絶版車であるシルビアの中古車価格はASK

車名には、それぞれのメーカーが拘ったものが付けられているケースが多いですが、日産車には人の名前の車名が多いですね。

セドリック、グロリア、フェアレディー、シルビア、おっとフェアレディーは人名ではありませんね。

今回は、そんな車名の中でも査定バカが10代の頃に乗っていたシルビアについてお話したいと思います。

 

こんにちは~

シルビアは初めて買った車なので思い出深い査定バカです^^

 

シルビアの歴史

シルビアは、日産を代表するスペシャリティーカー。

80年代は、ライバルのホンダ・プレリュードと人気を2分していました。

しかし、3代目や4代目はWRCなどにも参戦した硬派な車でもあります。

 

ボディースタイルは、車名のシルビアから連想できる流麗な2ドアクーペと3ドアハッチバッククーペの2種類。

兄弟車には、ガぜールもありました。

これを知っている方は80年代に青春時代を過ごされた方でしょう。

 

80年代末には、それまでのスタイルを改め硬派路線へ方向転換することに。

今でも、ドリフト小僧御用足しのS13・S14・S15へと続く日産・FRスポーツの系譜です。

 

買取に関して言えば、初代モデルこそクラシックカーとしての価値は高いモノがありますが、それ以降のモデルは未知数です。

ですので、査定価値はあまり期待できないでしょう。

 

ただ、3代目と4代目にFJ20+ターボ搭載車がありましたので、国産絶版スポーツ車専門店で査定が付くかもしれません。

FJ20は、当時のスカイラインにも搭載された80年代を代表する2000ccのスポーツエンジンです。

今回は、現在でもたまに街中で見かけるS13~S15モデルを中心に紹介します。

 

5代目:S13(1988~1993年)

歴代シルビアの中でも最高の販売台数を誇る5代目。

キャッチコピーは「アートフォースシルビア」。

 

ボディーデザインは、1988年のグットイヤーデザイン大賞に輝いた流麗な2ドアクーペスタイル。

グレードは、トランプカードからとったJ’s・Q’s・K’s。

搭載エンジンは、1800cc直4DOHCのCA18DEとターボのCA18DET。

 

J’sは、1800ccDOHCのNAのベースグレードで、Q’sはその豪華版。

ターボ搭載の最上級グレードはK’sで、この中ではQ’sが一番の販売台数を誇ります。

1991年のマイナーチェンジで、排気量が拡大されて2000ccのSR20エンジンに変更されました。

 

6代目:S14(1993~1998年)

ボディーサイズは、3ナンバーに拡大され車内空間の拡大を図り、より高級路線に振りました。

しかし、ベースシャーシは先代と同じで大柄なボディーにしたため車重増加となり、先代モデルのようなシャープな運動性能とはいかず、走り屋からは敬遠されてしまうという結果に。

 

搭載エンジンは、2000ccのSR20エンジンながらパワーアップがはかられて、NAは160PSでターボ車は220PSとなっています。

皮肉なことに、人気のないことから格安で手に入れられるので、ドリフト愛好者には未だに人気のあるモデルです。

グレード名は、S13と同様のJ’s・Q’s・K’sを踏襲しました。

 

7代目:S15(1998~2002年)

2ドアクーペでFR駆動の伝統を守ってきたシルビアの最終モデルとなります。
肥大化したボディーのシェイプアップをはかり5ナンバーに戻りました。

 

搭載エンジンは、名機の誉れ高いSR20。

さらなる最高出力の向上が図られ
、NAで165PSターボ搭載車は250PSの最高出力を発揮します。

グレード名は、改められてNAエンジン仕様がspec.S、ターボ搭載がspec.Rの2グレードの展開でした。

残念ながらシルビアは、この7代目S15で生産終了となっています。

 

マニアに人気のシルビア

一部マニア(ドリフト)には、絶大なる支持を得ています。

今のところ、トヨタ86以外に新車販売されている調度良い2ドアクーペのスポーツモデルは残念ながら販売されていません。

 

中古車価格は、まさにASK状態です。

査定価格は、もっとも状態の良い最終型で走行距離も3万キロ未満の場合は約120万円前後、S13の初期型で走行距離が5万キロ以内のものでは約5万円の査定となっています。

 

シルビアは、販売中止から13年も経っていますので、通常の中古車店や買取店では買取価格が厳しいのが現状です。

スポーツカー専門店や、絶版国産スポーツカー専門店に査定を依頼されるのが賢明となるでしょう。

価格推移は、年々低くなりますが大きく下がる要因はないので、そこまで急いで売却する理由は見当たりません。

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ