDや特別仕様車のアクシス、それにZのエンジンが搭載された3500ccとなるでしょう。

少し大人の車になるので、若者受けして人気急上昇となることはありません。

対して、人気急下降となることもないので、焦らずゆっくり売却が良いでしょう。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7600社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活を房総ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ