手放す時期を交渉のカードにする

こんにちは~

 

査定に燃える男です^^

冗談です。

 

これまで色々と査定について書いていますが役に立ってますか?

 

少しでも役に立っていれば嬉しいのですけど^^

 

 

買取専門店が査定に来られた方々との商談において最も重要視しているのは何だと思いますか?

 

多くの方は実際に契約する買取金額だと思いますよね?

 

 

でも、違うんです。

 

いつ売るのか?

 

今日は決められるのか?

 

そうなんです、買取専門店が重要視するのは車を手放す時期なんです。

 

特に即決でのその日の契約が第一なんですね。

 

 

よく「契約するまで帰ってくれない」「契約するまで帰らせてくれない」と耳にします。

 

ネット上にも書かれてますよね。

 

それぐらい必死だということでもありますね。

 

 

もちろん、他社との競合で無駄に買取金額が上がることや他社でプラスをされての契約を防ぐためですね。

 

 

心情的には理解できないこともないですが、キャンセルなどのトラブルになってるケースもあるのでやりすぎの感も否めないです。。。

 

トラブルの件はさておき、買取専門店が重要視しているということは、こちら側にとっては交渉のカードになるということ。

 

 

手放す理由や手放すことができる時期は人それぞれ、みなさん違うと思います。

 

ここで言う手放す時期、交渉のカードとなる時期というのは少し先のことではありません。

 

本当に手放す日、契約して車も渡せる日、それも今日、明日のことです。

 

 

買取専門店の営業マンが営業トークで使う「今日決めていただけるなら○○万円プラス」を私たちが使うんです。

 

「今日決めるのであと○○万円プラスしてください」と。

交渉のカード

 

当サイトでは1社で決めるのではなく、他社にも査定に行くことをおススメしていますよね。

 

 

まずは現在の愛車の相場を知るためですが多くの買取専門では、今日決めない、他店でも査定するとなると最高値での買取価格の提示はしません。

 

また、最高値と言いつつ実際に手放す時期が決まれば少しぐらいはプラスできるかもと含みを持たせるはずです。

 

営業マンによっては、全く金額を言わず、相場さえも教えてくれないかもしれません。

 

それでもフォローの電話をしてきますし、あなたから電話をしてくるように「最後に電話ください、必ずどこよりも高い金額で買いますので」などと含みを持たせた話をするはず。

 

 

買取専門店にとっては買取できないと商売にならないですし、営業マンにとっても成績にならないので可能性は残しておきたいのです。

 

考えてみてください、査定に来る、査定を依頼するということは時期や査定金額は関係なしに「手放す意思が少なからずある」ということですよね。

 

 

なので買取専門店や営業マンにとっては決着がつくまでは終わらない、あなたは大切な見込み客なわけです。

 

 

そんな大切な見込み客であるあなたが自ら電話をしたらどうなるでしょう?

 

決着をつけるためにです。

 

買取専門店や営業マンにとってはチャンス到来となるのではないでしょうか?

 

せっかく電話してきてくれたのだから何とか買取、契約しようと考えるのではないでしょうか。

 

 

ただし、ここで重要なのは いくらですか?と聞かないこと。

 

○○万円になりませんか?と具体的な数字で希望金額を提示してください。

 

○○万円ならすぐに契約して車も渡しますと。

 

 

あと、他社で100万提示で5万プラスを目指すなら10万プラスして告げること。

 

根拠は他社で提示されているでいいですが、他社で110万でていると嘘はだめですよ。

 

向こうもプロなので探りをいれてきます。

 

「110万は無理ですね、うちだと105万が限界ですよ」など。

 

これを言わすのがこちらの作戦なのですが、他社で110万提示されているなどと告げてしまうと決めにくくなってしまうので気を付けてください^^

 

 

希望の110万円より下の105万円が限界といわれれば成功です。

 

営業マンは5万円値切ったと思いますし、こちらは本当の希望金額で買取してもらえて双方満足です^^

詳しくは、営業マンには勝利感を与えるを見てみて下さいね。

 

 

※査定バカは、複数店舗での査定、他社との競合をおススメしています。

それは本当の相場を知る必要があることと最終的な買取査定価格を上げるためですが、小刻みの競合させて手間をかけるよりはスパッと決着させましょう^^

 

営業マンも人間です、感情的にスパッとするほうが気持ちいいはずですね。

 

決める時には決める。

これが重要だったりもします^^

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ