自動車公正取引協議会

こんにちは~査定バカです!

 

今日は、査定からすこ~しだけ離れて自動車公正取引協議会という団体について詳しく説明したいと思います^^

 

 

自動車公正取引協議会ってどういう組織でどのような役に立っていて誰の為にあるのか? を分かりやすく解説してみますね。

 

販売店などに行かれたら店内をじっくり見てみてください。

多くの店舗では自動車公正取引協議会のマークが表示されているはずです。

 

 

 

査定バカがいる業界である不動産も同じような団体があります。

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会と何とも長く難しい名前^^

 

設立は結構古くてモータリゼーションまっただ中の1971年(昭和46年)に業界によって設立された業界団体です。

日本の業界団体らしく理事には天下りもいたりしますね^^

 

ただ、会長はあの日本が世界に誇るスーパー企業トヨタの社長である豊田章男さんで副会長や理事にも名前を聞けば知っている企業の社長クラスばっかりです。

 

会員には、みんなが知っている困った時のJAFや名称は省きますが中古車屋さんの団体、整備屋さんの団体、査定協会、中古車流通には欠かせない日本オートオークション協議会などの各自動車、二輪系の団体の他にも、カーセンサーやGooなどの中古車情報誌などを発行している会社も会員なんですね。

 

何を目的にしているかと言えば、自動車公正取引協議会のホームページによると

「一般社団法人自動車公正取引協議会(Automobile Fair Trade Council:自動車公取協)は、その大切なパートナーであるクルマとバイク選びの際に必要な価格や品質等の適正な情報の提供と、不当な表示等を禁止することを通じ、消費者に信頼されるクルマ販売を推進しています。」

自動車公正取引協議会

 

とあります。

 

ちょっと小難しいですね。。

 

要は消費者の不利益にならないようにちゃんとした正直な商売しようね!ということです。

 

裏を返せばそれだけ正直な商売をしていたところが少なかった、不正が横行していたということでもあります。

どの業界でもそうですが、そのような不正が横行すると業界的にもイメージがよろしくないので、団体を立ち上げルールづくりとなるわけですね。

違反した企業には、罰則も。

 

この自動車公正取引協議会の会員は、団体が定めた不正防止などに関する様々な規約、ルールを遵守しなければなりません。

 

会員である各団体は、その団体の会員である事業者にもルール遵守をさせるので自動車業界全体が意識向上、不正撲滅へとなるわけです。

特に中古車業界は参入への簡単さや不正時の儲けの大きさもあり、不正だらけでした。

 

例えば消費者へはもちろん、同業者間でもメーター改ざん事故歴隠し(修復歴隠し)での販売は当たり前。

 

発覚したところで開き直りでだから?なに?状態。

あげくには知らなかったふりしての返金で、その後も同じバレなきゃラッキーのスタンスでの商売などなど。

 

当時は、何のための自動車公正取引協議会?ただの自己満足団体か?と思えるほど自動車公正取引協議会も本来の働きが機能しているとは思えない状況でもありました。

 

しかしながら、オートオークション会場や買取専門店などが増えるにつれ業者間での流通量も増加をたどり、1台ごとのデータの蓄積、データベースの共有化も進みつつあったころ、世間では企業のコンプライアンスが社会問題化したこともあって各団体、事業者ともに本気で不正防止、撲滅へと取り組むようになったように感じます。

 

ただ、この業界に限らず、いまだに不正をする輩は少なからず存在することは事実であり、自動車公正取引協議会の会員や会員である団体の所属事業者であっても不正があるのが現実です。

不正をする悪徳な車屋がなくならない訳は、こちらに詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

万が一自動車関連のことでトラブルが発生した場合は泣き寝入りなどせず、自動車公正取引協議会に相談してみてください。

解決をしてくれるわけではありませんが、アドバイスをいただくことはできます。

また、会員には必要な措置や通知を行うので、各団体は事業者に対して必要な措置(オートオークション会場など出入り禁止)をとることになり、昔と違い無駄ではありません。

 

誰のための団体かといえば、業界のためでもあり、消費者のための団体でもあるということですね。

 

ただし、自動車公正取引協議会の会員、会員である団体に所属している事業者だから安心、信頼のおけるお店ではありませんので事前にリサーチしたり、実際に取引のある方からの評価などを参考に判断することが大切になります

 

先程も出てきた悪徳な車屋がなくならない訳でも言っているように、自動車業界では大きなお金が動くので、まだまだ不正行為をする業者や、消費者にとって有益ではない業者も存在していますから、自己の判断が重要になります。

悪徳な業者に騙されないためにも、よ~くこのサイトを読み込んで勉強してみて下さいね!

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、B to C中古車オークション(オークション形式の一括査定)のおまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は7700社。



line-red

あなたの愛車を強化買取している業者を1社だけ選んで査定するならその場で相場がわかる!グー買取がお勧めです。

グー買取は、一括査定と併用することでいつの間にか安く買い取れてしまう業者同士の談合防止にも役立ちます。念には念をという方はどうぞ^^


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

“自動車公正取引協議会” への7件のフィードバック

  1. oy より:

    初めまして、中古車買取業者様とトラブルになって困っています。

    2019.03.09、父が急逝し、購入してから3年弱・走行距離5160km・事故・修復歴なし・外観にキズや凹みなし、のハリアーハイブリッドを処分する事になりました。

    2019.03.16、一括査定のサイトから2社の紹介があり、N社とK社双方に査定をお願いし、時間も重ならないようにしたのですが、先にお願いしたN社が大幅に遅れて来られ、結局2社を前に決めることになってしまいました。N社のかたから、良い車なので買い取り価格が高い方を選んでくれて良いから、とアドバイスもされました。(N社のかたは、父に手を合わせてくれましたので、良いかただったとは思っていますが…)
    N社の買取価格が高かったので、そちらに決めて契約もしました。

    車両引き取りに休み返上で来て下さり、重くて積み込めなかった夏タイヤも積み込んでくれて、とにかく有り難くて感謝に絶えませんでした。

    しかし…
    2日後に「バックドアに凹みがある、いたずらされたとか無かったですか?買取価格が変わってしまう」
    と言う電話が入りました。
    こちらとしては、大事に乗っていた父の車、キズも何も無くて良かった、と母と見送ったのみで、写真も1月に撮ったきり、当日は撮っていませんでした。

    現在、話が二転三転して、
    「査定時にあったキズ」扱いなら車両返却(凹んだ現状のまま)、
    修理には約10万弱(板金?)かかるが査定額から差し引いての入金でどうか?
    と言う二択になりそうです。

    写真を撮らなかったばかりに、確証もなく、N社のかたが撮った現状の写真を添付で送ってもらいましたが、◯印を付けた凹みという箇所は、滑らかだったと確信しています。

    消費者支援センター等にも電話しましたが、なかなか繋がらない状況で、四十九日も終わらないのに、心労で体調も崩れています。

    この後、どうしたら良いのか悩む一方で、何かアドバイスを いただけたらとメールしました。

    長くなって申し訳ありません。
    よろしくお願いいたします。

    • 査定バカ より:

      oyさん。
      こんにちは~
      査定バカです。

      本名らしきニックネームだったので、oyに変更させていただきました。
      ただでさえ心労が重なっている時期に大変な目に合ってしまいましたね。

      oyさんのコメントを見る限りでは、N社に非があるように感じますので、あくまでもoyさんからいただいたコメントの範囲内の情報で査定バカの見解を述べさせていただきますね。

      「査定時にあったキズ」扱いなら車両返却(凹んだ現状のまま)、修理には約10万弱(板金?)かかるが査定額から差し引いての入金でどうか?
      の二択という事ですが、査定バカならこうするだろうな~という行動を書かせていただきます。

      まず、査定バカがするとすれば、こういった減額自体を突っぱねると思います^^;
      というのも、理論的に言うと再査定や減額が契約書に謳われていたとしても、消費者契約法第十条の「消費者の利益を一方的に害するものは無効とする」という法律がありますので、裁判になったとしても契約書は無効とされる可能性が極めて高いからです。
      すなわち、減額請求自体が出来ないと解釈することも出来ますね。
      ただ、実際には戦ってみないと分からないので、話し合いで決着するならそれに越したことはありません。

      「査定時にあった傷なのであれば、査定額に加味されているはず。もし、傷に気が付かなったのであればN社の怠慢(ミス)であり、消費者である私が後になって責任を持つ義務はないので、その減額を拒否致します。」
      「また、査定時に傷がなく引き渡し時に傷があったとしても、それを見落としたのはN社の怠慢(ミス)である。ちなみに、私もそれを知らなかったのだから告知する義務もない。もし、引き渡し後に傷がついたのであれば、当然のことながらN社の責任であることから、契約書通りの代金支払いを請求致します。」とお伝えしてみるでしょうね。

      ここまで伝えて、N社がそれで折れてくれれば良いですし、もし折れなければ車輌返却を希望すると思います。
      ただ、引き渡し時の写真(証拠)がないのであれば、いつ凹んだのかは水掛け論になってしまいますので、論争のしようがない為、凹んだ現状のままで返却されることとなるでしょう。
      凹んだ部分の請求をN社にするのであれば、何かしらの証明をする必要があるのはoyさんになってしまうので、厳しいと思います。

      ただ、ハリアーハイブリッドが現状でいくらで査定されたのかは分かりませんが、3年5千キロということですので、欲しいという業者は山ほどいると思います。
      車輌返却を受けて、その後に再度買取店を何社か呼んで「他社では〇〇万円でした。」と伝えれば、凹んだ状態だとしてもそれ以上は出して来ると思うんですけどね。
      ちなみに、買取店を呼ぶ時は同時刻に複数社呼んで競ってもらった方が、査定額も高くなりやすいので良いですよ。

      以上が査定バカのアドバイスになりますが、売却後のトラブルに関しては、日本自動車購入協会が相談に乗ってくれますので、一度連絡してみても良いと思います。
      もし、N社がJADRI会員であれば早期解決が出来ると思いますので、確認してみて下さいね。

      査定バカ

      • oy より:

        早速の返信・暖かく的確なコメントを下さって、ありがとうございます。
        とても救われた気持ちです!

        なぜ「査定時にあったキズ(凹み)ならば現状(凹みのまま)で車両返却」になるのか、私の理解の範疇を越えていたので大混乱でしたが、『車両の現状での買取価格』と捉えて構わないという事ですね。

        昨日N社から、午後の(私の)仕事中に連絡あって、気付いたのが遅かったので、本日の昼休みに連絡したところ、「メールアドレスを確認したかったんです」そして、「写真が出てきてしまったんですよ」「メールに送ります。それを見ていただいて(私側が)どうするか?という事になる」
        との事で、送ってもらうようお願いしました…が、未だ届いていません…。

        あくまで、キズ(凹み)は無かった、と主張していたので、「3人 (N社・K社・私、本当は母もいたので4人ですが) の目で見ても、判りにくいもの」とも言われました。

        確かに、先に送ってもらっていた写真では判りにくい事も事実で、
        (なにせ洗車されてキレイになっていたので車体に地面や景色が映り込んで、赤◯の付いている指摘部分の歪みで凹みと判断していました)
        今回、送られてくる予定の写真で、どれだけ判断出来るか・写真のやり取りだけで判断して良いのか…と不安もあります。

        N社に出向いて車両を確認した方が良いのか、行かない方が良いのでしょうか?

        すみません、また ご面倒をお掛けしますが、アドバイスをいただけますか?
        よろしくお願いいたします。

        • 査定バカ より:

          oyさん。
          こんにちは~
          査定バカです^^

          昨日の返信がお役に立てたようで良かったです。

          写真を送るとN社の方が言われているのであれば、まずはその写真を待った方が良さそうですね。
          その写真が査定時のものなのであれば、凹みはもともとあったという事になりますので、わざわざN社へ出向く必要性もなくなるでしょう。

          ただ、昨日もお話ししたように、査定時の見落としなのであればN社のミスですので、oyさんが減額請求を受ける理由がないですよね^^;
          「御社の見落としを何故私が負担しなければならないのか理由を教えて下さい。」
          「もし、御社が見落としておらず査定額が10万円低ければ、K社の方と契約していたわけですので、面倒をかけられているのは私の方ですよ?」とでも聞いてみても良いかも知れません。

          ですので、査定時の写真でしたら、わざわざ写真を送って来るのはN社自身の首を絞めるようなものに思えるのですが・・・笑。
          ともあれ、写真が送られてくればいつの傷なのかが明確なりそうですね。

          後はoyさんの判断になると思いますが、私ならそこまでこじれている(信頼できない)業者とは取引したくないので、車輌を返してもらい仕切り直しで他社で査定してもらいたいという気持ちになりそうな気もしますね^^;
          人間万事塞翁が馬という言葉があるように、悪い事も良い事につながっていることも多いものです。
          最終的に良い結果につながれば良いですね!

          査定バカ

          • oy より:

            こんにちは!

            この度は、本当に大変お世話になりました。

            結論から言わせていただくと、

            ・査定価格で買い取り
            ・修理費の負担なし
            ・自動車税も当初の通り買主負担

            と、なりました❗

            送られてきた写真は、査定時にK社が撮っていたものでした。もう1社は、きちんと写真を撮られていたんですね。
            しかし、それも左斜めからで ますます判りにくい物だったため、素直に「これは判りにくい」と伝えました。

            実はN社の査定をされたSさんとは埒があかず、上司と言うKさんが途中から替わって具体的な交渉に入っていたので、「Kさんは車両の現状確認しているか」を聞いたところ、
            「確認してます」との事。
            そして聞きもしないのに
            「確かに判りにくい」
            「言われてみて、これかな?とい
            う凹み」
            だったそうです。

            『査定バカ』さんから頂いたアドバイスを元に、
            「査定のプロ3人が気付かなかった凹みを、素人である私達が気付ける訳がないですよね?」
            「査定時にあった凹みとしても、気付かずに見落としたのは、そちらですよね?」
            と、勇気を出して言ってみました。

            すると今度は
            「隠れ瑕庇になる可能性がある」
            「約款にも書かれてある」
            との事。

            で、さすがに何度も同じ流れになる事にイラッとしたので、
            「気付かなかったのだから、申告しようもないですよね」
            「瑕庇には当たらないと思うのですが」
            「見落としていたとしても、それを含めての査定価格と思ってますが。それは以前の電話でも話させてもらった通りです」
            と。

            他にも
            ・前の写真での凹みの範囲(赤◯印)と、今回の凹みの話に差がありすぎる事
            ・査定の凹みで車両を戻す話になるのが、理解出来ない

            など淡々と話続けたところ、N社Kさんも認めました。
            一任されているとの事で、上記の結論となりました。

            1種類の不足書類を至急送ってくれるように言われ、昨日送りました。

            まだまだ不安は残ってますが、『査定バカ』さんのアドバイスが後押しして下さった事で頑張れました!

            本当に、
            本当に ありがとうございました❗

            かなり長くなってしまい、申し訳ありません。

          • 査定バカ より:

            oyさん。
            こんにちは~
            査定バカです^^

            早期解決良かったですね!

            確かにプロに対して意見を言うのには勇気がいりますよね。
            oyさんが勇気を出して実行出来たからの結果です。

            知識のない一般の消費者に対して、さも当たり前のように営業から言われてしまうと「そうなのかな。」となってしまう方が多いので、「No!」を突き付けることが出来たoyさんに賛辞を送ります^^

            後は振り込まれるまで終わりではないので、最後まで気を抜かないように頑張って下さいね!

            査定バカ

  2. oy より:

    『査定バカ』様

    遅くに申し訳ありません。
    以前に相談させていただいたoyです。

    一昨日、通帳の記帳をしたところ、『4月16日』付けで代金が入金されていました! (^-^)v。

    実は車のローンが残っていたので、銀行さんからは「先ずローンの精算をしないと通帳の相続手続きが出来ないので、買取業者からの入金後に手続きしましょう」と言って下さり、お待たせしていたので気を揉んでいましたが、やっと昨日、手続き完了出来ましたので、報告させていただきました。

    自動車税については、今年度分はN社が支払いすると始めから取り決めていたので、最後の電話の時に必要書類になるので送るように言われ、4月5日に
    『自動車税還付先変更申請書』
    を送付しました。
    (佐川急便の利用だったので、荷物追跡で確認し、4月6日の昼に届いているのは知っていました。)

    5月に自動車税の納付書が届いたら、それと共に
    『自動車税支払い依頼書』を送付する事になっています。

    最後の電話以来、直接会話していませんが、メールでN社Kさんに連絡をしても返信がなかったので、とても不安でした。
    入金してくれたので一安心ですが、自動車税の件が…一抹の不安と共に残っては います。

    でも、『査定バカ』様がついていて下さる!と思うと心強くなれます!

    『査定バカ』様の、親切・丁寧・的確なアドバイスは、本当に ありがたく、出会えて良かったと思っています。
    どれだけ支えになって、どれほど救われていた事か…(T-T)。
    同じ辛い目にあっている人が周りにいたら、『査定バカ』様を紹介したいです。よろしいですか?

    本当に、本当に ありがとうございました!

    いつも長くなって、スミマセン!

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

関連情報

査定バカの実話シリーズ

コメントありがとうございます



ページのトップへ