中古車の買取専門店の仕組み・システム

下取と買取の違いは違う項で詳しく説明致しますので省略させてもらいますが、簡単に説明すると。

 

下取はディーラーや中古車販売店が新しい車を販売する際に今まで乗っていた車を交換にして、その差額を販売価格から差し引く方法を言います。

買取は、新しい車を購入したところとは別に今まで乗っていた車を売ることを言います。

詳しくは、車の売却方法の下取と買取でお話しをしていますので。

 

そして、下取と買取では買取の方が断然買い取ってもらえる金額が高いんですね!

では、なぜ買取専門店では高額査定が出やすいのかを分かりやすく噛み砕いて説明していきますね^^

 

まず一言で答えを言ってしまうと

中古車の買取専門店は車輌の在庫リスクを軽減し、展示コストを掛けないことで高い利益率を得ることが出来る仕組みの上に成り立っているからです。

 

既存の中古車販売店は販売も同時に行うことが多く、買取もするが小売もするというスタンスなんですね。

ですから、必然的に在庫リスクを抱えることになり、展示コストも掛かってきてしまいます。

 

在庫リスクとは、在庫期間が延びれば商品価値の劣化を招くこと。

展示コストは、集客力を高める展示販売には有る一定以上の土地が必要で、展示車も有る程度の数が必要なのでそこにかかる維持費や在庫費用のこと。

 

中古車は、特殊な車両を除き時間の経過と共に価値が落ちていくのが当たり前で、仕入れた車は早く売れば売るほど高い利益が確保出来るんですね。

販売店では、そう言った在庫リスクと展示コストを考えて査定をするので、買取専門店よりもどうしても査定額が低くなってしまいます。

 

では、ディーラーの場合はと言うと、中古車の価格は相場表のようなものがあり、それに基づいて査定金額が算出されるのですが、大手などのディーラーではまさにそのままの金額を査定金額として算出されることが多いのです。

ディーラーによっては、独自の相場表を持っていることもありますね。
例えば、買取専門店では他社競合なども考えたり、素早く転売する(オークションへ出品する)ことを考えているので、その分高く買取をすることが可能となって来ますが、ディーラーでは下取った車を整備に回ししっかりと整備した後に販売などをするので更にコストがかかることを考えているので、買取専門店よりも必然的に査定額が下がってしまうのです。

 

つまり、中古車の買取専門店は、転売さえ出来てしまえば、初期投資や在庫リスクを抱える必要もなく、展示コストの維持費や人件費も必要がないので、商品となる中古車を安く仕入れ、高く転売すれば利益が出るので高額査定が出せるようになったんですね。

 

また、買取専門店にとって転売までの日数は、短ければ短いほどよく、中古車オークション市場がある限り、粗利が低くても数多くの車を取り扱うことで、利益を出すことも出来る仕組みの上に成り立っているのです。

 

買取店としては、仕入れさえ出来ていれば、買取店を維持でき、車を手放す人にとっては、少しでも高く買取ってもらえればいいと考えるので、買取ってくれる会社がまったく知名度のない会社であっても車を手放したくなりますよね。

 

そう言った相乗効果も大きく、薄利多売的な要素や維持費自体を下げて要領よく買取転売を繰り返し利益を出すことが更に高く買取ることに成功している秘密なんです。

ただ、買取専門店は買取り価格が高いので、車の引き渡しは即日か翌日が原則です(例外もあります)ので、車を売ろうと思っている方はよく考えてから契約をするようにしましょう。

また、買取店によっては契約後のキャンセルを防ぐために、キャンセル料が高額だったり、とにかく車輌を早く引き取ろうとします。

さらに、買取店に寄って査定額にかなりの差が生じることがありますので、複数の買取店に査定を出すようにするのが必須です。

 

何となく、なぜ買取専門店がディーラーや中古車販売店よりも高く査定額を出すことが出来るのか理解できましたか?

少しでもこう言ったことを頭に入れておくだけでも査定をしてもらう時に心構えが変わって来ますので、頭の片隅に入れておいて下さいね^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ