車を長持ちさせるエコドライブとメンテナンス

皆さんは、道具など物を大切に使う方ですか?

それとも雑に扱ってますか?

こういったものは、割と性格が出るものでしょう。

 

査定バカは小さな頃から物は大切に使うたちで、小学6年生の時でもランドセルはとても綺麗なままでした。

その物にもよりますが、大事に手入れをして使えば一生ものの道具も結構あるものです。

 

こんにちは~

物に愛着が湧きやすい査定バカです^^

 

愛車を長持ちさせるには、こまめなメンテナンスは必要不可欠です。

最近流行りとなっているエコカーに伴い、ガソリン消費量が少なくて済むエコドライブは、ゆっくりふんわり運転が基本なので車に対してとても優しい扱いになります。

優しく扱うと、全くなんにも考えず雑に扱うのに比べて壊れるのが遅くて長持ちするものです。

 

また、まったくメンテナンスしていない車で、エコドライブを実践していても調子の悪くなった車は不必要に燃料を食うもの。

エコドライブとメンテナンスは、まさに表裏一体・一心同体・もろ刃の剣?(これは違うか。)なのです。

2つ同時に、実行することによって相乗効果が得られるというものですね。

 

基本的なメンテナンス

それでは、基本的なメンテナンスに付いてお話ししましょう。

車を長持ちさせるには、ある程度のメンテナンスが必要不可欠です。

そんなに神経質に頻繁にやらなくても良いのですが定期的にやることがベストですね。

 

①エンジンオイル

エンジンオイルは、走行距離5000kmごとか半年に1度は交換するのがベストでしょう。

10000kmに1回か、年に一度はオイルフィルターを交換するべきです。

ですから、エンジンオイル交換2回に一度はオイルフィルターの交換をすればようでしょう。

 

交換オイルは、高級なものでなくともよく中級グレードで十分です。

車の知識が欠落した方は、車検まで一切オイル交換をしないという強者も存在しますが、そのような状態ではエンジン本来の性能も発揮出来ず燃費も激悪になるので止めた方が得策です。

オイルは、エンジン内を循環しているものですから一定期間使用していれば汚れてドロドロになってしまいます。

古いエンジンでは、オイル交換直後はエンジンの回転がとくに軽く感じられるものです。

 

②エアークリナー

エアークリナーも走行距離によって汚れが付着してきますので定期的な掃除をした方が良いでしょう。

走行距離が1年で1万キロほどの標準的な方なら、車検のたびに新品へ交換で日頃のメンテナンスはそれほどしなくとも大丈夫です。

 

③ロングライフクーラント

日頃の点検は、タンク内の量が適正範囲内にあるかどうかの点検で済みます。

長年乗り続けると、どこからか液漏れしてびっくりするほど少なくなっていたり、車のエンジン下にクーラントの色をした緑色や赤色の水たまりができたらラジエターや冷却系パイプに穴が開き破損しているのですぐに修理しなくてはいけません。

 

気づかずに、うっかり高速道路など走行するといきなり水温計がレッドゾーンに突入してしまいエンジンから水蒸気・・・何てことも。

最悪の場合はエンジンをオーバーヒートさせてしまい壊してしまうこともありますので、普段の走行から水温計の針の位置には注意しておきましょう。

交換は、車検のたびごとで十分です。

 

④バッテリー

バッテリーの点検は、バッテリー液の量の確認です。

足りなければ、補充しておけば十分です。

最近では、液を補充しなくてもよいノーメンテナンスのバッテリーもありますが価格が高いのが少々ネックでしょうか。

バッテリー端子に白い粉のようなものが付着する状態は、バッテリーがかなり劣化してきていますのでそろそろ交換時期かもしれませんね。

 

⑤タイヤと空気圧

空気圧は、適正値を入れて置くようにしましょう。

適正値は、純正のタイヤであれば運転席のドアを開けたところに、基本的にはシールで貼ってありますので確認しておくことです。

空気圧が足りないタイヤでは、燃費も悪化しますしパンクしてタイヤを傷付けてしまう危険性があり、最悪の場合はパンク修理も出来なくなってしまい新品に交換しなくてはならない場合もあります。

なんとなく空気圧が減ったかなと思ったらすぐにガソリンスタンドなどにあるエアーゲージで測定してみましょう。

空気圧が下がるとキャップの色が変わる便利グッズもあるのでこれなら一目瞭然ですね。

 

エコドライブとメンテナンスを一緒に行えば効果倍増!

エコドライブは、基本的に急な動作は行わないでゆっくり加速で、ゆっくりエンジンブレーキなどを使い減速、そしてふんわりブレーキです。

車に対してとても優しい運転なので、機械的にも摩耗などが急な動作よりも少なくなります。

エコドライブとメンテナンスの相乗効果で車が長持ちするのは間違いありません。

物に対しても愛情を注げば必ず見返りがあるものです。

 

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は2000社。



line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活をO-ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ