あなたの車に適した売り先と売り方!大きく売却額が変わります。

車を売る時に誰もが高く売りたいと思っていると思いますが、どうやったら高く売れるのかを理解している人はほんの一握りの人だけです。

恐らく査定バカの記事を読んでいただいている方であれば、ある程度の知識を持っていると思いますので、それなりに高く売れる方法を知っているはずですが、今回はざっくりとした高く売る方法ではなく、もっと具体的な車種別にあなたの車に適した売り方や売り先をお伝えしようと思います。

ここで知った方法で査定を受けることで大きく売却額が変わる可能性がありますよ。

買取額の限界は一緒

具体的な売り先や売り方の前に知識として知っておくべき事があります。

それが中古車流通の仕組みです。

これを知ることで、買取店の買取額はどのお店も限界は同じだという事が分かります。

車を売る人

買取店

業者間オートオークション

中古車販売店

車を買う人

すご~く簡単に表してしまうと中古車流通ってこんな感じです。

車を売る人が買取店に車を売却する。

買取店はオートオークションに出品して中古車販売店に落札してもらう。

中古車販売店は車を消費者に売る。

実際には買取店と書かれた位置には、ディーラーや中古車店など色んな業者が入りますが省かせてもらっています。

同じく、中古車販売店と書かれた位置には、輸出業者や解体屋なども入っていますね。

これが一連の流れになるのですが、それぞれの業者が手数料としてマージンを取っているので下に行けば行くほど車輌の価格は高くなって行くという事は理解出来るでしょう。

で、ここで注目して欲しいのが、買取店やディーラー、中古車店が買い取った車はほぼ全てオートオークションに出品されるということ。

中古車流通の約9割が、このオートオークションを通る事になるのです。

と言うことは、どこの買取店にあなたの車を売却しても流れる場所は同じなので、必然的に買取額の限界値は同じだという事が分かります。

なぜなら、今現在のオートオークションでは、落札者として参加している業者は、一般的な中古車販売店から各種車輌の専門店、輸出業者、解体屋、鉄くず業者など多肢に渡り相場が物凄く安定しているからです。

例えば、落札相場が150万円の一般的な車なら148万円~152万円くらいで間違いなく落札されることになるのです。(例外的な車種はありますが^^;)

こういった事実があり、買取店も相場が150万円と分かっているので、それ以上の査定額は絶対に出さないという事は理解出来ますね。

どんなに買取店を競り合わせようが相場以上には絶対にならないという事です。

じゃあ、今まで査定バカで話して来た高く売る方法っていうのは何だったの?と疑問に思ってしまうかも知れませんが、これはあくまでも買取店としては1円でも安く買い取りたいと思っているので、売る側が何かしらの手を打たなければ安く買い叩かれてしまうという事実があるからです。

だから、交渉をしたり競合させたり、色んな手を使って消費者も業者の言いなりにならずに、価格を上げさせる努力をしないと、相場にすら全然届かない額で売却させられてしまうので、こうして知識を伝えているという訳ですね。

買取額の限界を超える方法

買取額の限界は、どの買取店も同じだという事が理解出来たと思いますが、じゃあ、この限界を超えるにはどうすれば良いのか?

答えは、先ほどの中古車流通にありますね。

そう、売り先をオートオークションの先である中古車販売店や輸出業者、解体屋等にすれば良いんです。

オートオークションに出品する業者に売るのではなく、オートオークションで落札している業者に売るという方法です。

そんな方法あるの?と思うかも知れませんが、ブローカーって言葉聞いたことありますか?

車のブローカーとは、個人で車を買い取り、正にこのオートオークションで落札している業者である中古車販売店や輸出業者、解体屋に直接売るという事をしている人たちの事を言います。

こういったブローカーは事前に販売ルートを確保してあるので、車を買い取った時点で利益がほぼ確定しているのですが、この販売ルートをなるべく真似ることで買取額の限界を超えて車を売ることが出来るという事なんです。

あなたの車に適した売り先

買取相場を超えて売るには、具体的にどうすれば良いのか?

ここからは、どういった車の状態なのかや車種などにより大きく売り先は変わりますので、それぞれの特徴に合わせた売り先を見て行きましょう。

まずは、オートオークションで落札する主な業者である中古車販売店・輸出業者・解体屋が、どういった車を落札するのかを理解する必要があります。

中古車販売店が落札する車

中古車販売店が進んで落札する車は、

  • 比較的人気車種であること
  • 高年式(新しい車)であること
  • 走行距離が短く過走行でないこと
  • 事故車でも軽いものであること
  • 修復歴がないこと
  • 電装品に壊れがないこと

という基本的には日本人が好む中も外も綺麗な状態である車がほとんどです。

輸出業者が落札する車

輸出業者が進んで落札する車は、

  1. 年式が古く走行距離が長い
  2. 年式は古いが走行距離が短い
  3. 年式は新しいが走行距離が長い
  4. 事故車
  5. 修復歴車
  6. 特定車種で新しく走行距離が短い車
  7. 特定車種の新車

基本的には日本人が好まない条件ばかりですが、中には新しく条件の良い車も含まれます。

ただ、1~5までは発展途上国への輸出ですが、6と7は新興国であるお金持ちの国へ輸出されます。

解体屋が落札する車

解体屋が落札するケースは稀ではありますが、かなり状態の悪い車ではあるが海外では需要のあるような車の場合は、リビルトパーツ用として落札されることがあります。

また、鉄くずとしても車は価値がありますので、不動車や日本でも海外でも不要とされている車などでも解体屋は引き取ってくれます。

これら3つの業者が落札する車の特徴で、あなたの車はどこに当てはまりますか?

後は、当てはまる業者へ直接売れば良いのですが、どうやって業者を探せば良いのかをお伝えしますね。

あなたの車に適した業者の探し方

中古車販売店、輸出業者、解体屋の探し方と売り方はそれぞれ違いますので、ひとつづつ説明して行きますね。

中古車販売店の探し方と売り方

中古車販売店は家の周りにも普通にあると思いますが、どの中古車販売店でも良いのかというとそうではないんです。

現在の中古車販売店は、どんな車でも仕入れている訳ではなく、ある種の特徴を持った車を専門的に扱っている販売店が多いので、軽自動車なら軽自動車専門店、スポーツカーならスポーツカー専門店、ベンツならベンツ専門店と言ったように、専門的にあなたの車と同じような車を扱っているお店を探す必要があります。

ただ、ここで注意点があります。

専門店を見つけて査定をお願いしたとしても査定額が低くなる可能性は充分に考えられるのです。

それは何故か?

要因としては2つあります。

  1. その専門店に適した車種でも、そのお店で販売出来るかどうかには条件にマッチしている必要があるから
  2. 1店舗だけの査定だと競争がないから

あなたの乗っている車と同じ車種を専門的に扱っている中古車販売店でも、そのお店の店頭で販売しているのは年式が6年以内で走行距離が6万キロまでなど、事細かに条件が決まっている事が多いのです。

中古車流通量が減少して来ている現在では、ある程度ターゲットを絞り込まないと営業を続けて行けないんですね。

こういった事から適した車種だとしても、その他の条件にマッチしていなければ相場よりも高く買い取って貰えることはありません。

逆に言えば車種も条件もマッチしていれば、買取相場以上の買取りも可能性はあるという事です。

また、これは至極当然のことなのですが、専門店だからと1店舗だけに査定を依頼しても競合がいないので競り合うことがない為に査定額が高くなることは絶対にあり得ません。

査定に出す際には、必ず複数店舗へ査定を依頼するようにして競り合わせるようにしましょう。

探し方としては、とても単純で「あなたの車種 専門店」や「あなたの車種 専門店 地域名」でネット検索すれば必ず出て来ますよ^^

競合他社はこの検索で数店舗選んでも良いでしょうし、グー買取などで近くの中古車販売店を探してみるのも良いでしょう。

輸出業者の探し方と売り方

輸出業者は現在日本に数千社あると言われていますが、そのほとんどがオートオークションで落札をして車を仕入れるだけという業者で、直接個人から仕入れをするという業者は極僅かです。

そして、輸出業者の種類は2つあり、ある特定の車種で新しい車だけを仕入れる業者と、ある特定の車種で古い車や過走行車だけを仕入れる業者に別れます。

ちなみに、海外で需要のある車種はある程度限られているので、基本的にある特定の車種と書かせていただきました。

新しい車だけを仕入れる業者のある特定の車種とは、アルファードやヴェルファイア、エスティマ、ハリアー、ウィシュ、ランドクルーザーあたりでしょう。

新しいとは初年度登録から5年以内です。

こういった新しい車を専門的に買い取っているのが、こちらの輸出車専門店【ENG】ですが、ここはオートオークションを通さずに直接海外へ輸出してしまうので、オークション相場と同じ程度での買取りが可能です。

更にオークション相場を越えた買取りを希望するなら、最強買取.jpがお勧めになります。こちらの買取店は海外へ輸出するというところは同じですが、現地で支店を持ち海外での販売も自社でしてしまっているので、オークション相場を越えた査定額が出る可能性も高まるでしょう。

なお、ここでも競合が必要ですので、必ず他社にも査定を依頼するようにしましょう。

古く過走行など日本で人気のない車だけを仕入れる業者のある特定の車種とは、カローラ、イスト、カリーナ、ハイラックス、パジェロ、ハイエース、ティーダ、ノート、ヴィッツ、パッソ、コロナプレミオ、シエンタ、タウンエースノア、マークⅡ、アコード、ラウム、スイフト、トヨエース、ヴェロッサ、イプサム、アルテッツァ、ブルーバードシルフィ、アレックス、エスクード、レガシィ、フォレスター、180SX、シルビア、スカイライン、RX-7、ランサーエボリューションなどなどです。

輸出業者の探し方は、「あなたの車種 輸出 買取」や「地域名 車買取 輸出」で検索をかけてみることですが、輸出業者の場合はこの方法でも見つかるかどうかは分かりませんが、やるだけやってみる価値はあると思います。

解体屋の探し方と売り方

解体屋は、廃車専門店という形で車の買取りをしている事が多いのですが、比較的簡単に見つけることが可能です。

ただ、気を付けたいことは、基本的には車の重さで一律料金を決めている業者がほとんどですので、「この車は価値がないだろう」とあなたが判断するのではなく、まずは一般的な買取店や中古車販売店で査定を受けて、買取額がゼロとなった場合は、輸出業者に査定してもらい、そこでも買取額が付かなかった場合に、解体屋(廃車専門店)に査定してもらうようにしましょう。

というのも、どんなに古くても過走行車だったとしても、実は海外で人気がある車種の場合は驚くほどの高値で売買されることがあるんです。

ですから、自分で価値無しと判断せずに、とりあえずは廃車専門店以外に査定をしてもらうようにしましょう。

解体屋や廃車専門店は最終手段です。

査定バカがお勧めする廃車専門店は、こちらの廃車ひきとり110番ですが、この業者は自動車税や自動車重量税、自賠責保険などの還付金や返戻金を確りと戻してくれるのでありがたいんです^^

査定バカが乗っているフリードハイブリッドでどれくらい戻って来るのか試してみたら、廃車にする時に28,310円程度は戻って来るとのこと。

これに更に買取額が乗っかって来るのでありがたいですね。

廃車時の還付金と返戻金

ちなみに、ひどい業者だと最悪ケースは廃車するのに廃車料1万円(引取料1万円)などを取られてしまったり、無料で引き取るがこれらの還付金や返戻金は戻ってこないなど、業者によりまちまちですが、解体屋も色々いるので注意して下さいね。

基本スタンスとして取れる人からは取るという業者が多いので、そういった輩に騙されないようにしましょう。

また、廃車にするにしても一社だけの査定だと不安という方は、こちらの廃車買取.comで複数の廃車専門店に査定してもらい出て来た金額を基に、上記の廃車ひきとり110番に査定依頼をすれば間違いないですね。

ちなみに、廃車買取.comは一括査定と同じ仕組みですが、連絡が来るのは1社だけですので電話に追われる何てこともありません。

ここまで色んなケースをお話しして来ましたが、あなたの車もどれかに当てはまっていると思いますので、売り先や売り方を今一度見直してみてはいかがでしょうか?

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

メールで査定額を受け取ることが出来るオンライン査定なら最強買取.jp一択でしょう。

査定依頼時には写真5枚とメールアドレス、名前のみです。最強買取.jpで受け取った査定額を基に買取店を競合させる方法も良いですね。


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ