メルセデスベンツを選びにブランドスクエア横浜(ヤナセ認定中古車店)に行ってみた。

みなさんブランドスクエアって知っていますか?

ブランドスクエアとは、ヤナセの認定中古車を展示してあるヤナセ直営の中古車販売店ですね。

 

実は、クルマコネクトの体験談でもお話ししましたが、査定バカの親族がベンツのAクラスかBクラスを300万円以内で探して欲しいと依頼が来たので、親族引き連れてブランドスクエア横浜に行って来ました。

ブランドスクエア横浜に行った目的は、購入ではなく、AとBどっちが親族に合っているのかを明確にする為です。

まず、AクラスとBクラスの違いが分かっていなかったんですよね。

口で説明するよりも、実際に見て座って触ってみて体験してもらおうと思い連れて行きました。

 

査定バカもプロフィールでお話ししているように昔はCL500に乗っていたことがあるので、ベンツに付いてはそれなりに詳しいのですが、時代が変わりAクラス(1997年~)やBクラス(2005年~)などコンパクトで手頃な車輌が出て来て、それらがどんなものなのかは全く知りません^^;

査定バカのイメージとしては、コンパクトだが機能はそのままで価格を抑えたベンツという感じですね。

そんなイメージしかないので、査定バカの勉強もかねてブランドスクエア横浜に行きました。

 

ブランドスクエアは敷居が高いという感じではない

ベンツと聞くと敷居が高いというイメージを持つ方も多いかと思いますが、ブランドスクエア横浜の展示車は中古車という事もあり、入り難いという感じは受けませんでした。誰でもどうぞ~と言った感じです。ベンツを中心にアウディやフォルクスワーゲンなど外車が揃っています。

ブランドスクエア横浜

 

 

商談スペースも広々としており、型っ苦しい感じもしませんでした。

ブランドスクエア横浜

 

 

子供の遊びスペースも用意されており、子供がいる家庭は子供とお母さんはここで待ってもらうというのも良いですね。査定バカの場合は、途中まで一緒に見て子供たちが飽きたら奥さんと子供だけここで遊んでいてもらいました^^

ブランドスクエア横浜

 

 

ベンツのAクラスとBクラスの違い

それでは、実際に見て来たAクラスを見てみましょう。外装と内装の車輌が違ったりしますが、気にせずご覧ください^^;

こちらがAクラス。車高が低くスポーティーな感じがしますね。

ブランドスクエア横浜

 

車内もスポーティーさが出ております。また、座った時の視界は窓が小さい分狭く感じました。

ブランドスクエア横浜

 

 

 

車高が低いため室内空間は圧迫感があり座ると頭のすぐ上が天井と言った感じです。

ブランドスクエア横浜

 

 

トランクも小さく4人家族だとちょっと厳しいかな~。

ブランドスクエア横浜

 

2人や3人しか乗らないという方にはちょうど良いサイズ感です。

ブランドスクエア横浜

 

 

後ろからの見た目もスポーティーさはにじみ出ていますね。

ブランドスクエア横浜

 

 

 

続いてBクラスです。

BクラスもAクラスと同じプラットフォームを使っているのですが、見た目は全くの別物になり、ファミリーカーと言った感じ。

ブランドスクエア横浜

 

車内はAクラスと似た感じはしますが、やはりスポーティーさは抜けて一般的なものとなっています。なお、Aクラスではフロントガラス部分が狭く視界が狭く感じてしまっていましたが、Bクラスは縦に長い分ガラスの面積も多く見やすいので、運転はし易そうです。

ブランドスクエア横浜

 

座ってみると天井が高く、ゆったりとした空間を感じることが出来ました。

ブランドスクエア横浜

 

トランクのサイズも大きく家族4人でも荷物は余裕で入るでしょう。

ブランドスクエア横浜

 

後ろから見てもファミリーカーそのものですね。

ブランドスクエア横浜

ベンツらしさを求めるならAクラスで、利便性などを求めるならBクラスと言ったところでしょうか。

 

左がBクラスで右がAクラスになりますが、顔つきが全く違うのが分かりますね。

ブランドスクエア横浜

 

ちなみに、A180とB180のエンジンは共にターボが付いており、性能は同じになります。また、燃費はJC08モードで、A180は17.6~17.8 km、B180は17.3 kmとなっていますので、車体が大きい分若干Bクラスの方が悪いですが、ほぼ同じと考えて良いでしょう。

ブランドスクエア横浜

ここまで、見ていただくと分かるように、性能はほぼ同じAとBですが、大きく違うのはサイズと見た目ですね。

ちなみに、親族は歳を取っているという事もあり、運転のし易すそうなBクラスが良かったそうで、これからBクラスを探すことに決定致しました。

 

ブランドスクエアで他の車種も参考に見れるのは良い

ネット上の情報だけでどれが良いかと探していても、検索して出て来たものしか目に入らないので見落としも多いもの。実際に色んな車種が展示してあるブランドスクエアに行くことで視野が広がり検討する車種を増やすことも可能です。

親族がAクラスとBクラス以外に気になった車種としては、CクラスとGLAです。

 

Cクラスは、ABと比べて車体も大きく装備も揃っているので、かなり惹かれていましたが、予算が300万円という事もありそれくらいに抑える為には年式を古く走行距離が長くないと買えない状況でしたので断念。

ブランドスクエア横浜

 

運転席もゆったりとしており、ベンツらしさが出ていました。

ブランドスクエア横浜

 

車内空間も広いですね。

ブランドスクエア横浜

 

 

トランクもABよりも大きいサイズでゆったりとしています。

ブランドスクエア横浜

 

GLAはちょっと変わった形をしています。

ブランドスクエア横浜

 

シートの形状も変わっており、スポーティーさがありました。

ブランドスクエア横浜

 

天井はそこまで高くはなくゆったりとまではいかないものの、それなりの空間は確保されています。

ブランドスクエア横浜

 

トランクもまあまあ広く良いのですが、親族はないかな~とのことでした。

ブランドスクエア横浜

 

 

ベンツの車種決めにはブランドスクエアは使える

ブランドスクエアが安い中古車を置いているのかと言うと、そんな事もありません。それなりの確りとした価格で展示されております^^;ただ、ブランドスクエアの良いところはヤナセブランドであり、保証などが充実している事でしょう。購入した後も安心して乗り続けたいという方はブランドスクエアでの購入も視野に入れても良いと思います。

冒頭でもお話ししたように、査定バカが今回ブランドスクエアに行ったのは、購入する目的ではなく車種を決めるという目的の為です。もちろん、ブランドスクエアに行った際、店員の方には「親族がベンツのAクラスかBクラスどちらにするのか迷っているので、実際にどんな車輌なのかを見に来ました。」と伝えてから見させてもらいました。

今日すぐに買う意思はないという意味も込めたので、軽く説明してくれる程度で無理な営業をされる事もなく、最後まで見ることが出来ました。

 

ちなみに、ベンツというとヤナセとシュテルンですね。

シュテルンでも中古車の取り扱いがある店舗もあるので、近くにブランドスクエアがないという方は、シュテルンの中古車販売店でも同じように見れるので、車種決めに迷った際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

シュテルンは、ベンツのフランチャイズであり後発組ですので、ヤナセよりも値引きやサービスは充実していると思いますが、ヤナセブランドや保証と言った面ではヤナセが上回っているので、どちらを取るかはあなた次第なところがあります。

まぁ、安く買いたいのであれば、こういった店舗から購入するのではなく消費者から直接仕入れをしている買取店から購入した方が確実に安いですね。

詳しくは、新車や中古車を値引きなく安く購入する方法を読んでみて下さい。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

メールで査定額を受け取ることが出来るオンライン査定なら最強買取.jp一択でしょう。

査定依頼時には写真5枚とメールアドレス、名前のみです。最強買取.jpで受け取った査定額を基に買取店を競合させる方法も良いですね。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ