車を売却した時の消費税を使い買取額アップを狙う方法

あなたは車を売った時に消費税の扱いがどうなっているのか分かりますか?

もし、分からないと思う方は、読み進めてみて下さい。

一般的な消費者が車を売った際の消費税の取り扱いから、その消費税を使った買取額をアップさせることが出来る可能性のある方法をお伝えいたします。

 

消費税って物を購入した場合には、絶対に発生するものだと思い込んでしまっている方がいるのですが、実はちょっと違うんですよね。

 

 消費者が売った場合は消費税は発生しない

消費税はどういった時に発生するのかを知らない方は多いと思いますので、具体的にどんな状況だと消費税が発生するのかを見て行きましょう。

そもそも消費税は事業として反復継続して売買をし対価を得る事に対して課税されるので、消費者が車を売却したとしても買取店等から消費税を受け取ることもなく、納税義務も発生しないのです。

 

もっと身近なもので考えてみましょう。

例えば、ジモティーで個人の方からあなたがベビーカーを購入したとすると、消費税って払ってないですよね。

逆にあなたがジモティーでベビーカーを売った場合、受け取ったお金に消費税って入ってないですよね。

これと同じで、事業として行っていない個人がものを売る時は消費税は発生しないということになります。

 

当然ながら、買取店としても契約金の明細で消費税の記載はありません。

しかし、買取店側の目線になると話は変わって来るんです。

 

買取店側は消費税を支払ったという形で経費計上することが可能

買取店は事業として売買を反復継続して行っているので、多くの場合は消費税の課税業者となります。(売り上げが1000万円以下など例外となる場合もあり。)

ですので、課税事業者の買取店が消費者から車を購入することになり、仕入れとして消費税を含んだ形で経費計上することが可能となるのです。

すなわち、消費者に対して支払った買取額には買取店側から見ると消費税が含まれた額ということになるんですね。

 

ここで注目すべき点は、消費者としては消費税を受け取っていないのに、買取店は消費税を支払った事になっているということ。

ただ、これは税務的な絡みがあるので、買取店として別に悪い事をしているわけではないので勘違いしないように^^;

 

消費税を上手く使い利益を得る買取店

買取現場でたまにある事例を紹介しますね。

オートオークションの落札相場が150万円の車を、あなたが売ろうとしています。

あなたは色んな買取店を回り競合させ交渉をして、最後の交渉で買取額150万円を勝ち取りました。

買取店として落札相場が150万円なのに、なぜ買い取ったのか分かりますか?

 

そう。

オートオークションでは、売主が事業者で買主も事業者になるので、150万円で落札をしたとしても、これに消費税が付くんです。

150万円に消費税8%が追加されて162万円となるわけです。

分かりますね。

この取引で買取店は12万円の利益を得ることが出来たという事になります。

 

こういった消費税分だけを抜くという買取店は意外と多く、一括査定などで他社との競い合いが激しくなって来た現在の買取店では、最終的にこの様に利益を上げている店舗もあるということ。

 

消費税納税計算のからくり

ちなみに、消費税って国に納めるものなんじゃないの?と思われると思いますが、実はそのまま全額を納めるわけではないんです。

ちょっと税務的な話になってしまいますが、簡単ですのでお付き合い下さい。

 

買取店から見ると

あなたからの仕入れ額が150万円(その内消費税は111,112円)

オークションでの落札、売上額162万円(その内消費税は120,000円)

120,000円-111,112円=8,888円

となるので、実際に国に納める消費税は8,888円となるという事なんです。

 

消費税は、そのまま全額を納税していると思われがちですが、実はこのような計算式になるんですね。

 

消費税を使った買取額アップ法

では、この消費税を使ってどう買取額のアップを狙うのでしょうか。

営業マンの心理を突いた、とても簡単な方法ですので誰でも試すことが出来ると思います。

ただし、この方法は理論武装した買取店には一切通じませんので、ご注意下さい^^;

しかし、上記で説明した消費税の扱いを一営業マンが把握している事は稀で、会社に相談したとしても上司ですら把握していないことが多いので、それなりには使える方法だと思って良いでしょう。

 

具体的には、あなたが複数の買取店を回り自分の納得の行く査定額にまで持って行った状態で使う戦略です。

例えば、あなたは買取相場の最大額である100万円で売りたいと思っており、買取店も「査定額は100万円です。これで買い取らせて下さい。」と言っている状態ということです。

ちなみに、あなたの車の買取相場の最大値を知りたい場合は、こちらのあなたの車の相場を調べる方法を読んでいただければ計算することが出来ますよ。

 

そこであなたは、こう伝えましょう。

「ここまで私のわがままに付き合わせてしまっているので、私は○○さん(買取店の営業マン)に売ろうと決めています。」

「ただ、気になることが1点あるんですよね。」

「査定額の100万円は税別ですよね?」

ここでのポイントは、買取店の営業マンにあと一押しで売れるという認識を持たせることと、当然のように税別だよね?という質問をするということです。

 

買取店は、こう言って来る事が多いと思います。

「いや、査定額は税込みです。」

「通常、査定額には消費税は込みで出させてもらっているんですよね。」

実は、このような説明をして来る業者は、知識不足です。

理由は後程説明しますね。

 

あなたはこう続けて下さい。

「実は、次に購入する車を探している時に査定してもらった業者さんで、査定額に消費税をプラスしますからね。と言われていたので、税別だと思っていたんですよ。」

「これだと、今まで交渉して来た意味がないなぁ。」

「次の車の資金に充てようと思っていたので、税込みなら計画が崩れてしまいました。」

「申し訳ないけど、ちょっと、他の買取店にも税別にならないか相談してみますね。」

「私としては、○○さん(買取店の営業マン)に売りたかったんですけど、税込みだと厳しいので、お付き合いいただいてありがとうございました。」

ここでのポイントは、税別が当たり前だと思っていたことを明確に伝えることと、税込みなら売れないとお断りすることです。

 

こういった状況になると、ついさっきまで完全に買い取れると確信していたのに、買い取れなくなる可能性が高くなって来たので、どうしても買いたいと思うガツガツした買取店であれば、「税別にします。」「消費税額全部は無理ですけど3万円プラスでどうでしょうか。」など何らかのアクションを起こして来るはずです。

こうなれば、後はあなたの判断次第ですので、決断するだけですね。

 

なお、先ほど言った「査定額は税込み」だという説明をする買取店は知識不足という意味は、冒頭から話して来たように消費者側(あなた)から見れば「税込みも税別もない」というのが正解になります。

ですから、確りとした知識を持つ買取店はこう言って来るでしょう。

「○○さん(あなた)は、事業者ではなく消費者ですので、消費税は課税されません。ですので、税込みや税別という考え方自体がないんですよ。」と。

 

こう言われた時には、「そうなんですね~」としか言いようがないですね。

まぁ、知識がない消費者が間違って「消費税は?」と質問をしてしまう事はあってもおかしくないので、上手くごまかして流すことが必要です。

流石にこういった理論武装した買取店では、この作戦は使えませんので、諦めましょう^^;

 

ただ、この説明を明確に出来る買取店はかなり数少ないと思われます。

何故なら、買取店の営業マンは課税事業者として営業をしており、オートオークションでも消費税を受け取っているので、多くの場合は査定額は税込みだと思いこんでしまっているからですね。

少し邪道なやり口ではありますが、ダメ元でやってみても面白いテクニックではないでしょうか。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

メールで査定額を受け取ることが出来るオンライン査定なら最強買取.jp一択でしょう。

査定依頼時には写真5枚とメールアドレス、名前のみです。最強買取.jpで受け取った査定額を基に買取店を競合させる方法も良いですね。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ