違法改造している車でも査定や買取はしてもらえますか?

Q 違法改造している車でも査定や買取はしてもらえますか?

 

A こんにちは~

頼りになる男の査定バカです^^

 

違法改造車でも買取は可能か?ですね。

違法改造といっても色々、簡単に説明すると車検に合格しない、保安基準に適合しない改造車のこと。

最近ではネットオークションなどでの個人売買も増えているので、購入した車が違法改造車、不正改造車だった。

車検が通らない、ディーラーで整備を断られて困っているなどトラブルも増えているようです。

個人売買での購入前には注意深く確認と質問をしておくことが重要ですね。

 

さて、質問者さんの改造内容が分からないので、走り屋系、ローダウン系で話しますね。

結論から言いますと違法改造の内容によりますが買取はしてもらえます。

(ルーフを切ったようなのは論外ですよ)

ただ、違法改造車なのでマイナス評価であることには間違いありません。

(本来は公道走行できないのでマイナス評価で当然ですけど)

そこで気をつけて欲しいのは、買取る側の知識によって買取査定価格も大幅に変わってくるということ。

 

何回も査定バカが記事に書いてますが買取専門店では業者間のオートオークションでの取引価格(相場)を元に買取査定価格を算出しています。

この元になっている相場データには特殊な車両や違法な改造車は含まれていないことが多いんですね。

ということは買取査定価格の元になる相場データが無い、ノウハウが無いということ。

では、買取ができないのか?と言えばそうではなく、買取はします。

 

その場合は、違法改造車ではない相場を元に買取査定価格を算出することになり、買取査定価格の大きな差を生むことになるんです。

買取専門店側、査定を担当するスタッフに知識や販売ルートがあれば違法な改造車でありながらも高評価をしてもらえます。

しかし、知識がない場合はどうでしょう?

業者間オートオークションの相場データがないので買取専門店側にとってリスクの無い買取査定価格での提示となり、交渉によるプラスも望めません。

 

なのでマイナス評価でも買取査定価格的に高く買取のできるお店を探すことが重要になってきますね。

買取専門店の場合はネットでの一括査定で多くの業者へ申し込んでみてください。

その場合、できるだけ詳しく改造内容を伝えることがポイントです。

期待は薄いですがノウハウのあるお店や買取スタッフであれば高評価をしてもらえるはずなので。

こちらのスポーツカーなどでかなり改造をしている車でも高く買い取ってもらえる?という記事も参考になるはずですので、読んでみて下さいね。

 

それと忘れてはいけないのが買取もしている中古車販売店。

質問者さんの愛車が映画のワイルドスピードに登場してくるような改造車であればその系統の中古車販売店へ行くことをおススメします。

当然、改造車の知識は豊富ですし、何より販売するためノウハウ、ルートがあるので買取専門店より高額査定も見込めるはず。

査定バカの知人である走り屋系中古車販売店の社長は買取専門店が買取った改造車両を買付けまくってましたので^^

純正品があれば一緒に査定することを忘れないでくださいね。

 

走り屋系やローダウン系で説明しましたが、下記のような違法改造の場合。

  • 純正品から交換した社外品のタイヤがフェンダーからはみ出ている。

純正があれば一緒でOKですが無くてもあまり気にする必要はありません。

  • ステアリングを社外品に交換したところ、ホーンを表すラッパのマークがない。

シールを買ってきて貼りましょう。

  • フロントガラスにステッカーなどの装飾、前席ガラスへの着色フィルムの貼り付け。

剥がして査定する方がいいですね、店頭に並べていて注意された中古車販売店もあるので買い付ける業者にとっては手間。

フィルムは一気に剥がさずにゆっくり剥がすとのり跡が残りにくいです。

 

店舗へ査定に行く場合は買取専門店によっては、買取不可もあり得ますので事前に問い合わせをしてからが良いですね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ