SUVの査定で2駆と4駆では差が大きい

こんにちは~

MINIのクロスオーバーが欲しい査定バカです^^

 

ここ数年、爆発的人気だったSUVですが落ち着いてきたようですね。

ブームが終わったころに欲しくなるクセがでて困ったものです^^

 

それでも、まだまだ人気なのでブームが終わったというよりは、カテゴリーとして定着したと言えるかも?です。

 

ひと口にSUVと言っても色々ありますよね。

乗用車ベースのクロスオーバーSUV、クロカン四駆系のSUV、1BOX系のSUVなどなど。

 

日本では乗用車ベースのクロスオーバーSUVがSUV車としては一般的ですが、ハイラックスサーフなどのクロカン四駆と呼ばれていたのが本来のSUVらしいです。

 

詳しく説明するとかなーり長くなるので、簡単に一言でいうと「オンロード、オフロードどっちもOK」かな^^

 

SUVなのに2WD!?

さてさて、そんな幅広いSUVですが2WDと4WDがあるわけでして、どちらがいいか?

 

などは本人の好みや使用環境で変わるので、一概に言えるものではありませんね。

 

北海道や東北、北陸などの積雪地域では慣れた人以外は4WDでないと危ないですし、雪も降らないような地域なら普段の使用には2WDで問題はないけど、スノボーなどにも行くので4WDの方が・・・なんて人も多かったりと。

(ちなみに、雪国のべテランドライバーのFF車での運転技術はすごいですよ)

 

あと、経済的にも2WDに比べて4WDの方が価格は高く、重量もあるので燃費も4WDの方が悪いのでガソリン代も余計に掛かかり、加速も2WDに比べて若干劣ると。

ですので、4駆が必要でない方がそれに乗ってしまうと、経済的にも走り的にも悪いところが際立ってしまいます。

 

良いところがないような4WDですが、いいところもあって、雪道やカーブでの走行安定性はやはり2WDよりも4WDの方が上なので安全面、実用面ではいいかもですね。

 

さて、そんな2WDと4WDですが、当サイトの趣旨である買取査定についてはどうか?

 

同一車種での買取査定価格を比べると4WDの方が高い傾向にあります。

新車価格も4WDの方が高いので当たり前といえば当たり前のことですけど^^

 

ただ、車種によっては新車価格の差以上に買取査定価格に差がついたり、その逆であまり差がなかったりと多々あるんですね。

 

例えば、SUVと呼ばれるようになった国産車の代表格であるハリアー。

こちらはラグジュアリー志向の強い車種で4WDのイメージがあまりないですよね。

ハリアーに付いてはこちらのハリアーは別格!?で詳しくお話ししています。

(日本での近年のSUVの流行りがアメリカからで、アメリカのヤングエグゼクティブ達がラグジュアリー志向のSUVで2WDが当たり前だったことが要因。査定バカ分析)

 

新車価格での差は25万程度だったと思いますが、買取査定価格での差は10万~20万程度ではないでしょうか。

新車価格での差である25万円を超える買取査定価格での差はありません。

なぜか?

ハリアーじたいに4WDの需要が少ないからですね。

 

クロカン系SUVの元祖とも言えるハイラックスサーフ。

こちらは日本ではSUVというより、ザ・クロカン四駆って感じですが、実はSUVの本来の意味と生い立ちで考えるとハイラックスサーフこそがSUVだったりします^^

 

ただ、最近はより一層とラグジュアリー志向なので、クロカン系SUVというこでお願いします^^

 

こちらも新車価格での差は25万程度だったと思いますが、嬉しいことに買取査定価格での差は新車価格差である25万以上は差がつくようです。

 

ハイラックスサーフと言えば4WD、クロカンと言えばサーフ!と言ってもいいぐらいイメージがついちゃってますよね。

逆にハイラックスサーフで2WDと聞くと、えっ?そんなのあったの?と思えるぐらいです^^

 

中古車相場、買取相場は人気相場なので、その車種のイメージが買取査定価格にも影響するということ。

 

人気カラーの説明でも書いたように、フェラーリ=赤のイメージですよね。

なので赤以外だと買取査定価格は下がるのと同じことで、ハイラックスサーフ=クロカン四駆(4WD)です。

ボディカラーについての参考記事はこちら

高額車になればなるほどボディカラーで査定額に差が

 

少し古い話ですが、ハイラックスサーフなどのクロカン四駆が大人気だったころは、4WDと2WDの差は年式によりますが40万以上の時もありましたよ。

 

さすがに今では、ここまでは差がつくとは思いませんが、ポルシェやベンツ、BMWなどの欧州車系メーカー(主にドイツ)がラインナップしているSUV系の車種が4WDなので気になりますね。

 

市場に出回る頃の販売金額になれてくると(中古車として買いやすい金額)国産メーカーのSUV車にも影響が出てきそうです。

 

日本のSUVブームはラグジュアリー志向で高級SUV車が牽引してきた面もあり、その高級SUV車の市場価格が手の届く金額となった時には、SUV車も4WDが当たり前となっているように思いますね。

 

となるとハリアーなどの4WDイメージの無いラグジュアリー志向なSUV車にも影響が出てくる可能性大・・・です^^

 

やっぱりMINIが欲しい査定バカでした~^^

(クラブマンもいいな~)

 

今回は、豆知識的なお話しでした。

 

ちなみに、SUV車の2WDには賛否両論あって、正直車好きからは邪道と言われていますね。

車は好きだけど見た目が良ければ良いと言う方からは、値段が安いので好まれるようですが・・・

 

査定バカ的には、やはりSUV車に乗るなら4WDが絶対という気がしますね。

あっ、ちなみに査定バカが乗っているアルファードもちゃっかりと4WDです^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ