車一括査定を申込む前に知るべきこと

一括査定サイトに申込んでみようか悩んでいるが怖い不安という方向けに、車の査定に関する記事を2013年から書き続けている査定バカが持つ知識を読者に活かしてもらう為、可能な限り分かりやすく書いた記事です。

この記事では、一括査定で起こり得るトラブルとその解決策、そして、あなたの車を最高額で買取りさせる具体的な方法を知ることが出来ます。
合わせて一括査定サイトの裏事情などもお話ししていますので、一括査定の全てを理解出来るはずです。

 

一括査定のデメリットとトラブル事例

一括査定サイトに申し込んだ後に起こり得るデメリットやトラブルとしては、勧誘電話と談合の2つです。

 

買取店も仕事ですから勧誘電話は当たり前

色々と調べている方はご存知だと思いますが、一括査定サイトに登録した瞬間にあなたの電話がなり始めます。そして、一本目の電話の会話中には業者が押し寄せる様に電話がかかって来るので、一本目の電話を切った後には着信履歴がヤバいことになっていることも^^;

「自分が大切にしている車は今どれくらいの価値があるのかな?」と軽い気持ちで車一括査定に申込んでしまうと後悔することになりますよ。買取業者も仕事ですから当然にあなたに車を売ってもらおうと必死に連絡をして来ます。これは当たり前ですよね。こちらは軽い気持ちでもあちらは買い取ればお金になるんですから本気です。個人の営業ノルマもあるでしょうし、会社としての売上げもあるでしょう。

売る気がないなら一括査定に申し込まない、軽い気持ちで依頼しないというのことが大切です。

でも、どうしても相場が知りたいという方は、人の手を介さないオンライン上で大まかな査定額が出て来るグー買取がお勧めです。もっと正確な相場を知りたいという方は、あなたの車の相場を調べる方法で詳しく解説しています。

 

赤枠の必要事項を入力して「今の愛車の価格を調べる」をクリックすれば

kuruma-ikkatsusatei-0001

 

この様に概算ですが現在の買取相場が表示され、未来予想グラフも見ることが出来ますよ。ただし、これはあくまでもシミュレーションでしかないので、基本的には買取の最低価格だという認識で良いですね。ここを最低ラインに交渉して行くという流れです。ちなみに、そのまま査定を依頼したい場合はこの画面を下にスクロールすると業者の一覧があるので好きな業者を選択して依頼しましょう。1社だけの依頼も可能です。

kuruma-ikkatsusatei-0002

 

どうしても、しつこい電話勧誘が嫌、何とか電話は避けたいという方は次の方法がありますので、試してみて下さい。

 

勧誘電話を避けてメールのみのやり取りにする方法

これからお話しする方法は、車の一括査定サイトに申込んだ後にかかって来る電話を100%ゼロにする方法ではなく電話がかかって来る確率を極めてゼロに近づける方法だということを認識した上で読み進めて下さいね。はっきり言ってしまうと今現在では100%電話をゼロにする方法はありません。すいません^^;ただ、劇的に電話の数を減らすことは可能です。

まず、この方法が使える車一括査定サイトは、カーセンサーのみです。

お客様に関する情報をご入力くださいの項目の一番下に任意項目【売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック】というリンクがあるので、こちらをクリックすると

kuruma-ikkatsusatei-0003

 

この様な任意項目が出て来るので【連絡希望時間帯】の欄に「連絡はメールにて希望」や「連絡をする時はメールでお願いします」など記載しておけば多くの買取店はこれを見てメールで連絡をして来てくれます。が、大手の買取店は一括査定の依頼が入ると自動で電話をかけるシステムになっているところもある為、すべての買取店がメールで連絡をくれるわけではありません。ある程度の電話の数を減らすことが出来るということですね。

kuruma-ikkatsusatei-0004

 

なるべくかかって来る電話を減らしたい場合は、査定の申し込み先を選択する際になるべく名の知れていない業者を選ぶ様にしましょう。そうすることで自動で電話がかかって来るシステムがない会社になる可能性は極めて高くなりますよ^^カーセンサーの具体的な依頼方法などは、カーセンサーの一括査定の体験談で詳しくお話ししていますので、読んでみて下さいね。

kuruma-ikkatsusatei-0005

 

次に、車の一括査定サイトに申し込んだ後にかかって来る電話を1本だけにする方法です。

それは、ユーカーパックに依頼するだけです。

この業者は買取店ではなくあなたと買取店の間に入り、あなたから得た情報を基にオークションを開き提携している2,000社の買取店に対して競りをしてくれる業者になります。ここで出た最高額が気に入ればあなたは売却契約をその買取店と締結するという流れです。この為に1本だけユーカーパックから電話はかかって来ますが、電話はこの1本だけで他にはかかって来ません。

一括査定サイトの場合は買取店が一店舗づつ実車査定していたのに対して、ユーカーパックは一社だけに実車査定してもらった情報を基に多くの買取店が入札するという方法を取っているので、無理な営業もないですし金額が気に入らなければ売らなければ良いだけです。他の一括査定とは同じようで全然違う方式を採用している業者になりますが、2016年に運営を開始してから取引台数も大きく伸ばしている様ですので、今後も注目される存在になるのは間違いありません。

 

一括査定で最も恐ろしいのが談合

これからお話しすることは、今現在も行われているかどうかは不明ですが、ひとつの知識として頭の片隅に入れておいた方が良い情報でもありますので、あえてこの場でお話しさせていただきます。

談合と聞くと政治家や大企業が絡み巨額のお金が動くというイメージかも知れませんが、車の買取りの世界でも談合はある様です。(基、あった様です。)今現在の状況は分かりませんが、条件が揃えば談合されている可能性も否定は出来ないというのが正直な意見ですので、具体的に車の買取りでの談合とはどういったものなのかを解説して行きますね。

車の買取りでの談合とは、簡単に言うと買取店同士が前もって話し合い買取額を決めてしまう不正行為です。

これをやられてしまうと売主としては、どうすることも出来ません。何故なら競わせる為に複数の買取店を読んでいるのに競ってくれないからです。では、具体的に堂の様な行為が行われるのかを見て行きましょう。

 

一括査定サイトで依頼が来ると買取店はあなたにアポを取る為に電話をかけます。買取店としては一括査定サイトで依頼が来た時点で複数の買取店が絡む仕事だという事は認識していますし、その地域だとどの買取店が競合になるのかもある程度分かってしまうのです。何故なら、何年も数百台と査定に行っているので、査定現場で何度も同じ営業マンに合いますよね。何度も顔を合わせていると最初はライバルと思っていたものが、仲良くなり情報交換をしたりするようになります。

この様に仲良くなった営業マン同士というのは、査定バカなど一般の消費者から見るとライバル店に見えますが、営業マンの内心は「久しぶり~」的な感じです。もし、一括査定であなたが3社の買取店に査定をお願いして、その3社の営業マンが知り合い同士ならどうでしょうか?あなたが見てない隙に「今月は成績足りてないから、今回は譲ってくれないかな?次回は〇〇さんに譲るからさ」と談合が始まる可能性は否定できないですよね。

実はかなり昔の話しですが、こういったやり取りが防犯カメラに映っていたことがある様なんです。買取店同士がじゃんけんをしている姿がバッチリと映っていたそう。これらの談合は会社規模で行われるのではなく、個人レベルで行われるので営業マン同士が屈託すればすぐに出来てしまいます。あなたの車は本当は100万円の価値がるのに、談合によって60万円が限界とどの買取店からも言われてしまうと、あなたはそれを信じるしかないですよね。この様な談合は今現在も行われているかは定かではありません。しかし、個人レベルで出来てしまうものなので100%防げるかと言えば、そうではないでしょう。危機感を常に持つことは重要です。

 

では、こういった行為を防ぐにはどうすれば良いのかをお話しして行きます。

談合されない様に査定中に目を離さずに監視していれば良いじゃないかと思われた方もいるかも知れませんが、前述した様に情報交換の為にお互いの連絡先を知っている可能性は極めて高いです。「ちょっと上司に相談してみます」と席を離れてしまうと誰に電話をしているのかも分からないですし、場を離れなくてもスマホのLINEでやり取りなどしている可能性もありますよね。ですから、監視しても無駄です。

最も効果がある方法がこちらの2つ。

  1. 事前に相場を知ること
  2. なるべく多く(5社程度)の買取店を呼ぶこと

事前に相場を知っていれば、相場とかけ離れた買取額を全ての業者が言って来た場合に談合していると気づくことが出来ますよね。それが分かった時点で全ての買取店に帰ってもらえば良いだけです。

また、なるべく多くの買取店に査定に来て貰えれば談合を出来る条件が揃わなくなる可能性が高いので、談合は出来ないでしょう。談合が出来る条件とは、全ての買取店の営業マンが知り合いであるということです。その中に一人でも知らない営業マンがいれば、その営業マンに負けてしまうので本気を出すしかなくなります。ちなみに、これをやるのに一番良いのは、多くの買取店を一括査定サイトのズバット車買取比較で呼び、グー買取で一社だけ呼ぶという方法です。ひとつの一括査定サイトだとどこの業者が来るかバレてしまうので、2つに別けることでより談合をされる可能性を低くすることが出来ます。

 

一括査定のメリット

ここまで、車一括査定のデメリットやトラブルの原因とその対策についてお話しをして来ましたが、一括査定は悪いところばかりではありません。車の一括査定サイトの運営は2000年くらいから始まりましたが、朽ちることなく既に18年以上も続いている売却方法になります。これが何を意味しているのか、それは一括査定のメリットが大きいという事が上げられます。

査定バカを含め一般消費者は面倒くさがりなんですよね。高く買い取って欲しいと思うのであれば多くの買取店に査定をしてもらう必要がありますが、複数の買取店に自分から電話をかけるのは面倒くさい、そういった心理をついているのが車一括査定サイトということ。その代わりに一斉に電話がかかって来ます。

そして、気軽に相場を知ることが出来るというのもメリットのひとつかと思います。ただ、これは勧誘電話などのデメリットも伴うという事は前述した通りです。

最もメリットとして上げられるのが、自然と業者同士が競合して買取額が吊り上がるということでしょう。1社に査定をしてもらっただけの時よりもライバルがいる状態で査定をしてもらった時の方が査定額が上がるのは当然のことですね。

こういった多くのメリットがあるということも一括査定の事実です。

 

では、ただ単に一括査定に依頼を出して、査定を受ければ買取額が限界まで上がるのか?と言えば、その答えはNoです。ですので、次は買取額を限界まで上げる方法についてお話しをして行きますね。

 

買取額を最大限に引き上げる方法と注意点

あなたの車の買取額を限界まで上げさせるには、ずばりオークションをあなたが開くという方法です。オークションを開く?と?が出てしまいそうですが、やり方はとても簡単です。一括査定サイトで査定を複数の買取店に依頼して、同日同時刻に集まってもらい実車査定をしてもらいます。「その時間には行けません」と言われる買取店は縁がなかったと思いましょう。また、買取店へは同時刻に複数の買取店が来ることは事前に伝えておいた方がトラブルにならずに済みます。査定終了後に、「最大限に高い額で買い取って欲しいので、これからオークションをしたいと思います」と伝えればOKです。

ここで難色を示す買取店もいるかと思いますが、そういった業者さんは元々ギリギリの値段では買い取ることをしていない業者だと思いますので、お引き取り願いましょう。ただ、このオークション形式での買取りは2社以上いないと成立しないので、可能なら3社から5社程度は参加してもらった方が良いですね。

方法としては、あなたの最低希望額を伝えて、そこからスタートしてもらい価格を吊り上げて行き、最終的に残った買取店で契約するという方法です。

査定バカの経験上、この方法が最も簡単にしかも最大限に買取額を引き出す方法になります。オークションは業者間で行われているオートオークションでも使われている手法です。これが何を意味するかと言うと、オークション形式は最も高い額が出る可能性が高いということ。プロの人々が行っている方法ですから間違いないでしょう。なお、「このオークション形式で最終判断をします」という話しをした後に怒って帰ってしまう業者も出て来ることもあるかと思いますが、ここは気にしないで下さい。

買取店の営業マンが怒る=安く買い取れないということを意味しますので、やり方は間違っていないという事です。最も営業マンが嫌がる方法これが最も高く買い取らせる方法になります。でも、気が引けるという方はユーカーパックのオークションを利用するのが良いでしょう。

 

オークション形式を採用する注意点としては、

あなたがオークションを開く以上、競りの終了後には契約になるということ。オークション終了後にやっぱり売らないとあなたが言ってしまうと何の為に集まり限界値まで査定額を引き上げたのか分からなくなってしまいますので、絶対に止めましょう。売る意思がないのであれば最初からオークションは開かないこと。トラブルのもとになりますからね。売ると決めてから開催しましょう。

また、名刺の裏に希望額を書いて入札する入札方式という方法もありますが、この方法だと最大値は出て来ません。何故なら、多くの買取店が考えていることは1円でも安く買いたいということです。ですから、一か八か相場よりも安い額を書いて来る可能性が極めて高いからです。オークション形式の様に最大限に引き上げるのは無理でしょう。

一括査定サイトで業者を選ぶ際には、なるべく聞いたことがない業者を入れること。これは何故かと言うと、大手になればなるほど一括査定サイトだけでなくCMや広告をたくさん打っていますので、広告宣伝費が多くかかっています。その広告宣伝費は誰が負担するのかと言うと最終的には消費者である査定バカたちなのです。ん?なぜ私たちが払っているの?と思ってしまうかも知れませんが、例えば車を購入する時に車両代の中には原価の他に開発費や人件費、広告宣伝費が入っているのはご存知でしょうか。これは至極当たり前のことで、広告宣伝費は消費者が最終的には負担をしているということなんです。

これは買取店でも同じで大手になればなるほど広告宣伝費をかけているので高くは買い取れません。実際に査定バカが今まで一括査定サイトで依頼して売却まで行った業者は全て中小規模です。やはり広告宣伝費をかけていない分、高く買い取ることが出来るということなんですね。ですから、名前を聞いたことがない業者を混ぜて置くことでオークションでより高値が出やすくなるということ。

 

査定バカお勧めの一括査定サイト

あなたの車の買取額を最大限に引き上げる方法が分かったところで、査定バカがお勧めする一括査定サイトをご紹介しますね。ここでは敢えてランキング形式ではなくお勧めサイトとしてご紹介させてもらいます。何故なら、あなたの状態やケースによってランキングは変わって当然だからです^^

 

  • 極力電話で話したくない方にお勧めなのが、カーセンサーです。前述した様に任意項目に「連絡はメール希望」と記載するだけでほとんどの業者がメール連絡してくれるようになります。
  • 複数の買取店の実車査定を受ける時間が勿体ない、知らない人となるべく会いたくない、交渉が苦手という方は、ユーカーパックがお勧めです。1社から連絡が来るだけですし、1回実車査定を受ければ2,000社から入札があるオークション形式で買取価格を決めることが出来る優れものです。
  • そして、査定バカがお勧めする一括査定サイトは、 ズバット車買取比較です。お勧めする理由としては、査定バカの当サイト内から一番査定依頼が多いのがこの一括査定サイトだからです。この一括査定サイトが選ばれている理由としては、査定依頼と同時に買取相場が分かる様になっていることと、査定に来てもらう業者を選ぶことが出来るのと、価値が低い車でも確りと査定に来て貰えて買い取ってもらえる可能性が高いことだと思います。
  • 一社だけに依頼したい、相場だけ知りたいという方はグー買取が合っていますね。相場だけ知りたいという方は、相場を調べて依頼を出さなければ連絡すら来ません。また、この一括査定サイトは一社だけの依頼でも対応しているので、後一社だけ査定してもらいたいという時にも使えますね。

 

以上がケースによるお勧めの車一括査定サイトのご紹介でした。

ここから先は、更に深堀りした一括査定サイトの裏側のお話しをしたいと思いますが、ただ単純に一括査定で車の価格を知りたいという方は、別に読まなくても大丈夫な内容だと思いますが、以下を読んで理解しておくことで、なぜ営業マンは交渉の場でそういった行動を取るのか、そういった言動をするのかということを理解することが出来ますので、有利に交渉を進めることが出来るようになると思います。

 

一括査定サイトのシステムの裏側

車の一括査定サイトは、無料で使えますよね。これって本当に無料なんでしょうか?これからお話しする内容は、実はあなたが一括査定サイトに申し込むする事であなたが費用を出しているという事実をお話ししようと思います。??ですよね^^;

この理由は、一括査定サイトのシステムを買取店側から見てみると理解出来ます。一括査定サイトの管理者はサイト運営する上で人件費や維持管理費など経費が発生しますので、利益を得るにはどこかからお金をもらわなくてはなりません。そこで、サイト管理者は査定依頼の申込みがあると、その入力された情報を買取店に一件あたり2000円~3000円で売ることになります。要は買取店はあなたに電話営業すると同時に一括査定サイトの管理者へ2000円~3000円を支払っているのです。

買取店からすると費用が発生しているので、あなたが電話にでなければお金が無駄になってしまいますから、どこよりも早く必死に電話をしようとします。これが一括査定サイトに申込みと同時に複数の買取店から電話が来る裏側になります。なぜ、電話がしつこいストーカーの様にかかって来るのかが理解出来ましたね。

 

しかし、前述した様に広告宣伝費は商品の価格に乗っけられるのが普通ですので、買取店でも買い取る時にこのかかった広告宣伝費を差し引いて査定額を出そうとします。また、査定に行ったところで100%売って貰えるかどうかは分からないですよね。一括査定サイトだと最大10社から査定を受けることが出来るなどが謳い文句ですから、あなたも複数の買取店に査定に来てもらうでしょう。と言う事は、最大の10社査定を受けるとすると、その中の1社に売るとして成約率は1割、買取店から見ると10件に1件が成約となるので、1件3000円だとすると1件の成約に30,000円の広告宣伝費が必要になるという事です。

ですから、買取店が出す査定金額には、この3万円が差し引いてあるということになりますね。しかし、世の中そんなに単純ではなく買取店も相場よりもより低く買い取ろうとしますので、更に低い額が提示されることとなります。そこで営業マンの「相場はこんなもんですよ」という口の上手さや押しの強さに負けてしまい「うちの車はこんなもんか」となってしまう人は、この宣伝広告費分も払わされているということになるんです。しかし、先ほどお伝えしたオークション形式で買取額を決めれば、買取店も必死になってくれるのでギリギリまで買取額を上げることが出来るでしょう。

 

要は、買取店としては、安く買える人からは徹底的に安く買取り、ギリギリでしか買えない人からは損益ギリギリのラインで頑張る、この頑張った部分は安く買える人から補填してもらうという感覚なんです。成約10件の内、7件がギリギリでも3件が安く買えてしまえば大きな利益が出るという仕組みですね。

あなたが、どちらになるかは行動次第ということ^^

 

車の価値はひとつしかない

買取店によって査定額は違うと言われていますが、車の価値はひとつです。どういう事かと言うと、買取店で買い取られた車はどうなるか知っていますか?ほぼ100%の車が業者間のオートオークションで競りにかけられるというのが現状です。業者間のオートオークションとは業者しか入ることが出来ないオークション会場があり、そこに日々数多くの車が出品され競り落とされています。競り落とした車は中古車店に商品として並んだり、海外へ輸出されたりしています。

何が言いたいのかと言うと、このオートオークションで競り落とされる額が本当の価値なんですね。車の価値はこれ以上でもないしこれ以下でもないということ。この本当の価値を基に経費と利益を差し引いた額が、買取額の限界となる訳です。

この買取額の限界にいかに近づけることが出来るか、これが査定バカやあなたのすべきことになります。逆に言うと、この買取額の限界からいかに低く買い取るかが買取店の仕事ということになりますね。

 

ここで分かる事は、限界値はあるということです。10社に査定してもらおうが、20社に査定してもらおうが、あなたの車の本当の価値は変わりません。ですから、必要以上に買取店を呼ぶ必要もないということが理解出来ると思います。多く呼び過ぎてしまうと買取店側も成約率が下がるだけなのでやる気が出ないですよね^^;ですから、査定バカでは最低2社以上、最大でも4社~5社程度に来て貰うのが最も効率的かなと考えます。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

一括査定は業者からの電話がいっぱいなるので嫌!という方は、おまとめ査定がオススメです^^

連絡が来るのは1社のみなのに買取参加は2000社。



line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



お勧めサイト

査定バカは、不動産事業を売却し千葉の田舎へ移住致しました!移住や房総半島の事、移住した後のお金の事情などリアルな生活をO-ismというサイトにて記事にしています。

ページのトップへ