日産ノートはワンランク上のコンパクトカー

学生時代にノートやペンを新調した時、なぜかワクワクしたのを覚えています。

新しいノートに、どんなことを書こうか、どんな勉強をするのかと胸を踊らせていました。

新しい物っていうのは、なぜだか嬉しくなってきますよね。

 

今でもその気持は変わっていなくて、新車でも中古車でも車を買い換える時に、訳もなくワクワクしてしまいます。

 

こんにちは~

状況の変化が好きな査定バカです^^

 

ノートと言えば、販売が絶好調な日産ワクテクテクノロジー満載のノート。

無理くり過ぎますかね?

現在販売台数1位と2位は、ハイブリッド車のトヨタのプリウスとアクアそれに続いて3位がガソリン車の日産ノートです。

実にノートは、ガソリン車販売台数1位を記録し続けているトップランナーでもあるのです。

そんな日産ノートに付いて、お話しをしたいと思います。

 

初代ノート(2004~2012年)

先代ノートに搭載されたエンジンは1500ccと1600ccの直4DOHCエンジンでした。

NAエンジンで、燃費を気にせずドライブしたい方には、初代ノートの方が運転していて楽しいかも知れません。

ボディーサイズは、全長が2代目よりも60mm短く4040mmとコンパクトカーのど真ん中と言ったことろ。

 

初代ノートの人気と査定は?

人気なのは、ライダーなどの特別仕様車です。

特に、スポーツマフラーメーカーのフジツボマフラーが装着されるライダーブラックラインなどは、超希少車なのでかなりの高値となるでしょう。

そのほかにも、ライダーハイパフォーマンススペックなどの特別限定車もありますが、同じく高査定になります。

 

年式が古るくて走行距離が多いものは、やはり安い傾向となり高額査定を望めるのはモデル末期の2011~2012年式ですね。

先代モデルの人気は、落ちる一方なので早めに売る方が好結果になるでしょう。

査定額は約10~60万円と言ったところです。

 

2代目ノート(2012年~)

現行モデルは、先代モデルの1500ccから1200ccへとエンジンを小さくしました。

その代わりに、1200cc直3・DOHCエンジンはNA(79PS)とスーパーチャージャー(98PS)の2種類となりました。

 

残念ながら、過給器なしのノーマルNAエンジンはマーチと同じスペックなので、ノートはマーチよりも大きな車体が災いしてしまいとても俊敏な動きは出来ません。

しかし、街乗り中心で、長距離ドライブなどがそれほどない方なら、NAでも必要十分な動力性能と言えるでしょう。

 

反対に、高速道路や長距離ドライブが多い方は、やはりNAに比べて19馬力多いスーパーチャージャー搭載車が運転も楽でお勧めできます。

動力性能的には、NAの1500ccくらいはありますのでライバル達とはまったく遜色ありません。

スーパーチャージャー搭載車には、エコモードスイッチが付いているのでエコ運転も勿論OK。

 

さらに、日産が誇る先進の安全技術のエマージェンシーブレーキや、ペダルの踏み間違いによる事故防止機能、車線逸脱防止機能などワンランク以上高いクラスのオプションも選択可能となっています。

 

日産のコンパクトカーと言えば、マーチとノート。

マーチがベースグレードなら、ノートはその上をゆくプレミアムコンパクトを日産は目指しているので、内装も落ち着いた高級感のあるものとしてライバルよりも一つ上と言えるでしょう。

 

大きさも全長は4100mmと、他のコンパクトカーに比べて、ちょっと大きくなっていて室内も広くなっています。

さらに、メダリストなら高品質な内装となり、日産の各車に設定されていて人気のあるライダーもあります。

 

現行ノートの人気と査定は?

現行ノートで一番人気は、やはりスーパーチャージャー搭載車でしょう。

ライダーやメダリストなどは、高い人気が望めますので高査定となることは間違いありません。

モデルチェンジされてから、まだ現時点では2年なのでフルモデルチェンジまではあと2年はあります。

売却を希望しているのなら、モデルチェンジするまでの間で行った方が良いですね。

査定額は、約80~120万円です。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ