車検月が残っている車を買うのもの手

以前に車検に関して記事を書いたことがあります。

車検の残り期間はどこまで査定価格を変えるのかもうすぐ車検の期限が来るのですが通してから査定した方がいいですか?ですね。

これらの記事は、車を売るときのお話しでした。

では、買う時はどうなのか?

 

こんにちは~

車検って制度は車を長持ちさせる上では良いですが、一般庶民からするとややこしい制度だと思ってしまう査定バカです^^

 

中古車を購入しようとする際に、車検付きの車輌があるのと車検がなく新たに車検を取り直さなければならない車輌があるのはご存じですね。

どちらの中古車を購入するのがお得か考えてみたいと思います。

 

予算に応じて、購入出来る中古車は大変便利ですが、個々により大きく状況や状態が違うという点が購入する上で悩ませる要因のひとつでもありますね。

 

車検の残りがある車と無い車はどっちがお得?

中古車を購入する際には、車検が切れてしまい新たに車検を取り直さなければならない車と、前オーナーが車検を残して売却された中古車ではおのずと価格に影響してきます。

車検の残期間があるものは、期間にかかわらず車検を取り直さずに所定の手続きさえ行えばすぐに乗ることが可能です。

 

例えば、ここに諸費用込みで30万円ポッキリの中古車が2台あったとします。

片方は、車検残が1年ほどある中古車、
もう一台は車検が切れてしまい取り直さなければならない車。

この場合は、どちらがお得かと言うともちろん車検が残っている方ですね。

 

車検の付いていない車は、車検を取り直さなければいけないので車検代が、車両価格の他に掛かって来ます。

車検代は、最低でも法律で定められている諸費用を負担しなければなりません。

自動車重量税、自賠責保険料(強制保険料)、検査手数料(検査・登録手数料)が法定費用です。

 

法定費用は、軽自動車で約3万円、車重1tまでの小型乗用車(ヴィッツなどのコンパクトカー)は約43000円、1.5tまで中型乗用車(カローラ、プレミオ)は約50000円、2tまで中型乗用車(マークX・クラウン)は約58000円、2.5tまで大型乗用車(パジェロ)は約67000円と、車の大きさと重さによって決まっています。

さらに、車検に車を通すためには、基準を通らない箇所の部品交換などの修理も発生してきますので、さらに約5~8万円ほどは上乗せしなければいけないわけです。

 

安く車検を済ませる方法としてはユーザー車検がありますが、平日時間が取れる方もそれほどいないと思われますし、何よりも手続きが煩雑なので多くの方が業者に依頼することになるでしょう。

 

車に乗り続けていればいずれは訪れる車検。

前述したように、中古車購入時には、車検のあるなしで大きく価格に違いが出て来るのです。

しかも、ローンで購入する場合は
車検によって元の金額が大きくなるので、購入者によっては大きな痛手にもなり得ます。

 

車検が半年なり1年残っていれば、その間に車検代を貯めておくことも出来ますし、元金が安い分月々の支払額も安く済みます。

さらに、重量税は車検時に前払いなので、中古車店によっては次回車検時まで支払わなくてもよいかもしれません。

店によっては、購入してからの重量税分を支払うところもあるので、お店側によく確認しておかなければならないですね。

 

「車検無し」と「検2年付き」はどちらがお得?

注意しなければならないのは車検がない状態の車のプライスボードに「検2年付き」とあれば車検の為の整備点検と部品代を車両代に含んでいて、法定費用は別に支払うということです。

法定費用は自動車重量税と自賠責保険です。

 

また、「車検無し」とプライスボードに書かれている車は、車検の為の点検整備や部品代は含まれていません。

車検を取らなければ、乗ることは出来ないので高額な部品代がかかると購入される方はかなりの負担となってしまいますね。

 

部品は、新品が高いのなら中古品に取り替えたり、費用の安いユーザー車検を購入者自身が行えばかなり安く車検を済ませられますが、平日に時間の取れない方にはかなり難しいものがあります。

時簡に余裕が無い方は、安心できる「検2年付き」を購入されるのが無難でしょう。

車の整備ができる方や平日に時間が取れる方は「車検無し」で、購入金額も安くすることができます。

 

購入者の状況によってどちらがお得かは変わってきますので、一概には言えませんが、基本的には検2年付きがオススメです。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ