SBTサーチの体験談

いよいよ8月です。

7月に続き、暑くなりそうな月ですが、車は売れない月でもあります。

いわゆる閑散期ってやつですね。

 

当然、中古車販売店、買取専門店は少し弱気になっている月です。

しかし、9月、10月の各メーカーの新型発売に向けて何かと準備のいる月でもあります。

 

査定を考えている皆さん!

盆明けくらいからは動きましょうね^^

 

こんにちは~

お盆休みはしっかりとる査定バカです^^

終始家族サービスですが・・・

 

査定バカのサイトをいつも見に来てくれる方、ありがとうございます。

初めての方もありがとうございます。

 

この査定バカのサイトでは、一括査定サイトの体験談があります。

これは、最近主流のネットで簡単に一括査定を申し込める査定サイトの体験談で、かんたん車査定ガイドズバット車買取比較カーセンサーカービューなどですね。

 

これとは別に、ガリバーやアップルなどの買取業者ごとの体験談もあります。

読んでない方は、こちらの買取業者の体験談からどうぞ。

 

どちらも店舗へ出向いて査定するのではなく、申し込み後にメールや電話で各買取業者から連絡があるというもの。

自分の車はいくらかな?と軽い気持ちで申し込みしたことがある方も多いはず。

利用した方なら分かっていると思いますが、申し込み後にメールや電話で買取査定価格や、およその買取相場を教えてくれることはほとんどありません。

 

愛車の車種やグレード、装備などの車両情報を教えているのにです。

とにかく、「一度、車を見せていただかないと分からない、知りたければ実車査定を」と言われ、メールや電話で買取査定価格を知ることは基本的には無理な状況。

ただ、中には親切な業者で大まかな査定価格をこっそりと教えてくれるところもありますが稀ですね。

 

熱心な買取業者は、出張査定のアポを取る専門の女性スタッフを雇って、アポが取れるまで毎日電話を掛けたりすることも。

また、出張査定や店舗での実車査定をしても、あの手この手で買取査定価格を低く見積もられたり、交渉しなければ安値での買取査定価格になったりなど意外と面倒くさいこともありますね。

(交渉して買取査定価格のアップを!と言っている査定バカが言うのもなんですが^^)

 

買取業者は買取査定価格を教えるのが商売ではなく、買取して売ってナンボの商売なので仕方ないのかもしれませんが・・・

一般ユーザーからすれば、下取価格や買取価格によって事情が変わるわけで、そうすると購入する車や手放すべきかどうかも変わるということになりますよね。

できれば、乗換えや売却を決める前に、およその買取価格だけでも知りたいものです。

それも簡単に。

 

そこで査定バカがおススメしたいのがこれ。

車両情報を入力するだけで、その場で買取査定価格が分かるサイト「SBTサーチ」です。

 

 

本当に買取査定価格が分かるのか?

教えてくれるのか?

と疑いつつも入力してみましょう^^

 

車は査定バカの愛車と同じアルファードにしますね。

平成14年式のグレードはAS。

店頭価格は某店で109万円の車両、14年式であれば100万円以下が相場ですが走行距離が3万km台なのでこの店頭価格。

 

では、入力開始。

まずはメーカー名を、おっとプルダウン式ではありませんか!

これは楽チン^^

SBTサーチ入力画面

 

同じように車種、年式、グレード、車体の色を選んで、メーターの交換歴と走行距離をリストから選択。

すべてプルダウン式なのでありがたいですね、とってもグッドです^^

SBTサーチ入力画面

 

次は右側の外装、内装評価、修復歴の有無などを入力。

これも選択式のクリックのみなので楽チン^^

SBTサーチ入力画面

 

※ここで注意事項を一つ。

外装評価で「良い」を選んでいいのは年式が10年落ち以内で走行距離が7万km以内の車両。

内装評価で「良い」を選んでいいのは年式が10年落ち以内で走行距離が2万km以内の車両だけです。

良いを選択すると・・・

SBTサーチ入力画面

 

注意されます^^

 

では、続きを。

次は装備や仕様、備品などを入力。

 

クリックと表示されている箇所をクリックすると右側に表示されるので、これまた選んで入力するだけ。

純正なのか、社外なのかなども選ぶだけなので本当に手間はナシ!

SBTサーチ入力画面

 

ワンオーナー車や取扱説明書、整備手帳、保証書の有無などもあるので見逃さないように。

SBTサーチ入力画面

 

有無を確認すると言うことは査定評価に影響するとうこと。

ワンオーナーに関してや、説明書や整備手帳・保証書などに関することは、こちらのワンオーナーがどれほど査定額に影響を与えるのか点検整備記録簿や取扱説明書の有無はとても大切を参考にして下さいね。

 

次に動作不良などの不具合について入力。

なんと!これも20数個の項目から選ぶだけ。

SBTサーチ入力画面

 

この項目、うまいこと作ってますね。

 

不具合なので、査定評価では下がる原因になります。

これは買取る側にとっては見逃してはならないことなのですが、20数個の項目でちゃんとカバーしてます。

 

お見事。

 

これで、車両情報の入力終了なので買取査定価格は?

価格だけチェックしてみるをクリックすると

SBTサーチ入力画面

 

でました!

 

538000円!

 

金額はともかく、おおおお!っと少しだけ感動しました^^

 

見事に買取査定価格が提示され、簡単に買取査定価格を知ることができました。

この買取査定価格を知るために車両情報は入力しましたが、住所や氏名、電話番号などの個人情報の入力、提供は一切していません。

なので煩わしい電話攻撃などは無いということ。

 

しかも、SBTリサーチからの返事を待つことなく、24時間いつでも、その場で買取査定価格が提示されます。

ちなみにSBTリサーチでは買取査定価格の交渉は一切ナシです。

もし、SBTリサーチが提示する買取査定価格が1番高くて売却したいのならば

 

ご売却の手続きに進む

SBTサーチ入力画面

 

をクリックするとお客様情報の入力画面が表示されます。

SBTサーチ入力画面

 

ここで個人情報を入力するとSBTリサーチから連絡があるので手続きしてください。

 

ほとんどネット上で完結するSBTリサーチの買取査定ですが、実際には引渡しの日には、入力された車両情報と相違が無いかを査定することになります。

入力された車両情報と相違があれば買取査定価格は変わり、正しい買取査定価格が再提示されるということですね。

もちろん、相違が無ければ表示されていた買取査定価格での契約となり、めでたしめでたしです^^

 

さて、通常の買取専門店とは違うSBTリサーチという会社は信用していいのか?と気になる方もいるでしょう。

ちょっと、会社概要を見てみると運営会社は株式会社SBT、どうやら輸出などをしている会社のよう。

 

グループ事業として、国内向け自動車買取・販売(プライムゲート)の表記が。

プライムゲートと言えば、このサイトの体験談にもあるように査定バカも知っています。

プライムゲートに査定を依頼しました!

 

もう少し調べてみると・・・

プライムゲートの親会社が株式会社SBTで、プライムゲートは株式会社SBTの一事業部だったのが子会社化したらしい。

他にも一事業部から子会社化した会社があり、赤字ではないようなので株式会社SBTは信用できる会社なのではないでしょうか。

 

運営会社は問題ないとして、この便利なシステム。

これは「使える」と思いませんか?

提示される買取価格が高いか低いかは別として、今までは実際に査定をしてみないと分からなかった買取相場を知ることができるということ。

愛車の売却価格の目安にするにはもってこいです。

下取査定や買取査定を考えている方は、必ず事前に利用してみてください。

 

また、素人では判断しにくい修復歴や不具合の分からない方は下記の方法で。

まず、ナシで入力し、SBTリサーチの買取価格をチェック。

 

下取や買取専門店などで実際に査定してもらい、修復歴や不具合などがあれば詳しく聞いておく。

修復歴や不具合があれば再度、入力してSBTリサーチの正しい買取価格を知る。

これでOK、あとは買取専門店を競合させて交渉するだけですね^^(SBTリサーチは交渉できないので注意)

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ