あなたの車を一番高く買い取ってくれるお店は?

車の買取りをしているお店は全国に山ほどありますが、どのお店が自分の車を一番高く買い取ってくれるのかを見極めるのは至難の業ですね。

でも、車を売る時は少しでも高く売りたいと思うのが普通でしょう。

そこで、あなたの車を一番高く買い取ってくれるお店をご紹介したいと思います。

ただ、車にも車種や種類がありますし、状態だって個々で違うわけですから、それぞれの特徴に合わせて一番ベストな売り先を考えてみましょう。

これを知るには、あなたが車を売った後の車の行き先が分かれば簡単です。

あなたが売った車の行きつく先

最終的な車の行き先は、消費者か廃車になるので、その一歩手前を見て行きますね。

そして、分かりやすくする為に、売却先は買取店とします。

もし、あなたの車が日本国内で人気のある車の場合は、買取店が買い取りオートオークションへ出品、落札するのは中古車販売店です。

人気車輌を買取店に売却⇒オートオークション⇒中古車販売店

海外で人気の高い車の場合は、買取店が買い取りオートオークションへ出品、落札するのは輸出業者です。

海外人気車輌を買取店に売却⇒オートオークション⇒輸出業者

日本でも海外でも人気のない車(事故現状車や不動車など)の場合は、買取店が買い取りオートオークションへ出品、落札するのは解体屋です。

不人気車輌を買取店に売却⇒オートオークション⇒解体屋

この様にどんな車でも買取店に売れば、オートオークションへ流れて、需要のある行き先へと流れるのです。

これはあなたが売り先を変えても同じです。

例えば、日本で人気のある車輌を輸出業者に売った場合は、海外に流れずにオートオークションへ行き、中古車販売店が落札するという事になります。

他にも、海外で人気のある車輌を中古車販売店に売った場合は、オートオークションへ流れて、輸出業者が落札するということ。

では、あなたの車が行きつく先に直接売るとどうなるのか見てみましょう。

日本で人気のある車輌を中古車販売店に売った場合は、車輌がその店舗の条件にマッチしていれば店頭に並び直接販売されます。

海外で人気のある車輌を輸出業者に売った場合は、海外へ直接輸出されます。

そして、どこにも需要がない車輛を解体屋に売った場合は、そのままリビルトパーツや鉄くずとして解体されるのです。

結局行きつく先は同じなのに、需要を持たない業者に売った場合は、需要を持つ業者に渡るまでに多くの中間マージンが発生することになるので、これを省くことが出来れば、あなたの車の売却額も高くなるという事は理解出来ますよね。

例えば、あなたの車が海外で人気のある車輌なのであれば、中古車販売店や解体屋に売るのではなく、輸出業者へ直接売れば輸出業者も自然と高く買い取ることが出来るという事です。

逆に言えば、需要のないところに売却してしまうと、オートオークションへ流れる事になるので、あなたはその分損をしているという見方も出来ますね^^;

では、あなたの車はどこに売れば一番高く買い取ってくれるのか。

あなたの車が最も需要が高い業者はどこなのか?

車の種類別・状態別に見た時の高額買取が可能な業者

需要のある適切な業者へ売却することが出来れば、あなたの車も高く売ることが出来るという事が理解出来たと思いますので、今度はもっと具体的に車の種類別、そして状態別に見た時に、最も高額買取をしてもらえる可能性のある業者を見て行きましょう。

ここからは、より具体的にあなたの車が当てはまる可能性があるように詳細に車の種類と状態を分けて行きたいと思います。

車の種類は

  • 乗用車
  • 商用車(バス・トラック等)

に分けて、乗用車に関しては状態を

  • 年式10年未満及び走行距離10万キロ未満
  • 年式10年以上及び走行距離10万キロ以上
  • 年式10年未満及び走行距離10万キロ未満で修復歴車
  • 年式5年未満及び走行距離5万キロ未満の特定車種
  • 事故現状車や不動車

の5タイプでどう違うのかを見て行きましょう。

年式10年未満及び走行距離10万キロ未満の乗用車

高年式で短走行距離であれば国内の需要が高い傾向にあるので、基本的には国内で販売をしている業者への売却が有利となります。

主な売却先としては

  • 直販をしている買取店
  • あなたの車と同じ車種を販売している中古車販売店

となります。

買取りだけではなく程度の良い車輌に関しては販売もしている買取店が望ましいですね。ただし、高年式で短走行距離の車輌に限ります。

中古車販売店に関しては、これもあなたが乗っている車と同じ車種を取り扱っているという事が最低条件になるでしょう。

買取店は一括査定などを使い複数の買取店に査定を依頼すべきと思いますが、一括査定は高く売れるという大きなメリットがある反面、デメリットもあるので車一括査定のデメリット・トラブルとそれらの解決策を読んで納得してから使うようにすべきです。

また、中古車販売店は個別に探すのであれば「あなたの車種 専門店」や「あなたの車種 専門店 地域名」などをネット検索すれば出て来るかと思いますが、グー買取であなたの車種の強化買取りをしている店舗を探すことも出来るので上手に利用しましょう。

年式10年以上及び走行距離10万キロ以上の乗用車

年式が10年以上経ち走行距離も10万キロ以上の車輌は、基本的には日本国内での需要は限りなく小さくなってしまいますので、海外へ目を向けた方が良いかも知れません。

ただ、海外へ輸出出来る車種や人気のある車種は限られますので、海外で人気の車種一覧を確認して該当するようであれば海外へ目を向けましょう。

主な売却先としては

  • 買取専門店(海外への輸出に該当しない車種)
  • 中古車販売店(海外への輸出に該当しない車種)
  • 輸出業者

が良いですね。

買取店は、年式が古い車輌に関しては直販することは、ほぼないので自社販売している買取店にこだわる必要はありません。

なお、中々厳しい状況だと思いますが、中古車販売店もグー買取などで探してみる価値はありそうです。

海外輸出に該当する車種に関しては、輸出業者へ売却するのがベストなのは間違いありませんので、「あなたの車種 輸出 買取」や「地域名 車買取 輸出」等でネット検索してみてヒットした店舗に打診してみて下さい。

注意したいのは、輸出業者で検索をかけた時に出て来る廃車業者です。

10年10万キロ以上だとしても需要はまだありますので、廃車業者に売却してしまうのは勿体ないので止めましょう。

年式10年未満及び走行距離10万キロ未満の乗用車で修復歴車

どんなに高年式でも短走行距離でも修復歴がある車は敬遠されがちですので、売り先に充分注意する必要があります。

通常買取店は安く買い叩こうと狙っているので、修復歴があることを理由に相場よりもかなり低い査定額を提示してくる事があります。

そういった買取店に当たらない為にも複数の業者に競合させることが重要となるでしょう。

また、修復歴で大きく価格が落ちるのは国内での話しですので、大きな減額が見られるようであれば修復歴という概念が薄い海外へ目を向けるのも手ですね。

主な売却先としては

  • 買取専門店
  • 輸出業者

になります。

修復歴車の場合も買取店は直販をすることはほぼないので、自社販売をしている買取店にこだわる必要はないでしょう。

ただ、修復歴を理由に安く買い叩こうとする買取店は多いと思いますので、なるべく多くの買取店へ査定に出して競合させることが重要になります。

また、海外では修復歴という概念はとても薄いので、輸出業者に売却することも視野に入れるべきでしょう。

年式5年未満及び走行距離5万キロ未満の特定車種

こういった高年式短走行距離の車輌に関しては、国内需要も海外需要もありますので両方の選択肢を持つべきです。

特定車種のアルファード、ヴェルファイア、エスティマ、ハリアー、ウィシュ、ランドクルーザー、ベンツA・C・Eクラス、BMW5シリーズ、MINIに関しては、海外で大変大きな需要がある場合もあります。

主な売却先としては

  • 中古車販売店
  • 輸出業者

ですが、買取店も競合させる上で入れても良いですね。

中古車販売店は、「あなたの車種 専門店」や「あなたの車種 専門店 地域名」、グー買取で強化買取りしている店舗を探しましょう。

なるべく多くの店舗に査定をしてもらう事で、初期の査定額よりも数十万円くらい買取額はアップするはずです。

輸出業者に関しては、ハイブリッド車は買取り不可なものの、前述した車種に当てはまるようであれば、輸出車専門店【ENG】で査定を受けましょう。

このENGは輸出業者ではかなりの有名どころですし、査定依頼をした後にかかってくる電話1本で査定額が提示されます。

電話は嫌だという方は、同じように輸出が強い最強買取.jpがお勧めです。こちらはメールだけでやり取りが出来るので急ぎでない方はこちらが良いかも知れませんね。

ですから、まずは中古車販売店や買取店で競合させて出て来た査定最高額とENGや最強買取jpが出す査定額を比較するようにしましょう。

事故現状車や不動車

酷い状態の事故現状車や走る事が出来ない不動車などの場合は、国内海外共に需要がない事が多いので売り先は解体屋・廃車専門店などになります。

ここでの注意点は、買取額の他に廃車にする場合には、自動車税や重量税の還付金や自賠責保険の返戻金があなたに対してちゃんと戻って来るかを確認する事です。

中には解体料や引取料などの名目で、車の引渡しにお金を要求する業者も存在するので、そういった業者には絶対に引き渡さないようにしましょう。

事故車でも動かない車でも、お金が発生するという事はありません。

むしろ鉄くず代やパーツ取り車としてお金になるので、買取額が必ず付きます。

そこでお勧めするのは、税金還付、保険返戻が確実に受ける事が出来て、買取額もつく可能性が高いこちらの廃車専門店です。

廃車にするにしても一社だけの査定だと不安という方は、こちらの廃車買取.comで複数の廃車専門店に査定してもらい出て来た金額を基に、上記の廃車専門店に査定依頼をすれば間違いないですね。

ちなみに、廃車買取.comは一括査定と同じ仕組みですが、連絡が来るのは1社だけですので電話に追われる何てこともありません。

商用車(バス・トラックなど)

バスやトラック、重機などの商用車は、一般的な買取店や中古車販売店ではほとんど買い取ってもらえません。

ですので、商用車専門の買取店へ査定を依頼するのが良いでしょう。

なお、商用車でも買取店同士を競合させて査定額を上げるのは、乗用車と変わりませんので、トラック一括査定王などで複数の買取店へ査定依頼を出すのが良いですね。
商用車を売却する方は、交渉するのは面倒、競り合わせるのは引けると感じる方が多い傾向にありますが、こういった一括査定サイトを使えば、最初から競合がいると査定に来る買取店も理解してのスタートになりますし、お断りしたい時も間に入っているトラック一括査定王が代行して断りの連絡を入れてくれるので断りづらいという時も安心ですよ。

以上が、一番高く買い取ってくれるお店の選び方になりますが、あなたの車の条件に当てはまりそうな売却先を選んでみて下さいね。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ