ライフスタイルで、どんな車に乗るかを決める

昔トヨタのクラウンのCMにあった「いつかは、クラウン」。

そう、ちょっと前のオジサンたちは、スターレットから車人生をスタートさせてカローラ、セリカ・・・マークⅡ、そしてクラウンに乗るのだと日夜奮闘してきました。

しかし、そんな昔懐かしい昭和の終身雇用制みたいな車のライフスタイルは、もはや過去のものとなりました。

 

今では、実力主義で仕事が出来ないものは容赦なくリストラされます。

実力のみの社会では、いまやいきなりクラウンそして軽自動車みたいな・・・それとも、軽自動車から軽自動車かな。

昔のように、車を買い換えるときに車格を大きくすることは、少なくなったようですね。

 

こんにちは~

終身雇用制のようなカーライフを送ってきた査定バカです^^

 

人それぞれ、生活スタイルによって大きく車の選択肢は変わってきますよね。

そりゃ、お金があれば高級車。

お金がなければ大衆車。

当たり前の話なのですが、今回はそのライフスタイルについて。

 

色々な年齢でのライフスタイルで考える

学生時代は維持費優先

車は、何かとお金の掛かる乗り物です。

ガソリン代、税金、駐車場代、タイヤ代・・・etc。

上げればきりがありません。

 

車に関わるすべてのお金を親から出してもらえる人は、ほんの一握りでしょう。

学生時代では、「車は用意してあげるから、ガソリン代や維持費は自分でバイトして用意しなさい。」と言われている方が多いと思います。

 

学生時代に乗る車は、ズバリ「維持費の安い車」です。

軽自動車やコンパクトカーで、タイヤなどに拘らなくとも良いベーシックグレードがお勧めです。

ハイグレードのスポーツ指向の車は、ガソリンも大食いですし、タイヤも安いタイヤははけません。

 

安い激安特価車や、サークルの先輩からただ同然で譲り受けたボロ車で十分でしょう。

学生時代は、お金はなくとも時間だけはいっぱいありますから多少の故障や板金・塗装作業は車の知識を増やすために自分でやるのもありですね。

でも、そんなお金がない学生時代だからこそ、無理してひとつ上のクラスの車に乗りたいなんて思うのが普通でしたが、今では違うのですかね?

 

社会人の独身時代は乗りたい車に乗る

あぁ~なんと、甘く切ない言葉の響きでしょうか。

家族持ちの査定バカには、独身時代=独身貴族なのです。

稼いだお金を、すべて自分の思い通りに使うことが出来る人生で最高の時代ですね。

なんの制約もしがらみもないのであれば、とにかく自分の乗りたい車に乗りましょう^^

とにかく、若者にしかのれない車に乗ること。

 

私としては、流麗な2ドアクーペを勧めたいのですが、国産車ではもはや死滅している状態なのが残念です。

トヨタ・86やホンダ・CRーZなどは、就職したばかりの若者が購入するのはかなり無理があります。

スポーツタイプの車は、若者にしか乗れないものです。

引退したお年寄りも、昔乗りたかった車ということで乗っている姿もちらほらと見かけますが。

 

今ならばスズキ・スイフトスポーツ1600、ホンダ・フィットRSやトヨタ・ビッツRSなどのスポーツタイプです。

プジョーやルノーなどの輸入車3ドアホットハッチもいいかもしれませんね。

モータースポーツに挑戦してみるのも良いかも。

 

気軽に参加出来るダートトラやジムカーナ、そこまで熱を入れなくともサーキット走行会などいろいろあります。

ホンダ・N-1やトヨタ・ビッツなどはナンバー付きの車両でレース参戦出来るものもあります。

お金を自由に使えるのは独身時代の特権です。

 

すいません。

査定バカ独自の路線で話しを進めてしまっていますがお許しを。

 

結婚を機に思い切って高グレード

人生で大きな転機となるのが結婚です。

結婚を機に、車を買い換えなければいけない人も出てくることでしょう。

もし、買い換えるのならばなるべく高い車の高いグレードの車にして下さい。

なぜなら、この機会を逃したら、なかなか高グレードの車は買えません。(それは既婚者に、しかわからない事です。笑)

 

子供が出来た時の選択肢は狭い

結婚したときよりも車選びが大変かもしれません。

子供が1人か2人なら、普通の車でもそれほど困りませんが子供が大きくなってきた場合は、やはり軽自動車やコンパクトカーではきつい物があります。

さらに、子だくさんで3人以上ともなると、もはや7~8人乗りのSUVかミニバンしか選択肢がありません。

今は、ミニバンブームで車種が多いので希望の条件をかなえた車が見つかりやすいと思います。

 

ノアやヴォクシー、セレナ、ステップワゴン。

お金に余裕があるなら、エルグランドやアルファード、ヴェルファイアでしょうか。

 

子供が独立した時は選択肢が広い

子供が独立したときは、車にのる人数も減ることになりますね。

多人数が、乗れるSUVやミニバンは必要なくなります。

自分がどのような使い方が多いか検討し直して、コンパクトカー、セダン、軽自動車などからどれが一番ベストなのか考えてみましょう。

お金にも余裕が出始める頃なので、思い切った車種でも良いかも^^

 

老後は安全重視

運転しやすい安全な車がお勧めです。

コンビニの駐車場などから店に突撃したりすることなどの事故は防ぎたい物です。

 

最近、各メーカーで搭載している安全装置は、決してケチらずに搭載しましょう。

なくても今まで大丈夫だから必要ないのではなく、この際ですから保険として安全装備は付けておくべきです。

自分で思っている以上に、老化は進行しているものです。

 

趣味で使う

前述したモータースポーツで使う方。

ドライブが趣味の方。

キャンプや釣りで使う方。

いろいろあるでしょうね。

 

クラッシュクカーが好きな方や、古い車をレストアするのが趣味の方など、車そのものが趣味の方もおられるかと思います。

出来れば、普段使いと趣味用の2台車があれば大変良いのですが、そのような経済的に余裕がある方は極少数でしょうね。

私の夢は、普段使いに高級車、ドライブ用にスポーツカーを所有することです。

オープンカーで海岸線を颯爽と流してみたい・・・。

(査定バカの夢です。)

 

仕事で使う

どんな、仕事で使用されるのでしょうか。

営業職で、移動するのみならば軽自動車、セダンで十分でしょう。

 

走行距離が多いなら、やはりハイブリッド車でしょうか。

訪問先で目立つスポーツタイプの車はダメでしょうね。

営業職でも、荷物があるならミニバンやワゴンなどが適当でしょう。

 

さらに、ガテン系の職人さんなら、車が汚れれたり傷ついてもそれほど気にしなくとも良い4ナンバーのライトバンやハイエースなどにしなくてはいけないかもしれません。

最近では、会社も経費削減で社用車をなくして手当を出して個人の車で仕事をしてもらう会社も多くなりました。

ひょっとしたら、あなたも自分の車を仕事に使用しなくてはいけない時が来るかもしれませんね。

 

ライフスタイルの変化にも注意すること

とまぁ、年齢やそれに伴って変化するライフスタイルによって、必要となる車、乗りたい車は変化していきます。

車を購入する際には、今だけではなく、自分たちのライフスタイルがどう今後変化していくのかにも着目して検討する必要がありますね。

特に結婚をした辺りでは、目まぐるしく変化していきますので、良く考えてから購入するようにしましょう。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ