一般車とハイブリッド車(エコカー)の価格差と燃費の関係

トヨタのハイブリッド車のアクアが7月の販売台数で1位になったそうです。

それも2位のプリウスに大差で。

 

ちなみに3位から8位までが軽自動車。

9位に日産のノート、10位がホンダのフィットと小型車。

 

今度はカローラのハイブリッド車が発売されるので(販売店からもユーザーからも要望が多かったようですね)

まだまだ、エコカーの時代は続くようです^^

 

こんにちは~

わが社もハイブリッド車にするか悩んでいる査定バカです^^

 

査定バカもそうですが、多くの人がハイブリッド車を選択肢に入れる、購入する理由は燃費の良さ、つまり経済性ですよね。

 

今回はそのハイブリッド車の経済性についてのお話です。

 

別の記事でもちらっと触れましたが、ハイブリッド車はハイブリッドでない車と比べると価格は高くなりがちです。

高いだけあってその分、燃費は良く、カタログ値では30kmオーバーは当たり前になりつつありますね。

購入されている方も、燃費が良ければ・・・、補助金もあるし・・・

などの理由で、その価格差も気にならないようです^^

 

世間でも燃費がいいので経済的にもお得!

というイメージがありますしね。

 

本当かな?

と考えたことありませんか?

 

事実、メーカー発表の燃費(カタログ上の値)は実際に走行して測ってみると大幅に違うことは昔から当たり前のことで、ハイブリッド車もご多分にもれずってやつです^^

なので、以前の記事で「十万キロ以上走行しないと価格差の元はとれない」と査定バカは言ったんですね。

 

では、実際にデータで比較してみますね。

データは国土交通省の「自動車輸送統計」「自動車燃料消費量統計」年報を元にしてます。

※これは全国の自動車を使用している人にアンケートを実施して、自家用車から使用したデータの21日分を提出してもらって、それを元に統計としたもので実際の燃費と走行距離の2つの情報が分かるデータです。

あくまでも平均値なので、かなりエコな走り方をすれば当然、個別に数値は変わってきます。

 

これによると3ナンバー車、5ナンバー車、ハイブリッド車、軽自動車の1kmあたりの燃料消費量は下記の通り。

3ナンバー車  0.12リットル

5ナンバー車  0.09リットル

ハイブリッド車 0.06リットル

軽自動車    0.08リットル

 

ちなみに燃費(1リットルあたりの走行距離)は下記の通り。

3ナンバー車  8.26km

5ナンバー車  11.27km

ハイブリッド車 16.27km

軽自動車    12.6km

 

多くのハイブリッド車で自慢?されているカタログ値の30㎞/リットル前後とはかなり違いかけ離れていますが、他の車と比べてハイブリッド車の燃費が良いことは間違いないようですね。

 

それぞれ同じ走行距離で比較した場合の燃料消費量と燃料の費用はどうでしょうか。

 

まずは、年間の走行距離を分かりやすく10,000kmと仮定した場合の燃料消費量は

3ナンバー車  0.12×10000km=1200リットル

5ナンバー車  0.09×10000km= 900リットル

ハイブリッド車 0.06×10000km= 600リットル

軽自動車    0.08×10000km= 800リットル

 

単純にこの数字を見てどうですか?

ハイブリッド車の燃費がいいので燃料消費量も少ないのは当たり前ですが、数字にするとエッ!?そんなに違うのか?と思いませんか?

 

それでは年間の走行距離を10,000kmと仮定した場合の費用で比べてみましょう。

最近、ガソリンの店頭価格が160円を超えたとの報道もありましたが、ここでは155円で計算しますね。

 

3ナンバー車  1200リットル×155円=186,000円

5ナンバー車  900リットル×155円=139,500円

ハイブリッド車 600リットル×155円= 93,000円

軽自動車    800リットル×155円=124,000円

 

ハイブリッド車が93,000円なので、当然ですがハイブリッド車が一番、燃料費は安くなりますね。

それぞれのハイブリッド車との差は

3ナンバー車だと93,000円

5ナンバー車だと46,500円

軽自動車だと31,000円とハイブリッド車よりも費用がかかりますね。

 

10,000kmの距離を走行した場合、ハイブリッド車は3ナンバー車、5ナンバー車、軽自動車と比べて、それだけガソリン代(燃料費)が少なくてお得!ということですね。

ただ、ハイブリッド車はハイブリッド車でない車と比べて、車体価格が50万円程度は「割高」でもありますよね。

今後企業努力によって、この差が縮まって行くことに期待がかかっています。

 

その割高分を走行距離で稼がなければ意味がありません。

 

割高分である50万円を基本として考えた場合、ハイブリッド車でどのくらいの走行距離を走れば50万円稼げるか?

 

3ナンバー車だと93,000円、10,000kmでの差額なので約60,000kmは必要。

5ナンバー車だと46,500円なので約110,000kmは必要。

軽自動車だと31,000円なので約130,000kmは必要となりますね。

 

 

ということで「十万キロ以上走行しないと価格差の元はとれない」と書いたわけなんです^^

※これは平均のデータを元にしているので、すべてに当てはまるわけではありません。

 

 

結論を言いますと、ハイブリッド車やエコカーに乗ったとしても、経済的な面のみで考えると10万キロ(約10年間)乗り続けないと一般の車に対して損をする。

数年間で車を乗り換える人や、年間に1万キロ以上乗らない人は、一般の車両でも良いのかな?と思えてしまいますね。

ただ、これは、買う時のことだけを見ていて判断しているので、実際は、買う時は高くても売る時も高く売れるので、その人の乗り方次第と言うことです。

 

まぁ、今後本当に実燃費が30キロ~50キロを越えてくれば、また話は変わって来ますので、これからの進歩に期待しましょう^^

あ、そうそう、ハイブリッド=エコカーと考えている方が多いようですが、実際はハイブリッドカーは実はエコでない車なのです。

真相はこの記事を読んで貰えれば分かると思いますよ。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ