純正オプションの高音質オーディオはプラスに期待大

あと少しで、大型連休に突入しますね。

なにやら、消費税導入前の忙しさで疲れてしまったのか指折り連休突入を心待ちしています。

連休は、ゆっくりと休みたいですね。

 

皆さんは、お気に入りの車でどこかへドライブに出掛けられまられますか?

もちろん、私も家族で九州へ行く予定を立てています^^

飛行機で行くので、あちらではレンタカーですが。

 

それとは別に、一人だけで 普段は通勤にばかり使用している愛車を思う存分走らせに行きたいと思っています。

ドライブと共に普段は大音量で聞けない音楽をガンガン聴きまくりたいですね。

 

こんにちは~

車と音楽をこよなく愛する、査定バカです^^

 

自宅では、残念ながら大音量で音楽を聴くことがなかなか出来ません。

しかし、そんな私でも愛車では誰に気兼ねすることなく大音量で聞くことができます。

まさに車は動くオーディオルームと言えますね!

 

今回のお話は、「純正オプションの高音質オーディオ」の査定について。

オーディオ

メーカー純正のオプション品は高人気

中古車のメーカー純正オプション品は、人気がとても高いですね。

特にオーディオ関係は、マニア心をくすぐる有名音響メーカーとタイアップした純正オプションは、とても人気が高く査定額がプラスされる期待を大きく望んでも問題ないでしょう。

まぁ、大きくと言っても数万円程度ですが、されど数万円ですからね。

 

ただし、高額査定を期待できるのは3年以内のもので、それ以上の物になると査定額はプラスになりますが、やはりそれなりなってしまいます。

査定時には、営業マンにメーカー純正オプションの高品質オーディオであることをさりげなくアピールしても良いですね。

 

各社の純正オプションの高音質オーディオ

純正オプションの高音質オーディオの代表的モデルと言えばトヨタのスーパーライブサウンドシステムがありますね。

今は、なつかしの名車?セラに搭載されたのを皮切りにクラウン、エスティマ、プリウス、SAIなど、とても紹介しきれないほどの設定車があります。

 

ツイーターや低音用のウーファーなどスピーカー数が10個(車種により変わります)に、専用高出力アンプで音楽を楽しむことが出来るのはとても魅力的です。

エスティマに、搭載されたスーパーライブサウンドシステムはモニターまで完備されていたので、オプション金額が50万円以上もします。

高級オーディオですね^^

 

スバル・レガシィーには、マニア垂涎のマッキントッシュオーディオが、3代目レガシィーから現行車までありました。

人気が高いのか、必ず純正オプションの設定にあるほどです。

 

マツダ・アクセラ、アテンザ、ロードスターには、有名スピーカーメーカーのBOSE社とタイアップしたBoseサウンドシステムが純正オプションで設定されています。

アクセラのBoseサウンドシステムで73500円と個人で取り付けるよりも格安の値段でいい音を楽しむことができます。

 

これらは、ほんの一例でこのほかにも各社それぞれに、純正オプションの高音質オーディオはいっぱいあります。

 

音響メーカー監修で、破綻のない完璧な音が得られる

とにかく、音響メーカーとタイアップしてスピーカーからアンプまで一貫して監修されているので、低音から高音まで淀みなくクリアな音楽を楽しむことができるのが特徴です。

純正オプションとしても、かなり高額なので中古車となっても人気が高いのは当然のことなのでしょう。

また、メーカーが設定した音源なので、高音が変に設定されたり低音が強調されすぎたりするような極端な音にはなっておらず、万人受けするよう設定されています。

 

もし、社外品の音響メーカーが装着されていたならば、、、

純正オプションの高音質オーディオセットから、純正スピーカーを自分好みに社外メーカーのスピーカーなどへ取り替えた場合はどうでしょうか。

不幸にも純正ヘッドユニットとの相性がうまく行かなくて、変に高音が強調されたりして純正と比べた場合はっきりと音質が悪い場合は残念ながらプラス査定は望めません。

逆に、マイナス査定となってしまう場合もあり得ます。

 

スピーカーの場合は、社外スピーカーでも音質が純正と同等ならば査定には問題ないでしょう。

ただ、純正よりも遙かにいい音が出ていても、査定額はほんの少しだけ上がるか、変わらないと思っていたほうが良いですね。

社外スピーカーにあまり過度な期待をしてはいけません。

 

ヘッドユニットも、純正から社外オーディオに交換する際はかなりの注意が必要で、機能面で純正よりも劣ることがなく、なおかつ純正オプション並の音が出なければマイナス査定となってしまいます。

売却の際には、純正品に戻したほうが賢明となる場合もあるかもしれませんね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ