希望ナンバープレートで個性を出そう

日産カード申込書先日、日産のディーラーに努めている友人から日産カードに入会してくれとお願いされたので入会してみました。

何でも毎月ノルマがあるようで、どうしても後1件分足らなかったようです。

営業マンは、毎月毎月車を売るというノルマがあるのに、さらにカード会員までノルマがあるとは・・・

大変ですね。

 

どうも、友達思いの査定バカです^^

 

と、ここでいつもならカード繋がりの話しになると思うのですが、今回はナンバープレートに付いてお話しをしたいと思います。

なぜいきなりナンバープレート??と思われますよね。

車業界の方々が見られる自動車流通新聞というものがあるのですが、昔のそれを見ていた時にナンバープレートに付いて触れていたので、ちょっと面白いなと思い査定バカのサイトでも取り上げてみようかなと思った次第です^^

 

まず、ナンバープレートって何の役に立っているかって考えたことはありますか?

あまり深く考えたことはないですよね。

査定バカも、そこまでナンバープレートに着目して考えたことはありません。

所有者を特定させるため?程度ですかね。

 

ナンバープレートの簡単な歴史

ナンバープレートの歴史は古く昭和26年から導入されています。

今とほぼ同じ表示方法になったのは、昭和39年で分類番号(ひらがなの横にある3桁の番号)が2桁から3桁になったのが平成11年。

富士山や伊豆などご当地ナンバーが出てきたのが平成18年からになります。

 

ナンバープレートの表示内容

具体的にナンバープレートに表示されている文字や数字は何を表すのかを見ていきましょう。

ナンバープレート

①は、封印です。

封印には刻印がしてあり、都府県名の頭文字が表示されますが、福岡や福島など頭文字が被る場合は全て表示されるようになっています。

北海道に付いては支局別になっているようですね。

②は、使用用途を現るもじになります。

自家用は、さすせそ、たちつてと、なにぬねの、はひふほ、まみむめも、やゆ、らりるろ

レンタカーは、われ

事業用は、あいうえ、かきくけこ、を

軍用は、EHKMTYよ

となっています。

③は、その車が登録をされた陸運支局を表示しています。

④は、分類番号になり、小型、普通、大型、特殊などを分類する番号となっています。

⑤は、一連指定番号と言われる1から9999までの番号になります。

希望ナンバープレートは、この数字部分を希望により選ぶことができるんです。

 

 ナンバープレートは何の役に立つ?

車は1台1台登録されていますが、その登録されている内容の外形的役割があり、検査などを確りと受けて安全である、定めにある基準をクリアしているということを証明しています。

こちらの方が付いている意味は大きく、ナンバープレートの表示内容で説明しているように、車種や用途などの識別に使われたり、事故やひき逃げ、違反行為をした車の特定などにも利用されています。

また、無謀な運転や路上駐車、違反運転などの抑止にも役立っていると予測できますね。

 

そして、高速道路などの料金徴収金額などの識別や、駐車場でも入庫時にカメラでナンバープレートを撮影して発券された駐車券と照合し料金精算が事前にされている場合は、自動で出口のゲートを開けるなどにも活用されています。

ナンバープレートの簡単な歴史でも触れていますが、ご当地ナンバーで観光地の認知や地域復興にも役立っていると言われているようです。

ナンバープレートに付いて詳しくお話しをしてきましたが、査定バカが話しをしたかったのはここからです^^

 

希望ナンバープレート制度とは

自家用の普通自動車と軽自動車、事業用の普通自動車を対象にナンバープレートの表示内容での⑤である一連指定番号を自由に決めることが出来る制度のことで、1から9999までの数字であれば好きなものを付けることが出来ます。

ただし、一定以上の人気がある番号に付いては抽選になるようですね。

査定バカが持っている車の1台は、結婚記念日になっています。

こうすることによって、間違っても結婚記念日を忘れることはありませんから^^冗談です。

 

車を新しく買って登録をする際や、他県からの引っ越しの際(中々引っ越しのたびにナンバープレートを変える方は少ないでしょうけど・・)に申込みをすることができます。

車を購入した時には、購入した販売店へ委託することもできるので、話しを聞いてみて下さいね。

個人で申込をされる場合は、全国自動車標板協議会のホームページから可能です。

 

希望ナンバーで多いのが、先ほど査定バカも話した結婚記念日や氏名(後藤さんなら510、石井さんなら141)などですので、ゾロ目や人気が集中しそうな番号以外はほとんど取ることが可能になります。

結婚記念日でもいい夫婦の日とされる11月22日などの1122は、抽選になる地域もあるようですので注意して下さいね。

神戸ナンバーだけですが、なぜか138と358だけは全て取られていて、取ることはできなくなっていますが、理由は分かっていないとのことです^^謎です。

査定バカはサーフィンをするのですが、海に行くと1173というナンバーを掲げた車を目にすることが多くあります。

これも良い波を求めて、この番号にしているのでしょう。

 

現在では車で個性を出す人は少なくなっていますが、このようにナンバープレートで個性を出すという方が増えてきているようです。

車を購入したり、他県からの転入の時には、こういった制度を利用して気軽に個性を出しても良いかも知れませんね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ