車売却は他店の査定額を武器にする

2019年10月23日更新

みなさん、アツイですね。

夏が近いという話ではありません。

広島カープです。


東京ドームをはじめとして各地でカープファンが増えているそうです。

何でもカープ女子と言うのだとか^^


こんにちは~

ついでにマツダ女子も増えてほしい査定バカです^^

査定バカは、当サイトで買取査定は複数社に依頼すること、競合させることを推奨してますよね。

面倒くさいよ、と思っている方!

ダメですよ、そんなことでは。

1日、いや半日でもいいので時間をつくってください。

今は、ネットで複数社に出張査定依頼の申し込みができるので是非、利用してください。


何故か?

それは他店の買取査定価格が買取査定交渉において武器になるからです。

見ている相場データは、どこも同じなんだから買取査定価格は同じなのでは?

そうです。

相場データは同じですが実際の買取査定価格、提示価格は大きく差があるのが現状です。なぜなら、買取店の「1円でも安く買い取ることが出来れば利益がその分大きくなる」という思惑がある為ですね。



例えば、新車を購入するときに同じ車種でも他社ディーラーで見積りをとって交渉すると値引き額やオプションサービスに違いがありますよね。

また、同じディーラーなのに営業マンや販売店でも差があったりします。(その店舗の先月や今月の成約件数、担当した営業マンの成績状況によって値引き額などが大きく変わることは普通ですよ^^)


これらと同じで、買取専門店も他社と買取査定価格に差がありますし、買取スタッフによっても買取査定価格に差があったりするんですね。

それに、複数社で買取査定価格を提示してもらうことによって、あなたの車の買取相場をある程度知ることができます。当然ながら、これは競い合った上での査定額提示時です。

この本当の買取相場を知ることはとても重要なことで、知らないと損をすることはあっても得をすることは無いと言っても過言ではないくらいです。


あなたが他社で買取査定せず、買取スタッフにも他社には行かないと告げた上で買取査定を依頼したとします。

買取交渉が始まると買取スタッフは、あなたに相場感を植え付けるために相場の話をしてきます。

だいたい今はこれくらいが相場で・・・と。


次に他社で査定しても基本は同じであるかのように。

  • 買取査定価格の参考にしているデータはどこも同じで・・・
  • 他社で査定しても手間だし、面倒なので当店で・・・と。

買取専門店側の言い値で決断してもらうために。

  • 来月になると下がるので・・・
  • 今売らないと損・・・

それでも渋っていると。

  • 今決めてくれるならプラスも・・・
  • この車種を欲しがっている方がいて・・・

さらに渋っていると。

  • いくらなら売ってくれますか・・・

と、こんな感じの流れです。


最初の相場の話は、本当の買取相場でないことが多いので安易に信じるのはダメというのは分かりますよね。

すべての買取専門店、買取スタッフがそうだとは言いませんが、知らない人は損をするのが買取業界。


買取専門店側は、買取した車両がいくらで売れるのかをオートオークション相場から予測した上で買取査定価格を算出しています。

例えば、相場データで130万円程度と売れる金額を予測したとします。

通常は100万~120万前後での最終決着で交渉しますが、あなたが何も知らないとなるとどうでしょうか。

あわよくば100万以下、70万や60万程度での決着を試みようとします。

(実際に査定バカも耳にしてますし、ネット上でも実際にあった話としてあります。)


こういった事実を、契約し車両引き渡しなど、すべての手続きが完了していれば後の祭りでどうにもなりませんよね。

騙された!と怒る気持ちは理解できますが、その時は納得して契約したわけですから、文句の言いようがないわけです。


このようなことにならないように、まずは買取相場を知ること。

そのためには、一括査定などで複数社に買取査定依頼をすることが重要です。いきなり一括査定は怖いという方は、自分で相場を調べる方法もありますよ。

ちなみに買取相場は、相当業者同士を競合させた後に出て来る買取査定価格の1番目に高い査定価格が買取相場と考えてください。


ここからが本番、買取相場が把握できれば本当の買取交渉開始です。

買取査定をした全社に、1番高い買取査定価格にプラスした金額を希望金額として伝えることになります。

このときに希望金額の根拠を聞かれるはずなので、そこで武器となる1番高い買取査定価格だった他社のことを伝えましょう。

他社と勝負してくる買取専門店は交渉継続してきますし、勝負してこない買取専門店は無理ですとはっきり告げてくるはずです。


勝負してくる買取専門店も会社の方針や価格決定権のある店長などの知識、相場感によって差はありますがプラスは間違いなくしてきますよ。

店舗へ来店しての交渉だと複数まわるのは面倒ですし、査定後の営業がしつこく帰らせてくれないことも多々ありますので注意が必要です。(恐らく根負け狙い?)なお、車の査定は入口から始まっている。大きく買取額が変わるのはあなたが原因?でもお話ししていますが、一括査定などからの客と店舗へ直接来店の客では、営業マンの対応は大きく違って来ます。

営業マンは、問い合わせ(入口)がどこなのかで、安く買い取れる客、安く買い取れない客のすみ分けをしているんです。当然ながら直接来店のお客さんはカモにされるのは間違いありません。

対して、一括査定などを入口とした出張査定依頼であれば、お客さんの対応次第では安く買い取れない客と判断されて買取限界値ギリギリまで査定額を出させることも可能になりますよ^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<



line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グーネット買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

ページのトップへ