売却契約を締結してから引渡しまでのケース別期間

「今、乗ってる車を売却するつもりなんだけど、業者に引き渡すのは何日後なのかな?」

この様な質問を知り合いからされました。

査定バカの返答は、「ケースバイケースだよ。」

 

こんにちは~

大まかな質問に対しては大まかに返す査定バカです^^

 

確かに、これが正解なのですが、回答がたんぱく過ぎるので、ケースごとに説明してみようと思います。

 

売却されるには、それぞれ理由があるのでしょうが、中古車店やディーラーそして中古車買取店へ赴いたり、連絡して出張してもらったりして買取査定をしてもらうものと思います。

査定額に納得いったなら、必要書類をそろえて売却契約書に印鑑を押して売却が成立することでしょう。

契約書を取り交わす時点で、引渡し日時の確認を行いますのでよく確認することが必要です。

車の売却と言っても色々あるので、パターン別に何時までに引渡しをすべきなのかをお話ししますね。

 

買い替えはなく売却のみのケース

車が必要なくなったので売ってしまう場合です。(次の車は買わないということ。)

生活スタイルが変わったり、引っ越しや金銭的に車の維持が難しくなったとか理由は様々だと思います。

 

車がなくなると車の維持費が浮くので、かなり経済的と思もわれている方もおられるでしょう。

(一度、車を手放してからしばらくして、再び車を持とうと思うとかなり負担になることは覚悟しておかなくてはいけません。)

 

この場合は、売却契約から2~3日後くらいで引渡しされるのが一般的でしょう。

買取業者としての理想は、契約をしたその場で引き渡してもらい帰ってもらうのが理想ですが、売却される方も外す部品や付けておく部品、荷下ろしなど色々やることがあるでしょう。

まぁ、買い取ってもらうお客さんの都合で2~3日が7日になることもあるかも知れませんね。

 

しかし、引渡し日はきちんと守らなくてはいけません。

万一、売却の引き渡し日が守られずに、買取店側が損害を受けたとなれば損害賠償の請求となることも否定はできませんので注意が必要でしょう。

もしも、緊急事態で期日が守れそうになければ、買取店に早目の連絡をして相談すれば賠償問題までには発展しない思われますので。

 

中古車の買い替え時のケース

この場合は、購入した中古車と引き換え(同時期)に引渡しが一般的ですね。

中古車購入から引き渡しされる期間は約1週間から2週間です。

平均して10日前後でしょう。

 

もっとも、購入した中古車を整備するのに部品などがあれば、当然ながらその分引渡し時期が延びてしまいます。

引渡しするまでの間は、事故など起こさないように注意して引き渡す車を乗るようにしましょう。

万が一、引き渡す車で事故ってしまい査定額が変わるようなことがあると、中古車購入時に交わした契約と変わってしまうので再度契約をし直さなくてはいけないことになってしまいます。

 

新車の買い替え時のケース

新車購入と引き換えに買取してもらう場合、買取店又はメーカーのディーラーとなるでしょう。(ディーラーの場合は下取りですね。)

あなたが契約したディーラーに注文した車の在庫があれば、すぐにでも新車購入時に必要な手続きが行うことが出来ます。

車庫証明、ナンバー取得の手続き、そしてローンや現金購入でも銀行振り込みの確認などがありますので早くて、1週間か遅くても2週間もあればあなたのもとに納車されるでしょう。

しかし、これはお店に在庫がある場合の本当に最短のケースです。

 

ディーラーにあなたの希望したモデル、ボディーカラー、駆動方式、エンジンなど合致したものがなければ、メーカーへ発注することになります。(ほとんどの場合がこちら。)

一番、売れ筋のグレードやボディーカラーは1週間から1ヶ月くらいで納品されるでしょうが、人気車種などで納期が伸び伸びになっているものだと数か月単位で納車を待つ必要が出てきます。

注文されてから生産開始されるグレードやボディーカラーもありますので、納期がいつになるかよく確かめておくべきです。

 

また、注文したオプションによっては、工場で装着しなくてはいけないものもあります。

そうなると、販売店からのオーダーとなるので最低でも1週間~となるでしょう。

前述したように、人気車種ではメーカーが想定した販売台数を上回ってしまうと数か月も納車されるのを待たなくてはいけません。

昨年、販売さて大ヒットしたスズキ・ハスラーは納車まで半年待ちの状態でした。

今年は、ホンダ・S660やマツダ・ロードスターなどがこのような状態になっています。

 

そこまで、行かなくても現行モデルで2年以内に発売されたモデルで納車までの期間はトヨタ・ボクシィなどは約1か月で、スバルのインプレッサやフォレスタなどは約2か月ほどです。

メーカーによってもかなり違うようですね。

新車購入時に、何時ごろ納車されるかきちんと確かめておくことがとても大切です。

 

売却契約を締結してからの引渡し日

売却のみの場合は即日から2~3日中か両者の話し合いで決まります。

中古車購入の場合は、購入した中古車が納車された日が基本で1週間から2週間程度です。

新車購入の場合も、新車が納車された日になりますが、新車の納車は時間がかかる場合が多いので購入時の確認を怠らないことが重要です。

 

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は2000社。



line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活をO-ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ