中古車での人気に火がつきそうなBRZ

スバルとトヨタが2007年に業務提携を拡大しました。

翌年から共同開発されたFR駆動のNAエンジン搭載のスポーツカー。

スバルでは「BRZ}と命名され。

トヨタでは、FR駆動のテンロク(1600cc)スポーツカーの名車AE86(レビン・トレノ)の復活版として「トヨタ・86(ハチロク)」と名付けられました。

 

こんにちは~

大手は上手く商売していますが査定バカも上手く商売したいものです^^

 

スバルでの車名は、もっとなんか良いペットネームがなかったのか、査定バカ個人としては非常に残念に思えますが「BRZ」のBは、水平対向エンジンのBで、RはFR駆動のR、そしてZは究極のZなのです。

BRZは、スバル初のFR駆動スポーツモデルでもあります。

駆動方式は、FRのみでスバルが得意な4WDは、残念ながらありませんがその気になれば、あっと言う間に4WD化するのは簡単なはずです。

マイナーチェンジで搭載されないか、査定バカ的には凄く期待をしているのですが。

 

BRZについて

搭載エンジンは、スバル製でベースとなるのはFB20エンジン。

それに、トヨタのガソリン直噴技術D-4Sを合わせたFA20の水平対向4気筒・DOHC(2000cc)。

最高出力は、200PS/20.9kg・m。ミッションは、6速MTと6速ATの2種類あります。

 

ボディースタイルは、2ドアクーペ。

バッチ違いのトヨタ・86との相違点はエンブレム、ヘッドライト形状、フロントバンパー、内装などでほんのちょっとの違いしかありません。

86とBRZの乗り味の違いは、86がテールハッピーのドリフト向きでBRZはグリップ走行に向いています。

ボディーカラーの違いでは、BRZのみにスバルブルーのWRブルーマイカが設定されていますが、往年のインプレッサで活躍したWRCを彷彿させられますね。

 

BRZのグレード展開

新車価格は、約212~297万円です。

RAは、モータースポーツ参加用のベース車両で最廉価版。

RAレーシングは、RAにトルセンLSD、オイルクーラー、4点式シートベルト、ロールゲイジ、エアコン(マニュアル)など、購入と同時にレースに参戦可能な仕様となっています。

 

Rは、6速MTと6速ATの選択が可能。

17インチパフォーマンスパッケージ・スポーツインテリパッケージ・エアロパッケージなどのオプションが選択可能。

 

Sは、最上級グレードで、パドル付き6速ATも選択可能。

レーザーアルカンターラパッケージのオプションが装着出来ます。

残念ながら人気の高いスバルの先進的安全装置のアイサイトは、現在のところ搭載されていませんが、スバル側も搭載を検討しているのでマイナーチェンジ時には搭載されるかもしれませんね。

 

BRZのレース活動

ノーマルのBRZでサーキットレースが楽しめます。

トヨタが主催する「GAZOO RACING 86&BRZ RACE」にナンバー付き車両で参加することが出来るのです。

日本全国北海道から九州まで、7カ所でおこなわれます。

 

レース参加の敷居もとても低いので、モータースポーツ初心者にとてもお勧めです。

日本が、誇る箱車のサーキットレース「GT300」にBRZは参戦して好成績を残しています。

 

また、GT300の車両はミニカー、プラモデル、ラジコンキットなど模型の世界でも大人気となっていますね。

 

BRZの人気と査定

86に比べると少々人気が低いのがタマの傷ですが、新車価格も若者が簡単に買えるものではありませんので、中古車人気は高いものがあります。

発売開始は、2012年なので2回目の車検時期がくる5年後までは高価査定が期待出来るでしょう。

 

査定額は、約150~210万円です。

高額査定は、R・Sなどのオプション装着車で、レースで使用したRAなどはかなり安い値段で買いたたかれてしまうかもしれません。

マイナーチェンジ時期などに注意して売却するのがお得ですね。

先ほど言ったアイサイトなどが、マイナーチェンジ時に搭載されることになると、大きな下がり幅になる可能性もあります。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ