査定バカのフィットを一括査定で売ってみました。

まず最初に。

この記事は、「自分の愛車が高く売れるか不安」を持っている方に読んでいただければ自信が付く内容だと思います。

 

こんにちは~

査定バカです^^

 

いつも査定バカのサイトを応援していただいてありがとうございます!

1円でも高く愛車を売る方法に付いて、あらゆる角度から詳しくお話しをさせていただいていますが、なかなか細かいテクニックは元々の知識がないと使えないもの。

ですから、そういったテクニックなしで高く売る方法が一括査定ですね。

 

と言うことで、実際にテクニックなしで、一括査定を使って高く売れるのか?ということを検証してみました。

あくまでも高く売るというより、ただ一括査定を依頼して査定をしてもらい、高く買ってもらうということ。

 

今回の検証用に用意した車が会社で使っているフィット。

既に11万キロ以上走行しており、通常であればたぶん値段が付かないか付いても1から2万円程度と予測される車です。

不動産の案内用の車ですが、見事に社員たちが色々な箇所をこすったり、ぶつけたりして結構傷だらけ。

 

そして、今回検証する一括査定サイトはズバット車買取比較。

単純にここに一括査定を申し込んで、かかってきた電話の対応をして、実車査定をしてもらい売るだけ。

 

この記事を読んでいただければ、「愛車を高く売りたいけど、どうすれば良いのか分からない」「車の知識なんてないから、どうせ高く売ることはできないんだろう」などと思っている方でも、簡単に愛車を高く売れることが分かるはずです。

なぜなら、一括査定の場合は、どんなに価値のない車(ちなみに査定バカのフィットのこと)でも買取業者同士がかってに競い合ってくれるからです。

 

では、実際に体験談をどうぞ。

 

スマートフォンから申込開始。

ズバット車買取比較の申込画面

 

名前、住所、メールアドレス、電話番号を入力。

ズバット車買取比較入力画面

 

続いて、車の大まかな情報を選択。

ズバット車買取比較車情報入力画面

 

これで、ズバット車買取比較への査定依頼が完了です。

ここまでで約3分程度。

愛車の年式や走行距離などを事前に調べておけば、特段難しいことは何一つありません。

ズバット車買取比較の査定完了

 

どういった買取業者から連絡がくるのかが分かるように、一覧で出てきます。

ズバット車買取比較の査定会社

 

一括査定の依頼が完了して、1秒もしないうちに電話がなりました^^;

すごいですね。

 

電話に出てみるとビッグモーター(0120-076-640)から。

車の色や大まかな状態などを聞かれ、一旦電話を保留にされました。

そして、待つこと2分少々。

 

再度繋がると「申し訳ございません。当社では値段が付かないようです。」

続けて「当社の○○店がお近くありますので、そちらへ車を持ち込んでいただければ無料で引き取ります。」とのこと。

 

ないな。

ということで電話を切り、電話を見てみると着信の嵐。

すげっ!

買取店からの電話着信

中々不在着信12件何て見る機会がないですよね。

 

この写真を撮っていると再度違う会社から着信。

出てみると今度はガリバー(0120-221-616)。

ビッグモーターと同じように車の詳細を伝え、本日の14時に査定へ来てもらうことに。

 

次にかかって来たのが、ソッキン王(0120-301-645・03-4588-6831)。

ソッキン王は、オートスピリットという会社のブランド名ですね。

ちなみに、後で不在着信を見直してみると、ソッキン王からはフリーダイヤルからと03の番号からと2回かかってきていました。

 

ソッキン王との電話は、まずソッキン王がなぜ買取に強いのかの説明(海外輸出をしている、提携会社があるので他より高い、店頭販売もしているなど)から始まりました。

後はおなじみに車の詳細や状態を聞かれ、本日の15時に査定の約束。

 

次にかかって来たのが、神奈川中古車買取センター(0120-232-699)。

かなり電話ではあっさりしていて、車の詳細や状態も含め何も聞かれませんでした。

ただただ、出張査定しますのでいつが良いですか?と。

ここで他の業者と競合させるためにソッキン王と同じ時間の15時に設定。

 

次に、電話に出たのがGアフター(0120-221-680)。

ここはかなり評判が悪いようですが、取り敢えず16時に約束。

次に、DATA(045-482-7150)。

昼から夕方にかけては忙しいので、夜でも良いかということだったので一応18時に約束。

 

実はこの日、サッカー日本代表のジャマイカ戦19時半キックオフの予定。

見たいので、18時の約束は嫌だったのだが、何とか間に合うだろうということで、一応約束しました。

自分事の内容織り交ぜてすいません。

 

カーチスは電話ではなく、メールのみ。

カーチスからのメール

メールのみと言っても自動返信だと思うのですが・・・

基本的に値段を付けるのが難しい車ですと、だけどカーチスなら値段を付けることができますよ~という内容ですね。

で、興味があれば連絡下さいと。

取り敢えず、買取店から連絡がこないということでカーチスはなしにします。

 

後、現時点で連絡が来ていない(不在着信にもなし)のが、ユーポスだけですね。

 

ちなみに、メールを見ると受診には5件のメールが来ていました。

メール受信箱

 

ひとつは、ズバット車買取比較のマイページに関するお知らせメール。

ズバット車買取比較のマイページメール

 

ソッキン王からのメール。

これは、電話で既に話しているのでスルー、たぶん電話と同時に送っているんでしょうね。

ソッキン王からのメール

 

ここまでの流れをまとめると、

14時にガリバー査定

15時にソッキン王と神奈川中古車買取センターの査定

16時にGアフター査定

18時にDATA査定

 

ビッグモーターの査定結果は0円(無料引き取り可)

カーチスの査定結果は不明(値段を付けることはできる)

ユーポス連絡なし

 

そして、一括査定を依頼した当時の午後。

14時に約束通り、ガリバーの方がいらっしゃいました。

鍵を渡し、車検証などを見せて査定スタート。

約30分ほどで大体見終わり、写真や車の状態などを本部?に送り終了。

 

他での査定の予定などを聞かれ、この後すぐにあることを伝えました。

結局ガリバーからは、明確な査定金額を聞くことはできず。

後日また連絡しますという形で終わりました。

 

最近は、こういった一括査定が主流ですから、最初に値段を出してしまうと後から来た業者に取られてしまう可能性が高いんだと思います。

だから、後に買取店の査定がある場合は、明確な査定金額を出さないと。

ただ、話の中ででは通常であれば2万円が良いところだということです。

 

一応、電話メール、実車査定の中では一番高い査定額が出ました。

2万円!

やすっ。

 

そして、ガリバーと別れてすぐにGアフターから電話があり、当社ではやっぱり基本的に買い取れない車ですと。

(だったら最初からそう言えよっ)

ただ、買い取れない車でも、一律で金額を付けているので、その金額を記載したメールを送るので、それでも大丈夫なら連絡下さい。

という内容の電話がありました。

 

簡単に言うとドタキャンですね。

業者がドタキャンって。

まぁ、約束はしたけど金にならなさそうだから、行くだけ経費がかかるから止めとくか。

となったのでしょう。

噂通りだってことですね^^

 

ちなみに、ジーアフターから届いたメールです。

フィットは、1300CCなので14,000円+自動車税還付金となっています。

フィットの自動車が年間34,500なので、残りの5ヶ月間分が戻ってくると14,375円。

合計で査定結果が28,375円となる訳ですね。

今までの中で一番高い査定額が出たことになります。(一応)

ジーアフターからのメール

ちなみに、リサイクル料金の9,750円や自賠責保険などの還付金、車輌売却益が、ジーアフターの利益となるわけです。

 

15時になり、ソッキン王さんが到着、軽く挨拶を交わし車を見てもらいます。

ソッキン王の査定

それに少し遅れて、神奈川中古車買取センターさんが到着。

同じように、挨拶を交わして車を査定。

 

神奈川中古車買取センターさんは、軽く見る感じで隅々まで見るというより大まかに見ているのに対して、ソッキン王さんは、事細かに見ている様子。

神奈川中古車買取センターの査定

ここでも、2社共に明確な査定額は出せないと、ある程度は査定額の目安はあるけど言ってしまうと後から来た業者に取られてしまうからとのこと。

神奈川中古車買取センターの営業マンの方いわく、査定額を言って現場を離れてしまうと成約率が10%も無いんだとか。

だから、言えないと。

 

で、提案があり「入札で決めませんか?」と神奈川中古車買取センター。

ソッキン王からは「競りで決めませんか?」と。

 

入札は、名刺の裏にそれぞれ金額を書き、同時に見せて査定額が高い方が買取り。

競りは、最低査定額を決めて、そこからスタートして32,000円、34,000円と徐々に査定額を上げて行き、限界になった業者が抜け、残った業者が買取るという方法。

 

ただし、これをするにはソッキン王か神奈川中古車買取センターで決めなければいけないということ。

そういった条件が付くんですね。

 

で、ここで種明かし。

査定バカは、中古車屋の友達がいるので、事前にこのフィットの買取額を聞いておきました。

その答えが「一般のお客さんだったら、3万円で提示、限界で5万円でしょう」「ただ、査定バカなら友達だから車輌5万円買取で+自賠責保険と自動車税の還付」と言われていました。

もう少し突っ込んで聞いてみると「中古車オークションでは、10万キロを越えたフィットの落札額が3万円から8万円でその時のタイミングで金額にバラつきがある、リサイクル料金などを合わせると赤にはならない、最悪でもトントン」「だから車輌5万+自賠責保険の戻りと自動車税の還付金を返したとしてもギリギリ大丈夫だ」と。

 

要は、買取業者の手元には、還付金で45,000円程度と車輌をオークションに流して落札された金額が入ってくるということです。

オークションが5万円だとすると95,000円程度の価値はあるということですから、逆に考えると、査定額は95,000円を越えることはないということを理解していました。

 

そこで、競りは面白そうだなと思ったので、やろうかなという姿勢を見せると、買取業者は3万円からのスタートでと言ってきましたが、査定バカから「5万円以上のスタートでないならやらない」ときっぱり言うと、ソッキン王も神奈川中古車買取センターもそれを了承。

その前に、査定バカもけじめをということで、自ら18時から予定をしていたDATAさんにお断りの連絡を入れ、競りをスタート。

 

ソッキン王さんは、電話で本部に繋ぎ電話での指示をそのまま伝えていて、50,000円から、スタートして、52,000円、54,000円、55,000円と査定額が上って行きます。

結果的には、66,000円でソッキン王が下り、神奈川中古車買取センターへ売却することになりました。

 

その場ですぐに契約を交わし。

フィットの売買契約書

細かい約款はあまりなく、再査定などの項目もありませんでした。

また、修復歴に関しての内容もなにもなく、本当に単純な売買契約書でしたね。

キャンセル料は、100万円以下の車輌に関しては5万円、100万円以上の車輌に関しては10万円と規定されているようです。

 

査定バカのフィットの査定結果の金額

神奈川中古車買取センター、66,000円

ソッキン王、65,000円

ジーアフター、28,375円

ガリバー、20,000円

ビッグモーター、0円

DATA、不明

カーチス、不明(追記:後から電話で1万から2万が限界とのこと)

ユーポス、不明(追記:後から電話で66,000円は無理とのこと)

 

最低価格が0円で、最高価格が66,000円という結果。

元々が、かなり金額の低い車でしたので、シビアな結果とはなっていますが、友達の中古車屋の情報から考えると買取業者の利益は95,000円が頭なので、それなりに良い方なのではないでしょうか。

 

推測ですが、査定バカが売ったフィットは、オークションや小売など流通させるのではなく、車検もかなり残っていたので、社用車や代車として利用するつもりなのではないのかな?とも思っています。

 

勝手に業者が競り合ってくれる一括査定の場合は、特に査定額を高くするテクニックも使わずに、ここまで伸ばすことができましたので、車の知識がなくても誰でもできるはずですね。

もちろん、もっともっとがっついてテクニックを応用しまくれば、更に高値は付いた可能性もないわけではないですけど。

 

ちなみに、今回お世話になった買取業者さん3社の名刺です。

買取業者の名刺

査定の時間は、3社で2時間弱。

一括査定の依頼で3分、査定で2時間、車を売却するのって簡単にできてしまうんですね^^

 

また、契約書と一緒にこういった必要書類一覧もいただきました。

車輌売却時の必要書類一覧

 

また、譲渡証明書と委任状、そして自動車税過誤納金還付請求権放棄通知書に実印で捺印をしてくれということでした。

譲渡証明書

譲渡証明書

 

委任状

委任状

 

自動車税過誤納金還付請求権放棄通知書

自動車税過誤納金還付請求権放棄通知書

 

これらに実印で押印して、印鑑登録証明書を2通添付して送れば終わりです。

また、こういった書類は着払いでOKですので、費用負担しないように^^

 

そして、次の日にユーポス(0120-373-755)とカーチス(03-6830-8864)から電話がありました。

遅いですね~

たぶん、価値が少ない車だと言うのと、後出しじゃんけんの方が有利だから、敢えて時間をづらしてかけて来ているのかも。

 

ユーポスには、「ごめんなさい。昨日の一括査定の後にすぐに売っちゃいました」と伝え「66,000円の買取だったんですけど、どうなんですかね?」と聞いたところ、「相場かそれ以上かも知れません。うちでは無理ですね。」との返答。

カーチスにも、「ごめんなさい。昨日の一括査定の後にすぐに売っちゃいました」と伝えたところ「ちなみに、今後の参考のためにいくらで売却されました?」と聞かれたので「逆に、御社ならいくらだったんですか?」と聞いてみると「カーチスでは1万円から2万円といった感じですね。参考に金額は?」

「66,000円です。」と伝えたら「かなり良い金額です!良かったですね。」とひと言。

 

中々、買取業者も厳しい状況なのでしょう。

競り合い競り合いで、最終的には利益を削るしかないんですから。

友達の中古車屋も言っていました。

「一括査定だと極限まで高くなるから、利益出ないんだよね。だから止めた。」と。

 

最後にこれから車を売ろうと考えている方へのアドバイス

今回、一括査定の検証をしてみて、買取業者の現状も分かりました。

  • 昔よりも他車と比較される可能性が断然高いということ。
  • 査定額を簡単には提示しないということ。

 

これを回避するには、「自分に決定権がないので金額を出さないのであれば、買取りは結構です。」ときっぱりお断りすることです。

 

誰でも簡単に一括査定で高く買い取ってもらう方法

そして、高く売るテクニックも無いし、車の深い知識も無いという方は、以下の方法で簡単に高く買い取ってもらうことが可能になります。

  • 買取業者を数社一気(同じ時間帯)に呼んでしまい、複数社で競りを行ってもらう。
  • スタートの競り提示額よりも更に上の額を提示して、それが無理な業者はその場で下りてもらう。

 

更に上の額を提示とは、その対象車にもよりますが、査定バカのフィットのようなあまり金額が付かないような車の場合は数万円で、100万円以上付くような車の場合は数万円から十数万円を目安で良いのではないでしょうか。

更に高級車の場合は、数十万円から百万単位で提示してみて様子を見ても良いかも。

 

買取業者の営業マンは平気で嘘を付きます。

査定バカも車のことは全く何も分からない体(てい)で、営業マンと話していたのですが、最初は「3万円何て無理ですよ~」と言っていた業者が、競りに入った途端にその倍額を提示しているんですから(笑)

 

また、営業マンは口が上手いです。

相場が実際は10万円くらいでも、あの手この手で相場が3万円くらいなんだと思わせてきますから。

そして、それを信じさせる力を持っている人も実際います。

営業マンを信じちゃいけませんよ^^

 

2014年10月20日追記

フィットを売却してから調度1週間後の10月17日金曜日に神奈川中古車買取センターから入金がありました。

振込手数料なども引かれずに振り込まれています。

売却代金の入金

つい先日、書類をすべて揃えて郵送したので、これでフィットの売却はお終いです。

やることは全て簡単ですね。

 

今回、査定バカが使った一括査定サイトのズバット車買取比較はこちら。

 

他のサイトですが、プリウスの査定から売却までを実録として記事にしたものがありました!

とてもリアルな内容ですので査定バカの読者にも参考になるのではないか!?と思いましたのでご紹介します。

車売るナビというサイトのプリウス売却実録!下取と買取の差額は34万円という記事です。

実際に売却するプリウスの詳細から一括査定の依頼、買取店による実車査定買い替えるノートの詳細と下取り査定の様子、具体的な査定提示額の内容、売買契約書に付いてまで全てを暴露されており、記事の価値としてはかなり高いかと。

これから実際に愛車を売ろうと考えている方には、査定バカのサイトと一緒に読んでおくと役立ちそうです^^

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ