中古車買取査定で愛車を高く売る!【口コミ評価を暴露中】

 

 

査定の時に査定士が見るポイントを写真で解説


外装部分、傷や凹みなどがないかどうかをチェック

 

査定の前に洗車をしよう!とネット上では書かれていますが、実際問題洗車をしても査定金額に差はありません・・・
査定バカの見解では、洗車をしないで多少汚れていたほうが小傷などを見落としてくれるので、逆に洗車はオススメしないですね^^
後で小傷程度のものが見つかっても、それによって査定額が落ちるということは考えにくいですしね。

 


天板部分、傷や凹みなどがないかどうかをチェック

 

見落としがちな屋根ですが、しっかりとチェックしてきますので・・・

 


外装側面、この部分はサイドから光の屈折を見て傷や凹みを判断するようです。
査定士の方は、しゃがんで下から上までよ~く見る部分ですね。

 

また、車体の底の部分もしっかりと見て来ます。
傷などを見ているのではなく、修復歴などを調査しているのだと思います!

 


カメラ、車内から確認が出来る安全面でとても役に立つカメラ類のチェック
このカメラは全面の左右を確認できるカメラです。
こういったカメラ類は査定額にプラスの影響を及ぼします^^

 


同じくカメラで、サイドカメラ
比較的背の高い大きな車に付いていることが多いですね。

 


さらにカメラ、バックカメラでバックモニターとも言われます。
最近は標準装備されている車も多くはなって来ていますが、中古車市場では良い評価を受けますので、査定額に影響してきます。

 


ランプ類で、フォグランプ
おなじみですが、付いていれば付いているで評価は良くなります。

 


スマートキー、触れるだけで鍵が開いたり、押すだけでロックをかけられる物で、これも評価は高くなります。

 


サイドミラー、ワイドサイドミラーや2つに分かれているミラー、広く写すミラーなどは評価が良くなりますね。

 

 


パワースライドドア、ステップワゴンやノアなど一般的な車ではパワースライドドアが多くはなってきていますがオートパワースライドドアなどは更に評価が高くなり、両サイドのドアがそうであればかなり評価は高くなります。

 


リアスポイラー、ないよりはあった方が良いですね^^

 


トランクドア、こちらのドアにもオートやパワードアが付いていると良いですね。

 


ステップ、これは乗り降りする際に大変べんりなステップでドアを開けると出てくるオートステップ
メーカーオプションでかなり評価は高くなりますね!

 


ホイール・タイヤ、ホイールは良い社外品が入っていれば少しプラスに働くかも知れません。
タイヤは溝が多ければ多いほど良いですが、そこまで大きく影響はないです。

 

 


エンジンルーム、オイルやクーラントなどは特に深くまでは見ないですね。
エンジンルームでは修復歴があるかないかを調査されます。

 

今までに事故の経験がある車はここで事故車なのかどうかを判断されます。
注意したいのは事故を起こしたことがあるから事故車という扱いではない!ということです。
事故車と判断されるのはフレームなど車の枠が傷ついたり、曲がったり、修復していたりすると事故車になります。

 

もし、車の外装が凹んでいるだけで「事故車ですね~」という査定士がいる場合はウソ!です。注意が必要ですね。
あなたを騙して安く買い取ろうとしている悪徳業者ということになります!

 

事故の経験がある車でも、希望を捨てずに査定を受けましょう!

 


シート、運転席や助手席、後部座席のシートの種類を見られます。
布シートなのか、革シートなのか、革カバーシートなのかなど。
もちろん、革シートが一番評価は高くなります。

 

ですが、シート自体に傷や、革でも割れなどがあれば減額の対象になるでしょう。

 


パワーシート、シートには手動で動かすタイプとパワーシートがあります。
パワーシートの場合はプラスには見られますが、そこまで大きく影響はないですね。

 


ペダル、こちらはそこまで見られません。
サイドブレーキの場所や種類の確認くらいはされるかも。

 


メーター、メーターの壊れはないかなどをチェックされます。
壊れている場合は減額対象に・・・

 

同時に走行距離の詳細までここで見られます。

 


サンバイザー、日除けですがそこまで見られませんし、影響は少ないでしょう。

 

 

 


収納、ホルダー、こちらはあればあったで良いですが、査定金額に影響はさほどないですね。

 


カーナビ・オーディオ、ナビの性能チェック動作チェック、TVの動作チェック、オーディオ類の動作チェックなどがあります。
こちらは付いていると高評価になります。
特に純正ナビなどは良いですね!

 


ハンドル・スイッチ、ハンドルの種類やハンドルに付いているスイッチなどをチェックされます。
大きく影響することはないですね。

 


ETC、標準装備の車が増えていますが、当然ないよりもあった方が良いです。

 

 


サンルーフ、サンルーフはあるとかなりプラス評価になります。
ダブルサンルーフは更に評価が高く!

 

 


カーテン、こちらはあれば少しプラス評価してもらえるかな~くらいですが、ないよりもあった方が良いですね。
こちらもメーカーオプションなので後付が不可です。

 


コンセント、家庭用の機器が使えるコンセントは査定金額に影響は少ないですが、ないよりもあった方が良いですね!

 

 


シートレール、自由に動かすことができる後部座席のシートレール、自由度により評価が変わりますが、大きくは影響しないです。

 


バックエアコン、後部座席から調整が出来るエアコンスイッチ類
あれば少しですが評価は高くなります。

 


フリップダウンテレビ、後部座席で見ることができるテレビがあれば評価は高くなります。

 


テーブル、あれば良いですが査定金額にさほど影響はありません。

 


多機能な鍵は少しは評価が高くなりますが、大きく影響はないです。

 

 

 

査定のまとめ

査定金額が決定する過程は、車種・色・走行距離などで基本的な相場金額が出てきて、傷・凹み・修復歴などで減額され、オプションなどで増額されるという流れですね!

 

オプションと言うのは、車外品オプションとメーカーオプションに別れますが、より査定金額に影響するのが後からでは追加取り付けすることが出来ない、または、追加取り付けするのに高額なお金がかかるメーカーオプションの方になります。

 

査定金額においては、正直買取店に寄って大きく差がでます。
(査定にくる査定士さんはさほど差はでないです!と言い切って来ますけどね^^)

 

 

それは、その買取店によって買い取りたい車の

 

種類が違う

得意分野が違う

見るオプションが違う

 

というのと、会社の方針で

直接販売する

まずは直接販売するが売れなければオークションへ出品する

すぐにオークションへ出品する

という、違いがあるからなんですね。

 

ですから、1社に査定金額を出してもらってすぐに売ってしまうというのNGです!
ただ、査定に来る査定士さんは営業マンでもあるので、「今日中なら○○万円!」「今日売らなければ○○万円安くなってしまう」「○月に入ってしまうと下がりますよ~急いで売って下さい」「来週のオークションが始まると値段が下がる」など言葉巧みに契約を取りに来ようとするので、自己判断ですが少なくても数社の買取店に査定金額を見積もってもらって査定金額の差を味わってみて下さい^^

 

 

このサイトでは、上記に記載している内容の裏付けを体験から書いて行っていますので、いろんな記事を読んで上手に査定をする方法自体を学んで下さいね!

 

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ