ホンダ ライフの買取査定評価

ここ数年、圧倒的に支持されている軽自動車。

みなさんは車購入時の選択肢に入ってますか?

 

もちろん維持費が安いので経済的であることは魅力ですよね。

ただ、最近の軽自動車はそれ以外でもすごいところが増えています。

 

なんてったって装備がいい!

査定バカが若いころは小さくて簡素だったので・・・

とにかく小さく安く。

 

鈴木の社長が言っていた「軽自動車は貧乏人のための車」のイメージだったんですけど。

ちなみに上の言葉は本当に言ったんですよ、それも最近です。

 

こんにちは~

軽自動車は安くて良いなと思う査定バカです^^

 

買取査定評価シリーズは軽自動車ということでホンダライフについてです。

 

ライフ1代目

ワゴンRやムーブに真向から挑んでいるホンダライフですが、初代の登場はいつだと思います?

実は1971年なんです。

当然、市場には出回っているはずもないです(あればクラシックカーですね)

もし、手元にあり査定に出してみると面白いことになるかも!?

 

ライフ2代目

2代目の登場が1997年。

ワゴンRの大ヒットやムーブのヒットに影響されたのか、満を持しての登場。

ただ、ベースはトゥデイなので共通部品も多くてヒットとは呼べず、残念ながら人気車種にも成り得ずでした。

 

1998年(平成10年)の軽自動車法改正(色々ありますがサイズがでかくなった)前の暫定的なモデルなので当然といえば当然の結果。

軽自動車は少々古くても代車や社用車として買取をしてくれることがあるので故障していないようであれば買取専門店、中古車販売店、軽自動車専門店などで買取査定はするべき。

最もお勧めなのが、軽自動車の査定買取は軽専門店へ!が鉄則!?でも言っているように軽自動車専門店です。

 

 ライフ3代目

3代目の発売は1998年ー2003年

暫定的な先代モデルと比べて、でかくなって登場(軽自動車法改正後のため)

衝突安全性の向上と助手席にもエアバッグを装備し、コラムシフトの採用とエンジンのトルクがアップしたのが特徴。

ダンクなどの派生モデルもあり、エアロパーツなどをつけて若者にも人気はそこそこあったような気はしますね。

 

ホンダ ライフ3代目の買取査定推移

登場は10年以上前なので中古車市場では主流ではありませんが、軽自動車は人気があるので査定は高額になりやすいで言っているように、軽自動車は価格が落ちにくいので程度によっては買取査定価格は期待できますね。

できれば車検残が半年以上、できれば1年以上は残っている間に査定してみるのがいいですね。

 

 ライフ4代目

4代目の発売は2003年ー2008年

このモデルは女性をターゲットにしたデザインで、スプーンをイメージしたドアノブやボディ全体も丸っぽく、かわいい印象。

 

車高はライバル車種と比べて若干低め、当時のホンダの売りであるオデッセイなどの低床化の影響があったのかもしれませんね。

また、当時では珍しかったインパネシフトも全グレードで採用。

HONDAスマートパーキングアシスト・システムやHONDAスマートキーシステムも採用したモデルでもあります。

第19回カーセンサー Uカー・オブ・ザ・イヤー」軽自動車部門 特別賞を受賞。

 

ちなみに乗ってみると走りも良く、インテリアなどの質感もグッド!な軽カーです^^

 

ホンダ ライフ4代目の買取査定推移

相場価格に関しては、特に大きな上げ下げは見受けられないので安定していると言えますね。

このような動きが軽自動車の特徴です。

年間の下がり幅が小さいので繁忙期を狙って買取査定したいところではないでしょうか。

 

 ライフ5代目

現行型となる5代目の発売は2008年から。

このモデルは運転のしやすさを重視。

 

2008年発売のオデッセイ同様、Aピラーを細くして視認性をアップ。

他にも大型三角窓、フロントワイパー位置の見直し、アイポイントとウエストラインの最適化、リアクォーターウィンドウの採用(6ライト化)、テールゲートウィンドウの大型化、後席シートバック形状の見直し、埋め込み式ヘッドレストの採用など、前方・側方・後方すべてにおいて視界と見切りを改善。

 

ホンダ ライフ5代目の買取査定推移

先代同様、大きな上げ下げはありませんので安定型といえるでしょう。

ディーバなどの人気グレードは強気で交渉しアップを狙うことを忘れないように^^

 

基本的には、買取店からすると軽自動車は欲しい車になるので、交渉次第では高額な査定へと繋がりやすいので、複数の買取店とのやり取りが鍵になってくるでしょう。

最後まで粘ってねばって満足の行く査定額を手にして下さい。

 

また、ライフに限らず軽自動車は値崩れがしにくいので乗用車ほど売却時期に神経質にならなくてOKです。

ただ、どうせ売るなら買取専門店が買取したがる繁忙期は狙いたいですね^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ