走行距離が50,000キロを超えた車を選ぶのが賢い買い方!?

先日、友人から質問がありました。

「車を買い換えたいが、予算の関係で5万キロを越えた中古車しか買えない。すぐ壊れたりしないか心配なんだけど大丈夫かな?」と。

 

こんにちは~

車に関する質問が多く来る査定バカです^^

 

ズバリ!お答えしましょう。

「心配(し~んぱ~い)ないさぁ~」(大西ライオン風に)

中古車ではある意味、走行距離が5万キロを越えた車を選ぶことがとても賢い買い方です。

まぁ、これには良いところもあれば悪いところもあるので、これから説明して行きますね。

 

走行距離5万キロがポイント

中古車の価格は、年式と走行距離が大きく関わってくるということは、安く程度の良い中古車の選定方法でもお話しをしましたね。

価格を左右する要因のひとつである走行距離ですが、価格を決めるために、ある一定の目安が実はあります。

走行距離が1万キロ・3万キロ・5万キロ・10万キロと、それぞれ数字を見ただけで車通ならどの程度の車かはおおよその想像をする事は出来ますね。

 

走行距離が少ない車の中古車価格が高いのは当たり前の事ですが、走行距離が5万キロを境にして値段に大きな差がつくことが多いのです。

年平均の走行距離が1万キロとするなら、初年度登録から5年ほどの車でしょうか。

ちょうど、2回目の車検が終えたかどうかの車で、モデル的には現行モデルの一つ前になっていることが多く、中古車価格も手頃になってくるのです。

ですから、中古車を買うなら5万キロを越えた辺りの物を選ぶのが賢い買い方になります。

 

日本車はどこまで走れる?

現在の日本車が、走行距離にしてどのくらいまで走れるかと言えば、およそ20万キロは大丈夫です。

さすがに、走行距離が10万キロ以上からはそれなりのメンテナンスが必要となってきますけどね。

きちんと消耗品の交換や日頃の整備を行えば20万キロは楽勝で、その先の30万キロでも問題なく走れるようです。

 

しかし、走行距離が多くなってくると大きな故障や大規模な修理が伴ってくるのは否めません。

それに、同じ車を何年も乗り続けるのは飽きてくることもあり、実際の寿命が来る前に違う車に乗り換えたりすることもあるでしょう。

 

私の経験上で各クラスの車が、どのくらいの走行距離までOKかと言うと。

軽自動車は12万キロくらいまでOKです。

1500ccまでのカローラやコンパクトクラスなら15万キロは大丈夫。

1800cc~2000ccのセダンやミニバンなどでは、18万キロ以上走行された方を多数知っています。

これらの走行距離を走行するのは極端に無理なことではありません。

 

1500ccの5万キロほどの中古車でも購入から10万キロ以上も走行することが出来ます。

中古車だからといって、2~3年ほどで廃車になってしまうことは決してないのです。

 

中古車の状態は一台一台違います。

55000キロでよく整備されていた車と、45000キロで新車購入されてからろくな整備がされず、エンジンオイルはいつ交換されたものか分からないほどの車とでは、走行距離が多くてもよく整備された車の方が良いことはわかりますね。

これは極端な例ですが、中古車というものはそれぞれコンディションが違いますので、購入する際はきちんとボンネットを開けてエンジンを始動させ、各部をチェックすることが必要です。

また、整備手帳がきちんと付けられていて修理履歴などきちんと記載されている車を購入した方が良いでしょうね。

保証が心配な方は、信頼できるメーカーのディーラー系中古車店で購入したほうが無難です。

 

1万キロの差で10万円の差

実例:トヨタプリウスでは!?

プリウスの中古車(平成20~22年車 グレードはS)で、走行距離の違いで価格差を見ると走行距離20000kmの車両価格は約180万円。

走行距離50000kmの車両価格は約140万円。

走行距離70000kmの車両価格は約120万円。

走行距離80000キロで車両価格が約100万円。

と車両価格が安くなって来ます。

 

だいたい、1万キロの差で10万円の差が車両価格に現れて来ます。

走行距離が多いものは、やはり安いのですが故障や修理費もおのずと掛かって来ますので、そのあたりのことはよく考えて購入することが大切になってくるでしましょう。

 

意外と日本車の場合は、10万キロ20万キロと走ることができるので、5万キロ何て通過点でしかありません。

あまり走行距離を気にし過ぎるのももったいないですね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ