営業マンの言葉に想定外だと驚いて見せる

アメリカのフォードがハイブリッド車であるC-MAXの燃費を下方修正したそうです。

これまでは1リットルあたり約20km表示だったのを約18kmに修正したと。

購入者からのクレームで修正したそうなんですが、驚くことに購入した人にはガソリン代の差額として約5万5千円を支払うそうです。

さすがはクレームの国、アメリカですね^^

 

 

こんにちは~

アメリカはすごいなと驚いている査定バカです^^

 

 

今日のテーマは「営業マンの言葉に想定外だと驚いて見せる」

想定外だと驚く

以前の記事の「営業マンには勝利感を与える」と共通することが多いですが別の角度で^^

 

営業マンに勝利感を与えるというのは、営業マンを気持ち良くさせてプラスを引き出そうというのが狙いでした。

もちろん今回のテーマの「営業マンの言葉に想定外だと驚いて見せる」にも、営業マンを気持ち良くさせてプラスを引き出すための驚きもありますが今回はそうではなく、驚きについて。

※人は気持ちの良い気分、ハッピーな気持ちななると協力的になる実験結果があります。

交渉に必要なのはストーリーテーリングを参考にしてみて下さい。

 

まず、営業マンがワザと驚いて見せるときがあります。

 

どんな時かわかりますか?

 

一つはあなたの希望金額を聞いたとき。

あなたが希望金額を聞かれて○○万円!と言うと

ええーそれはまたどうして?

と、さも希望金額が常識外れの相場ではありえないような驚き方。

 

 

もう一つは他社の買取査定価格を伝えた時です。

これは他社の買取査定価格はかなり高いですよ、とあなたを満足させるためです。

満足させた上で、それ以上に私も頑張る、他社の買取査定価格に少しでもプラスできる自社の買取査定価格は日本一!のアピールです^^

この場合、本当に他社が高い、安いは関係ありません。

あくまでアピールなので。

 

また、買取専門店の多くはできれば安く買いたいと考えていますよね、商売なので当たり前です。

なので最初に提示する買取査定価格は下から攻めてくるのが常套手段です。

 

あなたが他社の買取査定価格を伝えても、それが真実がどうかを見極めるために、あえて低い買取査定価格を提示してくることもあります。

そんな時、平然と営業マンは言います。

この買取査定価格ではダメですか?と。

 

そんな時はこちらが驚いてください^^

ムッとしたらダメです。

 

ええっー^^

本気ですかー^^

他社の買取査定価格は○○万円ですよ!

びっくりしますわ^^

 

などなど。

 

ヤル気のある買取専門店、営業マンならばここから本当に頑張ってアップしてきますし、即決などの条件を出してくるでしょう。

 

今が売り時、来月になったら下がりますなどの時期的な話も絡めてくるので

ええっーそうなんですか!

などと驚いてあげましょう。

元々売る気はあって、即決も可能であってもです。

 

即決は買取専門店が最も喜ぶことなので、買取査定価格アップのための最終兵器となるのを忘れないでください^^

手放す時期を交渉のカードにするを読んでいただければ、どれだけ強い武器となるのか理解出来ると思います。

 

ちなみに査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円。

 

買取査定価格の差額はなんとびっくり!の40万円にもなったので驚きを双方に伝えてみました^^

すると105万円のカーチェンジA1では、ジーアフターの買取査定価格に本当ですか!?と驚きながらも、記事にも書いてますが決めてくれるなら最高額からプラスも可能。

ジーアフターには安いところでは105万円でしたよ、こんなに違うなんてびっくりしましたよ^^

と伝えたところ、そうでしょう?弊社はどこよりも高いので今売ってください!今だけですよ!と迫られました^^

 

本当に驚きながらも、実際に複数社での買取査定依頼の大切さを知りました。

みなさんも1社では決めないようにして下さいね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ