トヨタ ヴォクシーとノアは超高値!?

広島カープがクライマックスシリーズ出場を決めましたが、残念ながら日本シリーズまでは至らなかったですね。

クライマックスシリーズは初だそうで何よりです。

 

首都圏などでもカープ人気が上昇中のようで^^

広島日産ではデイズが売れまくりだし、マツダの好調ぶりと言い、カープの快進撃。

これは広島の時代がきたのか?

 

こんにちは~

有馬記念のキーワードは広島かも?の査定バカです^^

有馬記念(年末)の話は早すぎですね^^

 

デイズの名前がでたので日産車セレナ

セレナのライバルと言えば、ホンダだとステップワゴン、トヨタだとヴォクシー&ノアですよね。

ということでヴォクシー&ノアの話です^^変わりすぎ!?

ノア・ヴォクシー

ルーツを辿れば、ヴォクシーはライトエースノア、ノアはタウンエースノアでしょうかね。

ライトエース、タウンエースは商用バンがメインなので、ライトエースノア、タウンエースノアも商用バンからの発生車種のイメージが強く、乗用車とはいえ、実際に乗り心地もよくないものでした。

 

このクラスのミニバンはスッテプワゴンが独走状態で、トヨタからはエルグランドに完敗していたグランドハイエース、ツーリングハイエース同様、商用バンのプラットホームを流用したミニバンでステップワゴンに対抗していました。

それがライトエースノア、タウンエースノアですね。

当然、太刀打ちできるはずもなくトホホ・・・な状況。

 

アルファードの時と同様、新設計の新型モデルで戦いを挑むことになります。

トヨタお得意のあとだしジャンケン的な・・・ではなく

トヨタの徹底したマーケティング力を屈指して完成させた打倒ステップワゴンの新型車が誕生!

本当に新設計のその名も新たにヴォクシー&ノア。

 

ヴォクシーはホンダ的なデザインと言われながらもスポーティでセンターメーターも若者受けがよく人気モデルに。

特に両側スライドドアも好評で、アルファード兄弟が大きすぎると敬遠していたユーザーにも好評で売れました。

2007年に2代目になってからも人気のままで、2013年の12月には3代目になる予定ですね。

査定バカ的には顔はノアの方が好きなんですけどね^^

 

今でも人気車種のヴォクシーですが、中古車市場でも人気。

これまたオートオークション相場でも人気車種なので高値。

ということは買取相場も高値

 

ただ、これも相場を支えているのは国内人気だけでなく、輸出です^^

アルファード兄弟もそうでしたね。

 

特徴は低年式、過走行でも高値であるということですね。

アルファード兄弟も高値ではありますが、新車時の価格から考えるとヴォクシーの方が高値と言えるかもしれませんね。

トヨタ車は海外で人気があるので他社メーカーよりも高値なのは当たり前ですけどね。

オートオークションの落札相場でも、10年落ちで走行15万kmオーバーでも40万~60万円程度で落札されているのはザラにあったりします。

 

アルファードは海外ではお金持ちのセレブが乗る高級車として人気があり、特に香港、タイに多いですが現地では新車も販売されていたりします。

ヴォクシーはお金持ちセレブ用の高級車扱いではありませんが、アルファードが人気のある国以外でも人気ですね。

 

トヨタ アルファードとベルファイアは超高値!?でも書いていますが、輸出人気はある日、突然終わることがあります。

これはその国の規制で輸出(日本から輸入)できなくなるといことです、こちらの事情は全く関係なしです。

どいうことかというと、輸出(輸入)できないので海外のバイヤーは買付けしない、オートオークションで全く落札されなくなるということ。

そうなると相場は大暴落なわけなので、買取相場も急落となりますよね。

先週に買取査定した時は、30万、40万だった買取査定価格が5万円、10万円なんてことが起こりうるんですね。

 

買取専門店では業者間のオートオークション相場を参考にしていますが、あきらかに高騰している相場データは参考にしていないことが多いです。

買取査定価格はあくまで利益を確保できる範囲での提示が基本なんです。

時期やタイミングによっては勝負買いをするときなどもありますけど。

それでも輸出人気が安定している間は高く買取してくれる傾向はありますが、アルファード兄弟やランクル系、今回のヴォクシーなどの輸出で大人気の車は、輸出業者への買取査定も考えてはいかがでしょうか?

輸出業者というのは海外のバイヤーと提携しているので、常にバックオーダーを抱えています。

タイムリーに海外バイヤーからの買付け価格を反映してくれるので、買取専門店では提示できない買取査定価格が待ってるかもしれません^^

詳しくは、買取不可車の場合の廃車手続きや手数料の記事を参考にしてみて下さいね。

 

ちなみにヴォクシーですが、中古車として日本から輸出するので当然、右ハンドルですが、受注生産ながら左ハンドルがあるそうです。

査定バカは見たことはないですけどね^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ