安く程度の良い中古車の選定方法

当てにしていた宝くじも、競馬も当たらなかったので予算が全然少ない。

しかし、来月からはどうしても車が必要なので、なるべく安く中古車を買いたいのだが良い知恵はないか?と知人から聞かれました。

捕らぬ狸の、、、なんとかやらで、そう言うお金は当てにしてはいけませんね。

 

そんな、査定バカも毎年宝くじは買っています。

(いつも数百円から数千円しか当たりませんが・・・。)

 

こんにちは~

いつかは当たると信じている査定バカです^^

 

ということで今回は、安く中古車を買う方法について。

ただ安く買うだけでは、程度の悪い車に当たってしまう確率が高いので、できるだけ程度の良い状態の車で尚且つ安いという条件でお話しをして行きましょう。

 

同じ車種で価格も同じだが排気量が違う車の選定

新車価格は、その車に掛かるコストで計算されているので、当然値段の高いエンジンが搭載されていると同じボディーや内装でも高くなります。

NAエンジンなら、当然排気量による差が価格の差になりますね。

 

1500ccよりは1600ccや1800cc、そして2000ccと順に高くなって行きます。

当然、1500ccのファミリーカーに搭載されている大人しいエンジンと、バリバリのテンロク(1600ccDOHC)エンジンでは、その価格差はかなりのものがあるでしょう。

 

実車を例に見てみると、カローラフィールダー1.5G(FF、CVT)で、約178万円。

同じくカローラフィールダー1.8S(FF、CVT)で、約208万円。

ですので、約30万円もの価格差になっています。

 

装備を見てみると、ほんのちょっとだけ1.8Sの方が装備が良いですが、それだけで30万円もの価格差にはならないですね。

エンジン排気量も大きくすれば、それに見合ったブレーキや駆動系など耐久力を上げなければならなくなるので、1500ccに比べれば全体的に部品が高価になるのは仕方の無いことです。

新車での価格差は約30万円ですが、これが中古車となるとこれほどではないにしてもやはり価格には影響してきます。

 

中古のカローラフィールダーを購入するのであれば、1500ccの方が1800ccよりも安く購入することが出来るということですね。

逆に言うと、1500ccと1800ccのカローラフィールダーがあり、共に走行距離も一緒で同値段だった場合は、1500ccの方の車を選ぶことで程度の良い車の可能性が高くなるということでもあります。

 

年式の違う同モデル車の選定

中古車の価格を決まる上で最も重要なのは、走行距離と年式です。

 

新しいものが高くなり、古いものが安くなるのは当たり前ですが、モデルチェンジやマイナーチェンジなどが行われた時期によって、段階的に安く(高く)なるのは覚えておきましょう。

現行モデルよりも前モデルの方が安くなり、同じモデルでもマイナーチェンジ前か後では、また中古車価格も違って来ます。

モデルチェンジしてしまった現行モデルの前モデルしかもマイナーチェンジ後の最終年のものなら、それほど走行距離も年式も古くなく良い状態の中古車が格安で手に入れることができるということ。

 

中古車は、一台一台の状態が違うので一概に年式のみでその価格差は言えませんが、大雑把に言って1年の違いで10万円程の価格差になってきます。

もちろん、年式が新しくても走行距離が多いものはそれなりに安くなりますし、逆に年式が古くても走行距離が少なければ値段は高くなる傾向があります。

ですので、年式が1年違う同じモデルの車でも同じ価格で売られていることもありますが、年式の古い車を選んだ方が程度が良い可能性が高くなるということですね。

 

中古車を購入するなら安さと程度のバランスが重要

安く中古車を購入したいと考えているのなら、排気量を落として年式の古いものにすると、相乗効果でとても安くなりますね。

程度が悪くなると買い手も少なくなります。

需要と供給のバランスで、物の価格は決まって行きますから、それは当然なことです。

 

しかし、程度の良い車を選ぶには価格が高くなってしまうかと言うとそんなこともありません。

年式や走行距離、排気量など先ほどお話したような正しい選定方法をすれば安く程度の良い車を手に入れることができるのです。

 

車を選ぶ際には、ただ安いだけでは故障も多く購入後に思わぬ出費が発生する可能性もありますから、安さと程度のバランスが大切になってきます。

 

また、中古車を購入するに当たっては、必ず自分の目で見て良い車を買うようにすることが基本です。

自信のない方は、運転歴の長い方や車の知識がある方を伴って、複数の目で見て判断するのが良いと思います。

自分だけでは、気が付くことができないことも見つけてくれる可能性もありますからね。

 

車を高く売るなら

line-red

査定バカが一括査定で愛車のアルファードを査定依頼してみると、最低査定額がカーチェンジA1の105万円、最高査定額はジーアフターの145万円でしたので、査定価格の差額は40万円にもなりました!


愛車を売却する際には、一括査定は避けては通れないですね^^

車を高く売るには一括査定

>> ズバット車買取比較 <<


line-red

 

もし、内容が少しでも気に入っていただけましたら、いいね!等お願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

当サイト経由依頼数ナンバー1

査定の知識

関連情報

査定バカの実話シリーズ



ページのトップへ